記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

<木村一基九段>挑戦権を獲得@第69期王座戦挑戦者決定戦

スレッド
<木村一基九段>       ... <木村一基九段>          <佐藤康光九段>
<木村一基九段>(48)が19日、東京都渋谷区の将棋会館で行われました第69期王座戦挑戦者決定戦で<佐藤康光九段>(51・日本将棋連盟会長)に後手の132手で勝ち、挑戦権を獲得しています。9月1日に開幕する五番勝負で<永瀬拓矢王座>(28)に挑みます。

<木村一基九段>は呼び名の「千駄ヶ谷の受け師」らしい将棋で勝利を飾っています。序中盤で劣勢の展開を強いられた<佐藤康光九段>が迫力十分の寄せで後手陣に重圧を掛けましたが、<木村一基九段>は勝ち切りました。

<木村一基九段>は1997年、トップ棋士としては晩学と言える23歳で四段(棋士)昇段。その後、6度のタイトル挑戦が実りませんでしたが、2019年の王位戦で<豊島将之王位>(当時)を4勝3敗の激闘の末に破り、46歳3か月の史上最年長で初タイトルを獲得しています。
昨年の初防衛戦で<藤井聡太棋聖>(当時)に0勝4敗で敗れて失冠しましたが、その後も各棋戦で活躍。今回、再びタイトルに挑むことになりました。

一方の<佐藤康光九段>は、現職の日本将棋連盟会長として1986年の名人戦で挑戦者となった故<大山康晴十五世名人>以来35年ぶりのタイトル挑戦を目指したが、届きませんでした。
#ブログ #将棋

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。
Toshiaki Nomura
Toshiaki Nomuraさんからコメント
投稿日 2021-07-24 10:44

これほど厳しい世界もないですよね。
藤井聡太氏ばかりに目がいきますが、
厳しい戦いはまだまだあるんですね・・・。

ワオ!と言っているユーザー