記事検索

 <生涯現役の鬼軍曹>

http://jp.bloguru.com/syokunin
  • ハッシュタグ「#健康」の検索結果144件

フリースペース

お母さんは命懸けであなたを産みました・・ この世に産んでくれてありがとう・・ 命はたった一つのもの~数えてはいけない・・                      

<イヤホンの音量調整>

スレッド
<イヤホンの音量調整> <イヤホンの音量調整>

6月1日の投稿<聴くだけで・・>投稿したが・・

CDを聴くのにヘッドホンかイヤホンで聴くようにと指示されていたので・・

ヤマダ電機で購入したイヤホンで毎日CDを聴いていた。

何気なくいじっていたら中心部の少し太い個所に出っ張りがあった・・

ここで音量を調整できることに初めて気がついた。

呑気なもので・・音量調整は<パソコンのスピーカー>にタッチしていた。

左眼が失明所状態・・やっとパソコンに触っている我が身・・困ったものだ。


#健康

ワオ!と言っているユーザー

<髪の毛が無くなった?>

スレッド
<髪の毛が無くなった?>
送られて来た健康食品のページから・・

毛髪には寿命があり、健康な毛髪は2~6年かけて太く成長してその後、抜けて、再び同じ毛穴から新しい毛髪が生えてくる。

* 男性ホルモンの影響で毛髪の成長がストップすると<禿げ頭>になる

男性ホルモン(テストステロン)が、毛髪の細胞に入ると、酵素の働きによって<ジヒドロテストステロン>という別の男性ホルモンに変化する。

このジヒドロテストステロンが毛髪の細胞に作用すると育毛を抑制する。
その結果、毛髪の成長が止まり、細くて弱々しい状態で抜けてしまう。

ジヒドロテストステロンが変化するかどうかは、遺伝も関係するので、発症には個人差がある。

小生も加齢とともに髪の毛が少なくなり地肌が目立つようになった・・

ツルツルの<禿げ頭>ではないが・・ 未練がましく<すだれ満月>も、いかがなものかと?坊主に近く短髪にしている。

若かりし頃は真っ黒で多毛・・旋毛が2つあり<キューピーさん>状態で悩んでいた。

昭和30年代理髪店ではパーマは、できなかったので・近所の美容室で1年に2回くらいの間隔で軽くウエーブをかけてもらっていた。

最初は美容師さんも男の人に懸けたことが無いので・・失敗したらゴメン・・戸惑っていた・・

40歳頃・・いくつかのトラブルに巻き込まれ短期間で白髪になり・・パーマも不要になり・・
その後は黒髪が増えたり減ったりの繰り返しで現在の状態になった。

自分の計算では<白髪>の予定でしたが・・20代前半・内臓の手術を数度して3年間の空白も遠因かな・・

鏡のの向こうの貧相な高齢者と対面しながら・・今更増毛も無理だろうなと自覚している。


#健康

ワオ!と言っているユーザー

<老化防止~認知症予防>

スレッド
最近・同年輩の話題では・<認知症の予防>が多い・誰もが少しずつ怪しくなって来ているが・・
難聴になったり視力が弱くなったりするので・・見当はずれの発言も出てくる・・

小生も自覚はしているが・・本心では認めたくない気持ちが強いので・・身体と脳みそが、年中葛藤している。

<声出しの利点>
声を出して挨拶をすると<認知症>になりにくい。 

本を読むときに声を出しながら読む(音読)と脳が活性化されて、若々しい脳が保てる。

実際に、認知症の患者に音読をしてもらったら・認知機能の低下を防げたという報告もある。

噺家などの話すことのプロは、高齢になっても元気な人が多い

<食事の注意>
高齢者は<老化防止>のために週1回以上<肉類>を食べる。
以前は<肉類>を控えなさいと言われてきたが・・それは間違いだった。

疲労回復には、<鳥のむね肉>が一番です。
むね肉には<カルノシン>が多く含まれています。
<カルノシン>には、疲れを軽減する効果があります。

最近老化・認知症が・・やけに気になりだした・・人様の症状を気にするより我が身を、再確認しないとまずいようだ・・








#健康

ワオ!と言っているユーザー

<円歩き・・>

スレッド
<円歩き・・>
<自律神経の整え方>から・・

過労状態の脳を休ませて心を無にする・・円歩きでストレスを解消する。
バランスをとりながら、円から落ちないように集中することで、頭の中から雑念が消えて、日頃の人間関係や仕事の悩み、ストレスから開放されるのです。

* 準備・・ 直径1mの円を描く・・

* やり方・・
● 背筋を伸ばしてゆっくり円の上を歩く
● 両腕は力を抜いて床と平行に保つ
● がに股や内股にならないように注意

* ポイント
● 1日に10~20分歩く
● 体力に自信のない人・・忙しい人などは5分からでもよい

早速円をかいて歩いてみた・・
直径1m(3m強)では、数歩で1周してしまう。
ゆっくり歩いたつもりだったが5周くらいで・・目が回ってしまったので止めた・・

アイススケートの選手たちは、あんなにグルグル回って・・気持ち悪くならないのか不思議です。


 
#健康

ワオ!と言っているユーザー

<ストレス解消法>

スレッド
<ストレス解消法>
書籍名~  すぐわかる自律神経の整え方・・  ストレスを背負い込みやすく、不安、緊張、不眠、下痢で、
実力を発揮できないあなたに、ゆったりした気分と自信を与える対策集。
発行所~  主婦の友社

* <笑い>は、ストレス解消の特効薬・・
1日1回は、大きな声で笑おう
ストレスは、どうしてもつき合っていかなくてはいけないもの
ストレスによる影響を緩和し人間関係も円滑にする<笑い>
まさに<笑う門には福来る>といえるのです。

小生は、微笑~苦笑い・・幼い時から大きな声で笑った記憶は少ない・・
落語や漫才等の番組でも面白いくらいで笑みはこぼれるがバカ笑いはしない・・
多分幼少期からの環境の影響か?

孫たちが来るとテレビを見ながら・・大声で笑っているのを不思議な感覚・・タレントたちの悪ふざけがそんなに面白いかな・・

現在は多くの難問を抱えて<ストレスの塊>・・酒も控えているので特効薬がない。
<アニマル浜口>さんを見習って・・大声で笑う練習をしないと<ストレス>の解消ができないようだ

* ストレス・鬱にある4つのタイプ
●  なかなか寝付けない~    (入眠障害)
●  夜中に何度も目が覚める~  (中途覚醒)
●  夜明け前に目が覚める~   (早朝タイプ)
●  眠った気がしない~     (満足感の欠如)

数年前までは、どこでもすぐ寝ることが出来・・たたき起こされたらすぐ行動ができたはずだが・・昨今はひどい睡眠障害に陥っている・・全てストレスの影響か??

●  ストレス撃退~  プルーンの赤ワイン煮
●  ストレス解消~  黒豆ご飯
●  不眠症の改善~ シソキムチ
●  ストレスに対抗~ 五穀ひじき

*  ツボストレッチ・・  耳ツボ刺激  
*  アロマテラピー・・  エッセンシャルオイル

次から次と各種の治療法が出てくる・・
眺めているうちに・脳みそが混乱初めて<ストレス>が溜まりだした・・


#読書 #健康

ワオ!と言っているユーザー

<認知症の不安>

スレッド
<認知症の不安> <認知症の不安> <認知症の不安> <認知症の不安> <認知症の不安> <認知症の不安>
家族から・・<お父さんは認知症になりやすい性格>と揶揄されてから数年経過した。

最近左眼が失明?右耳が聴こえない等の身体の不調が顕著になってきた。

その影響で、書類等の整理ができなくなりつつある・・何事にも時間もかかる。
イライラして<自己嫌悪>になる機会も多い・・

物覚えも悪い・・物忘れも多い・・人の名前等が出てこない・・昔の蛍光灯みたいに時間を要して出てくる・・

同年輩の仲間と話していると・・ほとんどの人が似たり寄ったりみたいで・・自分だけではなく・・慰め合うことも多くなってきた。

新聞広告やチラシで<物忘れには・・サプリメント>の記事がやけに目につく。

先日も<認知症予防・対策の講演会>で、諦めるのではなく・素直に認める?
必要以上に頑張らない・と諭された。

<負けるが勝ち>・・分かっているが・・<まだまだ若い連中には負けませんよ>これが一番悪く・危険な状態だそうだ・・

素直に受け入れると一瞬で、半ボケ状態が<本ボケ>になりそうだ。









#健康 #図書館

ワオ!と言っているユーザー

<魔の季節到来>

スレッド
<魔の季節到来> <魔の季節到来> <魔の季節到来>

毎年・気温が18度を下回ると下半身を重点に<湿疹>が、出てくる。
今朝は<ふくらはぎ>付近に症状が出てきてむず痒い・・始まったな?心配になる。

通念を通じては、症状が出rた時に<アレルギーを抑えるクスリ1錠>を服薬している。

最初に症状が出たのは<インターフェロン注射の副作用>で、全身に<小指くらいの大きさ>で猛烈なかゆみが出た。

すぐに皮膚科を紹介されて・・<錠剤と塗りクスリ>を調剤してもらい、症状が和らいだ。

治療記録を見ると、毎年気温が下がる秋口から始まり・・4月末までが<魔の季節関>になっている。
皮膚が乾燥して・・ボロボロになるので保湿を兼ねて・塗りクスリを併用している。

C型肝炎寛解後は、夏場などはほとんど症状が出なくなった・・

身体で季節を感じるようになったのは残念ながら<老化>も一因らしい・・

小生は、50年余り1年中・毎朝<水>を被っていますが・昨今は年齢も意識して・症状の強い日は身体を冷水でふくように改めた。

今朝は<洗髪>を、しながら・・しっかり被りました。
冬場と違ってまだ<鳥肌>にはならず気合が入った・・いざ出陣・・




#健康

ワオ!と言っているユーザー

<手足のしびれ>

スレッド
<手足のしびれ>
書籍名~  <手足のしびれ・・最新治療と予防法>
著者~     平 林 冽 (ひらばやし きよし)さん・・慶友整形外科病院・名誉病院長
発行所~   日 東 書 院

冒頭から・・
現代人にとって<腰痛や肩こり>とともに愁訴のトップに上がる<手足のしびれ>は、<国民病>と言えるのではないでしょうか・・

<しびれ>は、整形外科の病気のみで現れるものではありません。

例えば <糖尿病>など内科的な病気や、心因性の原因によっ起こるものもある。

また不規則な食事や運動不足、喫煙、睡眠不足など、不健康な生活習慣が <しびれ>を引き起こしている場合もあります。

* <スマホ>は現代病の原因・・悪い姿勢は背骨や内臓に様々な弊害を起こします。
前かがみの悪い姿勢を長時間取り続けることにより、肩や腕ばかりでなく、首や腰に大きな負担をかけ続けています。

これでは筋肉のこわばりや血液の悪循環が生じます・・それにより <重感や脱力、しびれ>と自覚されます。

小生は<C型肝炎治療>の後遺症で・手足の指先に<冷えやしびれ、強張り>で悩まされています。
<MRI検査~ IT検査~ X線検査等>でも、異状が見られず・・度々<服薬>を変更して治療していますが効果が今一です・・

ページをめくっていたら <第2章~頸椎の病気>で思い当たる記事が目に付いた・・

脊柱管の狭さが原因となる・・<頸部脊柱管狭窄症>
症状としては。まず首や肩の筋肉に強いコリが感じられます。
やがて首から指先にかけてしびれが現れ、下肢の動作まで困難になってきます。

昨年12月のCT検査で <軽い気管支炎>・・問題はありません・・ 
1月の脳ドックのMRI検査では異状は見られないが首(頸部)が一部が細くなっている・・

ビジネスでは <すきま産業>という言葉が出てきますが・・
<医療の世界>では、各科の領域の境目あたりに問題が生じることもあるので・・気になったら<患者>から、疑問点を訴えないとまずいケースもありそうだ・・

<しびれ、痛み>のメカニズムを、丁寧に解説されています。
改善するための様々な治療、自分でできる予防と運動・・
治らないしびれがあっても快適に過ごすための方法・・
危険なしびれを見分けるサインなど・

<ウオーキング~ストレッち>等での予防法・・
<高齢者>の場合の運動は・・

この本の中身をマスターすれば<しびれ>が改善できそうだ


#読書 #健康

ワオ!と言っているユーザー

<頭をもむと病気が治る>

スレッド
<頭をもむと病気が治る> <頭をもむと病気が治る> <頭をもむと病気が治る> <頭をもむと病気が治る>
著 者~  横倉 恒雄 (横倉クリニック・院長)さん
五十嵐 久美子(五感セラピースクール理事長)さん
        加藤 直哉(健康増進クリニック)さん
発行所~ マキノ出版

<ほとんどの病気の原因は、脳の疲弊にある>

ストレス社会と呼ばれる現代、脳が、日々の強いストレスに対して、過剰な防衛反応を示すことが、心身の不調につながっている。

そこで有効なのが、<頭皮マッサージ>です。

頭皮は脳に最も近い皮膚で、しかも頭には筋肉がありません。

頭皮には、脳の状態が、強く反映される・・
脳がストレスによって疲弊し、心や体に不調があると、頭皮がカチカチに硬まっていたり、逆に、ブヨブヨになっている・・

健康本ばやりの昨今・・基本は<ツボ>を、揉んだり~擦ったり・・適度に刺激しなさい・・

年中試している方法の復習ですが・・効果は若干感じられます・・


#健康 #読書

ワオ!と言っているユーザー

<大事な親ゆび・・>

スレッド
<大事な親ゆび・・>


書籍名~ 親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!
サブタイトル~  1日1分で元気脳になる最強の健康法
著者~   長谷川 嘉哉 (はせがわ・よしや)さん・・日本有数の認知症専門医
発行所~ サンマーク社 

人間は<親ゆび>が、発達しているおかげで生物の中で一番進化したそうです。
<人間とサル類>との大きな差は・・サル類は親指を含めた全ての指が同じ方向を向いている・・
人間は親弓と他の指が対立しているため複雑な作業ができたので脳が発達した。

5本の指の中で特に親指が重要なのは・・ペットボトルを飲む動作も親指を使わないと難しい・・
ボトルを握ってキャップをつまむ・・そして回して開けて・・傾けて飲むという一連全ての作業は親指を使わないとできない・・

昔から指は<第二の脳>と呼ばれ・・<指をよく動かす人はボケにくい>と言われています・・
高齢者には<折り紙や編み物等の手作業>が勧められています・・

<山の神>は、年がら年中<折り紙・手芸・・卓球・水泳・大正琴・>・で忙しいのは<ボケ防止対策>らしい・・

私は<両手・両足の指先>が、冷え・しびれ・・指先の握力が低下・・
その影響で物を掴かみそこなって落としたり・・字を書いたりほかの細かい作業が今一うまくできず悩んでいる・・

最近書店でも
<健康本>が数多く並べられブームになっている・・この<親ゆび刺激法>も、売れているらしい・・

この本のうたい文句・・
* もの忘れがなくなった!」
*  頭が冴えた!
* イライラしなくなった!

脳の血流が上がり、活性化して、若返る・・多くの医師たちが絶賛する・・


<具体的にどう動かせばいいのか?>
親指の先端の両側を揉む・・刺激する・ほかにもイラスト等で・・数例方法・・刺激の手段・・

私は年中・・TVを見たりしている時・・バス等に乗車している時・・病院等で待っている時など履行している・・

ただし驚くほどの効果は、感じられない・・
逆に考えれば・・いろいろ試してきたので<ボケの進行>が、鈍いのかもしれない・・

お金がかかるわけでもない・・手間暇かかるわけでもない・・
年齢問わず試してみることを、お勧めします。

#健康 #読書

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ