記事検索

東西数寄者の審美眼

スレッド
東西数寄者の審美眼
 五島美術館でおこなわれている「東西数寄者の審美眼」展へうちの奥さんと行ってきた。阪急の小林一三と東急の五島慶太のコレクションを一緒に並べて展示している展覧会である。絵画、書、陶芸・ガラス、漆芸・染織など、お茶関係の道具がたくさん。
 まあ、どれも、凄い物ばかりであるが、西洋物では、ガレのガラス壺とローゼンタールの蓋物が展示されていた。
 今回特に個人的に魅かれたのは、小林一三が所有していた、現在、逸翁美術館にある志野柑子口花入であった。志野の茶碗は良く見るが、この花瓶の白い肌は独特の色合いで素晴らしかった。
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ