記事検索

ハイキング中止で、サンモリッツへ

スレッド
ハイキング中止で、サンモリッツ...
2012年7月13日の朝は、6時前からピカゴロを伴った豪雨。
今日のハイキングは諦めて、エンガディン地方にドライブ&観光に切り替えました。
車のワイパーを常時動かしながらのサンモリッツまでのドライブ。
途中有名なユリア峠は深い霧雨の中、視界50m以下。
サンモリッツ鉄道駅まで約2時間ドライブ。同駅には日本人観光客を多数見かけた。雨合羽を着た彼らはハイキングだそうな・・ご苦労様。
僕らは早速、センガンチーニ美術館へ行った。入場料7フラン(団体割引)+案内機3フラン・・安いね。
早速2階の三部作にご対面。いつ来ても圧倒される。名画だと思う。
今回は案内機があるから、色々な説明を日本語で聞くことが出来た。が、説明が長いのと、解説が主観的過ぎて、僕には不快だった。
少し(いや、だいぶ)足を延ばす事になったが、セガンチーニの三部作の内、左側の「誕生」(生成という訳もある)を描いた場所、ソーリオ村に行ってみることになった。
いつ来てもソーリオの寒村はいい。「誕生」の構図に描かれた岩山の見える村はずれでピクニックランチ(写真のとおり)。
ソーリオの下の村、ボンドもいい村だ。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

今日の僕のランチ

スレッド
今日の僕のランチ
7月12日の僕のピクニックランチ
・ゴマまぶしの丸パン
・ミグロススーパーマーケット製の安いカマンベール系チーズ
・今朝、仕込んだキュウリの塩もみ
・ガス入り水
普段はこれにハムと黄色/赤色のパプリカがあるんだが・・・
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

今日のピクニックランチ場所

スレッド
今日のピクニックランチ場所
7月12日
ダボスの「パノラマ道」でのピクニックランチ。
青森県八戸からご参加くださった、常連のT館ご夫妻。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ダボスの西側ハイキング

スレッド
ダボスの西側ハイキング
2012年7月12日はダボスのハイキングです。
ダボスには大まかに「Weissfluhjoch」側=西側と「Jakobshorn」側=東側がある。今日はそのワイスフラウヨッホ稜線駅からゴッチュナーグラッツ稜線駅までのハイキング。
昨晩の雨の影響か雲量が多い。それでも遠望の雪山以外は良く見える。ワイスフラウヨッホ稜線駅から歩き始めて驚かされる事は、スキー場の大きさダ。
設備(リフト、人工雪)の多さ、スキーコースの多さと長さ・・日本のスキー場なんて子供だましだね。
ハイキングコースとしては、スキー場の人工物が常時見えていて、幻滅。
しかしお花は多く、お花の前で随分と足を止める事になった。
そのお花の写真1枚。
ケーブルカーでクロスタースに降りて赤い電車でダボスドルフに帰着。
今日のこれらの交通費は全部無料。ダボスに3泊以上すればもらえる「ダボス・クロスタース・インクルージィブ・カード」の効果です。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ハイジの里でピクニックランチ

スレッド
ハイジの里でピクニックランチ
7月11日はアッペンツェルからダボスに移動です。
アッペンツェルのチーズ工場見学⇒リヒテンシュタイン⇒マイヤーホーフェン⇒ダボス、です。
リヒテンシュタインって、なんであんなにインド人観光客が多いのだろう・・中国人も。今年の4月に来た時も、そう感じた。
そして、リヒテンシュタインってどんな観光資源があるのだろうか?僕には全く魅力を感じないけど・・訪問国数稼ぎとしか思えない。その証拠に、パスポートに訪問証明スタンプを3スイスフラン(約280円)で押してくれる。
隣の観光地「マイヤーホーフェン=ハイジの里」も僕には同様、観光的魅力を全く感じない。
でもいずれもお客様が「行ってみたい」とおっしゃるから、仕方なく立ち寄っている、いつも。
今日はハイジの泉のある所で、ピクニックランチ(写真)。
僕のツアーでは、このピクニックランチが多い。だって気持ちのイイ場所で、早くて安くて・・・最高ですよ。レストランに入って昼食を戴いたら、1時間の時間と3千円は必要だ。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

アッペンツェル最終朝

スレッド
アッペンツェル最終朝
今朝はアッペンツェルチェックアウト。だから今朝はぜひ漕ぎたかった。
5時半起きて、ホテル前の教会6時の鐘の音前には漕いでいた。気持ち良く下って登って下って登って・・長袖シャツ、ウインドストッパー、下は短パン、快適温度。
が、3分の2漕いだ頃から雨足が強くなった、もう靴の中も背中も腕もビシャビシャ。
ブレーキの利き具合に注意しながら、ガンガン漕いで、ホテル帰着。ヘロ。
写真はアッペンツェル中心まで15分の地点、まだ雨は小雨だった。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

夕方自転車漕ぎ

スレッド
夕方自転車漕ぎ
7月10日夕方、30分ばかり強い雨が降った。
ホテルの近所にあった自転車屋を覘いてみた。自転車のパンツと上着ジャージが欲しかったから、黒色でないパンツが欲しいから。白系か若草色系が欲しいナ。
が、あいにく欲しい物なかった。でもしっかりしたショップだったよ。
そのショップで、タイヤに空気をもらって、雨上がりの(路面が乾くのを待って)アッペンツェルの草原を1時間漕いだ。軽いカップダウンがあり、本当に気持ちがイイ、最高!
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

今日のハイキングは・・

スレッド
今日のハイキングは・・
2012年7月10日のハイキングは、エーベンナルプ(1644m)⇒シャフラー小屋(1923m)⇒セーアルプゼー(1141m)⇒ワセローウェン(868m)の5時間コース。
雲が流れ、お花いっぱい、岩の姿も荒々しい、素適なハイキングでした。下りの長い事に少し参ったけど。
シャフラー小屋までは鼻歌交じりで快適な初級ハイキング。なれどそれから先、岩稜のまき道連続で鉄梯子、ワイヤーフィックスが沢山セットされた難易度の高いハイキング道。
頭上に100mを超す岸壁が迫り、足元は600m切れ落ちた草の斜面。上を見ても下を見ても、目が回りそうだった。
でもとても充実したハイキングだったよ。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ホテルアルペンブリックの夕食

スレッド
ホテルアルペンブリックの夕食
7月9日
お花沢山と膝がいささか疲労したハイキングに満足し、僕のアッペンツェルの定宿ホテル・アルペンブリックで、これまた満足の夕食でした。
夕食のテーブルから見える、草原景色が僕の大のお気に入り。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

アッペンツェルのハイキング

スレッド
アッペンツェルのハイキング
2012年7月9日早朝時小雨でした。でも今日のハイキングは、下記。
ホーハーカッセン(1795m)⇒スタウベルン(1751m)⇒サムティサーゼー(1209m)⇒ブルーリーザウ(922m)の標識コースタイム4時間(結果は6時間)のハイキング。
天気は曇り空。まずは歩き始めて驚いた、お花が沢山、しかも多種に咲いていいるではないか!すごい!チロルと同じくらい沢山。
だから前進スピードが極端に遅くなる。お花をめでる時間が掛かるのです。
お花の名前を知らない僕でさえも、知っているお花が沢山咲いていた。
マンテマ、フウロウ、バターカップ、ジャコウソウ、シオガマ、忘れな草、アルペンローゼ、カンパネラ・・・後は忘れた。
しかもフウロウやバターカップは大群になって咲いているのです。見事でした。
写真は気持ちの良い草原をハイキング。幸せを感じます。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 188/197 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 182
  4. 183
  5. 184
  6. 185
  7. 186
  8. 187
  9. 188
  10. 189
  11. 190
  12. 191
  13. 192
  14. >
  15. >>