記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

<ポスター>(279)『崖上のスパイ』@<チャン・イーモウ>監督

スレッド
<ポスター>(279)『崖上の...
<チャン・イーモウ>監督の映画『CLIFF WALKERS(英題)』(2021年)が、邦題『崖上のスパイ』として、2023年2月10日より公開されます。公開されました<ポスター>は、極寒のハルビンに舞う雪を表すかのような白をベースに、主人公となる男女4人のスパイたちの写真が配され、スタイリッシュで魅惑的な構成になっています。

1934年冬、満州国のハルビンを舞台に、ソ連で特殊訓練を受けたスパイ・チームの男女4人が、極秘作戦〈ウートラ計画〉を実行するため現地に潜入します。目的は、日本軍の秘密施設から脱走した生き証人を国外に脱出させ、同軍の蛮行を世界に知らしめることでしたが、仲間の裏切りによって、そのミッションは天敵である特務警察に察知されていました。

執拗な追跡、次々と放たれる罠により、ついにはリーダーの「張憲臣(チャン・シエンチェン)」が特務の手に落ちてしまいます。残された「王郁(ワン・ユー」)、「楚良(チュー・リャン)」、「小蘭(シャオラン)」の3人と、彼らの協力者となった「周乙(ジョウ・イー)」は、八方塞がりの危機を突破し、命がけのミッションを完遂しようとします。

キャストには、<チャン・イーモウ>監督の近作『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』主演を務めた中国映画界の実力派<チャン・イー>をはじめ、<ユー・ホーフェイ>、<チン・ハイルー>、『1950 鋼の第7中隊』の<チュー・ヤーウェン>、そして近作『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で銀幕デビューした<リウ・ハオツン>が、可憐で芯の強いチーム最年少の女スパイを演じています。

本作は、中国のアカデミー賞である2021年金鶏奨で監督賞、主演男優賞(チャン・イー)、撮影賞を受賞。第94回アカデミー賞国際長編映画賞中国代表にも選ばれた作品です。
#ブログ #中国映画 #映画

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ