記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

<のん>100分de名著「ミヒャエル・エンデ『モモ』」@NHK Eテレ

スレッド
<のん>100分de名著「ミヒ...
<のん>(27)が、ドイツの児童文学作家<ミヒャエル・エンデ>(1929年11月12日~1995年8月28日)の小説『モモ』を朗読する「100分de名著」が、NHK Eテレで8月3日(月)から4週にわたって放送されます。

古今東西の「名著」と呼ばれる1冊を1回25分で計4回、100分で読み解いていく同番組。<ミヒャエル・エンデ>が1973年に発表した『モモ』は、風変りな少女「モモ」が人間の時間を盗んで生きる「時間どろぼう」と闘うファンタジー小説です。30カ国以上で翻訳され、今なお世界中で愛読されています。

番組では「京都大学こころの未来研究センター」所長の<河合俊雄>(62)を指南役に、さまざまな意味が凝縮された『モモ』の物語を多角的な視点から紐解きます。<のん>は小説を読む朗読パートに出演しています。

第1回 <モモは心の中にいる!> NHKEテレ 2020年8月3日(月)22:25~22:50
第2回 <時間を奪う「灰色の男たち」> NHKEテレ 2020年8月10日(月)22:25~22:50
第3回< 時間とは「いのち」である>  NHKEテレ 2020年8月17日(月)22:25~22:50
第4回 <「受動」から「能動」へ>  NHKEテレ 2020年8月24日(月)22:25~22:50
#ブログ #芸能 #テレビ番組

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
moq
moqさんからコメント
投稿日 2020-08-02 00:53

昔読みました。

小さい頃はオレンジに黒の世界の表紙を見て嫌だなと思うだけで読まず、
高校生位の時に友人に薦められて読んだらじわじわ恐いと戦いた。
自分から考えない恐怖を感じた気がします。
今また読んだら違った気持ちで読めそうです。
名作ですね。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2020-08-02 08:05

読み返すたびに新しい発見がある作品こそ名著なんでしょうねぇ。
そんな一冊があるということは、社早生なことだと思います。
私は、職業柄というわけでもありませんが、グリアムグリーンの
『燃えつきた人間』をお正月に読んでいます。(苦笑)

ワオ!と言っているユーザー