記事検索

携帯が壊れた

スレッド
50cmの台から、床に携帯を落とした。携帯の電源が入らない。・・壊れた。LINEも携帯写真カメラも使え無い。便利な物は、壊れると極めて不便になる。ヘロ。ご連絡は下記のパソコンメールにお願いします。 maetani33haru99@hotmail.com

ワオ!と言っているユーザー

セント・ニクラウスに下る

スレッド
集落が近づくと、山道が整備され... 集落が近づくと、山道が整備されていた。いった誰がどんな方法で、こんな大きな石を引き詰めるのかなぁ。 ジュング到着直ぐ手前で、行く手... ジュング到着直ぐ手前で、行く手を牛が通せんぼ。立ち上がらせるのも悪いから、僕が迂回したよ。 ジュング(1968m)到着。ホ... ジュング(1968m)到着。ホテルか山小屋みたいな、泊まるところが有るかと期待したけど、無かった(ガイドブックには宿泊マークあり)。 大人4人乗りのケーブルカーで、... 大人4人乗りのケーブルカーで、セント・ニクラウスに下る。一応の運行時間はあるけど、その他でも4人集まれば、麓駅に専用電話を掛けて、運行してもらえる、みたい。 下の集落が1127mのセント・... 下の集落が1127mのセント・ニクラウス。ちなみにツェルマットは1616m。歩いて降りるコースタイムは1時間30分。 セント・ニクラウスに下る もう歩かんでいい、ハイキング靴... もう歩かんでいい、ハイキング靴、もう履きたくない!
これでツール・ド・マッターホルン、結願!・・でなくて、完結。5年前と違って、コースタイムの3割増しでないと歩けなくなった。・・でも、間に合った、ルン。
2019年7月2日(火)午後

ワオ!と言っているユーザー

オウガスボルド峠(2893m)を下る

スレッド
こちらが、これから下って行くツ... こちらが、これから下って行くツェルマットの有る谷。 最後に見ておこう、今まで越えて... 最後に見ておこう、今まで越えて来た峠たち。 この峠も北東面は、残雪が多い。... この峠も北東面は、残雪が多い。僕はピッケルもストックもない。小枝でも持っていれば、グリセードで、さ~っと下っちゃうのに。この英国人若者達、ストックを持っている、けど雪上歩行に不慣れな様子。 傾斜が緩くなった雪面を、僕がレ... 傾斜が緩くなった雪面を、僕がレッツラン オンザスノー!って叫んで走り出したら、英国人達も、キャッキャ嬉しそうに叫びながら、付いて来た。これで一気に打ち解けた。 彼らも今日は、僕と同じ目的地。... 彼らも今日は、僕と同じ目的地。しかし雪の斜面、ガレ場の通過スピードは、僕の方が早い。湿地帯が始まった。何度も残雪と小川を超える。 ガレ場のルート取りは、体力より... ガレ場のルート取りは、体力よりも、経験値が物を言う、かな。 画面右側に、山道が見える。先の... 画面右側に、山道が見える。先の尾根を回り込むと、ツェルマットの谷の全容が見えて来るはず。 見えた~!けど、雲でマッターホ... 見えた~!けど、雲でマッターホルンは見えない、ヘロ。ブライトホルンは、かすんで見える。
2019年7月2日(火)午後

ワオ!と言っているユーザー

オウガスボルド峠(2893m)を越える

スレッド
夜半に降った雷雨が朝、止んだよ... 夜半に降った雷雨が朝、止んだよ。ホテル横の標識には峠まで3時間、ってある、けど僕は4時間だな。頑張ろう!最初の1時間標高差500mが辛い。急登・森の中で視界なし。 標森林限界を越えた。高2200... 標森林限界を越えた。高2200を過ぎたな、昨日越えたメイドゥ峠は・・・ 上の写真と連続写真。昨日の峠は... 上の写真と連続写真。昨日の峠は、写真右3分の1のところ。 昨晩のホテルで一緒だった若い英... 昨晩のホテルで一緒だった若い英国人が、追い付いて来たぞ。 標高2400かな、湿地帯が始ま... 標高2400かな、湿地帯が始まった。 今日のここまでは、コースタイム... 今日のここまでは、コースタイムどおり。曇りであまり暑くない。水は毎日意識的に沢山飲んでいるよ。山には沢山の小川が流れているから、水の補給は簡単だ。・・え?小川の水、飲むんですか?って?・・上流に牧畜が居なけりゃ、飲みっせ。美味しいもん。 あのコル(峠)まで・・・ あのコル(峠)まで・・・ オウガスボルド峠(2893m)... オウガスボルド峠(2893m)、到着!峠って、いいね。それに何故か希望を感じる、嬉しい。
2019年7月2日(火)

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ