記事検索

秋野不矩美術館

スレッド
正面 正面 茶室「望矩楼」 茶室「望矩楼」
 藤森照信さんが設計した秋野不矩美術館である。先日、浜松へ行ったときに、少し時間があったので寄ってきた。このブログでも、いままで、大分県竹田市のラムネ温泉館や岐阜県多治見市のモザイクタイルミュージアムなど藤森建築を紹介してきたが、秋野不矩美術館は、これらよりも古く、初期の作品である。とても、よかった。2時間くらい建物の中と外をぐるぐる回り、堪能してきた。
 また、秋野不矩さんの絵も良かった。以前に、日曜美術館で特集を見たが、実際に作品を見るのは初めてだった。私以外は、子供連れの家族が2組いただけで、ほとんど一人でいる時間の方が多く、じっくりと見ることができた。浜松に行ったら、また行こうかな..
#建造物 #旅行 #美術館

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
KEI
KEIさんからコメント
投稿日 2021-09-11 08:49

この茶室、どうやって入るのか 
不思議だったのですが、下の方に出ている所に 
梯子をかけて入るのですね。 
いやあ・・・着物じゃ無理ですね。 
子供達の隠れ家遊びにはぴったりです。 
 
昔見た「スタンドバイミー」という 
映画を思い出しました。

ワオ!と言っているユーザー

hiro
hiroさんからコメント
投稿日 2021-09-11 13:21

藤森さんの茶室は高過庵の方が有名ですよ。

ワオ!と言っているユーザー