Vol578 スポーツコミュニケーションBASIC1研修in姫路

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。

スポーツコミュニケーションBASIC1研修を姫路で開催しました!

昨年、姫路開催は参加者1人でしたが、今回は13名にご参加いただきました。

SCAC同期の高倉さんと、5期の亀井さんにアシスタントで参加していただきワクワクする時間になりました。

スポーツコミュニケーション研修は楽しい!!

いろんな競技の指導者の方との出会い。
小学生への指導をされる方、中学生や高校生、大学生を指導される方。プロのスポーツ競技の指導者。世界を経験している方々など、本当に多様な方との出会いに感謝です。

参加していただいたすべての皆さん、ありがとうございます!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #ゴルフ #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol577 他者承認の第一歩は自分を認めること

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。

強みや弱み自分らしさを書き出すことができますか?



先日、ある企業様の「コーチング研修」でのことです。
コーチングを活用する上で大切なことの一つが、コーチ(指導者や上司)として自己基盤を整えることです。

自己基盤を整えておくためには、自分自身をよく理解することが求められます。

そのために、研修の中で社員の方の「強み・弱み・自分らしさ・・」などを書きだしてもらいました。
ところが、自分の事となるとなかなか書き出せない方が多いものです。
皆さんは、「自分の、強み・弱み・自分らしさ」を書き出すことができるでしょうか?

実は、自分には見えてないことや、自分では当たり前だと思っていることでも、他人から見ると、すごいと思えたり、○○さんらしい事だったりするもの。

社員さん同士で、相手の良いところやすごいなと思うところなどを言いあってもらいました。

すると、相手からたくさんの「良いところ」が出てくる。

それを聴いた本人も、少し恥ずかしい感じはあるものの、とても勇気づけられたり、自信につながったり、他人が自分のことを見てくれていることに嬉しさを感じたり。
とても和やかないい雰囲気になりました。

自分らしさや強みを、自分自身が認めることができれば「自己承認」を満たすことができ、自己肯定感が高まります。
そうすることで他者を認めることも出来るようになる。

承認の連鎖でチーム力をUPさせてみませんか?



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #ゴルフ #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol576 満席です!

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。

6月19日(日)姫路で開催する
「スポーツコミュニケーションBASIC1研修」が満席となりました!



とてもうれしいです。

お伝えする内容は
具体的に「指導者が選手・チームにどう関わればいいのか?」
元日本代表ヘッドコーチと共同で科学的に開発した内容をご提案します。

・自ら考える選手に育てる「質問の仕方」
・選手のモチベーションをアップさせる「声の掛け方」
・選手の潜在的能力を引き上げる為の「具体的なコミュニケーション」等

チームや選手の力を最大発揮させるためのスポーツコミュニケーションを、
楽しく、わかりやすく、現場ですぐに使えるようにお伝えしてきます。

私自身も楽しんで頑張ります!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #ゴルフ #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol575 「今どきの人の情報量」

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。

どのように情報を処理するのかが大切



昔と今との違い。
「情報量の違い」を上げることができると思います。

パソコンを開けば、インターネットで様々な情報を検索することができます。
スマホを見れば、いつどこにいても、わからない言葉やお店、場所を検索できます。
スポーツでも、バットの振り方やボールの取り方、足の運びや手の使い方など、それぞれのスポーツで、いろんな情報を瞬時に見たり聞いたりすることができます。

今の人が一日に触れる情報の量は、江戸時代の一年分、平安時代の一生分だともいわれています。

この様に、現代を生きる情報過多の選手たちに必要なものは何か?

それは「情報を処理する能力」です。

「自分にとって必要な情報を見極める力」と言ってもいいと思います。
見極めるための一つのポイントが「自分を知ること」だと私は思います。

自分はなぜその競技をしているのか?自分は何を目指しているのか?それを目指す目的は何なのか?・・・
それらが自分の価値観であり、自分の軸となる。
選手自身が、その軸=在り方を明確にすることで、たくさんの情報の中から自分に必要なものを見極めることができる。

皆さんのチームの選手は、自分の軸は明確になっていますか?
私たちは自分の軸を見つけるお手伝いもしています。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #ゴルフ #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol574「選択と決断に必要なものは?」


ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。

自由な発想力で選択や決断する力が変わる



皆さんは、ゴルフをしたことはありますか?
私は、好きなスポーツの一つです。

皆さんなら、グリーンの近くにあるボールをどんなクラブで打ちますか?
普通なら「ウェッジ」で打つと思います。

タイガーウッズを4歳から指導したルディ・デュランさんは、日本の中学生ゴルフ部のメンバーに、面白い練習を伝えていました。

それは、グリーン周りから、通常は使わない「ドライバー(1W)」でアプローチをさせました。

目的は?

自由な発想を持ってもらうこと。

「~でなければならない」「~が当たり前」
これを取り除く。

もう一つ面白い練習。
パターを打つ時、目を瞑って打つことやボールではなくカップを見て打つという練習。
これも、普通はボールを最後までみて打ちます。

自分にとって何が正解なのか?普通とは何か?どれが上手く行きやすいのか?

ゴルフは特にメンタルが要求されるスポーツ。
様々な場面で、自分自身で選択して、自分自身で決断をする。

自分で決めることで、自信につながり成果や成長のスピードが変わる。

まさにゴルフは主体性が大切なスポーツなのですね。

自由な発想で選手の能力を最大化させませんか?



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #ゴルフ #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol573 「会話泥棒になってませんか?」

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。


皆さんは「会話泥棒」していませんか?
相手の話を聴き終わらないうちに、自分の話をどんどんしてしまうことを「会話泥棒」と言います。

例えば
A:「Bさん、今もランニング続けているのですか?」
B:「はい、今も続けていますが、最近少し膝が痛くて走れ・・・・・」
A:「僕も膝痛いんですよ。少し腰も痛くて。整骨院の先生に診てもらおうと思っています。Bさんもどうですか?」
B:「・・・・」

Bさんが話したいことを話せていないうちに、Aさんが自分の言いたいことを話しています。

このような状況になる事は意外と多くて、質問を投げかけているのはAさんなのに、Bさんの答えに反応して、Aさん自身が話したくなってしまうのです。

スポーツチームの中でもこの様なことはありませんか?

選手の話を最後まで聴くことができると、どの様ないいことがあるのでしょうか?
選手との信頼関係が増す。選手の本音が聞ける。選手本人が間違いに気づく。・・・・

いいことは、他にもたくさんあります。
スポーツコミュニケーションアドバイザーは、具体的に何が良くなるのかをお伝えし、指導者の皆さんと一緒に成長しチームの成果に繋げたいと思っています。

チーム内で気になるところなどがあればいつでもご連絡ください。
スポーツコミュニケーションBASIC1研修でお会いしましょう。

私が担当するスポーツコミュニケーションBASIC1研修
令和4年度上期の日程
兵庫(姫路)開催  6月19日(日)
https://www.kokuchpro.com/event/943e1544363cf9db32756a48845cccb1/
大阪(なんば)開催 8月7日(日)
https://www.kokuchpro.com/event/2eaf9522a45c8626330f3b2b678c94fc/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol572  研修会での指導者様の一言

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。


「問いかける。出来てないなぁ。ほとんど俺が喋ってるわ。」
先日、スポーツコミュニケーションBASIC1研修に参加いただいたスポーツ指導者の方の一言です。

この言葉の中に2つのポイントがあると私は思います。
どの様なところでしょうか?

2つのポイントとは


一つ目が「問いかける」
そして二つ目が「聴く」です。

「問いかける」はコーチングのスキルでは質問するスキルです。
選手に対して質問をなげることで、選手に何が起こるのでしょうか?

それは、「質問の答えを探そうと、頭の中で考えることをします」

例えば、「今のプレーはどうしたかったの?
と、質問されると、選手は「ランナーの足が速いから、少しでも前に出ようとしたけど上手く行かなかった・・」などと、頭の中で考えて答えを出そうとすると思います。

そして、2つ目の「聴くスキル」を使って、答えをしっかりと聴く。
選手の話を聴くことで、気持ちよくたくさん話をさせるのです。
そうすることで、選手の頭の中が整理され、気づきが生まれます。
「あっそうか!この場面はいつも監督が言ってるように、まず一つアウトにすればよかった」などと気づいてくれたら成長につながると思います。

指導者の皆さんが選手に対して、たくさんのアドバイスで教えようとすることは、指導においてとても大切なことですが、時には選手に問いかけて、答えを待って話をさせたり説明をさせてみることで、選手自身が気づくことができれば、選手のモチベーションのUPにつながることは間違いありません。

コーチングのスキルを活用して、教えすぎない指導をしてみませんか?

スポーツコミュニケーションBASIC1研修
6月19日(日)と8月7日(日)に開催します。
お申込みはこちらへ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol571 「最強のチームとは?」

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。

今年の3月。女子バドミントン「志田・松山ペア」が全英オープンで優勝しました。
東京五輪で代表選手にもならなかった二人が、なぜ全英オープンで優勝できたのか?
興味深いコメントを見ましたので共有したいと思います。

東京五輪には出場できず、当時は世界ランクも10位。
オリンピック予選では、自分達には全く自信がなかったそうです。

では、なぜ全英オープンで優勝することができたのか?

2つの要因がある。

ひとつは、東京五輪銅メダルの韓国ペアにストレート勝ちできたこと。
もう一つは、一回戦の終了後に、勝つことはできたものの納得がいかない所があり、2人が言い合いになった。その時にそれぞれが思っていることを「正直に話す」ことができた。

高校時代からダブルスを組んでいた2人でしたが、1歳違いの先輩後輩。
先輩の志田選手は、「私が引っ張らないといけない」という思いから、指示を出す役割をしていた。
後輩の松山選手は、「言いたいことが上手く言えない」でいた。

でも、全英オープンでは、言いたいことを全部出すことができた結果、お互いの思いが分かり合えたので2人の距離が縮まり、最高のパフォーマンスを上げることができたのだそうです。

正直レベルのコミュニケーションが成果につながったということです。

言いたいことが言いあえるチーム=強いチームになるのですね。
皆さんのチームのコミュニケーションはどの様な状態ですか?



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol570 「脳のしくみから考える言葉がけ」 

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。


マイナス思考よりプラス思考。否定的な言葉よりも肯定的な言葉がけ。
最近はいろんな書籍やYouTubeなどでも言われています。
確かにスポーツの現場でも、プラスの言葉を掛けているチームが成果を出しているのが現状です。

では、なぜ「プラス思考」や「肯定的な言葉」が成果につながるのでしょうか?

脳の仕組みを活用する



この答えは「人間の脳」にあります。

人間の脳は三層構造になっています。
一番外側が「大脳新皮質」と言います。思考・分析・判断・イメージなどを司る知性脳の部分です。
その内側にあるのが「大脳辺縁系」。特に「扁桃核」で快・不快や好き・嫌いなどの感情を司ります。
そして、一番奥にあるのが「脳幹」です。この部分から必要に応じてどのホルモンを分泌するのか指令を出します。

アドレナリン:闘争ホルモン
ドーパミン:やる気ホルモン
セロトニン:幸せホルモン
βエンドルフィン:覚醒ホルモン
など

脳幹からどの様な指令を出すのか?
やる気のホルモン(ドーパミン)?それとも、闘争ホルモン(アドレナリン)?
それとも違うものか?
どんな指令かによって、体そのものの動きが大きく変わります。

もう一つの大切なこと



もう一つ大切なことが、「脳は入力よりも出力を信じる」ということ。

今までの経験や思い、考えたこと(入力)よりも、口から出た言葉や表情(出力)を、脳は信じるのです。

例えば野球の試合
3点差で勝っている状況だった9回表、相手チームに2点返され1点差。しかも、1アウト2、3塁のピンチ。
頭の中は「やばい、逆転されるかも・・・」
このような状況の時、マウンドに集まった選手の口から
➀「やばいな、このままだったら逆転されるぞ。負けたくない・・」と沈んだ表情で話すチーム
➁「まだ1点ある、9回裏の攻撃もある。思い切ってプレーしよう!」と笑顔で話すチーム
どちらのチームが、この後のプレーで、パフォーマンスを発揮することができるのでしょうか?

脳のしくみのまとめ


プラスの言葉を使う→笑顔や前を向く姿勢で対処する→脳がプラスのホルモンを分泌する→体がプラスに動こうとする→成果や成長につながる

勝つか負けるかはコントロールできませんが、選手自身の行動はコントロールすることができます。
「出来ない」を口にするよりも「出来たところ」に焦点を当てた言葉がけで、選手のパフォーマンスを最大発揮させるチーム作りをしていきませんか?



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

Vol569 「同じ景色を見ていますか?」

ご訪問ありがとうございます。
スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。

ある企業での「コーチング研修」でのこと。

管理職向けのコーチング研修と一般社員向けのコーチング研修をさせていただきました。

管理職だけが参加された研修の場で
「社内のコミュニケーションはどの様な状況ですか?」との問いに、

何人かの方から
「うちの会社は何でも話せる雰囲気があるから上手く行っている」
との答えが返ってきました。

別の日、
一般社員だけが参加された場で同じ質問をしてみると、
「もう少し話を聴く雰囲気が欲しい」
「何でも話せたらいいのになぁ」との答えが返ってきました。

いかがでしょうか?皆さんのチームではこのようなことはありませんか?

正直レベルでの会話が出来るチームと出来ていないチームとでは、パフォーマンスを最大発揮させるために大きな差が出来てしまいます。

しっかりと本音で話せるチームになるために必要なことが「聴く」ということです。

ポイント
➀相手に集中していますか?
➁的確な反応をしていますか?
➂言葉以外のもの(表情・しぐさ・態度など)も聴いていますか?

指導者の方の「聴く」姿勢が選手のパフォーマンスに大きく影響してきます。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Coaching office TRYANGLE 代表 村井大輔
ホームページを作成しました
http://tryangle3.wp.xdomain.jp/

JSCA認定 スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

銀座コーチングスクール認定講師〈心斎橋校堺教室〉
コーチングに興味がある方は、無料体験講座で一度体験してください。
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html


内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #コーチング #スポーツ #スポーツコミュニケーション #スポーツ指導 #ソフトボール #ブログル #ホームページ #仲間 #子育て #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ