記事検索

アユミのブログ

http://jp.bloguru.com/jpayu1986

女性の薄毛対策にシャンプーは効果があるのか?

スレッド
女性が薄毛で悩んでいる人は10人に1人と言われています。
薄毛の原因は様々です。不規則な生活習慣、ストレス、加齢、ホルモンの乱れ、ヘアサイクルの乱れ等です。
生活習慣を見直し、適度な運動を心がけ、ストレスを溜めないようにしましょう。
また、ヘアケアを見直してみましょう。
シャンプー時に爪を立てていませんか?ブラッシングは力を入れていませんか?
頭皮を傷つけてはいけません。
ここで、血行を良くし、薄毛対策に効果があるシャンプー方法を紹介します。
まず、シャンプー選びです。クレンジングシャンプーやアミノ酸系のシャンプーを選びます。
シャンプー前に頭皮マッサージをします。
髪の毛が乾いている状態で指の腹で頭皮を動かしたり、圧をかけます。次に軽く叩いて刺激します。
すると血行が良くなり、頭皮が柔らかくなります。
次に髪の毛を濡らしますが、この時にシャワーだけでよくすすぎます。
すると、頭皮の汚れや髪の毛についた汚れが随分と落ちます。
次にシャンプーを手に取り、泡立てて後頭部の生え際につけてから、後頭部から側頭部に行き、頭頂部へと行き、最後に前頭部と生え際に移って行きます。

後ろから前に洗いくと言う事です。すすぎの時も同じです。
その時も必ず、指の腹で頭皮に触れて下さい。

これは、爪で頭皮を傷つけず、髪の毛の生え方に逆らって洗う事で頭皮や髪の毛を丁寧に洗えるからです。

洗浄力の強いシャンプーですと2回洗いは避けた方が良いでしょう。
洗浄力がコントロールされているシャンプーは2回洗いをしても大丈夫です。

頭皮と髪の毛に整髪料や汚れ、シャンプーが残っていると薄毛の原因になるので注意しましょう。

ワオ!と言っているユーザー

アトピーの脱毛症治療は皮膚科医で治せるのか?

スレッド
アトピー性の脱毛症はアトピー性円形脱毛症とも言われています。
これは、髪の毛が円形状にゴソッと束になって抜けてしまうのです。

原因はアトピーで、髪の毛の免疫異常で起こります。現れ方は、一ケ所だけの時もあれば、数箇所の時や頭全体になる事もあります。

そして、本人がアトピーは分かるのですが、家族にアトピーやアレルギーの人が居ても発症します。

アトピーが悪化して薄毛になってしまうのは強いストレスを受けた時に多く、悩みがあったり、生活環境の変化を受けた時には要注意です。

また、一度、脱毛経験があると、脱毛の不安や恐怖でストレスがいつまでも抜けず、悪循環になり、自然治癒を待つよりも、皮膚科医に診てもらい精神的に楽になった方が良いでしょう。

皮膚科での治療は内服薬と塗布剤が中心となります。

内服薬は抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬で、塗布剤はステロイドが中心となり、たまにステロイド薬の内服薬が出される事もあります。

精神安定剤が処方される事もありますが、これは、ストレスが大きい時です。漢方薬を出す皮膚科もあります。

柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコウボレイトウ)や桂枝加竜骨牡蠣湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)、加味逍散(カミショウヨウサン)に小柴胡湯(ショウサイコトウ)が出されます。

局所免疫治療法は、皮膚に意図的に炎症を起こさせて免疫が過剰反応しているのを分散させ、効果が出る時には1~3ヶ月で発毛し、6~12ヶ月で全体的に健康的な毛が生えてきます。しかし、治療を中止すると再発する事が多いので、治療は続けて行きます。

アトピー性の脱毛症は、体質ではありますが、食事や生活習慣、アレルギーの原因除去等で改善されるので、ストレスを溜めずに治療とともに体質改善をするのも良いでしょう。

ワオ!と言っているユーザー

脂漏性皮膚炎で頭が薄毛になることってあるの?

スレッド
薄毛の原因で最近注目されているのが脂漏性の頭皮です。
脂漏性の頭皮と聞くと、脂性と思いがちですが、実は脂漏性皮膚炎と呼ばれる皮膚炎を起こしている事が多いのです。

この脂漏性皮膚炎の症状は、赤みや痒みがあり、カサついています。

軽い症状だと鼻の周りに現れ、重い症状だと顔全体や背中、胸、ワキ、ヘソ、陰部等に現れてきます。

原因は現段階では、よく分かっていませんが、皮膚分泌の異常、皮脂成分の変化等ではないかと言われています。

この脂漏性皮膚炎は脂性の人も乾燥肌の人にも発症します。

脂漏性皮膚炎の原因として考えられるのが、生活習慣です。睡眠不足、ストレス、食生活の乱れです。特に欧米人に多い皮膚炎のため高カロリー、肉中心の食事が影響しているのでしょう。

脂漏性皮膚炎の症状が頭皮に現れ、悪化してしまうと薄毛の原因になる事があります。
それは、頭皮にマラセチア菌と言う菌が発生してしまうからです。

マラセチア菌が発生すると、頭皮がベタベタ状態になります。そして、マラセチア菌から酵素リパーゼが分泌されます。

すると、脂肪酸を作り出し、頭皮を刺激します。刺激された頭皮全体が炎症を起こしやすくなるのです。しかも、マラセチア菌を含んだ皮脂が毛穴の中に入ってしまうと、毛根の周りは炎症を起こしてしまい、抜け毛の原因になってしまいます。

脂漏性皮膚炎は男女関係なく発症します。特に長髪や爪が長かったり、ネイル等で装飾をしていると頭皮がシッカリと洗えていなかったり、傷ついていたりするので発症の確立が高くなります。そして、一年の中でも最も発症しやすいのが梅雨時や汗をかく夏場です。

次のうち心当たりはありませんか?

フケの量が多い。頭がいつも痒い。生え際がカサカサ、皮膚が?ける。抜け毛が多い。頭皮または顔の一部が赤い。

当てはまる事が多ければ多いほど、脂漏性皮膚炎の可能性が高くなります。

ワオ!と言っているユーザー

つむじハゲも辛いですよねー(汗)

スレッド
女性のつむじはげは見た目が良いとは言えませんので、確実に改善したいところですね。そんなつむじはげを改善するために取り組むべきことは“育毛剤”を使用する行為になります。

育毛剤というと、ハゲまくっている人が使っているというイメージをもつ人もいますが、そんな事はありません。

昨今では、女性の薄毛がかなり増えてきている傾向にあります。これは若い時に、カラーリングやパーマをしたり、過剰な洗浄力を持つシャンプーで髪を洗ったりすることで頭皮を傷めることになり、結果的に薄毛になってしまうのです。

女性であれば、前髪がスカスカしたり、分け目が薄くなり地肌が見えたり、そしてつむじ当たりがはげてしまったりということがあります。これらはいずれも女性特有の加齢による女性ホルモンの減少が起因しているものがほとんどです。

男性ホルモンが起因している男性型脱毛症になるとなかなか改善するのは難しいのですが、女性であれば問題ありません。育毛剤と言われるものを使っていけば、改善を見込むことが可能です。

まず、育毛剤には医薬品、医薬部外品、それ以外という3パターンあります。まず医薬品でもなければ医薬部外品でもない、勝手に名乗っているだけのものですが、これは論外です。

絶対に使わないようにしましょう。症状を悪化させることになってしまいます。次に、医薬品と呼ばれるものです。女性が使えるものであればリアップリジェンヌと呼ばれるミノキシジルを配合している育毛剤です。なぜ医薬品なのかというとミノキシジルには強い副作用が存在しますので、だれでも使って良いと言うわけではないのです。

しかも、ミノキシジルは抜け毛を抑制する力はかなり強いのですが、髪を生やす力はありません。ひたすらに抜け毛を食い止め、その結果として抜けずに済んだ髪の毛が立派に成長してくれるというものです。このミノキシジルはどちらかと言うと、男性向けと言えます。

女性は男性よりも少ない量のミノキシジルしか使うことが出来ないことを見れば、その副作用の怖さもなんとなく理解できますよね?最後に、医薬部外品の育毛剤です。

これはミノキシジルと比較すると効果という面では劣ります。その分、国から正式に許可を得ているので副作用の心配がまずありません。

ミノキシジルを使い始めたときに、ごっそりと抜け毛が出ると言ったこともないのでこの医薬部外品の育毛剤を使ってつむじはげの改善を図るのが最適です。

ワオ!と言っているユーザー

分け目が薄い女性が増えているって!?まじかー

スレッド
分け目が薄い!これが一番、女性の薄毛で目立つパターンです。30代ともなるとさすがに加齢について考えなければなりませんよね。

まだまだ私は若いと思っていても、実際にはそんなことはありません。まして、髪となると勘違いをしている女性が多いので尚更です。

髪に良い影響を与えてくれるのは、シャンプーやリンス、トリートメントだと思っていることです。これらは悪影響の方が多く、あまり良い影響を与えていません。

髪よりも頭皮にとっては、全くと言ってもよいでしょう。これらには、化学物質と呼ばれる体に必要のないものを大量に配合しています。

これらを髪につけたり、毛穴から吸収させたりしているのですから当然と言えます。化学物質の中には発がん性物質もあると言われているくらい本来は恐ろしいものなのです。

その反面、育毛剤というのは化学物質もほとんどなく頭皮や髪に、とても良い作用をしてくれるものたちばかりです。

しかしながら、育毛剤に対するイメージが良くないこともあり、使用する人が少ないのです。

本当は、育毛剤は薄毛になるのを予防するイメージで使用するのが望ましい形なのですが、気づいている人はあまり居られません。女性は特に、化粧品とシャンプー、トリートメントにはこだわりますが育毛剤に対する関心が低すぎます。このようなことも相まって、昨今、女性の薄毛が増えてきていると言えますね。

30代で分け目が薄いというのはかなり寂しいものです。女性は棺桶に入るまで髪を蓄えていたいというのが本心なはずですから、いまから女性 育毛剤を使ってハゲ予防と改善を図って行きましょう。

女性の薄毛は男性の薄毛よりも良くなる確率ははるかに高いと言われていますので諦めないでくださいね☆彡

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ