記事検索

フリースペース

「相談できない」という悩み

スレッド
私は特に学生時代、
「悩みを相談する」ということに、大変苦手意識を持っていました。

特に親に相談する、というのが一番ハードルが高かったです。


●相談しようとしてもうまく話せないから話したくない
 →「何が言いたいの?」
   (すいませんすいません。伝わらないですよね。ごめんなさい)
  「で、どうしたいの?」
   (それがわからないから相談してます…。)

●相談した時に拒否・否定されるのが怖い
 →「あー・・・」
  (困ってる!困らせちゃった!どうしよう!)
  「自分で考えなさい」
  (何を?どうやって?十分考えましたけどっ!?)

●正論や、自分には出来ないアドバイスをされるのがイヤ
 →「それは考えが甘いんじゃない?」
  (ですよね。ごめんんさい。自分が一番よくわかってます。言ってみただけです)
  「こうすればいいじゃん」
  (それが簡単にできたら苦労しない。。。)



実際にこんな経験があったり、余計なことばかり考えることで、
「相談するということは迷惑なことだ」
「こんなことを悩む自分がおかしいんだ」と
相談するということから遠ざかっていました。



それを変えてくれたのが、親元を離れた後のアルバイト先の同期の存在です。



その人は、私の言葉を飲み込む様子や、スッキリしてない顔を見て
「何でも言え!全部言え!」「何かあったら相談しろ!」と相談しないと怒るのです。


何時間でも電話に付き合ってくれたり、食事に連れ出したり、
バイトとは別の時間を取って、とことん付き合ってくれたりました。

「それはつまりこういうこと?」「なるほどな。そういう場合もあるよな」
と、何を言っても受け止めてくれました。

そして、最後には「スッキリしたか?」「全部出し切ったか?」と
確認しては、「よしっ」と満足そうな顔をしていました。


時には相談してくれることもありました。


だからこの人には安心して何でも本音で話すことができました。
感情を思い切り出す、ということも出来るようになりました。






この人のおかげで、私は素直な自分を取り戻すことができました。
アルバイトを通して、仲のいい仲間もできたし、
お客様ともいい関係を築くことができました。




コーチングというものを知るうちに、
「安心して話せる場を提供する」
「相手を尊重しながら、相手の答えを見つけていく」
「一緒に考える」
という、同期が私にしてくれたようなことが、私も出来るようになれるんだ!
というオモイがどんどん強くなっていきました。





実は同期は22歳という若さで亡くなってしまったのですが、
私にとって、恩人であり、大きな目標です。
コーチとして、大切なロールモデルになっています。





コーチングを学ぼうと思ったきっかけから、
現在までの経緯はこちらのインタビュー動画からどうぞ^^
https://youtu.be/ShOdgtCFoWY

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ
銀座コーチングスクール 認定コーチ
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1805SD1906

あなたに合ったコーチを探せるコーチ情報提供プラットフォーム「コーチ探せる」
 ☑体験セッションを受けてみたい!
 ☑雑談でコーチングのことなど、ざっくばらんに聴いてみたい!
 ☑研修や講座について問い合わせたい。
 という方はこちらからどうぞ♪
コーチ探せる プロフィールページへ
クリック

#オンライン #コーチ #コーチング #コーチ探せる #佐藤智絵 #弘前 #無料体験講座 #銀座コーチングスクール #青森

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ