記事検索

7/4の前味わいを楽しむ

スレッド
7/4の前味わいを楽しむ 7/4の前味わいを楽しむ 7/4の前味わいを楽しむ 7/4の前味わいを楽しむ

昨日は「天のところ」と言う表現がエペソ書に5回あることを紹介しました。
天においては、天使も悪霊もいる、そしてキリストが神の右の座に座しておられる。そこにあるすべての霊的祝福が私たちに与えられている。
これらのことを教えてくれている聖句でした。
なるほどなぁ〜と、そのありがたい恵みを感謝し受け取る事が出来ます。ところが理解しがたいのが2章6節にある次の御言葉ではないでしょうか。

"神はまた、キリスト・イエスにあって、私たちをともによみがえらせ、ともに天上に座らせてくださいました。" (エペソ人への手紙 2章6節)

ここで注目したい語句がこれです。
συνεκάθισενν (synekathisen) — 「共に座らせた」。

新約聖書ではエペソ書のここにしか出てこない語句です。少々文法的に込み入ったことを言って恐縮なのですが、この聖句の動詞はアオリスト形でしかも直接法が使われています。すると現在形とか未来形ではなく、単純過去形や現在完了形として理解され訳さなくてはならないものなのです。

「キリストとともに天のところに座す」と言う特権は、私たちが過去においても現時点においても経験できるものではありません。これはキリストが再び地上においでになられて(再臨と言います)、新しい世界を創出された時に、復活した聖徒たちに与えられる特権であり地位なのです。すなわち将来に属することであり私たちに与えられたありがたい恵みの約束なのですが、どうして過去形として語られているのでしょうか。

世界の創造者は、時間に拘束されるお方ではありません。
神が言われたことゆえ、語られた約束ゆえにそれはすでに時間を超越して成就・完了したものとして語られる場合があります。旧約聖書においてもその預言者たちが神の約束を語るときに、過去形や完了形で既にその預言の事柄が起こったこととして語られる場合が多く見出されます。

つまり神の視点からは既に成就しているので、過去形として書かれているのです。
この地上生涯において信者は時に迫害や不条理なところを通らねばならないことがあるでしょう。その困難の後にやがてキリストと同じ特権に預かることができると確約されているのを知ればどんな試練をも耐える力となります。

同じことが次の黙示録では人間の視点に立って与えられている約束の言葉です。人にとっては将来に属する約束ですので未来形で記されています。

"勝利を得る者を、わたしとともにわたしの座に着かせる。それは、わたしが勝利を得て、わたしの父とともに父の御座に着いたのと同じである。"
(ヨハネの黙示録 3章21節)

δώσω αὐτῷ καθίσαι 〜「彼に座らせる事を与えるであろう」(未来形・直接法)

ἐκάθισα〜「(父の御座に)着いた」(アオリスト形・直接法)

ここでキリストが私達と共に勝利の座に着かせると言っておられる部分は、将来に属することです。そしてキリストご自身が十字架と復活による勝利を得た後に父なる神と共に御座に着かれたのは、過去のことです。

今日の夕陽もまた素晴らしいものでした。
まるで明日が来ることを約束してくれているかのようです。
明日は7月4日で米国の独立記念日です。
その先日の今日、先ほど家族とともに集ってお祝いをしました。女性陣が天ぷらを作ってくれたのです。
その中でも娘が自身の畑で育てたズッキーニの花を天ぷらにしたものが絶品でした。絶妙な苦味が口の中に広がって何とも言えない味わいでした。

Yesterday I mentioned that the expression " heavenly realms " is found five times in the book of Ephesians.
In heaven there are angels and demons, and Christ is seated at the right hand of God. All spiritual blessings there are given to us.
These were the scriptures that taught us such a blessing.
I see...and we can appreciate and receive that grateful blessing. However, I think the hardest part to understand is the following verse in this book 2:6

"God has also raised us up together in Christ Jesus, and made us sit together in heaven." (Ephesians 2:6)

The word I want to focus on here is this.

συνεκάθισεν (synekathisen) - "made them sit together".

It's a phrase that only occurs here in the New Testament in Ephesians. Forgive me for being a bit grammatically complicated, but the verb in this verse is aorist and indicative form.
Then it must be understood and translated as simple past tense or present perfect tense, not present or future tense.

The privilege of being "seated in heaven with Christ" is NOT something we have had in the past or at the present time. This is the time when Christ will come to earth again (called the Second Coming) and create a new world. It is a privilege and a status given to the resurrected saints. So it belongs to the future, and it's a promise of grateful grace given to us, but Why is it spoken of in the past tense?

The Creator of the world is not bound by time as human.
Because of what God has said, because of the promises He has spoken, it has already been timelessly fulfilled and completed. It may be spoken of as in the Old Testament, when its prophets spoke of God's promises, they were already speaking of them in the past tense and the perfect tense. We find many cases where events are spoken of as having happened in the Old Testament.

That is, from God's point of view they are written in the past tense because they have already been fulfilled.

There are times in this earthly life when the believer have to go through persecution and absurdity . Knowing that after all that trouble, we are assured that we will soon be entrusted with the same privileges as Christ. It will be the strength to endure any trial.

The same is the word of promise given from a human perspective in the next verse in Revelation. It is written in the future tense because it is a promise that belongs to the future for man.

"He who gains the victory shall be seated with me on my throne. It is the same as I have obtained the victory and have sit at the Father's throne with My Father."
(Revelation 3:21)

δώσω καθίσαι - "I will give to seat" (future tense, indicative method)

ἐκάθισα ~ "I have sit (at the throne of my father)" (aorist form, direct method).

The part here where Christ says he will let believers sit in victory with him belongs to the future. And Christ Himself was seated with God the Father after His victory on the cross and resurrection that belongs to the past.

Today's sunset was also spectacular.
It's like a promise of what tomorrow will bring.
Tomorrow is the 4th of July, which is America's Independence Day.

One day earlier today, we got together with my family to celebrate it. The ladies made tempura for us.
One of the best tempura dishes was made from zucchini flowers that my daughter grew in her own garden. It had an indescribable taste with a perfect bitterness that spread in my mouth.
#メッセージ #家族

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ