記事検索

「マリー・ローランサンとモード」展 in Bunkamura ザ・ミュージアム

スレッド
リーフレット(1922年作、ニ... リーフレット(1922年作、ニコル・グルーと二人の娘、ブノワットとマリオン) マドモアゼル・シャネルの肖像(... マドモアゼル・シャネルの肖像(1923年作) わたしの肖像(1924年作、4... わたしの肖像(1924年作、41歳のときの自画像) ローランサンの色彩(デザイン:... ローランサンの色彩(デザイン:カール・ラガーフェルト、シャネル 
2011年春夏オートクチュール コレクションより)
先日、うちの奥さんとBunkamura ザ・ミュージアムへ「マリー・ローランサンとモード」展を見に行った。ローランサンの作品が中心かなと思っていたら、シャネルに関する作品もたくさん展示されていた。2番目にアップしているシャネルの肖像画は、当時流行画家になったローランサンに自分自身の成功の証としてシャネルが注文したもので、気に入らなくて描き直しを要求したらしい。しかしながらローランサンも譲歩しなかったため、シャネルは受け取ることはなかったらしい。すごいバトルですね..
 淡いマリー・ローランサンの色彩は、なんとなくロストランドの淡いピンク、グリーン、そして黒とグレーの釉下彩を思わせる。少し影響があるのかな..
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ