記事検索

おめでとう「万引き家族」@第71回カンヌ国際映画祭「パルムドール」受賞

スレッド
おめでとう「万引き家族」@第7...
フランス南部で開催されていた 「第71回カンヌ国際映画祭」 の授賞式が19日夜(日本時間20日未明)に行われ、コンペティション部門に日本から出品された<是枝裕和>監督(55)の長編14作目となる最新作「万引き家族」(6月8日公開)が最高賞「パルムドール」を受賞しています。日本作品としては、1954年の<衣笠貞之>助監督「地獄門」、80年の<黒澤明>監督「影武者」、<今村昌平>監督の83年「楢山節考」、97年「うなぎ」に続く21年ぶり5作品目の快挙となりました。

受賞作品「万引き家族」は家族の在り方を問い続けてきた<是枝>監督が、東京の下町を舞台に万引で生活費を稼ぐ一家を描きました。息子・祥太<城桧吏>と協力して万引を重ねる父・治を<リリー・フランキー>(54)、その妻・信代を<安藤サクラ>(32)、信代の妹・亜紀を<松岡茉優>(23)、家族の“定収入”として年金をアテにされる祖母・初枝を<樹木希林>(75)が演じています。

<是枝>監督のカンヌ映画祭参加は7回目、コンペティション部門出品は「海街diary」以来3年ぶり5回目。04年の「誰も知らない」は当時14歳の<柳楽優弥>が男優賞、13年の「そして父になる」は審査員賞。今回、ついに頂点に輝やきました。

日本映画のコンペ部門への複数出品は5年ぶりとなりましたが、新鋭<濱口竜介>監督(39)の最新作「寝ても覚めても」(9月1日公開)の受賞はなりませんでした。
#ブログ #映画

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ