記事検索

takeの電気式日記

https://jp.bloguru.com/take

気持ちが晴れた 2020.07.22

スレッド
気持ちが晴れた。
2019年まで通院していた心療内科の医師は、
手に負えない患者の治療を打ち切る為に何らかの強い言葉で、
治療はできないという事を患者側に話すという事が、
妻の父が同病院に通院した時の経緯から分かり、先週にそれを知り、
少し気持ちが晴れた。
(妻も認知症の父にキツイ言葉を言われて、キレて病院を変えていた。)
自分の場合、治療している自分に、いつ死んでもおかしくない、という診断宣告は、
医師として人間として正しくないと思うが、
医師も人間だからどうしようもないことなのかもしれない。

自分としては診断を信じるしかないと思っていたので、
来月こそは何か良くなる手立てが見つかると思っていた。
しかしそれは長い間(1年以上)塞ぎ込む状態を作ってしまった。

いつ死んでもおかしくないのなら、身体がだるいのが治らないのなら
いっそ歩き通して果てようかと思い、ある程度身の周りの私物を廃棄して
その行動に出てみたが、それはできなかった。ちょうど1年前の事。2019年7月。

気力を付けようとしたのは、今年になってからで、
とりあえず、目標は持たないで1日を全力を何かに傾けろという事
心療内科の医師の診断の言葉を信じるなという事
そして、案外新鮮な空気を吸っていれば元気になっていくという事

さて、ここからまた頑張って行こう。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
はれたん
はれたんさんからコメント
投稿日 2020-08-01 16:43

心療内科の先生て随分ひどいこと言うんですね。エアルの検索でこちらまでたどり着きましたが、エイリアンインタビューが端的に綺麗にまとめられていて感動しました。 
私もつい先日まで事故の後遺症からの腰痛でリハビリに整形外科に通っていたのですが、似たような感じでした。画像に映らないので、こいつ仮病かよっていう診断にだんだんなってくるんです。なんで痛いんでしょうね、といっても、さぁしらねーよって感じで顔も見ない診察になって、保険会社からはたった3か月で打ち切りを示唆されるわ、保険会社の話では私はもう大丈夫っていう話を医者がしたとかで、本当にそんなことを言ったのか問い詰めたらようやっと顔を見て、私は大丈夫なんてことはいってません、だそうで。あーそうですか。でも医者がそうとられるようなこというからこうなったんでしょうに。こっちも乞食じゃないんで別のとこ行きますっていって治療やめました。治ってないのになんで治療やめなきゃならないのか。今の医学って利権で儲けることだけしか考えてないから、検査とか薬とか儲かるあてのない患者はいらないんですよ。早くこういうくずどもは火星へ移住してほしい。医者って名誉のためにやってるだけだと思います。本当に治す気があったら、西洋医学やってないです。 
 
気力がない場合は断食して、腸の体調を整えたり、食べ物を小食にして野菜中心にする、運動をする、日光浴をする。玄米菜食でよく噛む、重曹をで飲んで体にたまった金属を排出するとか、自然療法という本がおすすめです。感染症の解毒には小豆がよかったり、日本食は大事ですね。 
これから世界が変わっていく中、体を整えて政府の言いなりになるんでなく自分の魂のこころに従って生きるのがベストです。 
エアルは輪廻転生の異常性を教えてくれたし、かなり物質に偏っている文明だと思いますが、生物が全て勝手に進化してできたのではなく、遺伝子をいじって作為的に作られたというのもわかって気分がすっきりしました。もうちょっと物質文明はいいので、とりあえず気持ち悪い虫やネズミとかのいないクリーンなとこに生きたいです。感染症とかも勘弁。生き物が生き物を食べるというのも作られたというのもしって呆れましたよ。エネルギーないと生きていけないのはわかりましたから残酷な行為をしないといけないっていうのもやなのでレプリケーターでもいいからはやくそういう世になるか体からおさらばしたいです

ワオ!と言っているユーザー

take
takeさんからコメント
投稿日 2020-08-02 00:44

はれたんさん、はじめまして。

心療内科の先生は、始めは人当たりのいい先生だったのですが、
自分の容体が思うように良くならない状態になってからは
突き放された感じになりましたね。
通院する度に暴言を聞くことになったので、通院するのが苦痛でした。
ダメもとで自主的に服薬と通院を止めましたが、結果オーライで良かったと思います。
自分に合わない先生は少なからずいるのだと思いますが、
思い切って病院を変えてみるというのもありかも知れません。

自分は事故で腰痛にはなった事はありませんが、
ランニングで走りすぎて、ほぼ走れなくなった事があり、
整形外科、骨接ぎ、鍼灸院、を転々とした事があります。
結果として、学生時代にラグビーをやっていらした、
いわゆるスポーツドクターのいる整形外科にたどり着き、
このストレッチを日に何度もやりなさいと言われ、
整形外科での治療の他、自宅でのストレッチを行って
劇的に良くなりました。
はれたんさんが、良い医者や良い治療方法に早く辿り着けたらと願っています。

エアルの事は、本を読んで今までにないものを感じたので
後から読み返して分かる様に少し丁寧に自分なりにまとめました。

本の内容がすべてではないのかもしれませんが、
アメリカでUFOが実在する事を認めた報道がされましたから、
所謂、SFと捉えられている事が事実だとなった時の
判断材料の1つにしたいと思っています。

ワオ!と言っているユーザー