記事検索

炎天下ラーメンすするアゴの出汁

スレッド
炎天下ラーメンすするアゴの出汁


2019.07.31 グラビティリサーチと鉢の葦葉

ヨシエさんが目の手術をして、2週間の安静となった。
人混みを避け、激しい運動もご法度なので、買物とかはわたしがして、通院もわたしが連れていったりしている。
その2週間の安静も解け、グラビティリサーチ、四日市の好日山荘にあるクライミングジムに行きたいと言うので付き合った。
リード壁のルートがリニューアルされ、5.10a〜bの新しいルートを登った。
ウォームアップとクールダウンにボルダー壁のトラバースをする。

ヨシエさんが、「四日市の例のラーメン屋」に行きたいと言う。
わたしが以前、ネットで見つけた、三重県で一番美味いラーメン屋のことを話したことがあったが、そこに行きたいそうだ。
わたしも初めてである。
鉢の葦葉という覚え難いラーメン屋は、四日市労金の南にある。
店内はふたり用テーブルに8席とカウンターに5席と小さい店だが、いろいろこだわりの伝わる雰囲気がある。
ラーメンにこだわっていそうな感じの、少し神経質に見える若いマスターがいた。
塩ラーメンを注文する。
煮干か、たぶんあご出汁か、少し鶏も感じるような、あっさりだがコクのあるスープだった。
麺は細麺で、マッチしてる。
トッピングのチャーシューは生ハムのごとく、一見するとフォアグラのような鶏のパテも良い。
香菜はスパイシーだった。
これは確かに評価が高いのというのは当然だろう。

炎天下ラーメンすするアゴの出汁 拙句

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ