記事検索

夕べ雲焼くる空を見れば

スレッド
夕べ雲焼くる空を見れば 夕べ雲焼くる空を見れば 夕べ雲焼くる空を見れば




今日の夕日は、この年見た中で最も美しかった。

空に浮かぶ雲が、いくつか階層になっていて、その階層ごとに夕日が反射する色合いを作り、多くのグランデーションを空に引き伸ばしている。絵の具をキャンパスに撒き散らしたかのように。

無言のうちに息子としばらく見とれていると、自然と以下の聖歌が去来して来ました。



(1)
夕べ雲焼くる 空を見れば
主の来たり給う 日のしのばる

(繰り返し)
ああ神の前に われ勤しまん
業やむる時の 間近き今

(3)
その日をば待てる 我らなれば
悩みも涙も など避くべき


2000年前、オリーブ山近郊から天へと引き上げられて行かれたイエスは、再び地上に帰って来られるとの約束を残されました。

その日の様子をゼカリヤ書が以下のように予言しています。

"これはただ一つの日であり、その日は主に知られている。昼も夜もない。夕暮れ時に光がある。"
ゼカリヤ書 14章7節

夕暮れどきの美しい光を見ると、この聖書のお言葉ゆえに主の再臨を想起したのでしょう。

そしてコロナ渦中にあって、今までの私たち全世界が経験したことのない社会の変革を迎えようとしています。

聖書が予言する主の再臨前の大艱難時代の様相に近づいているのを見るにつけ、この御言葉と聖歌が想起したのでしょう。

「われ勤しまん」
今までと同じような働きはできないですが、現在できることを勤しむ者でありたいと願ったのでした。

隣にいる息子は何を願ったのだろう?
#メッセージ #家族

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ