記事検索
ハッシュタグ「#旅行」の検索結果233件

沈没船が絵になる街

スレッド
沈没船が絵になる街


Beniciaへ行ってきました。
サンフランシスコから東へ50分ほど走ったところにある街。

サンフランシスコベイの北東の端にあります。
穏やかで温暖な気候は正に地中海を思わせるところです。

街の中心部の道を抜けるとそこはサンフランシスコ湾。
沈没船のようなものが入江に沈んでいたが、

それもまた絵になるような光景でした。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

ロフトを初体験

スレッド
ロフトを初体験 ロフトを初体験 ロフトを初体験


三ツ星ホテルなのに部屋に入ってみると
何か足りないものを感じた。

書斎にするデスクがないのだ。

フロントに電話すると
プラス$20で広い部屋を当てがってくれると言う。

即お願いしてその部屋に行ってみると、確かに広い。

キッチンやバーカウンタ、冷蔵庫ばかりでなく
キングサイズのベットがロフトに設置されていた。

#旅行

ワオ!と言っているユーザー

街角アングル

スレッド
ベルビューの新しいビル! 窓に... ベルビューの新しいビル!
窓に映るビルが面白い。
シアトルにある図書館 シアトルにある図書館


最近初めて立った街角の地点がある。

その近辺には来たことがあっても
その場所からある方角を見上げたことがなく

新しい発見があった。

一つはベルビューのcity center にある一角。

再開発が進んでいると聞いているが、
このビルは最近のものだろうか?

他の一つはシアトルダウンタウンにある図書館。

著名な設計士による斬新な建造物であるとは聞いていた。

この位置から反対側街区がハイウェイの進入路になっていて頻繁に通るが
ここからの眺めは初めて。

やはり奇抜な建物だなあ。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

カリフォルニアとワシントン上空から

スレッド
雄峰レニア山と月 雄峰レニア山と月 オークランド市街と下方にベイブ... オークランド市街と下方にベイブリッジ導入部が見える ベイブリッジが翼の下に見える。... ベイブリッジが翼の下に見える。
対岸がサンフランシスコ市内。
チケットカウンターで発券作業中に、ビッー
という警戒音を鳴らされてしまった。

出発30分以前に発券出来なかったため、
手荷物に"Late Check In"(遅刻)というラベルを貼られる。

手荷物が搭乗機に積載されるかどうかの保証がないことを意味する。
本日の最終便なので、もし積載されてなければ明日、空港まで受け取りに来なくてはならない。

載っていてくれ〜

後日談・手荷物はバッゲイジ・クレイムで発見。
主よ、感謝です!!
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

常夏から霧の街へ

スレッド
右手の灰色の鉄骨が古いベイブリ... 右手の灰色の鉄骨が古いベイブリッジ 撤去作業中である 撤去作業中である 新しいベイブリッジが並行してい... 新しいベイブリッジが並行している


サクラメントを後にしてサンフランシスコへ移動。
ドライブで1時間40分ほど。

車外に出ると見て空気の違いにすぐに気がつく。
無機質の乾いた空気が、しっとりぬくもりあるものに変わっていた。

そして朝はあたり一面靄に包まれて100メートルほどしか視界が開いていない。
シアトル同様、ここも内海が深く大地を穿っているところ。

キツイ日差しはなく、落ち着いた湿り気に浸っていると、
気分までクールダウンできる。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

大自然と大都会

スレッド
なでしこの川澄選手と一緒に なでしこの川澄選手と一緒に 家族はのんびりとレニア山ハイキ... 家族はのんびりとレニア山ハイキング いいな〜 いいな〜 私は一人でその頃、、 私は一人でその頃、、 マンハッタン上空に差し掛かる。... マンハッタン上空に差し掛かる。腰痛と戦いながら、、、 セントラルパーク右側に見えるの... セントラルパーク右側に見えるのが摩天楼のハヤシ 中国人街とブルックリンを結ぶマ... 中国人街とブルックリンを結ぶマンハッタンブリッジも下部に見える




マンハッタンは中国人街にあるホテルに到着出来たのは夜の9時頃であった。
その日の朝、目が覚めた時にはニューヨークまでの長旅を信じられなかった。

先ず、ベットから足を床に着けるまで文字通りの七転八倒。
上体を数センチひねっただけで腰から脳にかけて激痛が走る。

15分ほどベット上でのたうち回った挙句、
妻に上体を抱えられながら起き上る。

数歩歩くとこれまた激痛にうずくまる他ない。

ソックスを息子に履かせてもらうがどうもうまくいかない。
前日は彼にしてもらえたのに。。

その日の朝は自力でベットに腰掛けることができた。
今回はすでに激痛と何度も戦って冷や汗が全身に吹き出ていた。

それで足が湿っていて彼には出来ないのであろう。

この日、家族らはなでしこさんと朝早くからレニア山観光に出掛けるため、
ランチのおにぎり作り等に忙しい。

杖が必要なのと、痛み止めの薬や湿布が要る。
妻にはそれらを買いに行っている余裕なく、そそくさと出立。

「俺を見捨てて出かけるのか??」と思わず口走ってしまった(^_^)

本当にこんなんでニューヨークなんかに行くのか、私は、、、
10分後には出発せねばならない現実が信じられない(≧∇≦)

どうやって重たいスーツケースを車に載せるんだ?

ところが、神様は各段階での助け手を備えていてくださっていた。

空港での車椅子の手配については先日の記事の通り。
機内でもフライトアテンダントの気の利いたヘルプがあった。

ニューヨークに降り立った後にも車椅子の手配がしてあった。

地下鉄ホームまでの移動にはエスカレーターを利用し
キャスターでスーツケースを転がして行けば良い。

問題は地下鉄の降車駅だった。
そこにはエスカレーターが整備されてない。

ガーン
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

山形県の中学生の皆さん、ようこそシアトルへ

スレッド
シアトル観光の一番地、パイクプ... シアトル観光の一番地、パイクプレイス・マーケット 朝10時前というのにこの賑わい... 朝10時前というのにこの賑わいは、SeaFareのため 11名の中学生がこれから3班に... 11名の中学生がこれから3班に分かれて行動 お土産リクエストに答える長女 お土産リクエストに答える長女 本場のクラムチャウダーを堪能中 本場のクラムチャウダーを堪能中

山形県の中学生11名と引率の教育委員会3名のご一行が
この朝、シアトルのパイクプレイス・マーケットに来てくださった。

1週ほどの米国ツアーの最終日がシアトル訪問。
飛行機の乗り換え時間を利用してのわずか2時間ばかりの観光。

それまではモンタナでの研修を終えている。
この日は朝の4時過ぎには起きて、飛行機に搭乗しての行軍。

若いとはいえ、この強行軍では疲れは隠せない。
だが、食欲も隠せない。

腹が減っているというので、
シアトル名物のクラムチャウダーのお店にご案内。

長女にとっては約1ヶ月ぶりに山形以来での再会となった。
来年はシアトルでの研修を計画していただきたい。

今は太平洋上の機内の人となったご一行。
成田到着日に最終の新幹線に乗って山形まで帰られるという。

各人が家の敷居をまたぐまでの安全をお祈りいたします。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

2.5と3.0との差は大きい

スレッド
2.5と3.0との差は大きい 2.5と3.0との差は大きい


宿泊先のホテルは「無料WiFi」を謳っているが接続が悪い。
時には数秒間繋がることがあっても、すぐに切れてしまう。

経験上、ホテルのグレイドが2.5星か3星かの線上に
そのWiFi使用不可の境界線があるようだ。

そんな時は最寄りのスタバを探すことになる。
車で10分弱ほどの所へ出動。

すでに8時を過ぎているが
お店の外も内もお客でいっぱい(^O^)

私もそこで閉店時間まで3時間ほど粘った。

よく見ると
教科書を広げて勉強机として利用している学生さんも。

自宅では仕事の効率が悪いのか
衆人の目のあるところで作業しているビジネスマンで満席^o^
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

サンフランシスコと山形と

スレッド
私のお母様とお姉さまに囲まれる... 私のお母様とお姉さまに囲まれる榊原先生。 大江町教会の玄関前にて 大江町教会の玄関前にて その時、私はサンフランシスコの... その時、私はサンフランシスコの日本街に。 ベイブリッジ手前からサンフラン... ベイブリッジ手前からサンフランシスコ市街を臨む
山形の大江町キリスト教会には現在、
米国と東京の青年団が被災地の仮設住宅を慰問するために宿泊されています。

ペニンシュラ・フリーメソジスト教会(榊原牧師)と
東京フリーメソジスト桜ヶ丘教会(引率は星加牧師)の青年たち十数名。

いつもなら私がいるベイエリアで榊原先生とお会いしているのに
ここにはいないで私の故郷に行ってしまったんですね。。

大江町名物の温泉を
湯っくりと堪能して来てください。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

機内に置き忘れ

スレッド
機内に置き忘れ
羽田でのチケットカウンターで

日本入国時に機内の座席ポケットにおき忘れた
スケジュール帳のことを聞いて見た。

日本での初日の滞在先でそれに気付いたが、
その瞬間、天が瓦解していくかのようなショックと失望に襲われた。

ビジネスの出納帳としても使用しているため
それがなくては今年前半分の税務申告が不可能となってしまう。

デルタのHPにある紛失届を真っ先に探し出して提出したが
先方からの発見の報せはなく、半ば諦めていたのだった。

「もしも発見できたら搭乗ゲートにお持ちします」
とのカウンター女性職員の優しい声に一縷の望みを託した。


そこに行って問い合わせると

「見つかった様です。
今、こちらに運んでもらっているので
先にご搭乗になってお待ちください。」

(o^^o)

清楚で小柄な日本女性のそのお言葉が
天使の声のように聞こえた。

機内の座先に座っていると
日本人の乗務員が置き忘れた状態のままの手帳を届けて下さった(^O^)

思わず歓喜の叫び声を発すると
隣の娘にたしなめられる。

それでも嬉しさを抑えきれないでいると
側にいた米国人乗務員が雄叫びの声を合わせてくれた。

実際、その手帳やそこに挟んであった書類は
パスポートよりも重要なものだった。

パスポートは再発行してもらえても、
手帳に記載された情報は再生不可能なのだから。


#旅行

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 14/24 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13
  9. 14
  10. 15
  11. 16
  12. 17
  13. 18
  14. >
  15. >>