記事検索

ネパールパラ、もう一枚

スレッド
ネパールパラ、もう一枚
背景の雲のようなのは、アンナプルナ連峰なんですが・・・。
ダウラギリ連峰〜アンナプルナ連峰〜マナスル三山を見ながら飛んでたんです、写真に写らないのが残念。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ネパールパラ飛行ツアーの写真

スレッド
ネパールパラ飛行ツアーの写真
ネパールパラ飛行ツアーの写真です。
この写真は、シルコット(ポカラからタンセン方面に直線で45kmほど行った標高約1600mの小高い丘)のテント場にキャンプです。
そのテント場がテイクオフ/ランディングです。
この日(2/20)夕陽の中を、ネパール人パラガイドのブッディーがタンデム機(二人乗りパラ)を一人で乗って、テイクオフ前で遊んでいました。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ネパールパラ飛行から帰国

スレッド
ネパールパラ飛行から帰国
昨日(2011年2月24日)ネパールパラ飛行ツアーから帰国しました。
一言で言えば、「めちゃ面白かった!!!」です。
2011年2月17日〜24日8日間、参加費用は航空券込みで\288,000でした。
サランコット(ポカラ近郊)での飛行も良かったけど、それ以上に面白かったのは、「パラトレッキング」でした。テント泊をしながらクロスカントリーフライトをするんですが、豪快で、非日常的な体験でした。来週落ち着いてブ報告しますね。
今日は写真2点だけでご勘弁を。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

写真もう一枚

スレッド
写真もう一枚
富士山が美しかった。テイクオフの雪かき、みんなで楽しんだ。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

松田山雪景色パラ飛行

スレッド
松田山雪景色パラ飛行
2月11日〜13日の連休、よ〜っ!遊んでやる!なんて思っていたのは2/6日曜まで。その後の天気予報でどんどん沈んでいった僕の外遊び気分。
2/10の夕方なんかすっかり沈んでしま、連休会社出勤して仕事しようかな、なんて思ったほど。だって、太平洋沿岸も雪降りだもん。
結局、2/11も2/12も飛べず漕げず仕事もせず、なんもセズセズの連続2日間。結露はげしい窓越しに見る雪景色・・これ美しいと感動し、テレビをお守り申し上げていました。(うちのテレビまだアナログなんだヨ)こんな事は珍しいゾ。奮起して外出したのは床屋さんへ、だけ。2/17から1週間ネパール行きだからね。
そうこうして時間が経過、低気圧も抜けたぞ。神奈川県開成町住人MM氏から、2/13は期待できそうよ・とメールが。
2/13早朝、スキーンとした日の出前の東の空の色変わりに見とれ、渋滞なしの首都高&東名高速道路を松田ICへ。そしてエリアヤマザキのランディング到着一番乗り!と思いきや、U氏の車がすでにあるではないか、ふむ、歩きでテイクオフに登ったなU氏は、感心感心。
そして待望のパラ飛行、出来た! でも僕、チキンだから大山なんか行けず、ひたすらテイクオフ前を磨いていました、2時間15分も。
雪景色の松田山、丹沢、そして富士山、キレイだったな〜!携帯電話撮った写真2点。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

矢倉沢峠

スレッド
2/05土曜日は、松田で飛んだ。陽射しが弱く、モヤっていて上がらない(僕は上げられないだったけど)。
そんなんでさっさとランディング。
次の遊び、自転車です。それもロードで矢倉沢峠を往復しよう。
と準備をしていたら、今日パラグライダー新車(アドバンス社Ω8)おろしをしてプカプカ浮いて飛んでいた O氏が降りてきた。
O氏いわく「飽きた〜!」って。続いてプカプカ飛びに飽きちゃった人たちが次から次とランディング。
O氏と二人で漕げば一層楽しい。小倉あんパンかじって昼食にし、背中のポケットに菓子パンを突っ込んで、暖かい空気の中を矢倉沢に向かって漕ぎだした。
下着一枚、厚めのチャリ長袖シャツ、レーパン長ズボンで漕ぎ出したが、矢倉沢集落を過ぎて本格的な登りかかると、暑い!ジャージの前ジッパーを全開にしてハーハー漕ぎ登る。
O氏は僕より13歳若い・・・シャキシャキ登って行く。こちらはダンシングを加えて差が開かないようにハーハーゼーゼー。
矢倉沢峠下は所々残雪と氷結した水が残っていた!こりゃ下山はスピード注意しなくては。
松田ランディングから19km、1時間21分で矢倉沢峠到着!いつ登って来ても満足感あり。今回もO氏にペースを作ってもらった。サンキュー。
峠には金時山から降りてきた、慣れた服装(ゴム長、その辺に落ちていそうな枝杖)の登山者3名・・・何かイイ事ありました?って訊ねたら・・富士山が見えただけ、だとさ。
O氏は下り防寒対策に薄手羽毛服を着込み靴カバー付け、僕は菓子パンを食べでカロリー補給し、下り開始。
残雪部分はヒヤヒヤで下った。指先が冷たい(指先なし手袋使用)!地蔵堂まで下れば空気は暖かくなった。
どころどころ白梅が咲いていたよ。
もう春は近いナ。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

もう胴吹く桜が・・

スレッド
先週の日曜日(1/30)、松田(神奈川県松田町)に飛びに行った。
風が怪しく、数名の強者だけがテイクオフした。その飛び方を見て、ほとんどの良い子達は下山した。
パラをかついで下山した僕は、東名高速ののり(法)の所に桜に胴吹く桜を数輪、発見!
すごいね、1月だというのもう桜が咲いていた。いいことありそう。
ルンルン。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

自転車通勤

スレッド
今朝は暖かく、通勤自転車が快適だったゾ!
一昨日は超寒かった。今日は一枚薄着にした。
それでも背中に汗を感じた。
1月の総漕ぎ距離、285km。台湾出張が延べ11日間あったから・・と言い訳している自分。
でも友人のOzoneさんは(台湾出張なし)、1/30会ったとき「昨夜までで960kmだから後ちょっと漕いでくる、1000kmになるから」だとさ。ひょえ〜!
よい子が真似すると、体を壊します。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

インフルエンザ?

スレッド
先週台湾から帰国後の週末金曜日昼過ぎから、なんとなく熱っぽくなり、夜にはぐったり。
体温計を口に咥えてみれば38.85℃(小数点第二位まででるんだネ!)
数値を見て一層熱が上がったみたい。
参ったネ、土曜日日曜日と外遊びしたかったのに・・・!
布団の中でひたすら眠った。解熱剤も朝晩朝晩飲んだ。美味しいもんバクバク食べた。眠った。
日曜日の朝方には熱が下がり始め(薬を飲まないのに)37.35℃。こうなれば遊びに行くよ。と言っても温泉屋に行っただけ。大型の浴槽によくよく浸かって、サウナを出たり入ったり、完璧!夕方には体温計で計る気持ちもなく回復。やった〜!
月曜日それでも大事をとって、自転車通勤を止めてバイク通勤。火曜日もバイク通勤、いかん火曜日の夜、また熱っぽいゾ。
寝た、眠った。木曜日朝、回復。
さあ!今週末こと外遊び・・でも土曜日は曇りベース・・日曜日に期待しよう。松田に行って飛ぶ!!
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

台湾パラ飛行ツアーから帰国

スレッド
南部台湾(高雄の北東30kmの屏東市)も寒かった〜ぁ。
屏東から更に北東20kmの所、賽嘉(サイチャ)航空公園で飛ぶのですが、テイクオフは海抜450m、ランディング場は同80m。
1月16日はテイクオフでなんと!羽毛服を着ましたよ、寒くて。普段なら短パンTシャツの所なのに。
あれだけの寒波だと、北回帰線の南(熱帯)でも寒いんだ〜、と驚きました。
でも、パラは沢山飛べました、今回も。残念だったのは、広範囲な飛びが出来なかった事。飛行時間だけは、毎日2時間以上は飛べました。
最終飛行日(1/17)にようやく三地山、朝日山、三角山、一の橋、とトライアングルで飛べたんです。
それまでの三日間はテイクオフ前からY字までのリッジ飛びが主。
泊まりは高雄市内の漢来大飯店(五つ星クラス)でしたが、五つ星クラスにしてはイマイチかな。少し安い福華大飯店(12/29〜5泊はこちらのホテル使用でした)の方が好きですね。
しかし漢来大飯店の近所(高雄市金区青年2路128號)にあった「素麺坊 上品斎」、という麺屋は美味しかった!また食べたい。
美味しかった話で、もう一つ・・・漢来大飯店の45階にあるステーキハウス(名前は忘れた)の、ヒレステーキ(8オンス=230g)セット(スープ、サラダバー、デザートバー、コーヒー付き)1200元=\3,600は、費用対効果が高い。これも再度戴きたいな。
高雄郊外の左営駅〜桃園駅(台北桃園空港に最も近い新幹線駅)を新幹線(正しくは台湾高速鉄道=高鐵、HSR)に乗った。車中荷物置き場のスペースが充分じゃなく、パラを持って5人で乗ったらどうしたらいいの?、って感じ。一人や二人ならなんとかパラを置けるけど・・・・。
高鐵桃園駅で、中華航空(他の航空会社も)のチェックインが出来る。
でも、今回は「預かり荷物は20kg!、機内持込荷物は6kgって、バッチリ言われた」・・ひょうえ〜。(なんとか誤魔化しましたけど)
1/18夜、成田空港帰国、その時の気温、1℃。寒〜〜ぶう。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 227/230 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 221
  4. 222
  5. 223
  6. 224
  7. 225
  8. 226
  9. 227
  10. 228
  11. 229
  12. 230
  13. >
  14. >>