記事検索

セガンチーニ美術館

スレッド
セガンチーニ(1858~189... セガンチーニ(1858~1899年)美術館
 「アルプスの真昼風の強い日」1891年。この絵の大きさは僕の予想に反して小さく、77.5x71.5cm。しかしイイ!
セガンチーニ(1858~189... セガンチーニ(1858~1899年)の代表作のアルプス三部作は美術館最上階(と言っても2階)フロアー東向きに展示されている。しかもライティングはされておらず、自然光の中で鑑賞する。だからこの絵は午前中の光の中で鑑賞するのが僕の流儀。これは「生」=「生成」。1896/99年。190x322cm  イーゼルを立てたのは、サンモリッツから南にマロヤ峠を越えた、イタリア国境に近いソーリオ村。 「自然」=「存在」、1897/... 「自然」=「存在」、1897/99年。235x403cm  これを描いた場所はムオルタ・ムラーユ展望台からハイキングで行けるセガンチーニ小屋で。 「死」=「消滅」、1898/9... 「死」=「消滅」、1898/99年。190x322cm この作品の作成現場はサンモリッツから南に20分ドライブのマロヤ峠。 「水を飲む少女」 1887年。... 「水を飲む少女」 1887年。 54x79cm 「今日の一枚」はこれにする。 ... 「今日の一枚」はこれにする。 1884年制作 三部作なとの1887年以降と作風が異なる。 う~ん、満足! セガンチーニ美... う~ん、満足! セガンチーニ美術館はサンモリッツ中心部から徒歩15分で行ける。・・・僕らはこれから三部作の「死」を制作したマロヤ峠を越えて、「生」を描いたソーリオ村に行く。ここから1時間のドライブだ。
2018年7月1日(日)

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
コメントの投稿にはメンバー登録が必要です。
ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
ログイン
まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
新規ユーザー登録へ