《 “黃色”!!❖ 20-15❖》

0 tweet
マンサク(満作)    マンサク科(Hamamelidaceae)
学名:Hamamelis japonica Sieb. et Zucc.
「2020/02/06泉の森」
数年前画像、横浜・四季の森公園

《樹花(8)・_・春⇔マンサク!!”》
マンサク(満作);
複雑によじれて見える花だが、4枚の花弁。早春に魅せる黄色い花。
和名の由来は山で最初に咲く花「まず咲く」、豊年満作が転じた等々。
花に近寄ってみると瀟洒であるだけでなく、よい香りが漂ってくる。
2月頃、葉に先立ち開花。前年の葉腋から短い花序を出し束生する。
萼片は外に反り返り、内面は平滑で赤紫色。雄蕊、雌蕊も同じ色。
満作の葉は、花の咲いた後に出る。葉だけでは、満作と断定しづらい。 
低木で樹皮は灰色~灰褐色、楕円形の皮目がある。枝は灰褐色。
葉芽は、扁平な紡錘形~長楕円形で柄がある。葉は、単葉で互生する。
葉身は、左右不同で菱状円形~広倒卵形。先が尖り縁は波状の鋸歯がある。
マンサクは、葉の大小や形状の相違から幾つかの変種がある。
丹沢を始め関東地方のものは葉が大きくオオバマンサクと称している。
又、日本海側では、先が丸いマルバマンサクが自生している。
外来の シナマンサクは、より早く咲き出す。常緑のトキワマンサクもある。
山地に自生してるが、公園に植栽され冬景色の中で黄色く魅せてもいる。
箱根には葉が小型の標準のマンサクがあるらしい。見てみたいものだ。

*      *      *

今日、なんとも残念で、悲しい報道があった。
北朝鮮による拉致被害者、有本恵子さんのご母堂が3日に亡くなった由。94歳。
拉致問題が、未だに解決を見ない。何とか成らないものか。
而して、近隣諸国の非人道的対処を聞くにつけ、如何ともし難く、もどかしい。
外交・政治問題以上に、マスメディアが国民の安全追求を発信しないことに怒る。
その上で、国会が国外に発信しないことにも驚く。野党は、党利党略だけだ。
国会・マスメディアが一丸となり拉致被害者の即時帰国を言い続けないのか??
国民を喚起させ、国全体が、世界に向け声を挙げるべきだ。なんとも情けない。

訃報を知った今日、慰安婦問題での民事裁判判決があった。
元朝日新聞記者・植村隆氏の慰安婦記事を「捏造(ねつぞう)」と裁判所が判断。
平たく云えば、報道機関は、事実関係を真摯に語れという事だ。
こんにちの主要報道機関の偏向、疑問に思うのは僕だけか。

#植物 #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ