記事検索

疲れて、びっくり

スレッド
フライドポテトはお代わりし放題... フライドポテトはお代わりし放題です。美味しいです。 こんな、外見です。グリーンレイ... こんな、外見です。グリーンレイク グリル& バー です。
みなさん、こんにちは。

私は、とても忙しい三週間を過ごしていました。

今は、学校が始まり、またまたペーパーを書いています。。。

先週末は、性についてのセミナーも二日間、ホライズンカレッジで教え、

月曜日、よっしゃー一通りイベント系が終わったら、ペーパー書くかーと思ったけど、疲れすぎて何も手に着かず、気分転換にジムに行ったら、疲れすぎてて何回も吐きそうになり。。。。
周りのみなさんに、ものすごく心配されました。。。

よっしゃー美味しいものでも食べて、あれちゃう? 元気だしてまう?

ということで、思い付きで遅くまで開いてる、グリーンレイク グリルアンドバーに行くことに。

Yelp でばっちり、写真見て。うん、美味しそうやん。

行くと、店もコージーで、寒くないし、おしゃれやし、来て良かったねと話してました。

エリックは、チキンクラブサンド、私は、バルサミコブルーバーガーをたのみました。

しかし、オーダーが届いて、食べ始めて何か物足りない。

エリックのんには、ベーコンが入ってなくて、

私のバーガーは、よう考えたらなにこのバーガー、たいそうな名前にしては、チーズしか挟まってないやんー

サーバーさんに言うと、こっちがキレるわ、ちょっとコックさんに文句言うてくる、きみらばっかし、かわいそうや。ということで。。。

デザートをサービスするとのこと。

私たちは、もうお腹いっぱいで。。。

じゃ、このデザートメニューにある、甘い飲み物でもいいわけ? と聞くと、いいよと。。。

アイリッシュコーヒーにします。と頼んだ。

コーヒー飲みたいよねーっとか、脳天気に。。

私はてっきり、日本のウィンナーコーヒーが出てくるものと思い込んでました。。。

おおー、おっしゃれー。来たら、このホイップクリームが超美味しそう。

クリームをなめたら、きゃーーーーからいーーー

え? 何これ。

ホンで、コーヒー飲んでみたら、きゃーーーーーからいーーー

舌がピリピリする。

これ、アルコールなん??? 無知とは怖いもんですな。。。。

私は、ピリピリするので、何回かクリームなめて終わりましたが、
エリックは、もったいないが口癖の日本人的なアメリカ人だから、
頑張って飲みよりました。時間かけて。。。。

と、余計に疲れたアウティングですが、

なんだか、いっぱい笑って楽しかったです。

ハプニングも息抜きに一役買いました。

今日、アイリッシュ系の友達に聞くと、あれ、結構ウィスキー入ってるよーと。。。。

はぁ。。。。ほんで、ウィンナーコーヒーってなんやったっけ??

よく分かってないわーー

#ブログ #レストラン

ワオ!と言っているユーザー

幼子のように

スレッド
今日は、献児式で、子供たちを祝... 今日は、献児式で、子供たちを祝福し神様の御手と守りの中におゆだねし、お祈りしました。神様、本当に子供たちが元気に育っていること、感謝です。。。 アイオワから里帰り中だったちえ... アイオワから里帰り中だったちえちゃん、明後日、ルーマニアに発ちます。皆さんで、祝福と守りを祈りました。で、あ、写真撮ろうと思いついた時には、もう皆さんが帰られていました。。。がーーん
2018年1月14日日曜日礼拝 献児式 音声は、


マルコ10:13-16

さて、イエスにさわっていただこうとして、人々が子どもたちを、みもとに連れて来た。ところが、弟子たちは彼らをしかった。14 イエスはそれをご覧になり、憤って、彼らに言われた。「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。15 まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、入ることはできません。」16 そしてイエスは子どもたちを抱き、彼らの上に手を置いて祝福された。

今日は献児式でしたね。いつもなつこさんが子供たちをつれて日曜学校に朝来てくれていること、とても感謝です。そのおかげで、子供たちも霊的にずいぶんと成長しました。今日は、今年初めての教会員だけの礼拝です。年の初めにもふさわしいお話だと思います。

さて、イエス様の時代にも、ママやパパたちが優しいイエス様に一目あって、子供たちに合わせたいと思いました。イエス様が街に来たら、子供たちの祝福を祈ってもらおうと、押し寄せてきたのです。私たちは、みなその気持ち、親だったら分かります。この子が、無事に、良い子に育ち、幸せになって欲しいと願うからです。

ところが、弟子たちが彼らを叱りつけ、止めたのです。なぜでしょうか。
弟子たちは、マタイの福音書によると、この時、イエス様に誰が一番偉いかというようなことを聞いていたとあります。弟子たちの頭の中には、ヒエラルキーと地位、ボりティックスのことで頭がいっぱいだったのです。

聖書に、宴会の上座の話が出てきますが、弟子たちの頭の中では、宴会の上座にすわるような人が、イエス様に会う特権を持つべきだなどと考えていたのでしょう。こんな、すごいイエス様に真っ先に会うような人は、地位があり、力があり、富がある立派な人でないといけない。。。というような、だから、子供たちがやってきたとに叱りつけたのです。

イエス様は、どうでしょうか。憤られ、弟子たちを叱って言いました、
「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。“Let the little children come to Me, and do not forbid them;

子供たちがイエス様に来るのを止めてはいけない。。。と、おっしゃいました。そして、続いて、「神の国は、このような者たちのものです。15 まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、入ることはできません。」; for of such is the kingdom of God. 15 Assuredly, I say to you, whoever does not receive the kingdom of God as a little child will by no means enter it.”

なぜなら、この幼子のように天の御国を受け入れなければ、そこに入れないからです。むしろ、子供たちこそが、一番天の御国にふさわしいと宣言されたのです。

弟子たちの考えの真逆でした。

幼子とはどんなものたちのことでしょうか。

1、 素直に受け入れる者。プレゼントを受け取るのの天才! -- 恵みについて理解している

恵みとは、自分で稼いだものでないもの、自分にふさわしくない贈り物を受けること。恵みが分からな人には、休みがない。いつも物事を自分で解決しようと、疲れ果てる。

2、 親に頼らなければ生きていけない存在。 Dependent

幼子は、自分でイエス様のところに行けない存在です。誰かが連れて行かなければ。。。しかし、そんな人こそ、御国にふさわしいというのです。みなさん、四人の友達が連れてきた寝たきりの人、彼も、人にイエス様のところに連れてきてもらわなければ、イエス様に出会えなかったのです。そんな存在が、御国にふさわしいというのです。

3、 疑いがない = 恐れがない

子供たちには、疑いがありません。すなわち、怖れ知らずです。みてみて、こんな高いところから飛び降りれるよーなんてこともしょっちゅういいますよね。疑い恐れがないということは、信仰を持ちやすいということです。ママがいつも、キャッチしてくれる、パパが助けてくれると知っているから飛び込んでいけるんです。健康な証拠です。

4、 遊び上手、夢 喜びへ引き付けられる

遊び心、神様のうちにあることを皆さん、ご存知ですか。遊びの中に想像力があり、笑いがあり、休みがあり、喜びがあります。遊びについてのリサーチによると、職場で何時間かおきに休憩をとり、みんなで遊ぶと、会社全体の生産性が上がり、創造性があがり、また互いを裁いたり批判することがなくなりチームワークが良くなったというデータがあります。大人になると遊ぶことを忘れるのです。子供のころは、遊ぶのが仕事だった。。。私たちも遊ぶことを子供たちから習わないといけませんね。私たちの神様も遊び上手、創造力のある方です。。。

5、 地位や富のことなんて考えていない、むしろ気前がよい。

先ほどの弟子たちとは、正反対ですね。地位も富もないですが、そんなことも気にしていません。むしろ、子供たちというものは、気前のよいものです。先日、さくらちやんが、自分のポイントを使って、貴子先生が欲しかったものを、下の教会学校のご褒美のお店で買ってきてくれました!!! 涙が出るほど感動しました。。。子供たちは、とても気前がいいのです。自分の信頼する人好きな人に自分の宝物を簡単に全部あげたりする。

6、 知識がない

子供たちは、これから経験や知識をつんでいく存在。学問もしらない。字も読めない。よく、聖書をよく理解してから、神様のことを学んでから洗礼を受けると思う人がいますが、そうでないんですね。知識は、必要ないのです。救われるために必要なのは、信じることだけです。

神の国に入るには、子供のように受け入れるものが入れるのです。
今日おすすめしたいことが、あります。それは、幼子のように神様を求めること。それから、幼子を私のところに来させない、止めてはいけません、と言われるイエス様のように、私たちが教会に連れて来なければ、私たちが誘わなければ、決して教会に来ない人たちを誘うこと。
私たちが誘わないことで、幼子たちを止めないようにしましょう。
今一緒に祈りましょう。


#礼拝 #献児式

ワオ!と言っているユーザー

ドメスティックバイオレンスについて

スレッド
三橋さんの顔写真だけを使うのは... 三橋さんの顔写真だけを使うのは、かわいそうなので、本の宣伝になるかと、本の表紙にしてみました。彼の論理や言論活動は、悪ではないので。。。
今回は、少しDVについて考えてみたいと思います。。。
みなさん、こんにちは。

お正月早々、日本では三橋氏DVで、逮捕というショッキングなニュースが流れていますね。

たくさんの人が、他人の夫婦喧嘩くらいで、騒ぐな、なんていうことを言っておられますが、DV ドメスティックバイオレンスというのは、虐待であって、夫婦げんかの域はとっくに超えているものであります。

そもそも、男性が女性に、まあ、女性だって男性に暴力は振るってはいけませんが、相手を支配し、洗脳し、いじめ倒し、暴力でいためつけて、自己満足するという、ひどい構造なんですね。

やられる方も、この人は本当はいい人だから、とか、赦してしまうし、また、暴力振るわれていても、自分がよっぽど悪いから相手が殴るんだと思い込んでしまいます。

最愛の人が、自分に暴力をふるうので、自分を責めるしかないからです。

日本とアメリカのDVについての扱いがずいぶんと違うことにびっくりしました。とくに、ここワシントン州は、女性に優しい法律になっているようなんですが。。。

日本は、通報する人も、少なく、逃げ場も少ないのでしょうか。。。
とにかく、対処が甘いような気がします。

この三橋氏の、三十歳年下の十代の奥さんに逃げ場があるのか、とても心配です。日本には、DV救済のノンプロフィットオーガニゼーションがあるのでしょうか。。。地域にどのくらいあるのでしょう。田舎にもあるのでしょうか。

私には、知識がありません。。。

アメリカワシントン州では、DVにあって、すぐに通報すれば、警察が来て、どちらかを逮捕していきます。
何時間以内に通報しなければ、現行犯逮捕にはならないのですが、何日前の出来事でも、通報できるときに通報すると、警察は来てくれます。そして、レポートを書いてもらって、ケース番号をもらいます。そのケースが何回もたまれば、警察は、逮捕に踏み切ってくれます。だから、すぐに通報できなくても、大丈夫だから、ぜひ、通報してください。

それから、殴られてなくても、部屋に閉じ込められたり、お金を自由にさせない、ずっと家にいないといけないなど、自由を奪われている、また精神的な嫌がらせ、常に悪口を家庭内でずっと言われる、わめかれている、などなど。。。。体に傷がなくても、このようなことでも、通報して大丈夫とのことです。これは、警察の方がおっしゃいました。お金を留めだすと危険だそうで、警察の方によると、近々もっと悪いことをするかもしれないから、と要注意してくれます。

また、びんたとかバンチでなくても、家の中のものを投げて壊したもだめです。
それから、逃げようとしたり、助けを求めようとしてるあなたの手をつかんだり、腕をつかんで引き戻そうとしてもだめです。これも、早く通報すれば逮捕になる領域です。

思いつくままに、ならべてしまいましたが、私たちが思っている以上に、きちんと、警察は被害者を守ってくれようとしてくれています。

それで、すぐに通報して、警察が来て逮捕されたら、一晩刑務所で過ごさないといけません。

それだけではなく、ちゃんと裁判で裁かれ、二年間の公共での奉仕活動が義務づけられる上に、専門のカウンセラーにあってカウンセリングも受けないといけません。

また、警察は、必ず、被害者に逃げ場、シェルターやソーシャルワークなどのネットワークにつなげてくれますし、必要な情報を教えてくれます。しかも、とても、優しいです。子供が一緒にいる場合などは、女性のお巡りさんも来てくれます。

アメリカのやり方は、非常に賢いと思います。もちろん、えん罪なんて時は、大変ですが、警察も裁判官もカウンセラーも馬鹿じゃないですから、慣れてますし、どうも見たら分かるみたいですしね。

日本も、これくらいしてもいいのではないかと、思いました。

三橋氏は、公でも地位のある有名なハイファンクションな方ですから、自分から間違いを認めて、カウンセラーに会うようなことは、絶対にないでしょう。

奥さんが逃げても、次のナイーブで優しい犠牲者を探すだけです。

この奥さんには、逃げて欲しいです。。。本当に、気の毒です。

私は、三橋さんの名誉を傷つけるつもりはないです。

でも、DVの深刻さと闇の深さを、皆さんに知っていただきたいと思いました。

もし、ご近所にDVを受けているらしい方がいたら、ぜひ、力になってあげてください。

暴力をふるう方の方も、ぜひ、心の中の本当の問題に向き合って、他人を犠牲にしなくても、自分が満足できる生き方を見つけていただきたいと思います。。。

いつもと違う内容ですが、
苦しんでいる人を見てきたので、書かずにはいられませんでした。。。

今日も皆さんの身の安全が守られますように。。。。

ブログル仲間の皆さん、何か、日本での知識、情報、逃げ場に関してご存知でしたら、下のコメント欄に書き込んでいただけませんか?
もしかしたら、苦しんでいる人が読んでいるかもしれません。

アメリカでお困りの方は、800-799-7233 に電話してください。夫じゃなくても、ボーイフレンドでも電話して大丈夫です。
私に、メールをくださっても大丈夫です。

#ブログ #DV #家庭内暴力 #三橋貴明氏

ワオ!と言っているユーザー

Fear not! 恐れるな

スレッド
日の出を見ると、神様がなんだか... 日の出を見ると、神様がなんだか、今日も共にいて、祝福してくださるっていう思いが来ます。
God is with you!
明けましておめでとうございます。

みなさんに、今年初めの、励ましの言葉を贈りたいと思います。

二週間前はクリスマスでしたね。みなさん、聞いたことがあるかもしれませんが、イエス様の別の名前は、インマヌエルと言います。その意味は、「主は私たちとともにおられる。」と言う意味です。それがどうして素晴らしいのでしょうか。

聖書の中には、次のような言葉があります。

恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。』イザヤ書41:10

Fear not, for I am with you;
Be not dismayed, for I am your God.
I will strengthen you,
Yes, I will help you,
I will uphold you with My righteous right hand.’ Isaiah 41:10

そして、「恐れるな」と聖書の中に、なんと365回出てくるのです。
まるで、神様が、一年毎日毎日、私たち人間に恐れるなと念押しをしているようです。

そして、その理由が、わたしがあなたとともにいるから。わたしがあなたを助け、守るから。。とあります。

神様が私と共にいてくれるということを心に持った人は、強いのです。
なぜなら、神には無限の力と知恵があるからです。

2018年という年を迎えるにあたって、すぐに頭に浮かんだのが、今年、神は私とともにいらっしゃるということ。だから、大丈夫! ということです。

一は、アイ私で、8はよこにむけると∞になります。

私は、小さい存在ですが、ちょうど、1のように、しかし、無限の力と知恵と愛のある神様が私とともにあれば、絶対に何があっても大丈夫なのです。

神がともにいてくださるなら、恐れることはないのです。

みなさん、「恐れるな、神が私と共にいるから」と毎日自分に言って聞かせてあげてください。

ぜひ、今日覚えてください。神が私と共にいる。ということを。

皆さんのために、お祈りしています。
ブログル仲間さん、今年も、素晴らしい年になりますように!


#イベント #正月 #教会

ワオ!と言っているユーザー

新年礼拝 2018

スレッド
今年もたくさんの方々が新年礼拝... 今年もたくさんの方々が新年礼拝に来てくださいました。
皆さんで、書初めも楽しみました!
新年礼拝 2018 新年礼拝 2018 新年礼拝 2018
この日曜日は、

2018年一番初めの日曜日ということで、

新年礼拝でした。

毎年恒例のお節、お雑煮、そして書初めを楽しみました。

想像よりもたくさんの方々が来られて、なんと、お雑煮が足りなくなってしまいましたーー。

結局、63 - 66人くらいいらしたのかな?

皆さんの上に、神様の祝福があり、神様の導きのある一年でありますように
お祈りしました。

初めて来られた方も、あたたかい雰囲気でまた来たいとおっしゃってくださった方も。。。何よりのお言葉です。

来週は、献児式ですーー。

#イベント #正月 #教会

ワオ!と言っているユーザー

感謝の心 A Heart of Thanksgiving

スレッド
我が家はすぐそばに、皆さんがわ... 我が家はすぐそばに、皆さんがわいわい集まるシアトルセンターがあります。すごく寒かったので、外に出ずに、家の中から花火を眺めました。しかし、今年は音がすごい! ビルがもっと増えたせいなのか、花火の数が増えたのか。。。景気のいいことです。あけましておめでとうございます。
2017 年12月31日今年最後の主日礼拝音声はこちらから、


ルカ17:11-19

11 そのころイエスはエルサレムに上られる途中、サマリヤとガリラヤの境を通られた。
12 ある村に入ると、十人のツァラアトに冒された人がイエスに出会った。彼らは遠く離れた所に立って、
13 声を張り上げて、「イエスさま、先生。どうぞあわれんでください」と言った。
14 イエスはこれを見て言われた。「行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい。」彼らは行く途中できよめられた。
15 そのうちのひとりは、自分のいやされたことがわかると、大声で神をほめたたえながら引き返して来て、
16 イエスの足もとにひれ伏して感謝した。彼はサマリヤ人であった。
17 そこでイエスは言われた。「十人きよめられたのではないか。九人はどこにいるのか。
18 神をあがめるために戻って来た者は、この外国人のほかには、だれもいないのか。」
19 それからその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを直したのです。」

今日は、最後の礼拝です。神様に心からの礼拝を皆さんと一緒に捧げたいと思いました。毎年、感謝祭のころや、イースターのころに、I-5にかかっている陸橋から、Jesus Loves You. という看板を掲げている人たちをみます。トラフィックに手を振っています。Jesus Loves You 。こないだのクリスマスの時には、さすがに風吹で、いなかったな。。。などと考えていました。

イエス様は、私たちを愛しておられます。信じますか。

人間というものは、本当に愚かなもので、心を鈍らせ易いものです。おいしいものでも、毎日食べると飽きてきたりします。初めて感動した味が薄れ、心が麻痺します。ある人に親切にされて、初めはとても感動しても、親切にされ続けるとそれを疎ましく感じたりします。

私の主人はいつも優しいのですが、それが当たり前になっていることがあるな。とつい昨日、思いました。しかし、私の主人は、毎日何回も私に感謝を表してくれます。とても気分がいいです。当たり前になって、私は、感謝を忘れてしまいます。そのようなことが夫婦、友人の間でもあるのではないでしょうか。。。。どんなに親が私たちを愛しているか、小さいときから当たり前に受けていた愛ですから、疎ましく思うことは、若い人たちに良くあります。

このJesus Loves You の看板がまさにそうです。今年は、見なかったので、寂しかったです。。。

私たちにとっては、今となっては、その言葉は、当たり前のことで、クリスチャン生活の日常にあふれていることです。しかし、人生に迷ったとき、この言葉にしがみついて、救われたのです。この言葉で、私は、世界の見方がかわり、人生が180度変わり、家族みんなの人生が変えられました。そして、落ち込んだとき、失敗したとき、この言葉が私を立て直したのです。
今年は、この礼拝をもって一年が終わりますが、私たちには、感謝をささげるべきお方がいます。そして、感謝をし続けるライフスタイルの中に私たちはすでに入れられているのです。

ルカの17章11-19節を読みましょう。この箇所からいろいろなメッセージが語られますが、今日は一点のみ。10人らい病の人たちがいて、普段は、町を歩くときに、「私は、汚れている」と叫びながら歩かなければならなかった人たちが、イエス様をみつけるなり、「主よ、憐れんでください」と叫びにかわりました。彼らはJesus Loves You の真理、いけるみ言葉にいわばしがみついたのです。

イエス様は、10人とも癒された。当時祭司にみてもらうというのは、病気だった人がもう病気でないと祭司に認めてもらって宣言してもらうため。すなわち、もう癒されたよとイエス様は言っている。

10人は、嬉しかっただろう、何年も隔離されていたから、会いたい家族、子ども、恋人、友達がいただろう、その人たちに早く癒された自分を見せたかったろう。誰もが、急いで走っていた。しかし、一人だけ、ユーターンした人がいた。

15 そのうちのひとりは、自分のいやされたことがわかると、大声で神をほめたたえながら引き返して来て、
16 イエスの足もとにひれ伏して感謝した。

サマリヤ人だけがイエス様のところに戻って、感謝を表した。
サマリヤ人が感謝をして、いやされたことを神の栄光に帰した。私たちが、イエス様とのであいによって、受けた恵みをどこまでも神の栄光として、表すところに世の宗教との違い、ご利益宗教との違いがある。ご利益宗教とは、自分にとってよい見返りがくることのみに集中していて、私たちが信じていること、や対象はあまり問題でない。自分に良いことが来ればいいだけ。

しかし、イエスを信じるものは、イエス様に全ての栄光を返すべきである。これがキリスト教信仰であり、これが礼拝である。
そして、この礼拝の心を持っている人は、強い。どんな試練の中でもゆるがされない。倒されない。それは、この素晴らしい神様がいつも私とともにいると信じているから。

そして、そのサマリヤ人に、イエス様は、聞いた。17 そこでイエスは言われた。「十人きよめられたのではないか。九人はどこにいるのか。18 神をあがめるために戻って来た者は、この外国人のほかには、だれもいないのか。」

イエス様は、他に感謝するべき人たちがいないのか? と聞かれた。
そして、19 それからその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを直したのです。」

イエス様は、サマリヤ人に信仰があると認められた。イエス様は、残りの9人のユダヤ人たちにも信仰を見たかった。認めたかったであろう。その信仰とは、自分が良くなることだけに集中するのではなく、神様というお方に焦点をあてるということ。実際に、ユーターンして、イエス様の足元にひれ伏し、感謝をし、関係を結ぶ。こと。

私たちは、あまり個人的に良く知らない人からプレゼントをもらって、そのままにしておくと、関係は結ばれませんが、その人にお礼を言って電話をしたり合いに行くと関係が結ばれます。ワールドビジョンの里親制度でも、クリスマスになると、いつも子供たちの写真と手紙が送られて来ましたし、そのことによってさらに絆が深まるりました。

イエス様は、私たちを喜んで癒したいと願っています。そして、それ以上に、関係が結ばれ、関係が始まることを願っておられます。

信仰は、主に栄光を返してこそ完成します。主に近づくものは、信じるものに報いてくださることを信じなければならない。とありますから、報いられたら、ますます主に近づくものなのです。

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。 (ヘブル11:6)But without faith it is impossible to please Him, for he who comes to God must believe that He is, and that He is a rewarder of those who diligently seek Him. (Hebrews 11:6)

今、主に近づき感謝を捧げましょう!
#礼拝 #年末感謝

ワオ!と言っているユーザー

お正月を前に。。。

スレッド
今年は、ぜひ餅つきをしようと、... 今年は、ぜひ餅つきをしようと、餅つき器を借りてきました。
二台を回して、二回つきました。
つきたては美味しくて、みなさん... つきたては美味しくて、みなさんたくさん食べました。
たくさん作った大根おろしもほぼ完食。
あんこでは、あんころもちも作りました。
今日は、今年最後の土曜日

餅つき器を二台お借りして、餅つき会をしました。

突き立てのおもちは美味しいです。

あんこ、きなこ、のり、大根おろしなどを用意して食べました。

おもちは、すごくお腹がいっぱいになるんですね。。。

忘れていました。

で、つきすぎて、みんな家に持ち帰ることができました。

みなさん楽しまれて、なんだか、これから毎年恒例になりそうです。。。

今年は、いい年でした。

教会の皆さんも、神様の前に大きく成長する年になりましたし、

共に泣き、ともに笑う、愛の共同体として教会としても大きく成長できました。

洗礼者もたくさん与えられました。

いつも、何日もかけて準備していたイベントもみんなでばぱっと準備もできるようになりました。

なんだか、子供が成長していく頼もしさと寂しさの混じったような感情を覚えます。

これも、とってもいいことですね。

今年は、たくさんの祝福をいただいて、神様本当にありがとうございました。

私の学業も守られて、たくさん吸収させてもらっています。

みなさんも良いお年を!

ブログル仲間さんにはたくさん励ましていただいて、いつも感謝しています。



#イベント #もち #教会

ワオ!と言っているユーザー

東方の博士たちの贈り物

スレッド
今月のお誕生日祝いケーキ。カス... 今月のお誕生日祝いケーキ。カスタードイチゴケーキ。ふわふわしっとりの美味しい手作りケーキ。。。。毎回感動します!上には、イチゴゼリーになっています。しかも、金粉がちりばめられていますーー。ごーじゃーす 12月のお誕生日の人たちですー 12月のお誕生日の人たちですー 子供たちがろうそくを消そうとや... 子供たちがろうそくを消そうとやって来るので、彼らからの風をブロックしつつのmake a wish!
2017年12月24日クリスマス礼拝メッセージ


マタイ二章1-12

1 イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。2 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」3 それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。4 そこで、王は、民の祭司長たち、学者たちをみな集めて、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれているからです。」6 『ユダの地、ベツレヘム。あなたはユダを治める者たちの中で、決して一番小さくはない。わたしの民イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。』」7 そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。8 そして、こう言って彼らをベツレヘムへ送った。「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。私も行って拝むから。」9 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。11 そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。12 それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。

★ 博士たちとは誰か?

星占い師、あるいは天文学者。不思議な星について調べていた人たち。その星の意味を知ろうと探求していた知識人たちだった。

★ 神を知らないすべての人へのメッセージ

彼らは、東の方から来たと書かれている。ユダヤや聖書の中では、東方というのは、罪を暗示する言葉であった。神や民の民に敵対する者たちの出どころである。いつも東から来た。神殿にしても東側というのは、罪を表していた。バベルの塔を建てた人たちも東から来た。でも、後の信仰の創始者、信仰の父と呼ばれるアブラハムだって東から出てきた。この全世界の救い主の誕生も、何も神を信じる人たちばかりに知らされたのではない。東の方にいる、神の選びの民ではない、占い師たちが不思議な星にであい、調べているうちにであったのです。キリストの誕生は、全人類のためのものです。あなたがどんなに罪深かろうと、どんなに偶像礼拝と占いの国から来ようと、見つけることができるお方がイエス・キリストなのです。

★ 博士たちの贈り物

素晴らしい救い主、特別なイエス様に彼らは贈り物を持ってきました。礼拝には、必ず贈り物がつきものだからです。黄金、没薬、乳香が捧げられました。

黄金は、王の象徴。非常に高価なもの。
乳香は、イエスの生涯の純粋さ、神性を象徴するもの
没薬は、本来、死んだ人を葬る時に使うもの、またこれは、イエスの苦難の生涯、特に十字架で私たちの罪の身代わりのために死なれることを象徴するものになりました。

後に、この時の贈り物があったおかげで、ヘロデに殺されそうな時に逃げ延びれたとも実際言われています。

クリスマスの時期、私たちも新たにイエス様と出会えるシーズンとなりますように。また、この救い主を礼拝するのに、私たちは何を差し出しましょうか。

博士たちは、不思議な星に導かれて、イエス様にたどり着きました。不思議にあかくぴかびか光る星です。

私も人生の中に、二度、不思議にひかる星のような神のしもべに出会いました。そして、イエス様に行きつきました。一度は、四歳の時、アパートの裏で小さな開拓伝道をしている牧師夫妻。小さな小さな教会でした。精神を病んでいる小さな私を抱きしめてくれました。その思い出は心に深く焼き付き離れませんでした。あの人たちは、キリストを信じている人だとずっと覚えていました。もう一人は英語を教えながら宣教にきた、若干21,2 才の宣教師でした。その人に出会って、信仰を持ちました。あなたも、東方から出てきたものですが、今や、世の光となっています。このクリスマスにますます誰かをイエス様に導くあかく光る星となれますように。。。

しばらく祈りましょう。
#礼拝 #クリスマス

ワオ!と言っているユーザー

クリスマス To be Chosen

スレッド
土曜日は、教会のファミリークリ... 土曜日は、教会のファミリークリスマスでした。皆さん、楽しくわきあいあい。ゲームやクッキー飾りを楽しみました。 教会員有志による、特別賛美 教会員有志による、特別賛美
2017年12月17日日曜日礼拝メッセージ音声は、


クリスマスのお話し https://www.youtube.com/watch?v=JyVXIvdTF20
クリスマスのお話しをご存じない方は、こちらをご参照ください。

クリスマスのために、イエス様のお誕生のために用いられた人たちは誰でしょう。マリヤ、ヨセフ、羊飼い、エリザベツなどなど、いろいろといますが、皆さん共通の特徴があります。それは、神様を受け入れる態度です。マリヤのお話しを見てみましょう。

ルカ一章26-38

ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。27 この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。28 御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」29 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。30 すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。31 ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。32 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」34 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」35 御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。36 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。37 神にとって不可能なことは一つもありません。」38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

★ 神の道と人の道は違う God’s ways are not human’s ways.

待ちに待った救い主の訪れは、こっそり、ある人たちに伝えられました。しかも、有名な人でもなく、権力を持つ人でもなく、普通の人たちのところに来ました。王様や、宗教学者のところに行ったらいっぺんで広まるけれど、神様のやり方は違ったのです。

人は、外見を見るけれども、神様は心を見られるとⅠサムエルにもある通りです。皆さん、よく覚えておきましょう。神の道と私たちの道は違うのです。

「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。 ・・主の御告げ。・・ 天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」 旧約聖書 イザヤ書55章8~9節
“For My thoughts are not your thoughts, Nor are your ways My ways,” says the Lord. 9 “For as the heavens are higher than the earth, So are My ways higher than your ways, And My thoughts than your thoughts.

★恐れるな Do not be afraid.

けれども、その神様の良い知らせのために選ばれた普通の人たちは、戸惑いました。
神に選ばれた者たちに、等しく天使が言った言葉がある。それは、「恐れるな」です。
天使が言っていることは、信じがたいことであった。それは、自分の人生を大いに揺るがすことであったし、自分の力ではどうしても何も解決できるような種類のものでもなかった。

しかし、神は、「恐れるな」と天使に言わせた。
恐れの反対は? そう、信仰ですよね。恐れと信仰の間に距離がありました。それは、信仰をとれば、自分の人生を大きく変えるからです。
マリヤは、シングルマザーにならなければならなかったかもしれませんし、また、人に見つかれば、石打ちの刑で死んでいたかも知れません。信仰には、代価が伴うのです。

しかし、天使は、念押しの言葉を言っていますね。「神には、不可能なことはない。」と。

信仰には、自分の側のコスト、代価と、神の後押しの力が必要です。神には不可能なことはないと信じることが、信仰の本質であり、神はその信仰には必ず報いて下さいます。

★信仰はリスクを伴う Faith requires risk

〇アブラハムのお話Abraham’s case。。。。賜物セミナーでも出てきたお話しですね。

アブラハムは、やっと与えられた一人子を神にささげるように言われ、朝早く、その子イサクを連れて山に登りました。アブラハムはすでに神様と深い信頼関係がありました。二つ返事でした。あなたなら、どうしたでしょうか。大切な一人子を神にささげることができるでしょうか。子供を手放したり、誰かにあげたりすることなど、考えられるでしょうか。まして、この場合は、ほふって捧げるという意味だったのです。アブラハムは、神にはどんなことでもできる、ここだけは、分かっていました。神の約束、イサクから出てくる祝福の約束だって堅く信じていたのです。アブラハムは、自己の葛藤よりも、神の言葉を選びました。

神に言われたことをそのまま、受け入れることは、神を受け入れることでもある。
神をそのままで受け入れたのです。

彼が、子供を殺そうと手をかけようとした瞬間に、神がもうよい、分かった。と声をかけました。
そこには、捧げるのに完璧な動物が神によって備えらていました。神は、私たちの心を見ていらっしゃる。私たちが本来捧げるべきコストさえ、いけにえさえ、贖われるのです。

マリアも、ヨセフもその局面に立ちました。そして、神を取りました。
信仰を取るというときには、必ずしも、やさしいことばかりではありません、難しいことだってあります。しかし、いつも神は、喜んで神を心にお迎えする人の見方であります。

神は、子供のように素直な心で神を迎える人を探していらっしゃいます。あなたも、選ばれている者です。あなたは、神とともに生きる人生を恐れますか。それとも、何があっても、なんでもおできになる神を信頼しますか。神の言葉を受けとりますか。

★神の言葉を受け入れる姿勢 The posture that accept God’s word

「お言葉どおりに、この身になりますように」38 Then Mary said, “Behold the maidservant of the Lord! Let it be to me according to your word.” And the angel departed from her.とマリヤのように受け取りますか。
神は、子供のように、素直に、神をお迎えるする人を探しています。

★ぼくのところに来てください Please come to my place, Jesus!

次のお話は、私が若い時に、クリスチャン新聞か何かに乗っていて、ひどく感動したお話しです。クリスマスのお話しです。教会の降誕劇で、障害をもつ男の子が宿屋の役をもらいました。何度も練習して、セリフを覚えました。「すみませんねー、うちもいっぱんなんですよー。よそに行ってください。」本番が来ました。

イエス様がどんどん断られる。。。

最後の宿屋さん、断る、そして、馬小屋に。。が普通のお話だけど、。。。「いやーうちにもないのです。。。他に行ってください」と、マリアとヨセフが通り過ぎようとしたとき。。。

「イエス様、行かないで、ぼくのお家に泊まってください。」と泣き出した。
劇は、台無しになったどころか、みんなが神様を心にむかえる温かいクリスマスになりました。

〇選ばれたものとなるには、神を受け入れなければなれません。

イエス様は、王だけど、お生まれになる日に泊まるところがなかった。けれども、あなたを選んで、心に住み、あなたと一緒に神様の働きをしようと思っています。「ぼくのところに来てください。」の心で、神様の選びを受け取りませんか。

#礼拝 #クリスマス

ワオ!と言っているユーザー

祝福された感謝祭

スレッド
感謝祭には、欠かせないターキー... 感謝祭には、欠かせないターキーです。朝から仕込んで、四時半に食べ始めました ターキーの脚、大きいーーー!! ターキーの脚、大きいーーー!! たくさんのごちそう。何と、パイ... たくさんのごちそう。何と、パイは六つあったようです! こちらはデザートと、アパタイザ... こちらはデザートと、アパタイザーテーブル。。 若いお兄さん大好物の子供たちは... 若いお兄さん大好物の子供たちは、はしゃいでいたようです みなさんで、感謝なことを分かち... みなさんで、感謝なことを分かち合って、食事と笑いを分かち合った、素晴らしいひと時。この時こられたベルギー人の方は、また翌日の礼拝にも来られました。
感謝祭は、家族で集まる大切なホリデーです。

私たちは、いつも主人の家族に会いに行くので、
教会で何もできないことと、独身の方や、家族が遠くにいてお祝いができない、
ターキーが食べれない方々のことを思って、ずーーーっと気になっていました。

でも、今年は、教会員の方が、申し出てくださって、
家族が近くにいない人で、感謝祭ディナーを食べることになりました。

本当に、嬉しかったです。

私も、出かける前と、出かけた後によりましたが
本当に、喜びにあふれていて、感謝しました。

教会にたくさん、喜びと命が溢れていると思いました。

食事が終わっても、ずっと残っておしゃべりしたり、
みんなで一緒にお片付けしたりと、、、

感動、感動です。

来年もできたらいいなーー。

#感謝祭

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/29 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>