記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

玄海原発の使用済み核燃料保管方法変更

スレッド
10月23日に原子力規制委は、玄海原発の使用済み核燃料保管庫について、
燃料の保管間隔を狭めるリラッキングの貯蔵方法を認める決定をした。
原子力委員会資料:玄海原発3号炉及び4号炉の設置変更許可申請書に関する審査結果案の取りまとめについて

九電が今年2月に提出していた申請書によると、
今のままでは玄海4号機の貯蔵量が2023年にも制限を超えるとの事。
燃料間隔を狭める工事をすれば、保管量が5割増しとなり余裕ができるという。
原子力委員会資料:玄海原発3号炉及び4号炉発電用原子炉設置変更許可申請について

だがこの工事をしたとしても、核燃料の一時的な保管場所が増えるだけ。
最終処分方法の無い、こんな核のゴミを増やし続けて良い訳がない。

発生から廃棄までのライフサイクルで考える、現代の評価方法を適用するなら、
原発による発電方式は、技術的に成り立っていない事になる。
一時しのぎにしかならぬ保管庫増強許可など、本当はしてはならない筈なのだ。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ