記事検索

「闇の舞」について

スレッド
「闇の舞」について



目には見えないだけで、夜の海でもたくさんの魂たちが渡っていました。



http://jp.bloguru.com/oirase/272268/meido185






ワオ!と言っているユーザー

「渡ル」について

スレッド
「渡ル」について




青き海原を渡っていく一羽の鳥が見えました
魂はみなこうして黄泉への旅に出るのでしょう



http://jp.bloguru.com/oirase/272267/meido184





ワオ!と言っているユーザー

「魚影」について

スレッド
「魚影」について



青い海の底への案内人は
首の曲がった青い鯖でした




http://jp.bloguru.com/oirase/272266/meido183



ワオ!と言っているユーザー

「躍ル」について

スレッド
「躍ル」について





波打ち際の鳥たちによる
魂の舞踊を観賞しました



http://jp.bloguru.com/oirase/272264/meido182



ワオ!と言っているユーザー

「黄泉の海ⅱ」について

スレッド
「黄泉の海ⅱ」について





この光景を目にしたとき
還る、という言葉の意味を
初めて実感できたのでした。




http://jp.bloguru.com/oirase/272263/meido181




ワオ!と言っているユーザー

「黄泉の海」について

スレッド
「黄泉の海」について




そこはあらゆる魂を迎え入れてくれる場所であるように思えました


http://jp.bloguru.com/oirase/272262/meido180


ワオ!と言っているユーザー

「海坊主」について

スレッド
「海坊主」について




どうやら死んだ仲間を弔いにやってきたようです


http://jp.bloguru.com/oirase/272260/meido179






ワオ!と言っているユーザー

「流血」について

スレッド
「流血」について



不覚にも頭を撃ち抜かれ
海一面を紅い血に染めた
海獣のまなざしのひかりが
払拭できなかったのでした。

一匹の頭蓋の奥からどくどくあふれだす
あまりの血の量と拡散力におどろかされ
死んだ獣の瞳がなぜこんなもよく光るのか
まるでまだ生きているかのようだとおどろかされ

責められているような
問い詰められているような
目をそらすことをとがめられているような
そんな漠々とした気持ちになっていくのでした。



http://jp.bloguru.com/oirase/272259/meido178





ワオ!と言っているユーザー

「天蓋」について

スレッド
「天蓋」について



わたしにはその光景がその雲の下で発生している
正視に堪えないありとあらゆる災厄のひろがりを抑えこむため
大いなるものの大いなる意志による「蓋」のようなものだろうと
思いながら見ていたのでしたが
隣人は
なにをおっしゃいますかあれを天の羽衣というのですよと
おだやかでたおやかでこれですべてが救われるのですよと
口元に不穏な微笑をたたえるのでありました。



http://jp.bloguru.com/oirase/271749/meido177





ワオ!と言っているユーザー

「鈍光」について

スレッド
「鈍光」について




希望とは、あるいはこういうものなのかもしれない、と思いました。


http://jp.bloguru.com/oirase/271747/meido176






ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/39 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>