記事検索

高齢者用「牛丼」@吉野家

スレッド
< 「やさしいごはん」の牛丼(... < 「やさしいごはん」の牛丼(画像:吉野家) >
牛丼チェーン大手「吉野家」が大阪府吹田市の新店舗「ビエラ岸辺健都店」で17日、高齢者でも食べやすい牛丼「やさしいごはん」の提供を始めています。通常より肉を軟らかくし、塩分はほぼ半分。全国約1200の店舗で初の試みだそうです。売れ行きをみて販売店舗数を増やすか考えるとのこと。

東京医科歯科大と共同開発した新メニューは、牛肉を細かく刻み、軟らかく煮込んだ具材を使用し、塩分量は通常の約半分(0・9グラム)です。

ごはんの量を減らし、カロリーも抑えています。白米の牛丼(税込み430円)とおかゆの牛丼(同480円)で、通常の牛丼(並盛り、同380円)より50~100円高い価格になっています。

同店舗では、食後の血糖値の上昇を緩やかにする機能性表示食品の牛丼の具「サラ牛」など3品の販売(持ち帰り)も始める。これまでは通販だけで、店舗で扱うのは初めてになります。
#ブログ #グルメ #ファーストフード

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
dote
doteさんからコメント
投稿日 2018-11-19 07:32

最近牛丼屋さんで年輩の方を良く見かけます
とても良い取り組みですね
値段的にもやさしいとなお良いですね

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2018-11-19 09:32

高齢者にとっても、牛肉の摂取は必要でしょうから、安心して食べれるのはいい取り組みだと思います。
手間のかかる分、高くなるのは仕方ないかな。

ワオ!と言っているユーザー