記事検索

ツナ缶レビュー zu-mix3.0

https://jp.bloguru.com/zumix

フリースペース

■初めての方は、国産ツナ缶の面白いとこをつまみ食いできる「めずらしいツナ缶」から読むと楽しいと思います。



※当ブログのコンテンツの転載、再利用については、コンテンツ使用ポリシーを一読ください。
 ごあんない
 このブログでは、ツナ缶(まぐろ・かつおの油漬け、味付け等)やその関連商品に対する筆者目線のレビュー、解説を掲載しています。
掲載しているフォーマットの詳細は、右記プロフィールをご確認ください。

 ・自家通販はじめました。コミケで頒布したツナ缶解説本のほか、アイコンの女の子にゃがいさんのグッズもあります。

トップバリュ フタが開けやすいライトツナフレークを食べたレビュー

スレッド
トップバリュ フタが開けやすい... トップバリュ フタが開けやすい...


  トップバリュ フタが開けやすいライトツナフレーク
  まぐろ油漬フレーク・廉価品


☆コメント
 アルミ製シールを使うことでフタを開けやすくしたイオンのツナ缶。
 旧トップバリュ・ライトツナとの差違は:
・高くなった( 88円→ 108円 )
・カロリーが若干低くなった( 2.775kcal/g → 2.714kcal/g )
・内容量が減った( 80g → 70g )
・野菜スープの遺伝子非組み換えが徹底されなくなった
 ( 遺伝子組み換えではない → 遺伝子組み換え不分別)
だいぶ高くなった ( 1.1円/g → 1.54円/g )

 という点だろうか。以前のような高いコストパフォーマンスはなりを潜め、よくあるスーパーPBのツナ缶になってしまった。

 肉は値段なりに細かい。おそらく機械詰めだろう。油のキレも微妙で、生食には向かない。
素で食べず、マヨネーズと和える等といった調味料フォローが必要不可欠となる。

 味と品質で言えば明らかに旧ライトツナフレークより落ちているため、そのノリで買うのは避けた方がよさそう。
 廉価ツナ缶は数年を経てじわじわと品質が下がっている。トップバリュはわかりやすい指標となってくれたが、他社も他社で落ちてきているため特に輸入ツナ缶は消費者が敏感になる必要がある。

 …ただ、トップバリュベストプライスのライトフレークや多くの輸入ツナ缶と比べたら「まだ良い」方だ。問題は価格に釣り合ってないこと。

☆各種評価
・グレード ★★☆☆☆
・価格   ★★☆☆☆ #108円/個
・味覚評価 ★★☆☆☆
・入手性  ★★★★☆ #イオン系列店のどこにでも
・原産国  タイ

☆スペック
内容量 70g
190kcal/缶 食塩相当量0.8g
原材料 きはだまぐろ、大豆油、野菜エキス(大豆を含む)、食塩、調味料(アミノ酸等)
JAN:4902121054343 製造固有記号3L 
販売者 イオン株式会社(千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1) 製品ページ
Tuna canning review No.25
#スーパーPB #きはだまぐろ #油漬

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ