記事検索

フラメンコギター

スレッド
上がアグアドのクラシックギター... 上がアグアドのクラシックギター、下が松岡のフラメンコギター。
いずれも1972年製。
 いよいよ2週間後に「アルハンブラの思い出」をクリスマス会で演奏する。で、先週、持っているギターの内4本を選び、どれで弾こうか検討した。アルハンブラはメロディをトレモノで演奏するので、力を入れることができず、大きな音を出すことができない。そのため、伴奏を奏でる低音部とのバランスが難しい。弾き比べを何度も行い、写真の2本に絞られ、いちばんバランスがよかったので、最終的に松岡のフラメンコギターで演奏することに決めた。しかし、数日後、弦を張り替えて、また弾き比べると、アグアドの方が、やはり、低音の深みが違う。フラメンコギターは表面板が薄いのか音は出るが軽い。バックサイドがローズウッドではなく、スプルースであることも原因かもしれない。しかし、バランスは良いと思う。
 ということで、もう少し、弾きこんでみようと思う。でも、たぶん、フラメンコギターかな。まあ、たまには演奏会でも弾いてあげないとね..
#ギター #演奏会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ