記事検索

日常のつぶやき~この庭と草木

https://jp.bloguru.com/moon
  • ハッシュタグ「#本」の検索結果67件

【本】本と鍵の季節

スレッド
集英社 (2018/12/20... 集英社 (2018/12/20)

1月のはじめ、朝のテレビで、4人の作家が面白かった本を1冊ずつ挙げていました。

試しに予約して、読むことにしました。

『最初の悪い男』と『両方になる』は全く本が開きませんでした。

この本は、しっくりしないながらも、ページは開き続け、

最後は、予想しなかった展開に。

それなりに読めました。

本の装丁の雰囲気も良く、図書室の懐かしい居心地を感じた作品でした。

◇内容◇
堀川次郎は高校二年の図書委員。
利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門と当番を務めている。
背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。
そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。
亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが…。
図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】あやかし草紙 三島屋変調百物語五之続

スレッド
KADOKAWA (2018/4/27) KADOKAWA (2018/4/27)

8月に予約して、ようやく手元に届きました。

分厚いながらも読み応えのある面白い本でした。

すんなりとおちかが嫁入りして、富次郎にバトンが渡されました。

続きが楽しみです。

◇内容◇
江戸は神田の筋違御門先にある袋物屋の三島屋で、
風変わりな百物語を続けるおちか。
塩断ちが元凶で行き逢い神を呼び込んでしまい、家族が次々と不幸に見舞われる「開けずの間」
亡者を起こすという“もんも声”を持った女中が、大名家のもの言わぬ姫の付き人になってその理由を突き止める「だんまり姫」
屋敷の奥に封じられた面の監視役として雇われた女中の告白「面の家」
百両という破格で写本を請け負った男の数奇な運命が語られる表題作に、
三島屋の長男・伊一郎が幼い頃に遭遇した椿事「金目の猫」を加えた選りぬき珠玉の全五篇。
人の弱さ苦しさに寄り添い、心の澱を浄め流す極上の物語、シリーズ第一期完結篇!

「金目の猫」は、他で読んだことがありました。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】『群青の魚』福澤徹三 作

スレッド
出版社: 光文社 (2018/... 出版社: 光文社 (2018/10/30)

最近、読みたい本がなくて、図書館のHPの新着図書一覧を眺めていると、

題名に目が留まり、作者に目が留まりました。

初めて読む作者です。

亡くなったお京さんが以前話していたのを思い出しました。

予約して読みました。

はじめは特養老人ホームの話で、本を閉じたくなりましたが、

それぞれの登場人物の展開が面白く、よく書けた作品でした。

面白かった!!

◇内容◇
特養老人ホーム「敬徳苑」で入所者が何者かに殺害された。
第一発見者で介護員の清水穂香はストーカー被害に悩んでいた。
現場に臨場した交番巡査の武藤大輔は穂香の相談に乗り、ストーカーの正体を暴こうとする。
新米刑事の風間志郎は未解決事件の捜査をきっかけに、半グレ集団の罠に落ちる。
錯綜する事件の果てに巨大な闇が三人を襲う!緻密な描写と予想を裏切る展開!
異色の警察小説。


◇追記◇
この後、『灰色の犬』『白日の鴉』を読みました。
シリーズでした。
『白日の鴉』は、テレビドラマで観ていました。
どちらも読み応えのある作品でした。
福澤くん、面白かったです。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】『給食アンサンブル』『泥』

スレッド
『給食アンサンブル』 光村図書... 『給食アンサンブル』
光村図書 (2018/9/5)
『泥』 小学館 (2018/7... 『泥』
小学館 (2018/7/17)

小学校で司書をしている友人からのおすすめの本を読みました。

『給食アンサンブル』

◇内容紹介◇
転校先の学校に馴染むのを拒む美貴の「七夕ゼリー」、
子どもっぽいのがコンプレックスの桃の「マーボー豆腐」、
親友の姉に恋をする満の「黒糖パン」、
悩める人気者の雅人の「ABCスープ」、
孤独な優等生の清野の「ミルメーク」、
姉御肌で給食が大好きな梢の「卒業メニュー」。
6人の中学生たちの揺れる心が、給食をきっかけに変わっていく。
給食がつなぐやさしく胸に響くアンサンブルストーリー。

小・中学時代を懐かしく思い出す作品でした。


『泥』
◇内容紹介◇
タマヤたちの小学校は、立ち入り禁止の森に囲まれていた。
森には、サンレイ・ファームという農場がある。
クリーンなエネルギーを研究しているらしい。

タマヤの大事な友だちマーシャルは、いじめっ子の存在に悩んでいた。
この日も、いじめっ子チャドが待ち伏せしていることを知り、いつもの道をさけて帰ろうと森の中に入り込む。
心配したタマヤも後を追った。
しかし、このことに気がついたチャドが、追いかけてきたのだ。
森の中でつかみ合いになり、タマヤは、マーシャルを助けるために、足下にあった泥を投げつけた。
タマヤとマーシャルは、必死にその場を逃げ出した。
翌日、いじめっ子は、学校に来なかった。
そして、タマヤの手にできた水ぶくれは、どんどんひどくなり、広がっていった。
"あの泥"が原因に違いない!
あの森で、なにか恐ろしいことが起きている・・・。
これまでにない近未来パニック小説 。

ルイス・サッカーらしい切り口のおはなしでした。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】ソロモンの偽証

スレッド
クリスマスの朝、雪の校庭に急降... クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。
彼の死を悼む声は小さかった。
けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。
そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした。
新たな殺人計画。
マスコミの過剰な報道。狂おしい嫉妬による異常行動。
そして犠牲者が一人、また一人。
学校は汚された。
ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。
騒動の渦中にいるくせに僕たちは... 騒動の渦中にいるくせに僕たちは何も知ろうといなかった。
けど、彼女は起ちあがった。校舎を覆う悪意を拭い去ろう。
裁判でしか真実は見えてこない!
彼女の覚悟は僕たちを揺さぶり、学校側の壁が崩れ始めた…
気がつけば、走り出していた。
不安と圧力の中、教師を敵に回して―他校から名乗りを上げた弁護人。
その手捌きに僕たちは戦慄した。
事件の封印が次々と解かれていく... 事件の封印が次々と解かれていく。
私たちは真実に一歩ずつ近づいているはずだ。
けれど、何かがおかしい。
とんでもないところへ誘き寄せられているのではないか。
もしかしたら、この裁判は最初から全て、仕組まれていた。
一方、陪審員たちの間では、ある人物への不信感が募っていた。
そして、最終日。最後の証人を召喚した時、
私たちの法廷の、骨組みそのものが瓦解した。

第一部741頁、第二部715頁、第三部722頁 新潮社 (2012/10/11)

分厚く長い長い文章の本でした。
先週から読んでいましたが、ようやく完読しました。
面白くて止まらなくて・・・
それでも今週は、PET検査・診察・結果説明と毎日のように
総合病院に付き添ったりと多忙でした。
寝るのも惜しんで読んでいたので、眩暈がしています。

自己愛性パーソナリティ障害の人に出合ったら、逃げなくてはいけない。
逃げられない場合は?

ワープロ、ポケベル、公衆電話・・・懐かしい品々が出てきます。

◇追記◇11.15
文庫本に掲載された続編『負の方程式』を読みました。
私立探偵杉村三郎が登場して、藤野弁護士と絡む話でした。
これは読まないほうがよかったです。
面白かった読後の余韻が興醒めへと変わりました。

◇追記◇2019.3月
映画を観ました。
映画では、教師として中学校に戻ってくるのが藤野涼子でした。
原作と少し違う。
こういう時、作者はどう思うのでしょうか?

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】『英雄の書』上・下

スレッド
毎日新聞社 (2009/2/1... 毎日新聞社 (2009/2/15)
読んだ本は三刷 2/27
毎日新聞社 (2009/2/1... 毎日新聞社 (2009/2/15)
読んだ本は二刷 2/16

一般書の棚にありましたが、これは児童書のようです。
主人公が小学五年生なので、そう感じました。
『ゲド戦記』の雰囲気もしました。

壮大な物語のはずが尻すぼみでした。

◇内容紹介◇

「あれ」が獄を破った。戦いが始まる。
邪悪は、何と巧みに人の心に付けいるのだろうか。
「ひとつ踏み誤れば、あなたも<英雄>に囚われ、
呑み込まれてしまうことでしょう。
<英雄>は強大です。比類なき力を擁する完全な物語でございます」

森崎友理子は小学五年生。
ある日、中学二年生の兄・大樹がクラスメートを殺傷し、
姿を消すという衝撃的な事件が起きた。
事件から十日ほど経った時、友理子は兄の部屋で不思議な声を聞く。
「君のお兄さんは“英雄”に魅入られてしまったのだ」
本棚の奥の見慣れぬ書物が、友理子にささやいているのだった。
書物に導かれ、兄を救い出す旅へ出る友理子。
すべての物語が生まれ、回帰してゆく<無名の地>と呼ばれる場所で、
友理子は、世界の根源というべき、おそるべき光景を目にする――


備えよ。暗黒の世が訪れる。
「そこには善きもの、正しきものもある。
負の力に拮抗しようとする正の力が。
ならば、闇雲に闇を恐れてはいけない。
闇の中から光を見出すのだ」

<英雄>は兄・大樹を「器」として、刻々と力を取り戻しつつある。
“狼”と呼ばれる者たちとともに、<英雄>の追跡を続ける友理子。
なぜ兄は<英雄>に囚われてしまったのか。
<英雄>が解き放たれると、何が起こるのか?
憎悪と恐怖の支配する世界で、友理子はおどろくべき真実を知る。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】『希望荘』

スレッド
小学館 (2016/6/20) 小学館 (2016/6/20)

そういえば、続きが出ているかもと検索するとありました。

相変わらず、毒々しい内容でした。

それにしても、探偵としての収入では生活できない気がしてなりません。

◇内容紹介◇
探偵・杉村三郎シリーズ第4弾。
その部屋には、絶望が住んでいた――。
前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚をし、
義父が経営する今多コンツェルンの仕事をも失った杉村三郎の「その後」。
失意の杉村は、一旦故郷に帰り、
私立探偵として探偵事務所を開業。
ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。
依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。
果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年に起きた女性殺人事件を解決するカギが……表題作「希望荘」
表題作の他に「聖域」[砂男]「二重身(ドッペルゲンガー)」の4編を収録。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】『いのちの姿』

スレッド
集英社 (2014/12/5) 集英社 (2014/12/5)
エッセイは、あまり読まないのですが、

先日読んだ『草花たちの静かな誓い』の後ろに掲載されていた

この本の紹介文から、興味を持ち借りて読むことにしました。

◇内容紹介◇
「なにがどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」
その父の言葉に、いつも励まされて生きてきた。

今まで語られることの無かった異父兄との邂逅を描く「兄」。
シルクロードへの旅にまつわる回想「星雲」。
小説『優駿』執筆当時の不思議な経験を描く「殺し馬券」。
ある老人の死に黙考する「消滅せず」など、
命の力を信じ、生の深遠を見つめる14篇のエッセイ集。

80年代に出版された『二十歳の火影』、
『命の器』などの名随筆の系譜を継ぎ、
満を持して書かれたエッセイ集。
大人のための滋味あふれる一冊です。

異父兄との邂逅を描く「兄」
これがとても気になったのです。
異父兄に会いたくて、家の前まで行き、偶然犬の散歩で出てきた兄の後ろ姿に
「〇〇ちゃ~ん」と声をかけて、兄が振り返ると同時に走って逃げ帰るという内容。
それ以前にも、以後にも、兄には一度も会っていないという。
呼びかけられたお兄さんは、狐に抓まれた気分で、声の主が誰だったのか、
ずっと考えなかったのでしょうか?
私のほうが気になって仕方がありません。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】草花たちの静かな誓い

スレッド
2016.12.10 2016.12.10

図書館で「み」の棚を眺めていると、この本に気付きました。

「ああ、新刊が出ていたのね。それも2016年の12月に」と。

この作者の作品は、テレビドラマ『青が散る』で見知って、

それ以来、初版本を買い求めていました。

終活に入って(まだ人生はこれからなのですが)、

もう本を増やすのは止めようと決意し、それ以来図書館で借りることにしています。

この本を開いた時、故郷に帰ったような気分になりました。

文章がしっくり来るのです。

でも、途中からは、作者の中だるみ時代の作品のように感じて、

少々興ざめしてしまいました。

◇内容◇
亡き叔母が遺した大きな謎と、幸せの種を探す旅。
生き別れた母子の運命の軌跡をたどる、最新長編。
ロサンゼルス在住の叔母の突然の訃報。
甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、実は死んだのではなく、
当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ菊枝はそのことを長らく黙っていたのか。
娘はいまどこにいるのか。弦矢は謎を追い始める――。
生き別れた母子の運命を豊かに描き出す長編小説。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【本】雲の果

スレッド
2018.5.30 2018.5.30

相変わらず、江戸の中で起こる事件は、遠野屋の座敷で起こっている感じがします。
今回は、事件の真相が最後の数ページで完結した感じで、
いつもの面白みに欠けました。

本の装丁も、拘りがなく、前回と同じ雰囲気でした。

◇内容◇
遠野屋の番頭、喜之助が病に倒れ、主の清之介が看取った。
彼の遺品から不思議な織の帯が見つかる。
一方、ある仕舞屋が燃え、焼け跡から女の死体と焼けた帯が見つかる。
信次郎と伊佐治は、謎めいた帯の奇妙な繋がりを探る。
「弥勒シリーズ」第八弾。

#本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ