記事検索

コルバッチ展望台3303m

スレッド
中間駅で乗り継いで、1400m... 中間駅で乗り継いで、1400mの高度差のコルバッチ展望台(3303m)に登る。午後の3時前。もうこの時間だと団体観光客はいない。 ロープウエーのキャビン中はガラ... ロープウエーのキャビン中はガラガラ。 コルバッチ展望台3303mから... コルバッチ展望台3303mからの展望。こちら方面はベルニナ山群。 僕も一緒に写して! 僕も一緒に写して! この山、ピッツムルテル(343... この山、ピッツムルテル(3433m) 僕が欧州で最初に登った山だ。 こちらはベルナーランド(グリン... こちらはベルナーランド(グリンデルワルド界隈)の方面。 この魔法のカード、水戸黄門の印... この魔法のカード、水戸黄門の印籠みたいな効果がある・・・名前は「エンガディン・カード」エンガディン地方(サンモリッツなど)のロープウエー・バスが乗り放題!ルン。滞在ホテルでもらった。 サンモリッツに向かってドライブ... サンモリッツに向かってドライブ中。この雲・空・・・・セガンチーニの絵画につながっている、様に思える。
2018年7月1日(日)

ワオ!と言っているユーザー

寒村ソーリオ村

スレッド
ソーリオ村・・・好きだ。そして... ソーリオ村・・・好きだ。そしてこの村を望むこのビューポイントが特に好き。今日もここでピクニックランチ。 ビューポイントのベンチ脇に本の... ビューポイントのベンチ脇に本の入った箱があった。このベンチに座って、ゆったりと読書をしたら?って事?・・・イイね! この山の姿、「生」と一緒だ。今... この山の姿、「生」と一緒だ。今は午前中で逆光だ。夕方ならなおイイだろうなぁ。 小さな村だが、シャッターを押す... 小さな村だが、シャッターを押すチャンスは沢山ある。 あなたの周りに似た人いない? あなたの周りに似た人いない? どこでも絵になる村だ。 どこでも絵になる村だ。 ホテル裏庭の珈琲ショップでアイ... ホテル裏庭の珈琲ショップでアイスクリームを頂いた。その庭にこんな大木があった。樹齢1000年?きっとセガンチーニもこの大木に触ったことだろう。 日射しは強い。今午後1時半。 日射しは強い。今午後1時半。
2018年7月1日(日)
セガンチーニが三部作を描いた時、イーゼルを据えた村、ソーリオ村へ

ワオ!と言っているユーザー

セガンチーニ美術館

スレッド
セガンチーニ(1858~189... セガンチーニ(1858~1899年)美術館
 「アルプスの真昼風の強い日」1891年。この絵の大きさは僕の予想に反して小さく、77.5x71.5cm。しかしイイ!
セガンチーニ(1858~189... セガンチーニ(1858~1899年)の代表作のアルプス三部作は美術館最上階(と言っても2階)フロアー東向きに展示されている。しかもライティングはされておらず、自然光の中で鑑賞する。だからこの絵は午前中の光の中で鑑賞するのが僕の流儀。これは「生」=「生成」。1896/99年。190x322cm  イーゼルを立てたのは、サンモリッツから南にマロヤ峠を越えた、イタリア国境に近いソーリオ村。 「自然」=「存在」、1897/... 「自然」=「存在」、1897/99年。235x403cm  これを描いた場所はムオルタ・ムラーユ展望台からハイキングで行けるセガンチーニ小屋で。 「死」=「消滅」、1898/9... 「死」=「消滅」、1898/99年。190x322cm この作品の作成現場はサンモリッツから南に20分ドライブのマロヤ峠。 「水を飲む少女」 1887年。... 「水を飲む少女」 1887年。 54x79cm 「今日の一枚」はこれにする。 ... 「今日の一枚」はこれにする。 1884年制作 三部作なとの1887年以降と作風が異なる。 う~ん、満足! セガンチーニ美... う~ん、満足! セガンチーニ美術館はサンモリッツ中心部から徒歩15分で行ける。・・・僕らはこれから三部作の「死」を制作したマロヤ峠を越えて、「生」を描いたソーリオ村に行く。ここから1時間のドライブだ。
2018年7月1日(日)

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ