記事検索
ハッシュタグ「#クリスマス」の検索結果8件

イエス様の降誕を初めに祝った人たち②

スレッド
今月の誕生日祝いケーキ。今月は... 今月の誕生日祝いケーキ。今月は、るりこさんが手作り。すごく美味しい、やわらかいケーキでした。みんな、絶賛。
私も、今月の誕生者なので、ハッピーバースディを唱ってもらいました。
2019年12月22日日曜日礼拝音声は、


マリア、ヨセフは妊娠の知らせで、ゼカリヤと妻エリザベツとお腹の子バプテスマのヨハネ、羊飼いたち、東方の博士たち、シメオンとアンナ。
今日は、ネイティビィティセットに欠かせない、博士たち、そして、イエス様誕生の一か月後に、救い主と一目で確信するシメオンとアンナのお話です。

★東方の博士たち
マタイMatthew2:1-2
1 イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。
2 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」

マタイMatthew2:12
12 それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。And having been warned in a dream not to go back to Herod, they returned to their country by another route.

どんな人たちだったのか
①異国、異教の地にいた人たち
 先週エリックが話したとおりに、彼らは、昔、ユダヤ人たちがバビロンに連れていかれたときの末柄ではないかと言われています。
不思議ですね。まさか、ユダ人たちは、異教の地から出てきた人が、非常に数少ない、キリストの誕生を初めに祝った人たちだとは思わないのです。
ここで、励まされるのは、あなたがどんな状況、どんなに神様から離れているような国、また文化、また人生の困難のなかにいたとしても、イエス様に出会うことは不可能ではないのです!

②神の預言、言葉について研究し求道していた人たち
 彼らは、バビロン捕囚の末柄だということですから、当時の預言者イザヤや他の預言者たちがしきりに救い主の到来の預言をしていた、その預言を直接聞いた人たちの末柄です。希望の無い、異教の地で、預言を通してかすかな希望を心に持ってた、その子孫です。博士たちは、その預言を心に留めながら、あらゆることの研究をしていた人たちのようです。
彼らは、星についての研究、医学、また哲学について研究している人たちでした。
本当に学問にいそしむ人というのは、神の前にとても謙遜になると私は見ています。私の始めの開拓伝道の地で救われた科学者も、学べば学ぶほど神に行き着くと言っていました。
彼等も学べば学ぶほど、探求したものごと、日々見つける研究結果が神のみ言葉に近づいていったのです。真理の前に、ひざをかがめる用意のある人は、このように研究をも極めることができのです。そして、このような人たちは、マタイ2:12 霊的な洞察力もあるのです。そして、心理に対してはとても従順に従える人たちなのです。
 
③真理を知る、わざわざ長い旅をした。
 ベツレヘムとバビロンは、直線で、900Km 離れていた。当時は、一か月以上かかる旅でした。彼らは、一か月以上も前から旅の準備をし、そして、旅に出たのです。旅にでるには、信仰が無ければできるものではありません。彼らは、相当な高価な贈り物を携えています。道には、強盗もいるでしょうし、危ない峠もあったでしょう。危険を省みず、彼らは旅にでるのでした。ただ、この預言の成就、神の約束の実現をみるために、長い長い旅にでるのです。
私たちも、神に従う時に、時々、肉体的な事、金銭的なことがチャレンジになると思います。今日は、寝坊したい。今日は、ネットフリックスを見たい。などと、思うこともあるでしょう。そして、私たちはいつも知っているのです。迷った時こそ、神様の方を選んでみたら、必ず恵まれることを。
心を定めなければ、神のタイミングに出会えない、神の特別な恵みに出会えないのです。この東方の博士たちは、900Km 離れたところから、長年、心に定めたことを実行したのです。


★ シメオンとアンナ
〇シメオンSimeon
Luke 2:25-28
そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい、敬虔な人で、イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。聖霊が彼の上にとどまっておられた。
26 また、主のキリストを見るまでは、決して死なないと、聖霊のお告げを受けていた。
27 彼が御霊に感じて宮に入ると、幼子イエスを連れた両親が、その子のために律法の慣習を守るために、入って来た。28 すると、シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて言った。29 「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。


〇アンナAnna
Luke 2:36-38
また、アセル族のパヌエルの娘で女預言者のアンナという人がいた。この人は非常に年をとっていた。処女の時代のあと七年間、夫とともに住み、37 その後やもめになり、八十四歳になっていた。そして宮を離れず、夜も昼も、断食と祈りをもって神に仕えていた。
38 ちょうどこのとき、彼女もそこにいて、神に感謝をささげ、そして、エルサレムの贖いを待ち望んでいるすべての人々に、この幼子のことを語った。

①忠実
②待ち望む人
③聖霊に満たされていた
この二人は、両方とも年を取ってしました。二人に共通しているのは、ひたすら神の約束の成就を待ち望んでいたということです。
私たちは、待つのが難しいということをよく話します。待つことが一番の試練かも知れません。何か、祈りの答えが与えられた人の方が優れていて、待っている人が劣っているかのように感じることも、待っている時にはあるのではないでしょうか。だから、余計に待てない。。。というようなこともあります。
しかし、「この人は正しい、敬虔な人で、イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。聖霊が彼の上にとどまっておられた。」who was righteous and devout. He was waiting for the consolation of Israel, and the Holy Spirit was on him.

しかし、逆に聖霊が望まれていた、と書かれています。アンナについても同じです。信仰は、望んでいる事柄を保証し、まだ見てないことを確信させるものです。また信仰が無ければ神によろこばれません。とあります。信じて、待ち望んでいる人たちの上には、実は聖霊様が豊かに望んでいるのです。
私たちも、いったいいつ、これは聞かれるのだろうと、ゴールの無い、時間の制限のない祈りの課題があるかも知れません。シメオンやアンナも八十代、人生のほとんどを待つことに費やしていたのです。そして、彼らは、すぐに、待ち望んでいたから、待っていたお方を見分けることができました。

私のお友達、ずっと独身で祈っていた。。。。何があっても、惑わされずに。。。愚かに見えても、耐えた。そして、去年、知り合って三カ月で結婚しましたが、すぐに神様の導きだと分かったと言っていました。
これは、なかなか、神を信じ、神に信頼を置いて待っていた人でないとなかなか分からいものです。自分のタイミングで、自分の希望で待っている人は、よく迷うものです。

★おさらい
  クリスマスを真っ先にお祝いした人たちというのは、どんな人たちでしょうか。まだ、博士たちとシメオンたちがいますが。。。

①み言葉を信じ、従う人 
②忠実に主に仕えていた人
③悩みのある人
④貧しい人、謙遜な人
➄求道する人
⑥犠牲を払って神に出会おうとする人
⑦待ち望む人
⑧聖霊に満たされていた人

このような人たちが全世界の良い知らせ、世界の救い主に真っ先にであったのです。このクリマスマス、年末年始の時期、神のみ言葉を信じ、身を低くし、忠実に生きることについて考えながら生きて行きたいと思います。

#礼拝 #クリスマス

ワオ!と言っているユーザー

Family Christmas 2019

スレッド
今年のクリスマスルック。 今年のクリスマスルック。 教会の家族とともに 教会の家族とともに キャンディーケーンフィッシング... キャンディーケーンフィッシングゲーム
手を使ってはいけません
クッキーゲーム 手を使ってはい... クッキーゲーム
手を使ってはいけません
顔の筋肉だけを使って、クッキーを口までもっていって食べます。
こうやるんですよーって説明中。... こうやるんですよーって説明中。
クッキーは残念ながら床に落ちました。汗
みんな真剣です サイコーです。... みんな真剣です
サイコーです。この表情。ぷぷぷぷ
クリスマスプレゼント交換をしま... クリスマスプレゼント交換をしました クリスマスのお話し中 クリスマスのお話し中 イエス様は、この地上に赤ちゃん... イエス様は、この地上に赤ちゃんになって生まれてくれました。
今も、私の心に来てください、と願うなら、この愛と、永遠のいのちはあなたのものとなります。
いいクリスマス会、 誕生日とな... いいクリスマス会、
誕生日となりました。
神様、ありがとう。
今日は、私たちの教会のクリスマス集会でした。

去年に比べて、こじんまりしていましたが、
みなさんで、笑ったり、ゆったりと時間を過ごすことができました。

実は、私の誕生日でもありましたが、
教会の家族とともに過ごせて、
うちに帰って、とても幸せな気持ちになりました。

大好きなイエス様のお話しを皆さんにシェアできただけでなく、
大好きな皆さんと時間を共にすることができた、
なんて、幸せな誕生日なんだろうって思いました。

たくさん、誕生日祝いのメッセージをいただきました。
ありがとうございますー
#ブログ #クリスマス

ワオ!と言っているユーザー

イエス様の降誕を初めに祝った人たち①

スレッド
イエス様の降誕を初めに祝った人...
2019年12月07日日曜日礼拝音声はこちらから、


マリア、ヨセフは妊娠の知らせで、ゼカリヤと妻エリザベツとお腹の子バプテスマのヨハネ、羊飼いたち、東方の博士たち、シメオンとアンナ
クリスマスを待ち望むにあたって、初めに祝った人たちのことを思い出しました。どんな人たちがこの全世界の素晴らしいメッセージを聞き、その実現を目の当たりにしたのか。

先週は、マリアとヨハネの話しをしました。彼らは、神を信じることを選び、み言葉に従いました。
聖書はイエス様の誕生までに、一貫して信じることを私たちに教えています。

★ゼカリヤとエリザベツ

どんな人たちだったのか
①神に長年忠実に仕えていた人
 ゼカリヤは長年神に奉仕する祭司の仕事をしていました。
 聖書の中では、このように目立たないが忠実に神に仕える人が報われることをよく見ます。コリネリオもそうですし、ルツもそうですし、他にもたくさんいますね。

②苦しみ悩みを抱えていた
 妻のエリザベツは不妊の女で、年を取っていました。現在でももちろん、子供が欲しくてもできない人はとても苦しい思いをしますし、一番その苦しみが人に理解されないものでもあります。昔は日本でも子供が生まれないと離縁されたりしました。当時ユダヤの世界でも、文化的に、ハンナの話しでもあるように、不妊は大きな恥ですたし、子孫を残せないことは大変な痛みでした。

③あきらめたところに、昔願ったこと以上のことが起きた。
ルカ1章
18 そこで、ザカリヤは御使いに言った。「私は何によってそれを知ることができましょうか。私ももう年寄りですし、妻も年をとっております。」19 御使いは答えて言った。「私は神の御前に立つガブリエルです。あなたに話をし、この喜びのおとずれを伝えるように遣わされているのです。20 ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、ものが言えず、話せなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」

36 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。37 神にとって不可能なことは一つもありません。」Even Elizabeth your relative is going to have a child in her old age, and she who was said to be unable to conceive is in her sixth month. 37 For no word from God will ever fail.”

41 エリサベツがマリヤのあいさつを聞いたとき、子が胎内でおどり、エリサベツは聖霊に満たされた。41 When Elizabeth heard Mary’s greeting, the baby leaped in her womb, and Elizabeth was filled with the Holy Spirit.

45 主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」
Blessed is she who has believed that the Lord would fulfill his promises to her!”

〇信じることが難しかった
〇エリザベツとマリヤの両者にとって神様からのしるしとなった
 バプテスマのヨハネ、後にイエス様の道ぞなえをした預言者となるお腹の子が聖霊に満たされ胎内で踊った。

★羊飼いたち
イエス様がマリヤから生まれて来てから、イエス様に会いに行った人たちがいます。羊飼いと博士たちです。まずは羊飼いたちから。

ルカ2:8-20
2:8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。 2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。 2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。 2:11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。 2:12 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」 2:13 すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現れて、神を賛美して言った。 2:14 「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」 2:15 御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは互いに話し合った。「さあ、ベツレヘムに行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見て来よう。」 2:16 そして急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごとを捜し当てた。 2:17 それを見たとき、羊飼いたちは、この幼子について告げられたことを知らせた。 2:18 それを聞いた人たちはみな、羊飼いの話したことに驚いた。 2:19 しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。 2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことが、全部御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

★ 羊飼いたちとはどんな人たちか

①身分が低い、無名、謙遜
羊飼いは、卑しい身分とされていた。高い教育を受けているのは、宗教学者たちであり、尊敬されていたのは、宗教学者たちであった。羊飼いというのは、世の尊敬で言えば、真逆の存在であった。
民全体のための素晴らしい喜びの知らせなら、どうして、もっと違う伝え方をしなかったのだろう。事実、王の王、主の主の誕生に関わることなのですから。。。
今の世の中だったら、きっとテレビ、ラジオ、インターネット、ユーチューブ、インスタグラム、ツイッターなどで伝えただろう。また、内閣総理大臣にそのような重要なことは、一番に伝わるはずです。
しかし、天使たちは、野にある、貧しい教育もない羊飼いたちに訪れたのです。

これは、何を示しているでしょうか。
神のやり方と人のやり方は全く違うということですね。まず、天使たちは、まず羊飼いのところにキリストの大ニュースを伝えたのです。

不思議ではありせんか。
しかし、考えてみると聖書は、一貫して言っています。
1コリント1:28 また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。and the base things of the world and the things which are despised God has chosen, and the things which are not, to bring to nothing the things that are,

神の選びと人間の選びとは全く違うのです。

   考えてみてください。あなたがキリストに出会った時は、全てが順風満帆で高い地位に あって全て満足していたときだったでしょうか。むしろ、多くの人が、貧しさや苦し み、痛み、弱さを覚えている時に、出会ったのではないでしょうか。
神様は、真っ先にそのような弱さを覚えている人たちに手を差し伸べる方であることを 覚えましょう。また、今あなたが、私は、罪深くて、聖書のことも何もしらないし、ク リスチャンになる資格がないと思っているかもしれません。そういうあなたこそ、神様 は手を差し伸べてくださるのです。
羊飼いたちは、恐れましたが、「恐れることはありません。」と天使たちは、語りかけ たとおりです。いい知らせがあなたの手元まで来ています。いい知らせは、あなたのも のです。恐れることはないのです。

★おさらい

  クリスマスを真っ先にお祝いした人たちというのは、どんな人たちでしょうか。まだ、博士たちとシメオンたちがいますが。。。

①み言葉を信じ、従う人 
②忠実に主に仕えていた人
③悩みのある人
④貧しい人、謙遜な人

このような人たちが全世界の良い知らせ、世界の救い主に真っ先にであったのです。このクリマスマスアドベントの時期、神のみ言葉を信じ、身を低くし、忠実に祈り待ち臨みましょう。

#礼拝 #クリスマス

ワオ!と言っているユーザー

町のクリスマス

スレッド
サイコセラピストとしてインター... サイコセラピストとしてインターンをしている施設のお向かいには、星が。。
なんだか、暗闇に輝く星を見つけるとほっとして、心が温かくなります。
ダウンタウンのデパートにも★。 ダウンタウンのデパートにも★。 サウスレイクセンターのお店。星... サウスレイクセンターのお店。星の形のかごをクリスマスツリーの形にして、中に商品。おしゃれだなーって思いました。 サウスレイクセンターにあるでっ... サウスレイクセンターにあるでっかいツリーです。 こんなに背が高いツリーです こんなに背が高いツリーです
クリスマスの時期は、町もきれいですね。

最近は、日本でも飾っているところが多いですね。

シアトルでは雨が多いので、こういうライト、★の光がなんだか温かい気持ちになります。

冷たくて、寒いシアトルの冬です。

#クリスマス #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

東方の博士たちの贈り物

スレッド
今月のお誕生日祝いケーキ。カス... 今月のお誕生日祝いケーキ。カスタードイチゴケーキ。ふわふわしっとりの美味しい手作りケーキ。。。。毎回感動します!上には、イチゴゼリーになっています。しかも、金粉がちりばめられていますーー。ごーじゃーす 12月のお誕生日の人たちですー 12月のお誕生日の人たちですー 子供たちがろうそくを消そうとや... 子供たちがろうそくを消そうとやって来るので、彼らからの風をブロックしつつのmake a wish!
2017年12月24日クリスマス礼拝メッセージ


マタイ二章1-12

1 イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。2 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」3 それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。4 そこで、王は、民の祭司長たち、学者たちをみな集めて、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれているからです。」6 『ユダの地、ベツレヘム。あなたはユダを治める者たちの中で、決して一番小さくはない。わたしの民イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。』」7 そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。8 そして、こう言って彼らをベツレヘムへ送った。「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。私も行って拝むから。」9 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。11 そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。12 それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。

★ 博士たちとは誰か?

星占い師、あるいは天文学者。不思議な星について調べていた人たち。その星の意味を知ろうと探求していた知識人たちだった。

★ 神を知らないすべての人へのメッセージ

彼らは、東の方から来たと書かれている。ユダヤや聖書の中では、東方というのは、罪を暗示する言葉であった。神や民の民に敵対する者たちの出どころである。いつも東から来た。神殿にしても東側というのは、罪を表していた。バベルの塔を建てた人たちも東から来た。でも、後の信仰の創始者、信仰の父と呼ばれるアブラハムだって東から出てきた。この全世界の救い主の誕生も、何も神を信じる人たちばかりに知らされたのではない。東の方にいる、神の選びの民ではない、占い師たちが不思議な星にであい、調べているうちにであったのです。キリストの誕生は、全人類のためのものです。あなたがどんなに罪深かろうと、どんなに偶像礼拝と占いの国から来ようと、見つけることができるお方がイエス・キリストなのです。

★ 博士たちの贈り物

素晴らしい救い主、特別なイエス様に彼らは贈り物を持ってきました。礼拝には、必ず贈り物がつきものだからです。黄金、没薬、乳香が捧げられました。

黄金は、王の象徴。非常に高価なもの。
乳香は、イエスの生涯の純粋さ、神性を象徴するもの
没薬は、本来、死んだ人を葬る時に使うもの、またこれは、イエスの苦難の生涯、特に十字架で私たちの罪の身代わりのために死なれることを象徴するものになりました。

後に、この時の贈り物があったおかげで、ヘロデに殺されそうな時に逃げ延びれたとも実際言われています。

クリスマスの時期、私たちも新たにイエス様と出会えるシーズンとなりますように。また、この救い主を礼拝するのに、私たちは何を差し出しましょうか。

博士たちは、不思議な星に導かれて、イエス様にたどり着きました。不思議にあかくぴかびか光る星です。

私も人生の中に、二度、不思議にひかる星のような神のしもべに出会いました。そして、イエス様に行きつきました。一度は、四歳の時、アパートの裏で小さな開拓伝道をしている牧師夫妻。小さな小さな教会でした。精神を病んでいる小さな私を抱きしめてくれました。その思い出は心に深く焼き付き離れませんでした。あの人たちは、キリストを信じている人だとずっと覚えていました。もう一人は英語を教えながら宣教にきた、若干21,2 才の宣教師でした。その人に出会って、信仰を持ちました。あなたも、東方から出てきたものですが、今や、世の光となっています。このクリスマスにますます誰かをイエス様に導くあかく光る星となれますように。。。

しばらく祈りましょう。
#礼拝 #クリスマス

ワオ!と言っているユーザー

クリスマス To be Chosen

スレッド
土曜日は、教会のファミリークリ... 土曜日は、教会のファミリークリスマスでした。皆さん、楽しくわきあいあい。ゲームやクッキー飾りを楽しみました。 教会員有志による、特別賛美 教会員有志による、特別賛美
2017年12月17日日曜日礼拝メッセージ音声は、


クリスマスのお話し https://www.youtube.com/watch?v=JyVXIvdTF20
クリスマスのお話しをご存じない方は、こちらをご参照ください。

クリスマスのために、イエス様のお誕生のために用いられた人たちは誰でしょう。マリヤ、ヨセフ、羊飼い、エリザベツなどなど、いろいろといますが、皆さん共通の特徴があります。それは、神様を受け入れる態度です。マリヤのお話しを見てみましょう。

ルカ一章26-38

ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。27 この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。28 御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」29 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。30 すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。31 ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。32 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」34 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」35 御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。36 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。37 神にとって不可能なことは一つもありません。」38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

★ 神の道と人の道は違う God’s ways are not human’s ways.

待ちに待った救い主の訪れは、こっそり、ある人たちに伝えられました。しかも、有名な人でもなく、権力を持つ人でもなく、普通の人たちのところに来ました。王様や、宗教学者のところに行ったらいっぺんで広まるけれど、神様のやり方は違ったのです。

人は、外見を見るけれども、神様は心を見られるとⅠサムエルにもある通りです。皆さん、よく覚えておきましょう。神の道と私たちの道は違うのです。

「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。 ・・主の御告げ。・・ 天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」 旧約聖書 イザヤ書55章8~9節
“For My thoughts are not your thoughts, Nor are your ways My ways,” says the Lord. 9 “For as the heavens are higher than the earth, So are My ways higher than your ways, And My thoughts than your thoughts.

★恐れるな Do not be afraid.

けれども、その神様の良い知らせのために選ばれた普通の人たちは、戸惑いました。
神に選ばれた者たちに、等しく天使が言った言葉がある。それは、「恐れるな」です。
天使が言っていることは、信じがたいことであった。それは、自分の人生を大いに揺るがすことであったし、自分の力ではどうしても何も解決できるような種類のものでもなかった。

しかし、神は、「恐れるな」と天使に言わせた。
恐れの反対は? そう、信仰ですよね。恐れと信仰の間に距離がありました。それは、信仰をとれば、自分の人生を大きく変えるからです。
マリヤは、シングルマザーにならなければならなかったかもしれませんし、また、人に見つかれば、石打ちの刑で死んでいたかも知れません。信仰には、代価が伴うのです。

しかし、天使は、念押しの言葉を言っていますね。「神には、不可能なことはない。」と。

信仰には、自分の側のコスト、代価と、神の後押しの力が必要です。神には不可能なことはないと信じることが、信仰の本質であり、神はその信仰には必ず報いて下さいます。

★信仰はリスクを伴う Faith requires risk

〇アブラハムのお話Abraham’s case。。。。賜物セミナーでも出てきたお話しですね。

アブラハムは、やっと与えられた一人子を神にささげるように言われ、朝早く、その子イサクを連れて山に登りました。アブラハムはすでに神様と深い信頼関係がありました。二つ返事でした。あなたなら、どうしたでしょうか。大切な一人子を神にささげることができるでしょうか。子供を手放したり、誰かにあげたりすることなど、考えられるでしょうか。まして、この場合は、ほふって捧げるという意味だったのです。アブラハムは、神にはどんなことでもできる、ここだけは、分かっていました。神の約束、イサクから出てくる祝福の約束だって堅く信じていたのです。アブラハムは、自己の葛藤よりも、神の言葉を選びました。

神に言われたことをそのまま、受け入れることは、神を受け入れることでもある。
神をそのままで受け入れたのです。

彼が、子供を殺そうと手をかけようとした瞬間に、神がもうよい、分かった。と声をかけました。
そこには、捧げるのに完璧な動物が神によって備えらていました。神は、私たちの心を見ていらっしゃる。私たちが本来捧げるべきコストさえ、いけにえさえ、贖われるのです。

マリアも、ヨセフもその局面に立ちました。そして、神を取りました。
信仰を取るというときには、必ずしも、やさしいことばかりではありません、難しいことだってあります。しかし、いつも神は、喜んで神を心にお迎えする人の見方であります。

神は、子供のように素直な心で神を迎える人を探していらっしゃいます。あなたも、選ばれている者です。あなたは、神とともに生きる人生を恐れますか。それとも、何があっても、なんでもおできになる神を信頼しますか。神の言葉を受けとりますか。

★神の言葉を受け入れる姿勢 The posture that accept God’s word

「お言葉どおりに、この身になりますように」38 Then Mary said, “Behold the maidservant of the Lord! Let it be to me according to your word.” And the angel departed from her.とマリヤのように受け取りますか。
神は、子供のように、素直に、神をお迎えるする人を探しています。

★ぼくのところに来てください Please come to my place, Jesus!

次のお話は、私が若い時に、クリスチャン新聞か何かに乗っていて、ひどく感動したお話しです。クリスマスのお話しです。教会の降誕劇で、障害をもつ男の子が宿屋の役をもらいました。何度も練習して、セリフを覚えました。「すみませんねー、うちもいっぱんなんですよー。よそに行ってください。」本番が来ました。

イエス様がどんどん断られる。。。

最後の宿屋さん、断る、そして、馬小屋に。。が普通のお話だけど、。。。「いやーうちにもないのです。。。他に行ってください」と、マリアとヨセフが通り過ぎようとしたとき。。。

「イエス様、行かないで、ぼくのお家に泊まってください。」と泣き出した。
劇は、台無しになったどころか、みんなが神様を心にむかえる温かいクリスマスになりました。

〇選ばれたものとなるには、神を受け入れなければなれません。

イエス様は、王だけど、お生まれになる日に泊まるところがなかった。けれども、あなたを選んで、心に住み、あなたと一緒に神様の働きをしようと思っています。「ぼくのところに来てください。」の心で、神様の選びを受け取りませんか。

#礼拝 #クリスマス

ワオ!と言っているユーザー

クリスマス会

スレッド
土曜日、日曜日と、日本から吉田... 土曜日、日曜日と、日本から吉田宣教師夫妻がいらしてご奉仕してくださいました。
素晴らしい歌声とフルートの演奏に子供たちも聞き入っていました。また、お話しの時間も子供たちもちゃーんとお利口にしていて、びっくり。きっと、吉田先生たちの歌声に感動したんだろうなー。。。
こちらの作品ーー。とてもよくで... こちらの作品ーー。とてもよくできていますねー 女子は、何やらおしゃべりしなが... 女子は、何やらおしゃべりしながら楽しそう。。。年齢かかわらず、なんだか、女子は女子ですね! (笑) 最後は、交換プレゼントをして、... 最後は、交換プレゼントをして、記念撮影。みなさん、よいクリスマスをお過ごしください。 クリスマス会の後半は、みんなで... クリスマス会の後半は、みんなで、クッキーデコレーションをしました。子供たちも一生懸命やりました。
今週は、土曜日、特別集会、吉田先生ご夫妻をお招きしてのクリスマス会でした。

新しい方々も来られ、和やかにクリスマスをお祝いすることができました。

手作りデザートの数々もとてもおいしかったです。
#教会 #子供 #クリスマス #キリスト #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ローマ10章 Romans10 救いは近くにある

スレッド
礼拝後、クリスマスの歌の練習も... 礼拝後、クリスマスの歌の練習も終わったころ、もっと遊びたくなって、おもちゃをひろげたちびっこのみなさん。。。。
かわいいっ
ボーイズは用事があって早く帰りました。17日の本番がんばろうね!

このビデオは、英語礼拝中に見ました。有名なミュージシャンでも、路上で演奏していても、誰も気が付かない。。。まるで、イエス様みたい。。。。と。。。

2016年12月11日日曜日礼拝メッセージ音声は、https://youtu.be/y0p7u5lKH9M

この間、youtube で、クリスチャンではない人がイスラエルにいるユダヤ人にイエス様のことをどう思っているかと聞いて回るというドキュメンタリーを見ました。とても、興味深かったです。みなさんだいたい「イエスは預言者の一人だ、いい人だった。神ではない。人間だ。私たちは、救い主を待っている。」よく知っている人は、こんな答えをし、良く知らない人たちは、「伝統と違うからイエスを信じていないのよ。あれは、クリスチャンが信じてるだけ。伝統だから、ユダヤ教をやっているのだよ。」と、たくさん伝統という言葉を聞きました。私が感じたのは、まるで、日本の仏教や神道のようだと。「私は日本人だから、仏教徒です。」とよく聞きます。では、仏教とは何かと聞かれても、分からず、「伝統だから。。。」とか、「うちは、代々仏教だから」という答えが返る。パウロは、次のように10章をはじめています。

★どうして信じているのか? Why do you believe in Jesus?

ローマRomans 10:2,3
私は、彼らが神に対して熱心であることをあかしします。しかし、その熱心は知識に基づくものではありません。3 というのは、彼らは神の義を知らず、自分自身の義を立てようとして、神の義に従わなかったからです。For I bear them witness that they have a zeal for God, but not according to knowledge. 3 For they being ignorant of God’s righteousness, and seeking to establish their own righteousness, have not submitted to the righteousness of God.
ユダヤ人たちは、熱心だが、知識に基ずく熱心さではない。というのです。ただ伝統に従っているということです。

★伝統から確信へ Tradition? Or Conviction?

ローマRomans10:8-13

○神様は遠くない God is not far away

8では、どう言っていますか。「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。」これは私たちの宣べ伝えている信仰のことばのことです。But what does it say? “The word is near you, in your mouth and in your heart” (that is, the word of faith which we preach):

パウロは、み言葉はあなたの近くに、もう口にある。というのです。神様は遠くない。あなたが福音を自分の物にしようと思うならいつでもできるというのです。日本でも、クリスマスは祝います。ただ、意味を知らずに祝っています。なんと、お寺の子供会でもクリスマス会をしたりしています。ケーキを食べ、プレゼント交換なんかをしています。クリスマスはサンタクロースの日とも考えられています。でも、ふと立ち止まって、クリスマスって本当は何の日かと、グーグルしてみれば、すぐに出てくるものでもあります。近年、インターネットによって、み言葉は、もっともっとすべての人に近くあります。何も、神様が遠くにいるわけではないのです。
どのようにして、福音を自分のものにするのか、といえば、パウロは次のように言っています

○口で告白して救われる You are saved by your confession

9 なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。9 that if you confess with your mouth the Lord Jesus and believe in your heart that God has raised Him from the dead, you will be saved. 10 For with the heart one believes unto righteousness, and with the mouth confession is made unto salvation.

パウロは、伝統によらず、あなたの身近にあるみ言葉を自分のものとするなら、心で信じて、口で告白したら救われるというのです。

i) 私の体験談 Takako’s Testimony;

二十歳の夏にイエス様を受け入れました。私は、何の知識もありませんでした。ただ、教会で聞くお話が心に響き、そして、地獄ではなく罪が赦されて天国に行きたいとそう思いました。牧師夫人に個人的にお話しを聞いて、信じませんか? ということで、信じるのはただやし、別になんてこともないかと思い、信じます。と言いました。そして、牧師夫人に導かれて、口で告白しました。別に聖書をよく知っている訳でもない、そして、知識があるわけでもなかった。しかし、神様がいるなら、信じたい。罪が赦されたい。そして、天国に行きたい。それだけの信仰でした。が、口で告白した時から私の人生がまったく変わってしまいました。素晴らしく変えられました。

私たちの口の言葉で私たちは救われるのです。なんと私たちの発する言葉に力があるのでしょうか。

ii) 言葉の力 the power of speaking   告白の力

悪霊に憑かれた人が集会の中にいて、バーバラ・ヨーダ師が「あなたの口でイエスは私の主」と言いなさい。と言った。その人が、苦しみながら言うと、悪霊に解放された。このようなことを度々目撃しました。私たちの口の告白は、霊的なものなのです。話すということ自体が霊的なことであるのです。

 Speaking Spiritとなった私たち。

創世記2章7節に、「神である主は土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで人は生きものとなった。」And the Lord God formed man of the dust of the ground, and breathed into his nostrils the breath of life; and man became a living being. と、ありますが、神様に似せられて創造された私たちは、神の霊である息を受けて、生きたものになるわけですが、この意味は、私たちもまた話す霊となったということです。Speaking Spirit となりました。神のように話すことにどんな力があるのでしょうか。

 言葉による創造の力 Creative power of word

「光よあれ」と世界を言葉で創造された神様のように、私たちの言葉で物事ができていくことを忘れてはなりません。私たちの言葉にもそのような力が秘められているのです。先週のエリックのお話のように、言葉によって私たちも形作られてくということを覚えていますか。パウロは、「人は、心で信じて、口で告白して救われる」と語っています。不思議ですが、あなたが心に信じることを口にする時に、救いが来るのです。霊的な出来事、地獄から天国への道が開かれるのです。目には見えないですが、霊的な世界で起きるのです。

○血筋や伝統によらず、すべての人に Not based on tradition, but for everyone

11 聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」12 ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。13 「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。11 For the Scripture says, “Whoever believes on Him will not be put to shame.”12 For there is no distinction between Jew and Greek, for the same Lord over all is rich to all who call upon Him. 13 For “whoever calls on the name of the Lord shall be saved.”

ユダヤ人だけにではなく、全世界、全民族のためにこれが開かれています。ですから、ユダヤ人や伝統に縛られて、そのマインドセットから抜けられずに繰り返し伝統を行っていても、救い主を伝統的にいつまでも待っていても、救いはないのです。しかし、主の御名を呼び求めるものは必ず救われる、誰でも救われるのです。

★宣べ伝える人がいなくては Without you who preach Gospel

ローマRomans10:14,15

14 しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。15 遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」How then shall they call on Him in whom they have not believed? And how shall they believe in Him of whom they have not heard? And how shall they hear without a preacher? 15 And how shall they preach unless they are sent? As it is written: “How beautiful are the feet of those who preach the gospel of peace, Who bring glad tidings of good things!”

イスラエルに住んでいるユダヤ人でさえ、イエス様のことを知らず、伝統に基づいて生きているのですから、誰かが、語らなければならないわけです。パウロは、福音宣教、伝道の必要性についてうったえています。

V17 そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。So then faith comes by hearing, and hearing by the word of God.

信仰は聞くことから始まる。とあります。伝統からではないのです。

今日は、神様は近くにいる。伝統ではなく、心の確信を持つこと。私たちの口から出る言葉の霊的な力。そして、聞いたことのない人に、イエス様を伝えることをお話しました。今週一週間心に覚えましょう。




#ブログ #キリスト教 #教会 #クリスマス #聖書

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ