記事検索

「向側」について

スレッド
「向側」について




あの蒼く輝く湖のほとりまで歩いていくのだろうと思いました。



http://jp.bloguru.com/oirase/270127/meido155






ワオ!と言っているユーザー

「沼地」について

スレッド
「沼地」について




ここにはまだ河童が棲んでいるのです



http://jp.bloguru.com/oirase/270126/meido154




ワオ!と言っているユーザー

「浮島」について

スレッド
「浮島」について



あの、漂う小さな島に乗って
黄泉の川を渡るのでしょうか



http://jp.bloguru.com/oirase/270123/meido153









ワオ!と言っているユーザー

「骨と花」について

スレッド
「骨と花」について



骨に花が手向けられていました。





http://jp.bloguru.com/oirase/270119/meido152



ワオ!と言っているユーザー

「水紋」について

スレッド
「水紋」について




ただよう気配だけではなく
ちゃんと、ここに棲んでいる
その確かな合図なのでした



http://jp.bloguru.com/oirase/270118/meido151





ワオ!と言っているユーザー

「水の玉ⅱ」について

スレッド
「水の玉ⅱ」について



いくつもいくつもの水玉がつながりあってぶつかって
それはキンキンと涼やかな音色なのでありました。

玉の中にも玉があり、耳を澄ませばそこからも
幽かな響きがこぼれおちてくるのでありました。




http://jp.bloguru.com/oirase/269548/meido150



ワオ!と言っているユーザー

「水の玉ⅰ」について

スレッド
「水の玉ⅰ」について


水滴はどんなに小さくとも、きれいです。
はかなくとも。
かりそめでも。
うたかたでも。





http://jp.bloguru.com/oirase/269547/meido149



ワオ!と言っているユーザー

「黄泉の滝」について

スレッド
「黄泉の滝」について





そうして、たどりついたのです。
蒼ざめた摩崖仏が、冥い森に浮かび上がっているようでした。
思わず両の掌を合わせました。
あとはただ立ち尽くし、ひたすら凝視するしかありませんでした。


http://jp.bloguru.com/oirase/269546/meido148




ワオ!と言っているユーザー

「三途の川」について

スレッド
「三途の川」について



ずっとずっとずっとむかしに
確かにこの川の流れを見たような気がします。
渡った、というよりも
流れに沿って、遡っていったような気がします。
川の向こうにちらほらゆれる
燈火だけを道標にしていたような気がします。



http://jp.bloguru.com/oirase/269544/meido147


ワオ!と言っているユーザー

「水の面ⅳ」について

スレッド
「水の面ⅳ」について




なにか、見てはいけないものが
這い出してきそうで怖いのです。


http://jp.bloguru.com/oirase/269543/meido146





ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/36 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>