記事検索

気になる「パナソニックミュージアム松下幸之助歴史館」

スレッド
気になる「パナソニックミュージ...
パナソニックは創業者松下幸之助氏と同社の歩みを伝える「パナソニックミュージアム松下幸之助歴史館」(大阪府門真市)を建て替える。現在の施設は創業50周年の1968年に開館、1995年3月7日には松下幸之助生誕100周年を記念して館内を全面的に改装した。2018年に創業100周年を迎えるため、10月末にいったん閉館。2018年3月に隣接地で再オープンします。

歴史館は1933年、大阪市内から門真市に移転して新築した当時の本店社屋を再現。新館は当時の社屋にあった屋根の上の煙突を設けるなど、再現度をより高める。

展示内容は未定ですが、映像や音響の技術を生かしてわかりやすい構成になるようです。幸之助氏が創業した3月7日に開館を予定している。

現在の歴史館は一般公開のほか、従業員への研修用としても活用され、延べ約181万人が来館しています。
#ブログ #建築

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(46)『冬のフロスト(上)』R.D.ウィングフィールド(創元推理文庫)

スレッド
今年の読書(46)『冬のフロス...
大好きな<フロスト>警部シリーズも第6作目の最終巻 『フロスト始末(上・下)』 が発行されていますので、今回は長年気にしていました第5作 『冬のフロスト』 です。

寒風が吹き荒れる1月、<フロスト>は、夜勤の間に経費の水増し作業を作り終えて、録画したサッカーの試合を楽しみにしていましたが、思い通りに事は運ぶことなく、幼い少女の行方不明事件に始まり、枕カバーに盗品を詰め込んで逃げる「枕カバー強盗」、売春婦の連続殺人事件、大騒ぎするフリーガンの一団事件とせわしく対応しなければならない状態で署内はてんてこ舞いです。

マレット署長が、点数稼ぎのため所員を他の署に貸し出しているため、<フロスト>一人に捜査が押し付けられてしまいます。残っている部下は<タッフィー兄ちゃん(芋兄ちゃん)>こと<モーガン>で、<フロスト>の足をひっぱる厄介者です。

厄介な事件の数々の詳細が(上)では語られ。どう解決するのか<フロスト>警部はと気になりながら読み終えた503ページです。

#読書 #文庫本

ワオ!と言っているユーザー

気になる「日清焼そばU.F.O.牛すき焼味+卵黄ソース

スレッド
気になる「日清焼そばU.F.O...
「日清焼そばU.F.O.」は、1976年の発売以来、幅広い層の人気をえているカップ焼そばのロングセラーブランドです。

今回、"食欲旺盛な若者へ捧ぐ!極太麺☓ガッツリ系メニューの食べ応え" がコンセプトの「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太」シリーズから、第6弾となる「牛すき焼味+卵黄ソース」(205円・税別)を、9月11日(月)全国発売します。

牛肉と白菜のうまみが溶け込んだ甘辛いすき焼だれにまろやかな味わいの卵黄ソースを加えることで、本格的な「牛すき焼味」の焼そばに仕上げられています。
具材は、日清食品独自製法の「大豆ビーフ」と大切りキャベツで、U.F.O.ならではの牛すき焼の味わいを表現しています。

#ブログ #インスタント麺

ワオ!と言っているユーザー

デイケアのお昼ご飯(118)

スレッド
デイケアのお昼ご飯(118)
今日は 「菊の節供(重陽の節句)」 の日です。日本酒に菊の花を浮かべて一杯呑まれる方も多いのではないでしょうか。

本日のお昼ご飯は、「かぼちゃコロッケ・サラダ」+「ヒジキの炒め煮」+「菜の花のお浸し」+「味噌汁(薄揚げ・玉ねぎ)」+「果物(ミックスフルーツ)」でした。

「コロッケ」には、いつも通り「ソース」がなく、少し寂しい味わいでした。
#グルメ #デイケア

ワオ!と言っているユーザー

気になる「純金製マジンガーZ」

スレッド
気になる「純金製マジンガーZ」
全高130ミリメートル、重さ850グラムの「純金製マジンガーZ(大)」(1870万円※税別)が、2017年9月9日(土)~9月11日(月)に「西武渋谷店」モヴィータ館の6階・7階で開催されるイベント「DYNAMIC ごう!50!GO! in SHIBUYA」(10時~21時。入場は無料)にて展示・販売されます。

前回、西武池袋本店のイベントで展示・販売を行った際も、世界限定1体の「プラチナ製マジンガーZ(大)」(1400 万円※税別)が売れたというので、本イベントでの注目も高いことが予想されています。

今回は、2017 年に作家活動 50 周年を迎える<永井豪>氏とその代表作であり、同じく2017年に45 周年を迎える「マジンガーZ」のダブル周年を記念し、「マジンガーZ」が高級素材の純金で製作されました。

ポージングは威風堂々とした「マジンガーZ」の技のひとつ「ブレストファイヤー」。日本国内の職人が数か月にわたり緻密に、丁寧に製作したという。

同時に、全高70ミリメートル、重さ140グラムの「純金製 マジンガーZ(小)」(330万円※税別)を50体限定、全高70ミリメートル、重さ140グラムの「プラチナ製 マジンガーZ(小)」(201万7000円※税別)を50体限定で展示・販売されます。

いずれも付属品として、「オリジナル桐箱・シリアルナンバープレート」が付きます。受注販売のため、配送は購入より約1~2か月を予定。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

気になる「ネスカフェ スタンド」@阪神電鉄

スレッド
気になる「ネスカフェ スタンド...
ネスレ日本(神戸市中央区)は、阪急電鉄の駅構内で展開してきた立ち飲み式コーヒー店「ネスカフェ スタンド」を阪神電鉄の3駅で新たに開店する。12日(火)から新在家駅(神戸市灘区)と香櫨園駅(西宮市)、10月11日(水)からは大阪市の千鳥橋駅で、いずれも売店跡で営業を始めます。

座席のないカウンターの店舗にコーヒーマシン「ドルチェグスト」を備え、エスプレッソ、カフェオレなど6種類の飲み物を各100円で販売する。

同社は2016年12月、阪急塚口駅(尼崎市)のホームに設けた1号店を皮切りに出店を重ね、現在は阪急駅で19店(兵庫県内は8店)を構える。手軽さが通勤・通学客に好評といい、阪神沿線でも展開することにした模様です。
#ブログ #グルメ

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1975)筒状の花【ナンバンギセル】

スレッド
ファルコン植物記(1975)筒...
【ナンバンギセル(南蛮煙管)】は、ハマウツボ科ナンバンギセル属の他の植物の根に寄生して、そこから養分を取りながら生育する一年草の寄生植物です。寄生するのは主にイネ科やカヤツリグサ科などの単子葉植物で、具体的にはイネ、ススキ、サトウキビ、ミョウガ、ギボウシなどが挙げられます。

花が咲くまで姿がほぼ見えないので夏~秋の開花時期にいきなり生えてきたように錯覚しますが、生育期には茎は地際~地中にあり鱗片状の葉を付け寄生主の養分を取って生長しています。夏以降にそこから花柄をにょっきりと伸ばして地上にお目見えするという寸法です。

花柄の先端にはぷっくりとふくらんだ萼(がく)があり、そこから淡い紅紫色(まれに白色)の花を一輪、うつむきかげんに咲かせます。花は筒状で先端が浅く5つに切れ込んでいます。その姿をかつて南蛮人と言われていたポルトガル人やスペイン人の船員がくわえていたマドロスパイプに見立てて「ナンバンギセル」の名前が付いています。

万葉集では「思草(おもいぐさ)」の名前で登場しており、古くから日本で親しまれていた植物だといえます。うつむきかげんに咲く花の姿から来た名前でしょうか。

ナンバンギセルの他に、やや大型のオオナンバンギセルも知られています。学名のアエギネティアはギリシアの医師<アエギネタ>の名前にちなみます。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ