記事検索
ハッシュタグ「#旅行」の検索結果233件

アストリアと日本人

スレッド
アルトリアにあるこの橋を越える... アルトリアにあるこの橋を越えるとワシントン州です。 これから先はアストリアから離れ... これから先はアストリアから離れる、ハイウエイ101の橋。
コロンビア川の支流となります。
アストリアは、日本人に所縁の深い地でもあります。

音吉ら3名の漁民・漂流民が
ワシントン州・フラッタリー岬付近に漂着し、
その場所に昨夏家族旅行したことはここでも紹介しました。

そのとき、地元にいたマカー族からは
奴隷としてひどい扱いを受けていました。

1年間ほど、希望なく彼らから使役されていたのですが、

それを伝え聞いたハドソン湾会社のものが
彼らを買い取って救出するのです。

その会社がこのアストリアを基地に
水産業、貿易行に従事していました。

3人の日本人たちはここアストリアにつれて来られて、
英語や聖書教育を受けたのです。

その後、ハワイ経由でロンドンへ向かっています。

そんなアストリアから南へ20分ほど走ると、

Seaside の町に到着。

ホテルにチュックインした後、

「さあ、近くにあるビーチを探検しよう」 と私。

「や~だ~! プール、プール!!」 と二人の子供。

もちろんどちらが勝ったかと言えば、、、
子供たちです。

数時間お付き合いすることに。。。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

オレゴン旅行1日目

スレッド
アストリアにある円筒の塔、Co... アストリアにある円筒の塔、Columです。
塔の外側は二人の探検家のストーリーが描かれています。
塔の内部の螺旋階段。 ここを上... 塔の内部の螺旋階段。
ここを上って天辺まで行けます。
Column天辺からの眺め。 ... Column天辺からの眺め。
コロンビア川の支流を眺めます。
コロンビア川本流で、ワシントン... コロンビア川本流で、ワシントン州とオレゴン州の境界です。
向こう側がワシントン州となります。
風が冷たく、数分といることので... 風が冷たく、数分といることのできない厳しい自然環境。 塔を降って地表に降り立つ。 よ... 塔を降って地表に降り立つ。
ようやく笑顔を見せる余裕が。。
朝10時にはオレゴンに向けて出立。

目指すは太平洋岸のSeasideという町。
ここは探検家ルーイス&クラークが
コロンビア川沿いを経て始めて西部に足を踏み入れて
太平洋に達した場所。

彼らの探検の最終地でもあります。

これからの私たち家族の探検が楽しみです。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

シアトルに帰ってきました

スレッド
翼の下に見えるのはアラメダ市。... 翼の下に見えるのはアラメダ市。
サンフランシスコ・ベイに浮かぶ島となっています。
これはオークランド市のダウンタ... これはオークランド市のダウンタウン。
翼はこのあと北に進路を変えて、
SFダウンタウンを左に見ながら
太平洋沿岸に沿って北上していきます。
この時期、雲海に沈む夕日がきれいです。
サンフランシスコからシアトルまで
飛行時間は2時間ほど。

その間、このブログ執筆等に費やしました。

i pad があるため、
気軽に投稿準備が出来ます。

機内でNewport Covenant Church 
(ホサナ教会が会堂をレントさせていただいているホスト教会です)
のアダム牧師
とばったり遭遇。

二人の小学生になる男の子と奥さんとご一緒で、
サンディエゴからのお帰りのようです。

翌日、教会での再開を約束して
シアトルの空港でお別れしました。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

頬をたたきながら運転する男

スレッド
サクラメントからサンフランシスコまでは、
2時間弱ほどのドライブ。

今回は睡魔に襲われて大変でした。

対策として右手で頬を叩き始めました。
左手も使ってパシャり、パシャり、と。

睡魔はそれでも執拗に攻撃してくるので、
さらに力を込めて叩きつけました。

それでも意識の薄れる瞬間が何度かあり、
気付くと隣のレーンにはみ出していたり、
前方車に異常接近していたりの
ヒヤリハット( ̄▽ ̄)

事故る前に対処をせねば、
と考え停車のための出口を探していた時、
電話がなりました。

娘からでした。
その日の学校の様子などを聞いているうちに、
おかげで眠気が吹っ飛び、
そのままサンフランシスコに到着。

アケミちゃん、命を救ってくれてありがとう。

さて、皆様の睡魔との格闘法とは、どういうものでしょうか?
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

ホワイトロックで学んだこと

スレッド
国境に立つホワイトロック 国境に立つホワイトロック
シアトル・バンクーバー間を結ぶ幹線道路で、検問所が二箇所あります。
I 5高速道路をそのまま北上し、太平洋に面している場所がホワイトロック検問所。
そこから内陸側に10キロほど離れた場所にももう一つパシフィック・クロッシングがあります。

通常私は内陸部のパシフィック検問所を利用をします。
待ち時間が短いように感じます。
この日の待ち時間はパシフィックで30分、ホワイトロックで25分と電光掲示板の案内。
かつてこの案内で裏切られたことがあり、30分以上も予想待機時間を長く取られてから信用できなくなったのですが、この日はもう一度信じて見ることにしました。

すると待機時間はぴったりの25分。
審査自体も1分ほどで済んで、スムーズに国境通過(^○^)
しかもパシフィック側にはなくて、ここにだけある特典も発見。
検問所の手前100メートルほどの所に、信号が付けられています。
これにより数十台分をまとめて前進させることができるため、1台ずつ検査が終わるたびに車を前に進める必要はありません。信号が変わるまで10数分ほどエンジンを止めて休むことができます。

このことから、過去の一例で万事を決め付けずに、ときには新たなチャンスを与えることも大事だと気づかされました。
私自身も多くの失敗にもかかわらず、新たなチャンスを与え続けられているんですから。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

バンクーバーも霧の中

スレッド
ダウンタウンのタンジュミア通り... ダウンタウンのタンジュミア通りにて。 寿司をはじめ日本料理が充実して... 寿司をはじめ日本料理が充実しているのもバンクーバーの特徴。
これで$8.99はお得。


この日の朝から、カナダ・バンクーバーまでの3時間弱のドライブ。

ここもシアトル地区と同様、濃霧に覆われてます。
ただその道中、晴れ間の広がるスポットに何箇所か遭遇し、複雑に大陸に切り込んだ海岸線が生み出す気候の違いを感じました。

シアトルよりも多少とも北に位置するため、その分早く日が落ちてしまいました。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

ポートランドでまたやってしまいましたーその2

スレッド
本日の朝、ホテルからチェックアウトする時のことです。

荷物をまとめてからスーツケースと共に部屋を出る時、忘れ物チェックをいつもの通り行いました。
洗面所も、デスクの周囲も、そして引き出しの中も何度も確認して忘れ物がないことを確かめたのです。

家に帰ってから、置き忘れてしまったものが1つだけあったことに気がつきました。
iPadの充電用ケーブルです。
ベッドのサイドテーブル近くの電源に差し込んだまま、置いてきてしまいました( ̄▽ ̄)

電源用ケーブルをホテルに置き忘れたのは、これまでに3回ほどあります。アップルの店でどれぐらいで売っているんでしょう?
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

ポートランドでまたやってしまいましたーその1

スレッド
この日、路上駐車をしている自分の車に戻った時のことです。
フロントグラスに何やら黄色い紙が、バンパーに挟まれてありました。

ありゃー、やってしまいました( ̄^ ̄)ゞ
駐車違反の反則切符を切られていたのです。
時間にして20分ほどオーバーしていました。
残り時間を確認しなかったツケです。
友人たちとのお付き合いがつい長くなってしまいました。

39ドルなり。
毎度どうも(^O^)/

今回も実に楽しい時を持たせて頂いたポートランド市への献金とさせてください\(^o^)/
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

Snow Flake

スレッド
うまく取れてませんが、太鼓叩き... うまく取れてませんが、太鼓叩きのダンサーです。
渋滞で目を吊り上げるよりも、音楽と彼らのパフォーマンスを楽しませてもらいました。




このごろ夕方になるとBellevueのダウンタウン周辺は渋滞がひどいです。

このあたりにお住まいの両親宅に行くのに通常なら10数分で済むのに、なんと40分もかかってしまいました。モールがあるので、皆さんクリスマス・ショッピングに忙しいのでしょう。普段なら半分以上は空いているモール駐車場も満車状態が続いています。

そのダウンタウンの目抜き通りである8thストリートで、毎年恒例のSnowflake Festivalが始まっています。
クリスマスキャロルに合わせて太鼓叩きのダンサー達が踊るショウです。
ビルの一角からは人口雪が放たれます。

午後7時からのこのショウも渋滞に一役買っているのでしょう。

#旅行

ワオ!と言っているユーザー

サンホゼにて

スレッド
しゃぶしゃぶ店を出たところで、... しゃぶしゃぶ店を出たところで、幸せいっぱいの二人。
ペニンシュラ日本人教会の榊原先生と夕食。

世に言う忘年会をしましょう、とのことでしたが、忘れたいものはこの1年間振りかって一つもないので、強いて漢字を当てはめれば「覚年会」となるでしょうか。
これは無理しすぎですね。

先日のイスラエル旅行の報告で大いに盛り上がりました。
ガイドのルツさんは、この榊原先生の紹介でした。
先生とルツさんは子供のときからの幼なじみ。
先生の教会では来年、パウロ宣教の旅としてトルコ沿岸をルツさんのガイドで回れらるそうです。

しゃぶしゃぶをつつきながら、時間の経つのが忘れる宵となりました。
「忘時会」?、、、これも無理がありますね。

無理に「@@会」と世間と模擬する必要はなく、「忘れるな」とある聖書のことばが胸に通います。


「2 わがたましいよ。主をほめたたえよ。 主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
3 主は、あなたのすべての咎を赦し、 あなたのすべての病をいやし、
4 あなたのいのちを穴から贖い、 あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
5 あなたの一生を良いもので満たされる。 あなたの若さは、鷲のように、新しくなる。」 (詩篇103:2-5)
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 20/24 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 14
  4. 15
  5. 16
  6. 17
  7. 18
  8. 19
  9. 20
  10. 21
  11. 22
  12. 23
  13. 24
  14. >
  15. >>