記事検索

「イエスとともにいたのだ」

スレッド
「イエスとともにいたのだ」 「イエスとともにいたのだ」 「イエスとともにいたのだ」



「イエスとともにいたのだ」

使徒の働き4章5節〜18節

「5,翌日、民の指導者たち、長老たち、律法学者たちは、エルサレムに集まった。
6,大祭司アンナス、カヤパ、ヨハネ、アレクサンドロと、大祭司の一族もみな出席した。
7,彼らは二人を真ん中に立たせて、「おまえたちは何の権威によって、また、だれの名によってあのようなことをしたのか」と尋問した。
8,そのとき、ペテロは聖霊に満たされて、彼らに言った。「民の指導者たち、ならびに長老の方々。
9,私たちが今日取り調べを受けているのが、一人の病人に対する良いわざと、その人が何によって癒やされたのかということのためなら、
10,皆さんも、またイスラエルのすべての民も、知っていただきたい。この人が治ってあなたがたの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけ、神が死者の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの名によることです。
11,『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石、それが要の石となった』というのは、この方のことです。
12,この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人間に与えられていないからです。」
13,彼らはペテロとヨハネの大胆さを見、また二人が無学な普通の人であるのを知って驚いた。また、二人がイエスとともにいたのだということも分かってきた。
14,そして、癒やされた人が二人と一緒に立っているのを見ては、返すことばもなかった。
15,彼らは二人に議場の外に出るように命じ、協議して言った。
16,「あの者たちをどうしようか。あの者たちによって著しいしるしが行われたことは、エルサレムのすべての住民に知れ渡っていて、われわれはそれを否定しようもない。
17,しかし、これ以上民の間に広まらないように、今後だれにもこの名によって語ってはならない、と彼らを脅しておこう。」
18,そこで、彼らは二人を呼んで、イエスの名によって語ることも教えることも、いっさいしてはならないと命じた。」





(序論)
私たちクリスチャンは外部の人達にどのような印象与えているか。
イエスと共にいたということをわからせるものだろうか。



⑴人に依拠するものでは無い


①無学な普通な人であったペテロとヨハネ(12)〜他者の彼らに対する認識

ラビ専門教育を受けたものでもないのに神殿において群衆を教え男の数で5,000人もの人々が信仰に入った。

彼らは誰特別な才能があるのではないガリラヤ出身の漁師である。


②自分の力とか信仰深さによるものではない(3:12)〜自らの認識

生まれつきの男を歩かせたと言う偉大な奇跡は、イエスの第一弟子として偉大な信仰があったからだと言う自負はなかった。



⑵単純、占有的な福音理解


①イエスの御名が男を立たせた(4:10、7)

それはイエスご自身がした御業であるとの宣唱だった。

「家を建てる者たちに捨てられた石が礎の石となった」
詩篇118:22にあるこの予言がイエスにおいて成就した。

②「この方以外には誰にあっても救いはない」とする占有された世界観。

それはこの世的には受け入れられなくても聖書的なものである。



⑶イエスの霊(聖霊)に満たされていた

①弟子たちに「大胆さ」(4:13)が与えられたのは2章冒頭にあるペンテコステの経験を経た後である。

その時にイエスと一体化し

そのからだなる教会に連なり

イエスの霊に満たされるものとされた。


②聖霊の満たしを継続するために

継続したメソジカルな宗教的営みがあった。

「ペテロとヨハネは午後3時の祈りの時間に宮に上っていった」(3:1)

新しく誕生した教会の群れは、

弟子たちからの教えを受け

交友をし

聖餐式を重んじ

祈りを共にしていた(2:42)


#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

あなたは生きている価値がある

スレッド
あなたは生きている価値がある あなたは生きている価値がある



先月から介護施設で一人暮らしを始めるようになった義母のところへ行ってきました。

その施設が毎週開催している豪華な夕食会に招かれたというのが本筋のところです。

前菜から始まってメインメニューからデザートに至るまでフルコースの料理。

フォークやナイフ類等は見たところ10ほどが並んでいます。




この日はたまたま誕生会でした。

たとえどれだけ歳をとったとしても、
この国で最も大切な行事が誕生会と言えるのではないでしょうか。

子供ばかりでなく大人も盛大に誕生日を祝ってくれます。
施設の職員の方々10名以上が列を作り、
バースデーソングを歌いながら入場。

私たちは手拍子で彼らを迎えます。

その月、誕生日を迎える方々の名前を読み上げては皆で称えるというもの。

義母はまだ健常者と言えますが
中には歩行困難な方、言語障害の方といろいろです。

誕生日を祝うと言うのは聖書的な世界観から習慣付けられた文化だろうと思います。

人が家事ができて家族の役に立つから

会社で働き賃金を稼ぐことができるから

社会の中での役割があり人の役に立つ仕事ができるから

価値があると言うのではありません。

何かをすることで存在の価値を自他共に認めてもらうとしたならば

このような施設に暮らす人々の意味や

誕生を祝うことはたちまち消え失せてしまうでしょう。

聖書は、あなたの存在そのものが尊いと教えます。
なぜならあなたが神によって造られ

神の形に似せて造られ

今も神によって生かされているからです。

そのような真理を空気のように吸っている文化の中では

肩肘を貼らないでゆっくりとくつろぐことができます。

とても楽しい誕生夕食会を持つことができました。



#家庭

ワオ!と言っているユーザー

「見ないで信じるものに」

スレッド
サンフランシスコ・マーケットス... サンフランシスコ・マーケットストリートにて


「見ないで信じるものに」


ヨハネ福音書20章24〜29節

「24,十二弟子の一人で、デドモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。
25,そこで、ほかの弟子たちは彼に「私たちは主を見た」と言った。しかし、トマスは彼らに「私は、その手に釘の跡を見て、釘の跡に指を入れ、その脇腹に手を入れてみなければ、決して信じません」と言った。
26,八日後、弟子たちは再び家の中におり、トマスも彼らと一緒にいた。戸には鍵がかけられていたが、イエスがやって来て、彼らの真ん中に立ち、「平安があなたがたにあるように」と言われた。
27,それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしの脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」
28,トマスはイエスに答えた。「私の主、私の神よ。」
29,イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ないで信じる人たちは幸いです。」





⑴実証主義者トマス



①懐疑主義者とレッテルするよりも実証主義者であった。
興奮して話す他の弟子らの証言、
主の復活を目撃した体験談を聞いたとしても
自ら経験しなくては気がすまなかった。

②一途に真摯に真理を追求する学者タイプ。

殉教死を覚悟する一途さ(ヨハネ11:16)
真理を突き詰めるまでは休まない真剣さ(ヨハネ14:5)



⑵求道探検者トマス


①弟子たちの群れにとどまり続けた。

他の弟子たちのような信仰体験はなく
引け目を感じたとしても群に留まり続ける幸い。

②求める者には応えられる。

デドモと言う別名の意味は双子。
片方の兄弟に関しての聖書の言及がない。
信仰継承は地縁や血縁によらず神からの応答のみによる




⑶礼拝者トマス



①主イエスの圧倒的な顕現に触れて

不信仰の言葉の一語一句はすべて聞かれていた(25節と27節を比較)
目前の主を神ご自身と認めた礼拝の行為


②「見ずに信じるものは幸い」

感覚やご利益を土台とする信仰は常に不安定
御言葉に啓示されている主の人格と御業に信頼しよう


























#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「この道はいつか来た道」

スレッド
サンフランシスコ・アルカトラズ... サンフランシスコ・アルカトラズ島 そこにはかつて極悪人の入る連邦... そこにはかつて極悪人の入る連邦刑務所がありました アルカトラズからサンフランシス... アルカトラズからサンフランシスコを眺めて

時に私たちは日常の試練が重たく敵に攻め滅ぼされてしまうかのような感覚に陥ることがあります。


もちろん敵とは戦場で会う対戦相手のことではなく、

私たちの健康問題、経済問題、そして将来の見通しから人間関係に至るまでのあらゆる試練のことです。


そんな時これまでの歩みの中でどのようにして守られ支えられてここまで来たかを思い出してみるのもいいかもしれません。


ヤコブと言う人は近隣の都市国家に住む人たちの攻撃を恐れているときに神からの声を聞きました。

ベテルに家族とともに引っ越してそこに祭壇を築けと言うものです。

ベテルはかつて彼が家庭内の問題から家出をし異国へ1人旅立つ時に孤独の中で現れた神の顕現の場でもありました。



新たな危機意識の中で信仰の原点に立ち返るようにとのメッセージです。



「私たちは立ってベテルに上って行こう。
私はそこで私の苦難の日に私に答え、
私の歩いた道にいつも私と共に居られた神に祭壇を築こう」(創世記35:3)


そこのベテルに着いた時、
神が再びヤコブに現れて祝福され言葉をかけられています。

その言葉は、アブラハムに約束された契約の再更新となっています(9ー12節)。


あなたが孤独を感じる時、
決して1人ではないことを思い出してください。

いくつもの危険や絶体絶命のピンチを乗り越えてあなたはこの年まで生き延びてきたのです。

それは偶然がもたらしたものではなく、

あなたを形作り

あなたを生かしてこられた

大いなるお方の計画であり目的にかなった事でした。



この大いなるお方が

永遠に変わらない契約の中にあなたを置き

その契約に生きるようにとあなたを招いておられます。

#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

美輪さんっていいこと言うよね

スレッド
美輪さんっていいこと言うよね


【腹が立っても敬語。どうぞお忘れなく。美輪明宏の言葉】

(1)

昔から「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、頑張るレベルの人間には、同じくしっかりしたレベルの相手と自然に一緒になれますが、努力もしない人間に良い相手が来ることは絶対にありません。

(2)

最近はやたらと転職を繰り返す若者が増えていますが、“貴方の為に用意された仕事”などこの世にはありません。

ただ文句をいうのではなく、与えられた仕事の中で何か得になる部分を見つけ身につけ楽しむよう頑張れるかです。

職や職場を変えたところで思考次第は何も変わりません。

辛く厳しい環境の中でも、何か発想の転換と努力で楽しみを見つけて踏ん張ることで意外な未来が切り開け、それが自信につながります。

(3)

人間関係は腹六分、恋人同士でも家族であっても適度な距離は必要です。

仕事場でも家庭内でも相手の人格、尊厳を人間として守ることが付き合っていくコツです。

心の修行の一環として「家庭内でも相手を別な人だと思う」ことを実践してください。

そうすると、“感謝”の気持ちも湧いてきます。

(4)

自分が弱いと嘆く人や、ついついマイナス思考に陥ってしまう方、それは貴方が真面目な人だという素晴らしい証拠です。

真面目で几帳面で責任感が強い、だからこそ自分を責め、落ち込むのです。

仕事なり対人関係なり、悩みの原因の問題に対して人生の新入生だから、経験値が浅く少ないだけです。

ただ、それだけのこと。 嘆く必要などさらさらありませんよ。

(5)

恋が成就しないことは良くあることです。

しかし、最初から無理だとわかっている高根の花を採ろうとして落ちて転んで大ケガして泣きわめき怒り絶望している人、これはどうかしています。

「君子危うきに近寄らず」と申します。だから実らないものを好きにならない、これも恋愛のテクニックです。

結果はいい事なんて一つもないに決まっているんですから。

(6)

本当のナルシストとは、“自分には厳しく、他人に優しい、尊敬すべき人間である自分が大好き、そのために努力を惜しまない人”であって、恥と誇りと優しさを兼ね備えた“人間力”ある人のことを言います。

あなたも素敵なナルシストになってみてはいかが?

(7)

誰に対しても敬語、腹が立っても敬語。
どうぞお忘れなく。
(8)

前向きに生きていくために最も大事なことは、愚痴や悪口のようなマイナスの思いや言葉は発しないことです。思念や言葉は本当に凄い力をもっています。
いつも美しい言葉遣いで、元気で前向きなことを思い言っていれば陽のエネルギーが現象となり自分を取り巻き元気になります。

ですから、辛かったり苦しかったりでどうしても口から愚痴や悪口を言ってしまいそうな時は、カラオケで思いっきり大声で怒鳴ってわめいて唄ってください。そのうちバカバカしくて自分で笑っちゃて落ち着きますよ。

(9)

悩みは理性的に解決する習慣をつけることが、人生航路の第一歩。
どんな悩みでも、感情的にならず冷たく理性的に静かに”悩んでいること”を理論的に分析する。その事件の原因・結果・状況はどうで、どんな解決策があるのかあらゆる方法を考える。そして具体的に悩みを解決する方法を優先順位で行動する。

どんな悩みでも時を得れば何か必ず解決の糸口、突破口はあります。問題は解決します。

(10)

経験が豊かで思いやりがある人ほど、感じ良くきちんと「ありがとう」を言えます。
逆に、まともに「ありがとう」が言えない人は、感謝することをせず、頭を下げると自分の価値まで下げてしまうと勘違いしているごう慢でバカな連中です。

▼▼▼つづきはコチラ▼▼▼

http://kokoro-movie.com/2018/04/11/post-18491/
#ビジネス

ワオ!と言っているユーザー

チェスト〜 西郷どん

スレッド
チェスト〜 西郷どん チェスト〜 西郷どん チェスト〜 西郷どん

大河史上初の試み。

先週日曜の大河ドラマ西郷どんは通常のドラマでなくスペシャルとして俳優2人の対談番組となりました。

これまでのドラマの流れがぷっつり切れてしまうようで多くのファンにとってはむしろ興ざめだったのではないかと訝ってしまいます。

NHKがそんな賭けに出たのは低迷する視聴率を盛り返したいとの意図があったとか。


初回放映だったかなぁ、史上2番目の最低視聴率を記録したとか。。。。


雄大な薩摩の自然と迫りくる欧米植民地化の時代の波、、

そんな中、下級武士の家に育った西郷が自らの特質だけを武器に泳ぎ出すドラマは見応えがあって毎回見入ってしまうんです。


その特質は斉彬との出会いによってさらに育まれ、

やがて座右の銘として言語化するものと理解しています。


「敬天愛人」


長崎に来た米国人宣教師フルベッキを通じて聖書の教えに触れ

やがて自らも聖書を教える程に親しんだ記録はあまり知られていません。




斉彬と西郷の師弟関係もさることながら、

渡辺さんと鈴木さんの2人の友情と信頼関係もまたドラマを生き生きと作っていることが窺われました。


さて今晩も見ちゃおう。
#歴史

ワオ!と言っているユーザー

イースターおめでとうございます

スレッド
イースターおめでとうございます イースターおめでとうございます イースターおめでとうございます

イースター㊗️おめでとうございます
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

打ち傷ゆえに癒された

スレッド
打ち傷ゆえに癒された 打ち傷ゆえに癒された 打ち傷ゆえに癒された




受難週の金曜日。
英語でグッドフライデーと呼ばれている本日は
キリストの十字架の苦難を記念する日であった。
700年ほど前に記されたイザヤの予言の通りに
自ら進んでその命を捧げられたイエス。
ローマが生み出した最も残念な処刑方法である十字架。
その打ち傷ゆえに私たちが癒された。
それ以外にはなかった癒し。
完璧な癒しがここにある。
十字架には、
①罪から離れさせる力があるから
②神の義に生きることを得させるから
③心身をケアしてくれる優しい牧者のの元に帰れたのだから
④逸脱から守る監督者の指導の元にあるのだから


イザヤ53:5-6

しかし、彼は私たちの背きのために刺され、私たちの咎のために砕かれたのだ。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、その打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた。
私たちはみな、羊のようにさまよい、それぞれ自分勝手な道に向かって行った。しかし、主は私たちすべての者の咎を彼に負わせた。



Ⅰペテロ2:24-25

キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるため。その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた。

あなたがたは羊のようにさまよっていた。しかし今や、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰った。









#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

子供を先生と仰いで

スレッド
子供を先生と仰いで

イエス様はある時このように教えられました。

「まことにあなた方に告げます。

子供のように神の国を受け入れるものでなければ

決してそこに入ることができません」

(マルコ福音書10章15節)




子供には私たち大人にはない特質があります。


子供たちは、直感に従って生きています。


イエス様の単純明快なメッセージは子供にも理解でき


そのメッセージを受け入れ信じることができたのです。


ところが大人はユダヤ教ラビらの権威の元に置かれ


その解説を聞き、ラビの判断を通してでしか聖書を解釈しなかったのです。




以下はFacebookにあった投稿文です。




【 子どもから学ぶ
  幸せになるためのヒント18選 】
           
            
1)直感で行動する
      
子どもは、本能のままに動く。
 
         
本当にこれで良いのだろうか、
        
自分の決断は
 
正しかったのだろうかなどと、
        
必要以上に思い悩んで
         
時間を無駄に
 
するようなことはしない。
        
         
          
2)今を生きる
         
子どもは、今、その瞬間を生きている。
 
 
変えられない過去に
 
悩むこともなければ、
          
何が起こるかわからない未来を
           
不安に思うこともない。
        
        
          
3)信じる
               
子どもは、サンタクロースや物語に
      
出てくる妖精の存在を信じている。
 
                    
だからこそ夢中になれるし、
        
楽しむこともできる。
       
      
        
4)創造する
       
ペンで描いたり、
 
ハサミで切ったり、
       
のりで貼ったり……、
        
子どもは手にした物で
       
とにかくなんでもやってみる。
 
        
そして、そこから何かを生み出す。
       
        
          
5)他人の目なんか気にしない
        
子どもは、周囲の人が
        
どう思うかなんて気にしない。
        
 
やりたいことを思いっきりやるだけ。
       
        
                    
6)歌う
       
子どもは、突然歌い出す。
     
         
いつだろうが、どこにいようが
         
気にしない。
     
     
思いのままに歌う。
         
         
        
7)鼻歌を歌う
         
小さな子どもも鼻歌を歌う。
 
        
口笛が吹けず、
 
言葉で上手く歌う
                          
こともできないなら、
 
鼻歌を歌えば良いのだ。
         
         
          
8)思っていること言う
         
子どもは、常に本心を直球で伝える。
        
 
思ってもいないことを言わないし、
        
遠回しな言い方もしない。
        
        
        
9)尋常でないほどテンションが上がる
          
子どもは、嬉しいことや
          
興奮するような出来事があれば、
         
これでもかというくらいに
        
テンションが上がる。
 
                        
ドキドキやワクワクなどの感情を
       
素直に爆発させることができる。
 
   
         
10)新しいものに飛びつかない
         
子どもは、好きな本や映画を
         
繰り返し見たがる。
         
        
お気に入りの服は
        
毎日でも着ようとする。
            
        
彼らにとっては新しいかどうかよりも、
          
それを好きであることが大事。
          
 
大人のように、すぐに
           
新商品に飛びついたりはしない。
                    
         
           
11)匂いを嗅ぐ
         
子どもは、なんでも匂いを嗅ごうとする。
        
                   
だからこそ、
        
歩いているときに立ち止り、
          
道に咲いている花の香りを嗅ぐ
           
余裕さえ持ち合わせている。
         
         
          
12)差別しない
           
子どもは誰のことも差別しない。
           
       
分け隔てなくすべてを受け入れる
           
ことができる。
        
         
           
13)恐怖心を隠さない
          
子どもは、怖ければ「怖い」と言う。
             
 
ひとりで抱え込まず誰かに伝える
               
ことで、恐怖心を軽減させることが
        
できている。
        
      
           
14)褒め言葉を受け入れる
                   
褒められると、
         
子どもは素直に受け入れる。
        
       
無用な謙遜はしない。
                  
                
                  
15)昼寝をする
       
子どもは、昼寝をすれば元気になり、
        
気分もリフレッシュされる。
 
                   
寝ても疲れが取れないなんて
         
ことはない。
           
        
        
16)夜は早く寝る
         
子どもは、たいてい早く寝る。
      
    
必ずしも自分から布団に入るとは
                        
限らず親は手を焼くこともあるが、
          
無駄に夜更かしはしない。
        
         
           
17)ひとつのことに集中する
        
子どもは、
 
そのときしていることに集中する。
    
         
名前を呼んでも気付かないくらい
           
物事に没頭することができる。
        
        
           
18)型にはまらない
        
子どもは、型にはまらず我が道を行く。
 
               
それが「普通」かどうかは気にしない。
              
 
 
http://beautyhealthdiet.sblo.jp/article/182763083.html
#家庭

ワオ!と言っているユーザー

なおも、ほめたたえる

スレッド
なおも、ほめたたえる



詩篇42篇5節

「わがたましいよ。なぜおまえはうなだれているのか。
私のうちで思い乱れているのか。
神を待ち望め。
私はなおも神をほめたたえる。
御顔の救いを」

私たちの日常生活には、
心がうなだれ、失望するようなことが時に起こります。

その時の対処法ですが、


⑴自分を知れ

そんな時まず大切なのは、

客観的にそして俯瞰的に

自らのその姿を正確に揃える事です。



「わがたましいよ。

なぜ、お前はうなだれているのか」



少し前の新改訳聖書では、
「なぜ
お前は絶望してるのか」とあります。



絶望している自分をまず知ることから
脱出への糸口が掴めます。


絶望している自分を否定すると

いよいよストレスがかさみ、

やがてはパニックとなり

良くない決断をしてしまって

さらなる傷口を広げることになりかねません。





⑵過去のデータベースを掘り起こせ




絶望して思い乱れている心であることを認めた上で


「神を待ち望め」と自らに問いかけています。


なぜならかつて神がどのように祝福し

祭りを喜びをもって祝い

栄誉と勝利を経験した基盤となる経験値があったのです。


「私は自分のうちで思い起こ

私のたましいを注ぎ出しています。

私が祭りを祝う群衆とともに喜びと感謝の声をあげて

あの群れと一緒に

神の家へとゆっくり歩んで行ったことなどを」

(42:4)





⑶人格との出会いがある 「私の救い、私の神を」



アブラハム・イサク・ヤコブの神は

イスラエルの歴史の中で出エジプトと言う

輝かしい奇跡を持って民を贖い救い出されました。


民族を救われた神は、

私たち一人一人と出会い

その窮状を知り

そこから引き上げてくださることができるお方です。









昨日の夜、長女から緊急連絡が入りました。

車のタイヤをパンクさせ

アルバイト先から帰れずに

スーパーの駐車場に車を乗り捨ててきたと言うのです。

翌日は私が学校まで送って行くことになったのは良いこととして

牽引トラックの手配

新しいタイヤの調達

保険を使うかどうかなど

面倒な懸案事項が湧き上がりました。



翌朝、彼女を起こそうとベッド脇で唸っている最中にも

電話が入りました。

すでに牽引トラックが現場に到着しているとの事。

予定より15分早いのですが

私がそこにいなければならないのです。


そんなことで私にもストレスがかさんでいました。

さらにその間に長男を朝食を食べさせ

彼の学校に送らねばならない。

ところがその途中、彼が携帯電話を忘れたため

家にまで引き返したりという

トラブルが重なりました。



こういったうなだれる、絶望する要因は

私たちの日常には事欠きません。


そんな自分を10メートル上空から客観的に把握することができたならば


心を憔悴させることから幾分か解放されて行きます。


必ず解決がある!


必ず脱出の道がある!


必ず勝利が待っている!


過去ののデータベースからそう確信できたら幸いです。

それは私自身に根拠あるのではなく


私を生かし

今も支えて下さっている方が

そばおられ、

必要な助けを与えて下さる事実から。




「私はなおも神ををほめたたえる。

私の救い、私の神を」(42:11)



結果的には

トラック会社がタイヤショップに車を牽引してくれ

長女も学校の授業に間に合い

すべては半日で解決してしまいました
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/184 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>