記事検索

フリースペース

時代を越えて愛されるもの

スレッド
時代を越えて愛されるもの
おはようございます。

昨日はクリスマスでしたね!
どのように過ごされましたか?

娘はサンタさんから無事に鬼滅の刃のコスチュームをプレゼントしてもらい大喜びしてました!


そして娘のリクエストで家族でホームアローンの映画を楽しみました。

去年クリスマスの時期に放送されたのを見て娘が好きなりました。


私も子供の頃にめっちゃ面白くて何度も見た経験があります!


1990年に映画公開されて以降、時代を越えても愛されるものは変わらないんだなって感じた瞬間でした!


他にも娘はドリフターズにハマったりもしています。


最近は流行り廃りが多いですが、本当に人から愛されるものはそんなの関係ないんでしょうね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現役の管理職が教える{介護リーダーのマネジメント研修}の湯浅 

群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京

私は、介護現場のリーダーとしての仕事(マネジメント)を教えています。

介護職のリーダー次第でチーム、組織も変わる
リーダーのマネジメントで、ケアの質も変わる
リーダーのマネジメントで、働きがいも変わる

#コーチング #チーム #マネジメント #人材育成 #介護 #介護リーダー #湯浅真澄

ワオ!と言っているユーザー

介護士が抱えるジレンマ

スレッド
介護士が抱えるジレンマ
おはようございます。

今日は普段介護士が何に悩むことが多いか紹介します。


高齢者に多いインシデントは何かご存知ですか?


歩行時の転倒や車椅子やベッドからの滑落、転落です。



高齢になれば下肢筋力は低下し、認知症になると注意判断力の低下、内服薬による副作用などの相互作用もあり、転倒のリスクが高くなります。


それでも本人は動きたいから動きます。
また認知症により、理解力の低下があるので、自分の置かれている状況が分からずに転んだ後でも歩かれます。


介護では自立と自律のが求められているので、本人が動きたいなら安全に行動できるように支援していきます。


ですが業務や他の方のケアもあり、ずっとは見守れないので結局、「座っててください。」「ちょっと待っててください。」「あっち行っかないでください。」など行動を制限する言葉がけをしてしまうんです。


そこにある要因は
自律尊重の原則と無危害の原則です。

わかりやすくいうと、本人の想いを尊重する考え方と危険と分かっていることは取り除くという考えです。


どちらも正しくて優劣はつけられないんです。


だけどそこに家族の思いが入ってきできます。

すると転ばせちゃいけない。となり、結果、歩かせない選択をしてしまいます。


これはどの介護士も経験するジレンマです。


本人の想いが隠れちゃうんです。


このジレンマは消えることはなく介護士は日々向き合いながら本人と向き合っていきます。



解決はできませんが家族への介護への理解を高めてもらったり、チームでケアの方向性を考えたり、本人の想いが実現できるための方法を検討することが大切になります。


#コーチング #ジレンマ #マネジメント #介護 #介護リーダーマネジメント

ワオ!と言っているユーザー

振り返りに効果的なツール

スレッド
振り返りに効果的なツール
おはようございます。

昨日はクライアントとコーチングのセッションの日でした。


コロナ禍で対面ではなくオンラインでの実施となっていますの。


昨日のクラインとのテーマは
今年一年の整理についてでした。


人はあまり振り返って整理をする習慣がないので、割と棚卸しすることは苦手だと思います。


ですが振り返りはとても大事で、基本的には毎日やることがおすすめです。


毎日やることで定点観測できるんですね。


その中でも効果的なのが日誌になります。



日誌は羽生選手や紀平選手、大谷選手などスポーツ選手がつけている印象がありますが、どんな人にも効果的です。


私も日誌を始めてから予測と準備力が高まり、ほとんど残業せずに帰ることができ、なおかつ行動の漏れが少なくなりました。


来年の目標を立てられた方はぜひ日誌を活用して日々の自身の行動の整理をしてみてください。


現役の管理職が教える{介護リーダーのマネジメント研修}の湯浅 

群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京

私は、介護現場のリーダーとしての仕事(マネジメント)を教えています。


介護職のリーダー次第でチーム、組織も変わる
リーダーのマネジメントで、ケアの質も変わる
リーダーのマネジメントで、働きがいも変わる
#介護 #介護リーダー #介護リーダーマネジメント #振り返り #日誌 #湯浅真澄 #現役管理職

ワオ!と言っているユーザー

目標づくりのポイント

スレッド
目標づくりのポイント
こんにちは。

今年も残すところ僅かになりましたが、来年の目標は考えていますか?


もしこれから目標を考えるなら参考にしてください。


コーチングでは目標は具体的でイメージできることが大切と言われています。

それは、人はイメージできないことは行動にうつせないからです。


例えばヨガをやったことない人に戦士のポーズをやってくださいと言ってもできません。

だから目標を作る時に具体的に決めることが大切になるんです。

そして、映像で浮かび上がることも大切と知っていましたか?


達成時、または達成後に

何をしているか?
どんな表情か?
何を話しているか?
誰といるか?
どんな雰囲気か?

このように情景でビジュアライズしていくことで、映像がイメージできます。


なぜ映像化することが大切かというと、人は何かを記憶する時、映像で覚えようとします。

読書しても文字や文章はなかなか覚えられず思い出せないですが、一度しか行ったことのない旅行先などの情景は目をつぶれば思い出せるはずです。


このように人は文字や数字など無機質なものは、脳が記憶しづらいですが情景は記憶に残りやすい特徴を持っています。


だからコーチングでは感情を丁寧に聞き取り、そして達成している時の場面をイメージしてもらうのが大切なんですね。

目標設定をする時のポイントをまとめると、具体的な目標(数値を含む)かつ感情が伴っていること。
そして達成時、または達成後のイメージが明確になっていることです。

目標を脳にこびりつかせてぜひご自身の目標達成を実現させてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現役の管理職が教える{介護リーダーのマネジメント研修}の湯浅 

群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京

私は介護現場のリーダーとしての仕事(マネジメント)を教えるトレーニング
をしています。


介護職のリーダー次第でチーム、組織も変わる
リーダーのマネジメントで、ケアの質も変わる
リーダーのマネジメントで、働きがいも変わる


#コーチング #介護 #介護リーダー #介護リーダーマネジメント #湯浅真澄 #現役管理職

ワオ!と言っているユーザー

60分vs10分

スレッド
60分vs10分
おはようございます。

昨日は娘と祖父からもらったLEGOフレンズをしました。


やってみると結構想像力がついて良いものですね!


めっちゃ高かったけど(汗



かなり大きなバージョンなので、全てやるには少し時間がいります。



子供は一度にたくさん遊びたくなってしまいますが、私はいつも時間や工程を分割して遊ばせています。


それは60分かけて完成させてしまうよりも10分かけて毎日やることが何度も考える機会が増え、それこそどのように組み立てれば良いかがわかってくるからです。


もちろん、一度に作って壊したりすればまたすることもできますが、私が娘に伝えたいのは毎日少しずつ続けることが大切だということです。



一度にやった時の方が気持ちいいかもしれませんが、それでは身になりません。



イチロー選手も
小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところに行くただ一つの道だ
と言っています。


それだけ続けることの方が重要ということです。


そして工程を細分化することは一つ一つの行動目標が決まっているから、やるべきことがはっきりしている。

さらにまたやろう!とモチベーションにつながりやすいのです。



娘の勉強にも同じ手法を使っていて、ドリルを買ったらたくさんやろうとしちゃうのですが


私はあえて1日1枚だけと伝えて、それをやったらおしまいにさせます。


1枚だから続けられる。また明日もやろうと思えるんです。

さらには人は制限をかけられるとさらにやりたい、ほしいと思う心理要素が働くので、伝え方も工夫しています。


子育ても人材育成も一緒で一度に全て教えて終わりではなく、継続的にトレーニングすることが大事です。


そしてトレーナーである上司、先輩が意図的に関わることで本人が持っている力より早く成長できるようになります。


あなたなら1日60分やっておしまいと1日10分毎日続けるならどちらを選びますか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現役の管理職が教える介護リーダーのマネジメント研修の湯浅 

群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京


介護現場のリーダーとしての仕事(マネジメント)を教えるトレーニング

=介護職でリーダーが現場をマネジメント=

リーダー次第でチーム、組織も変わる
リーダーのマネジメントで、ケアの質も変わる
リーダーのマネジメントで、働きがいも変わる

#コーチング #チーム #マネジメント #人材育成 #介護 #介護リーダー

ワオ!と言っているユーザー

行動に起こさない特徴

スレッド
行動に起こさない特徴
おはようございます。

朝のニュースを見ていると東京の人手は変わらずに多かったようですね。

年末やクリスマスもあるから仕方ないのかもしれませんが個々に感染予防の上、出かけることが大切ですね。


私の事業所では何に2回OJTを実施していて、今は2回目のOJTの真っ最中です。

約1ヶ月が経過しましたが、このくらいになると行動に移している人と移せていない人に分かれてきます。


目標の高さにもよりますが、最大の差は「行動の具体化」と「ハードルの高さ」です。


まず動けない人は行動が抽象的になっています。


何をいつまでにどのくらいやるのか。
いわゆる5W1Hが不十分な状態です。

具体化しないまま始めてしまうから自分が何をするべきなのかイメージが湧かずに行動に移せなくなってしまいます。


そして、もう一つが行動のハードルが高いことです。


人は新しいことなどに挑戦する時点でハードルが高く感じます。

また変かも嫌うからやらない理由をまず探します。

すると決めた行動が高く感じてやらない選択をしてしまいます。


だからこそ行動のハードルを低くする必要があります。


以前、私は事業所の稼働率が低い時に営業に行かなければいけなかったのですが、慣れていないから本当にその営業が苦痛でハードルが高く感じていました。


そこでまず何なら取り組めるのか、真理的負担がなくなるのかを考え行動を考え直したら、動けるようになりました。


それまでは法人がリストアップされた事業者への営業周りなどは一切できていませんでした。


行動のハードルを小さくしたおかげで、ひとつひとつ着実に行動に移し、無事目標も達成することができました。


いきなり目標は達成できるものではなく、遠回りに感じるかもしれませんが、私はたくさん階段を作ることが1番の近道だと感じます。

もしあなたの組織でも行動にうつさない人がいたらこの2つのポイントでアドバイスをしてあげてみてください。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現役の管理職が教える介護リーダーのマネジメント研修の湯浅 
群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京

介護現場のリーダーとしての仕事(マネジメント)を教えるトレーニング

介護職でリーダーが現場をマネジメント

介護職のリーダー次第でチーム、組織も変わる
リーダーのマネジメントで、ケアの質も変わる
リーダーのマネジメントで、働きがいも変わる

#コーチング #チーム #マネジメント #人材育成 #介護 #介護リーダー

ワオ!と言っているユーザー

こんな人いませんか?

スレッド
こんな人いませんか?
こんにちは!

群馬県と新潟を繋ぐ関越道の立ち往生も無事解消されました。

一時1100台以上が立ち往生していました。


都内の人はノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤに履き替えることをお勧めします。

私も雪山には行きませんが、毎年スタッドレスタイヤに履き替えています。


今日は会社に必ずいる人の特徴についてお伝えしています。


どこにも会社や上司、同僚の愚痴や不満を言う人はいますよね。


その人たちの特徴は原因論で考えているのが特徴です。


原因論を唱えたのはフロイトですが、原因論を簡単に考えると、

例えば、
自分のやりたい仕事ができないのは会社の理解がない。

上司が自分のことを理解してくれない。

やらされる仕事ばかりでやる気が起きない。

こんな感じで何か起こった原因はどこにあるかを表しています。


そして人間関係においては他責で相手に原因があると考えます。


こんな人いますよね?


この人たちはみんな他責の中で生きています。



ではアドラーが唱えた目的論で考えるなら

自分のやりたい仕事をするのは大変だからやらない選択を自分がした。


上司が自分のことを理解すべきだから私
から理解してもらう必要はない。


仕事が面倒だからやる気を起こさない。


すべての行動には自分の目的があって選択していることになります。


目的論で考えれば自責で考えることができます。


あなた自身は原因論と目的論どちらでも考えていますか?


人間関係や仕事においては原因論で考えても良い方向にはいかないでしょう。

自分の気持ち沈むし、いつも他人のせいにしてイライラ


目的論で考えれば自分次第で気持ちはポジティブになりますし、無駄なことにイライラしないでストレス耐性も強くなります。


そして目的を持って行動できるので成長も成果も手に入れることができます。


原因論が悪いのではなく、人間関係や仕事においては目的論で考えるのが良いということですね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


現役の管理職が教える{介護リーダーのマネジメント研修}の湯浅 

群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京

介護現場のリーダーとしての仕事(マネジメント)を教えるトレーニング

介護職でリーダーが現場をマネジメント

リーダー次第でチーム、組織も変わる
リーダーのマネジメントで、ケアの質も変わる
リーダーのマネジメントで、働きがいも変わる

#コーチング #チーム #マネジメント #リーダー #介護

ワオ!と言っているユーザー

ケアに正解はありません

スレッド
ケアに正解はありません
こんにちは!

群馬県では警戒レベルが4に上がって個人での自粛要請が求められました。


じっとしていなさいというメッセージでしょう。


とはいえ、コロナが急増する前からこちとらずっと自粛していますので、今までと同じ予防を粛々と続けるだけですね。


さて、私たち日本人は学校教育でテストを受けてきました。


答えがあるものに対して回答して正解かどうかで判断されてきたと思います。


この教育の名残りなのか、日本人は大人になっても正解か不正解かで物事を見ようとする性質がありますね。


かくいう私もそうでした。


そして特に介護では正解を求める傾向にあります。


それは何故か?


認知症というまだ解明されていないことに対してわからないからこそ無意識に知識的な正解をあてはめようとしてしまうのです。



そもそもここで伝えときたいのはケアに正解はないということです。



私たちは人を相手にしています。


病気を相手にしているのではありません。


人に対してこうにしておけばいいなんて正解はないはずです。



実際にこないだあった話なのですが看取り介護の方に看護師はパジャマ推奨、介護士は洋服推奨


あなたならどちらを選びますか?


くだらないと思ったかもしれませんが、この選択ですら介護は悩むのです。

そしてケアの価値観の違いでぶつかるんです。


本当はどちらも間違っていないんです。

どちらも正しいんです。


だったらどうすれば良いのか。


ポイントを上げるなら0点か100点かで考えない。ケースバイケースで選択する。

パジャマの方が確かに寝心地は良いでしょう。

かといってずっとパジャマでいる行為は尊厳を保つのに相応しいことなのか疑問が残ります。

洋服でいることは身だしなみや本人らしさ、周りの人と過ごすには欠かせません。ですが寝ていることが多い人にとって不快に感じるでしょう。


だからこそ主語を本人に置いて、今の状態やこの時ならどっちが望ましいのかチームで決めていく必要があります。


介護は直接ストレートに意見を言える人が少ない分、モヤモヤの中で仕事をしています。


このモヤモヤは消えることはなく、介護士が向き合っていく必要があります。


モヤモヤは真剣に介護をしている証拠だと私は思います。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現役の管理職が教える{介護リーダーのマネジメント研修}の湯浅 
群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京

私は、介護現場のリーダーとしての仕事(マネジメント)を教えるトレーニングします。

介護職でリーダーが現場をマネジメント

介護職のリーダー次第でチーム、組織も変わる
リーダーのマネジメントで、ケアの質も変わる
リーダーのマネジメントで、働きがいも変わる
#コーチング #人材育成 #介護 #介護リーダー

ワオ!と言っているユーザー

モーニングルーティン

スレッド
モーニングルーティン
おはようございます。

かなり冷え込んでいて朝起きるのが辛くなってきましたね。


私は早起きを習慣にして、読書したりとモーニングルーティンがあります。


モーニングルーティンは最近だとYouTubeでもアップされたりしていますね。


モーニングルーティンで何気なくやっていると思いますが、体の一部分になっていて、そのルーティンを飛ばしてしまうと1日調子が出なかったり、目覚めが悪くなったりと影響を受けます。


もし決まったモーニングルーティンがあって、その影響力をみたい場合はあえてやらないでみてください。


そして、普段との違いを意識するとどんな効果を得られていたかわかると思います。


つまりスイッチの入れ方や何がスイッチになっているかわかることになります。


仕事もスイッチが入らない時は普段のルーティン動作を見直してみると良いですね。



ちなみに私は朝の読書で心に響いたり、記憶しておきたいことを日誌に書くという新しい行動をルーティンに取り入れようかと思います。
#スイッチ #マネジメント #モーニングルーティン #仕事

ワオ!と言っているユーザー

安心と安全ってなんだろう

スレッド
安心と安全ってなんだろう
おはようございます。

昨日は銀座コーチングスクール駿河校にてアシスタントに入らさせていただきました。

今回は夜にオンラインで開催されていますので、群馬県にいる私でもアシスタントに入れております。


オンライン化が進んだメリットでしょうね。


そのクラスの中で昨日安心と安全の言葉の違いについて考える時間がありました。


医療、福祉には必ずついて回る言葉ですが、改めて考える機会がありませんでした。


その中で講師の方がお話しされたのは、安心は主観的に感じることで安全は数字で表せるとお話しでした。

例えば今の状況で介護施設を家族が利用する時、何を安全の判断基準にしますか?


換気の回数?時間?

利用者の人数?距離?

消毒の回数?


こうに考えてみると確かに数字で表現できます。


この安全と感じられるから主観的に安心に感じられることにつながるんだと思いました。


言葉を変えると

「目で視える」ということです。

日常生活でも信号が青になったら進んで大丈夫、踏切を渡る時の左右の確認など私たちは目で安全を確認していることがわかります。


介護現場では安全を介護士が確認して利用者の方が安心に感じられる環境作りが大切になってきます。

これからも利用者の方の安心と安全を守れる施設づくりを心がけたいと感じました。
#介護 #安全 #安心 #環境

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ