記事検索

インスタント味噌汁とキリシタン

スレッド
インスタント味噌汁とキリシタン





今日も寿司をグローサリーでピックアップし宿舎で夕食をとる。こんな時味噌汁は必需品なのでインスタントのものを日系グローサリーで調達した。

自宅にいるときには決してインスタントのものやテイクアウトのものは口にしない。
私以外の家族はだれも味噌汁を飲まないが、1人分だけを鰹節から出汁を取ってシアトルの友人が手作りした味噌を味わっている。

少し手を加えるだけで味はともかく健康な食品を摂取できるのなら手間を省く理由がない。
日本のコンビニが誇る弁当だってMSGのオンパレード。
化学薬品で生体を蝕むのは御免被りたい。

自宅から離れた今、そんなスタンスを保ち付けることはできない。テイクアウトの寿司に味噌汁をいただけないなんて事はありえないので、止む無くインスタント味噌汁を数年ぶりに口にした。

夕食をとりながら、人はその置かれている時代環境によって理解や行動に制約がかかることを改めて気づきました。

かつて日本には戦国時代にカトリシズムがもたらされキリシタン人口が爆発的に伸びた時代がありました。
純真な聖書的キリスト教に、カトリシズムの作った「おまけ」キリスト教が付随していて、その部分に固執しているキリシタンたちをどこか上から目線で見ていた自分に気づいたのです。

当時日本はもちろんヨーロッパ社会であっても自らの国言葉で聖書を読むということは不可能でした。
それならば信者は教会が教えてくれる教理を鵜呑みにするしかなく、そこには神ではなく人を崇めることや、聖書ではなく律法の行いによって救いを勝ち取ろうとする偽の福音に流される事はやむを得ないことであったのでしょう。

純正の福音情報源が身近になければ、人はその閉ざされた霧の中でようやく見える、教えらる範囲内で生きる他なかったのです。

十分な啓示を与えられている現在の私たちが、制約の中にいた過去の人たちを見下すことがあったとしたら、それは傲慢であると言う思いに至っています。

インスタント味噌汁ですか?
やはり塩気が強く味が濃いですね。最初の口当たりは良くてもすぐに飽きてしまいます。
これなら白湯だけをスープにしたほうがよかったです。





I picked up sushi at the grocery store and had a dinner at a hotel. In such a case, miso soup is a necessity, so I bought instant miso soup at the Japanese grocery store.

When I'm at home, I never eat instant miso soup or take-out food.
No one else in my family drinks miso soup but me, still I take the broth from katsuobushi (dried bonito flakes) and served it with homemade miso made by my friend in Seattle.


With a little work, there's no reason to avoid the trouble when you can make healthy food, also enjoying it’s better taste.

Japan's convenience stores are proud of their bento boxes, but they are also full of MSG.
I don't want to be exposed to chemicals by those food.

Now that I'm away from home, I can't maintain such a stance. There's no way I can't have takeout sushi with miso soup, so I had to settle for instant I hadn't tasted miso soup in years.


Over dinner, I realized that people are limited in their understanding and behavior by the historical environment in which they are placed.

Once upon a time, Japan was in the Warring States period (1467-1568) when Catholicism was introduced and the Christian population exploded.

The pure biblical Christianity, accompanied by the "extra" Christianity created by Catholicism, and I realized that I had been looking down on these Christians who were fixated on the non essential Doctrines from a somewhat superior perspective.



At that time, reading the Bible in one's own language was impossible in Japan, or even in European society.

Then the believer has to take the doctrine taught by the church, and that's where the person, not God, is Admired, and spreads a false gospel that seeks to win salvation by the deeds of the law, not by faith and grace. This must have been unavoidable in the limited access to the genuine gospel teaching.

Without a genuine source of gospel information close at hand, one can finally see and be taught in that closed fog. We had no choice but to live within the range.

We in the present, given sufficient revelation, may look down on those in the past who were within the constraints. If so, I've come to the conclusion that it would be arrogant.


Instant miso soup?
It's still very salty and strong tasting. The first mouthfeel is good, but you get tired of it soon.
It would have been better to use only the hot water as the soup.
#日常 #コミュニティ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ