ゆっくりラン 5km

5km┃0:28:02┃5'36┃19:30開始┃晴┃1℃
5kmコースをゆっくりラン。

若干暖かく感じたので
薄手のウィンドブレーカーの上下で走ってみたけれど
下は問題なかったけど、上はちょっと寒かった。
もう少し距離を走れば大丈夫かもしれないけれど、
厚手で走った方が今の時期はちょうどいい。

ワオ!と言っているユーザー

ゆっくりラン 5km

5km┃0:30:26┃6'05┃19:00開始┃晴┃2℃
5kmコースをゆっくりラン。

久しぶりの外ランは良かったのだけど、
サラリーマンの帰宅タイムの最中を走ったものだから、
どうしてもハイビームの餌食なってしまう。
田舎道コースだから仕方ないのだけど、
人がいると分かったらロービームに切り替えてもらえると助かる。

ワオ!と言っているユーザー

魂の抜ける瞬間を捉えた動画

魂の抜ける瞬間を捉えた動画が公開されていたので、
記録として投稿しておきます。
魂が抜けるのは、動画の4分30秒頃からです。


ワオ!と言っているユーザー

ゆっくりラン 5km

5km┃0:30:40┃6'08┃20:00開始┃雪┃0℃
花体20周=5kmゆっくりラン

着地音がまったくしないランナーさんを初めて見た。
アリーナは3人並走がギリギリの幅なので、
ゆっくり走る時は後ろからの足音で判断して
コースを開けるようにしているけれど、
着地音が無いから後ろから抜きにかかっている事に気づかずに
コースを開けられず接触。
それにしても着地音のみならず、フォームも綺麗だった。

最近、着地がつま先だけの人たちが増えて、
ちょいレベルの高い走り傾向の花体。

ワオ!と言っているユーザー

北方領土問題を少し学習

今更ながら、北方領土問題を学習。
増田俊男さんのページを読んで、
それをフローチャートに表してみることにしました。
下部のループの部分は、おそらくまだまだ続く気がするので、
北方領土問題も当分は解決できないのかなと思いました。
(※下部のループは自分の思い込み思考です。)

北方4島問題の正論 - 増田俊男さんのページ

北方領土問題-やさしい北方領土のはなし

ワオ!と言っているユーザー

ゆっくりラン 3km

3km┃0:20:35┃6'52┃19:30開始┃曇┃-2℃
花体12周=3kmゆっくりラン

抜糸後2日経過、傷口まきちんと塞がったようで、
ウェアの擦れでも問題なく走れた。良かった。うれしい。

ワオ!と言っているユーザー

ちょっと学習

時系列で表した、北方領土関係。

ワオ!と言っているユーザー

古い腕時計を廃棄前に撮影

古い腕時計を廃棄前に撮影。

上段左から、
①SEIKOのアナデジ。高校生の時に使っていたもの。
②SEIKOのアナログ。社会人になってから使っていた、ストップウォッチ付き。
③CASIOのアナデジ。5000円とは思えない高性能。
④Vestalのアナデジ。200gで重い。アナログとデジタルは非同期。
下段左から、
⑤CASIOのPRO TRECK。ちょっと使いこなせなかった感があります。
⑥CITIZENのアナログ。少し変わったムーブメントでも慣れると良かった。
⑦FLANDRE CLUBのアナログ。蛇腹バンドの肌触りが良かった。

ワオ!と言っているユーザー

米の安全性を確認 2019.01.18

米を真水に5日間放置した状態。白い水のままなので安全性が高い事を確認できた。
有機肥料を1年程度熟成させた状態のものを使うと
人体に有害な米ができるという事だったので、
念のため今食べている2018年秋に収穫した米が安全か調べてみた。

調べる方法は、少量の米を透明な容器に入れ、それに適量の水入れる。
そのまま放置して1、2日間待つ。
放置しておくと、有害な有機肥料を使用して作られた米は、
水が茶色見を帯びてくるとの事。
きちんと熟成した(4~5年かけて熟成させた有機肥料)
有機肥料を使ったものは、茶色見は帯びないとの事。

5日放置した結果、水は白いままだったので、安全と言えると思います。
大丈夫とは思っていましたが改めて確認して良かったと思います。

ワオ!と言っているユーザー

LINEアプリの開発理由を調べてみました

LINEアプリは、どのような目的で、いつ作成されたのか、
今更ながらちょっと調べてみました。

LINEアプリ作成概要
目的 :東日本大震災発生後の連絡アプリとして利用する事
作成 :2011年4月末~6月末(約2ヵ月間)、2011年7月リリース。
作成者:日本籍、韓国籍、中国籍、米国籍、の開発者。

震災当時、スマホの連絡アプリの主役はTwitterだったと思うので、
オープンなSNSであるTwitterよりも、クローズなSNSを作ったとの事。
(日本人は井戸端会議のような、ここだけの話的な会話を好むので。)
震災時の通信事情を考慮して、連絡に対してすぐに返事を返せない事も
想定して、連絡を読む事で「既読」を機能を付加したとの事。
とりあえず、生存している事がわかるようにしたとの事。

これらの事からLINEアプリ開発の発想理念と
開発スピードが素晴らしい事が良くわかる。

初期リリースから7年以上が経過した2019年1月現在、
未だに震災からの復興は完全ではないけれど、
被災地の整備等、だいぶ良くなったと言えると思えます。

LINEアプリは情報漏洩などの問題で評価が下がっている現状なので、
開発理念を知った今、なんとも言えない悲しさを感じます。

ワオ!と言っているユーザー

ゆっくりラン 1km

1km┃0:7:42┃7'42┃19:30開始┃雨┃3℃
花体4周=1kmゆっくりラン

まだ抜糸前でちゃんと傷口が塞がっていないせいか、若干痛い。
ランニングは抜糸まで待つしかないかな。

ワオ!と言っているユーザー

SF系と農業系の融合動画 2018.01.14

SF系の動画を観ていたら、
高野誠鮮(たかの じょうせん)さんの動画を見つけて
少しだけ見ようとしたものが、結局3本の動画をみてしまう事に。
動画概要としては、UFO関係、過疎地農業、の動画。

高野誠鮮さんの事をWikipediaで調べてみると、
1973年に11PMのUFO番組作成を開始したり、
2005年にローマ法王に米を献上したり、と、
とても愉快な経歴をお持ちの人のようです。

米を献上したニュースは、
当時とても印象的だったので覚えていましたので、
この人がそうだったのかと改めて思いました。

動画2の米の事で少し気になり、現在食べている米が
安全なのかを確認してみようと思いました。
安全だとは思いますが、安全である事を確認したくなりました。

動画1

動画2

動画3

ワオ!と言っているユーザー

ニュースサイト一覧

ワオ!と言っているユーザー

アナデジ・デザイン 2019.01.13

CASIO G-SHOCK AW-500
CASIO Poptone LCF-20-1 レディース 海外モデル
takeデザイン アナデジ腕時計
腕時計はアナデジを使いたいけど、
アナログとデジタルが重ならないデザインのものが少ない。

カシオのG-SHOCKで20年前の「AW-500」が欲しいけど、今は売られていない。
海外モデルに「LCF-20-1」というレディースモデルがあって
腕の割と細い自分でも利用できたけど、1年程で壊れたため再購入しようとしたけれど、
今は売られていない。

「AW-500」と「LCF-20-1」の良いと取りした腕時計が出てほしいと思います。
デザイン画を描いてみました。

ワオ!と言っているユーザー

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済の種類が沢山あるので、代表的なものを一覧化。
利用する決済によってポイント付与や個人間送金などが異なるので
公平さに欠く気がしますが、もう少し時間が経てば変わる可能性もあるのだと思います。
それにしても、本当にキャッシュレス決済が推奨されるのだとするなら練習が必要ですね。
自分はセルフレジを商品数少なめで何度か練習しましたが、キャッシュレス決済も同様と思います。

名 称 ポイント 個人間送金 概 要
1 LINE Pay 0.5~2%(7/31までは3.5~5%) 対応 LINE上で展開するモバイル送金・決済サービスが「LINE Pay」。 コンビニや飲食店のほか対応のオンラインショッピングサイトでも利用できる。
2 PayPay 0.5% 対応 ソフトバンクとヤフーによるPayPayが運営。
3 楽天Pay(アプリ決済) 0.5% 対応予定 楽天ペイ(アプリ決済)は、クレジットカードを登録し、対応店舗でバーコード/QRコード決済が行なえるサービス。
4 d払い 0.5% なし NTTドコモによるQRコード/バーコード決済が「d払い」。
5 au Pay 未定 未定 KDDIが2019年4月より提供予定の決済サービス。
6 Origami Pay なし なし Origami Payアプリは、バーコード/QR決済に対応。
7 Amazon Pay なし なし Amazon.co.jpのアカウントと連携する決済サービス。
8 メルペイ 未定 未定
9 ローソンスマホペイ ローソン店舗におけるセルフレジ決済サービス。
10 セブンペイ セブンイレブンをはじめとした、セブン&アイグループによるスマホ決済サービスで、2019年サービス開始予定。
11 ファミペイ なし 未定
12 銀行Pay 銀行の強みを活かした銀行口座連動型の決済手段として、GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)が提供。



ワオ!と言っているユーザー

粉瘤摘出手術 2019.01.11

10年位前からできた良性腫瘍(粉瘤:ふんりゅう)があり、
その治療でM皮膚科に通院してたのだけれど、
先生が数年前に体調不良で当面休診となってしまったので、
先生不在の間は個人で処置していたけれど、ちょっと限界を感じて
S皮膚科へ通院する事にしました。

S皮膚科は腕がいいのは噂に聞いていたので、全幅の信頼があるのですが、
それが故に毎日すごい人数の患者が押し寄せているという事でした。
受付をして1時間待ちは普通な状態でした。

# 別の病院で4時間待ち(中学~高校の間)をずっと経験していたので、
# 自分にとって1時間待ちは何ともない筈なのですが、
# 久しぶりに待つと、さすがに疲れますね。

昨日(1/11)に粉瘤摘出手術を受け、今日(1/12)は術後確認で通院。
比較的誰もがなりやすい腫瘍のようで、特に身構える必要はなかった。
手術時間20分、麻酔も局部麻酔だけ、縫合も3針という簡単なものでした。

手術を受けたS皮膚科は、1歳の時からお世話になっていて、
今は息子さんが代を次いで医師となっている。

1歳の時に初めてS皮膚科で治療を受けた時は、
5000人に1人の病気と言われたそうで、両親はだいぶショックを受けた。
当時の市の人口割合からして、15歳未満の子供は自分の他に1人いるかという割合。
その病気は中学生の時に手術を受けて完治したので、まずは良かった。

それが元で、甘やかされて成長してしまったけれど、
今頃になって、もしもあの病気になっていなければ、
普通の男子として成長できたのだろうか?とも考えるのだけど、
50歳をとうに過ぎた今となってはどうすることもできず、
話す必要が生じたら、その病気がどういうふうに苦痛なのかを話そうと思っています。

大人になってから何度か別の皮膚炎で通院していたけれど、
息子さんの代に変わってからは初めての治療になり、
とても時間が過ぎたのだなと感じさせる日でした。
光陰矢の如しと思えた日。

ワオ!と言っているユーザー

ゆっくりラン 3km

3km┃0:17:37┃5'53┃20:00開始┃曇┃1℃
花体12周=3kmゆっくりラン

ワオ!と言っているユーザー

2019年初 スノーターサーを履いての雪上ラン

11.48km┃1:10:00┃6'06┃14:30開始┃晴┃xx℃
東芝メモリ敷地外周×3周(1周=2.36km)+自宅往復。
昨年秋口までのダンプ運行による粉塵も無く、
澄んだ空気を吸いながらのラン。
東芝メモリ建設による通行道路も少し変わり、
2.30km → 2.36km と外周が60m長くなった。
久しぶりにスノーターサーを履いての部分雪上ラン、楽しかった。

ワオ!と言っているユーザー

ゆっくりラン 5km

5km┃0:32:11┃6'26┃20:00開始┃曇┃-2℃
花体20周=5kmゆっくりラン
3~4kmの1kmだけをキロ4'30で。

ワオ!と言っているユーザー

ゆっくりラン 3km

2018年のランニング記録
3km┃0:19:22┃6'27┃19:30開始┃曇┃2℃
花体12周=3kmゆっくりラン

今年の初ラン。距離も短めに。
今年の目標はフルマラソン完走。
できそうな気がするけど
全然走れていないから敢えて目標とします。

ワオ!と言っているユーザー

手帳 2019

ランニング記録帳 2008.11~現在まで
ランニング記録帳 2010.04 膝を傷めていた頃
日記帳 2015~現在
日記帳 2015.10 仕事、地域行事などが重なっていた頃
メモ帳 日付なしの方眼ノート
メモ帳 工作する時の簡易寸法図
メモ帳 使った事のない言葉を調べた時
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今年の手帳を購入しました。
日記用(仕事含む)、メモ用、ランニング用、の3冊。

記録するに、電気無しで使える紙とペンの組み合わせが記録媒体としてベスト。

システム手帳は10年以上使用したけど、
1年毎にノートとして区切った方が良い気がして、
ここ5年はダイゴーの「HANDY PIC」の大サイズの2週間見開きタイプを使用。
メモ帳もダイゴーの「HANDY PIC」の小サイズの方眼タイプ。
ランニング記録は、練習記録を付け始めたのが2008年11月からで、
A6ノートに記録。その後はランニング雑誌の付録に付いてくる記録帳を利用
していたけれど、今年はまたA6ノートを使う予定。
数年は今の手帳の組み合わせで日々の記録をつける事になると思います。

ネット上の記録である、ブログ、つぶやき等は、
検索がやりやすく重宝するので、ある程度必要ですが、
クラッシュする事を想定して使用しているので、
完璧な記録とは成りえないです。
そういう意味では紙も無くしてしまえば同じですが。

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ