記事検索

アイヌの装いとハレの日の着物 in 松濤美術館

スレッド
アイヌの装いとハレの日の着物 ...
 先日、渋谷区立松濤美術館に「アイヌの装いとハレの日の着物」展を見てきた。これは、国立アイヌ民族博物館が開館してほぼ1年目のイベントとして開催されている。国立アイヌ民族博物館は2020年7月に北海道白老町に開館した。この緊急事態宣言の中、渋谷まで行くのもいやだなと思い、いつか北海道へ見に行けばよいかなと思って、行くつもりはなかったのだけれども、恵比寿のお店にも行ったので、ついでに寄ってみた。やはり渋谷は混んでいたが、まあ、東急本店を過ぎれば、人もまばらで、もちろん、館内も私を含めて5人くらいだったかな..
 でも、とても良かった。また、出展されているものを所蔵しているところは、東博、早稲田大学、日本民芸館とほとんど東京にあり、北海道へ行っても見れるものではなかった。いまでも通じる斬新なデザインで、とてもシンプル。中でも、貴重な19世紀の素晴らしい3着の樹皮衣(アットゥシ)はすべて東博が所蔵しているものであった。
 ちなみに、今、東京ステーションギャラリーでも、アイヌ関係のイベントが開催されているらしい。
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
みかみこうせい
みかみこうせいさんからコメント
投稿日 2021-08-05 09:26

母親が北海道出身なので、アイヌ民族のことは小さい頃から知っていました。 
文化人類学、自然人類学、生理人類学の側面から興味があります。アイヌの家屋「チセ」を見てみたいです。今度、北海道に行ったら、見に行きたいと思います。

ワオ!と言っているユーザー

hiro
hiroさんからコメント
投稿日 2021-08-05 23:33

行ってください。

ワオ!と言っているユーザー