記事検索

最近の風景

スレッド
日曜日は、フェデラルウェイから... 日曜日は、フェデラルウェイからホームステイ中のホストファミリーに連れられて日本人学生さんが来てくれました。
若い人大好物のボーイズがいなかったから残念ねーー
近所にどうもアジア系マーケット... 近所にどうもアジア系マーケットが来るらしい!!! 嬉しい!
でも、去年から看板が出てるけど。。。。。まだみたい。
早く来てほしいなーー。
お正月とか助かるなーーー。いつも渋滞に耐えながら買い物しなくてもすむなーー。。。
宿題に頭を抱えております。量が... 宿題に頭を抱えております。量が多くて、時間が足りません。。。
頑張るしかない。とクラスメイトたちも言っております。
みなさん

お元気ですか。

今週は、インターンのケニーさんのメッセージでした。

礼拝メッセージというものは、自分が神様に取り扱われていないと語れないので、

本当に苦労することです。

気持ち、わかります。

もがき、苦しみながら、

子供を産むような経験をします。。。

苦しまずしてできないのが、礼拝メッセージです。

ケニーさんも準備でよく苦しみました。

かわいい子には旅をさせろではないですが、

見守るのも、つらい。その重荷を取り除きたいと思いまずか、

のぞいてしまっては、永遠に成長しないので、がまんがまんです。

最近、教会でギタークラスを始めました。

こちらも、指がはじめ痛いので、なかなか練習が長続きしません。

こちらも、忍耐。励まして励まして、続けてたら痛くなくなるから。。。と。。。

新しくお祈り会も始めました。

お祈りも忍耐が必要です。

こちらも、ある意味で、自分との格闘。とも言えるでしょうね。

自分の力が抜けたとき、神様の声が聞こえるような気がします。。。。

教会は、今日も生きています。

みーーーーんな、成長しています。

わくわくします。

#教会 #礼拝 #日曜日 #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ロマ書15章 One mind 思いを一つに

スレッド
沖縄からホームステイで来ている... 沖縄からホームステイで来ているお兄ちゃんと。お兄ちゃん大好物のねずみちゃんでした。。。。あーーーーしあわせ! 朝の英語の礼拝中。子供たちは、... 朝の英語の礼拝中。子供たちは、三人で音楽に合わせてくるくるまわって踊っています。こどもたちのようにならなければ、天の御国に入ることができません、と聖書にあります。。。。
子供たちを見てると幸せな気持ちになりました。。。

2017年3月12日日曜日礼拝メッセージ音声



今週で、ローマ書は15章です。みなさん、一章からの流れ、覚えていますか? まず、一章でロマ書のテーマである、1:16 「私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。」For I am not ashamed of the gospel of Christ, for it is the power of God to salvation for everyone who believes, for the Jew first and also for the Greek. からはじまりました。そして、罪について、救いについて、ユダヤ人の誇りとしてした律法や習慣について、また信仰によって義とされることについて、信仰によって誰でも義とされること、真の礼拝について、キリスト身体について、クリスチャン生活についてと続きました。そして、16章は終わりの挨拶ですから、実質15章がパウロのローマ人への最終メッセージになります。さて、パウロは、何を言うのでしょうか。一章のテーマ聖句を頭において読んでいきましょう。
★ 力のない人の弱さを担う
ロマ15:1-6  私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜ばせるべきではありません。2 私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです。3 キリストでさえ、ご自身を喜ばせることはなさらかったのです。むしろ、「あなたをそしる人々のそしりは、あなたの上にふりかかった」と書いてあるとおりです。4 昔書かれたものは、すべて私たちを教えるために書かれたのです。それは、聖書の与える忍耐と励ましによって、希望を持たせるためなのです。5 どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。6 それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。

 パウロは、いかに私たちが弱い位置にある者たちの助けになることが大切かと言っています。この場合の「弱さ」は、信仰によって自由に行動ができない人々をさしています。それは、最終的に、すべての人が主、イエス・キリストにあって、父なる神をほめたたえ、礼拝するためであります。そのためには、自分を喜ばせることばかりを考えるのではなく、どうすれば他者の益となることができるかと心を配る必要があります。一章を思い出しましょう。それは、キリストによって、ユダヤ人同志のことだけでも、異邦人同志のことだけでもなくなりました。すべての人が心を一つに礼拝することができるように、というパウロの願い。神様からのメッセージが込められています。

★ 宣教について

ロマ15:16-20 

それも私が、異邦人のためにキリスト・イエスの仕え人となるために、神から恵みをいただいているからです。私は神の福音をもって、祭司の務めを果たしています。それは異邦人を、聖霊によって聖なるものとされた、神に受け入れられる供え物とするためです。17 それで、神に仕えることに関して、私はキリスト・イエスにあって誇りを持っているのです。18 私は、キリストが異邦人を従順にならせるため、この私を用いて成し遂げてくださったこと以外に、何かを話そうなどとはしません。キリストは、ことばと行いにより、19 また、しるしと不思議をなす力により、さらにまた、御霊の力によって、それを成し遂げてくださいました。その結果、私はエルサレムから始めて、ずっと回ってイルリコに至るまで、キリストの福音をくまなく伝えました。20 このように、私は、他人の土台の上に建てないように、キリストの御名がまだ語られていない所に福音を宣べ伝えることを切に求めたのです。

パウロは、神様から直接に召され、異邦人に遣わされる器となりました。イエス様の救いの福音を伝えることで神と人とをつなぐ祭司の役割をしています。異邦人たちを救いに導くために、神様はパウロをいろいろなところを通して、実現させてくださいました。詳しいことは、使徒の働きを読んでみてください。たくさん細かいエピソードが書かれています。イエス様にしたがって神の働きをするパウロは、そのことばに、行いにキリストを宿しました。キリストとともに働きました。インカーネイション。また、しるしと奇跡をおこないました。使徒1:8にあるとおりに、聖霊に満たされてエルサレムからイルリコ(ギリシャの北、現・アルバニア)まで福音を伝えました。クリスチャンのいないところ、いないところへパウロは宣教していきました。

★ 宣教のために捧げること

ロマ15:26, 27 

それは、マケドニヤとアカヤでは、喜んでエルサレムの聖徒たちの中の貧しい人たちのために醵金(きょきん)することにしたからです。27 彼らは確かに喜んでそれをしたのですが、同時にまた、その人々に対してはその義務があるのです。異邦人は霊的なことでは、その人々からもらいものをしたのですが、物質的な物をもって彼らに奉仕すべきです。

エルサレムには、物資のたりない貧しい状態のクリスチャンたちがいました。また、パウロは元キリスト者迫害者であり、今は、使徒となり、今度は異邦人にイエス様を熱心に伝えているというので、あるユダヤ人指導者たちからはすこし変な目で見られているということもありました。そんな中、ギリシャ地方の異邦人クリスチャンたちは、困っているエルサレムの人たちにお金を募りパウロに託けることにしたのです。いつもなら、こういうことを献金と呼びますが、この聖書の箇所では「醵金」と書いてあります。ギリシャ語では、コイノニアという言葉がつかわれています。この言葉は、一般的には、「交わり」を指して使われる言葉です。が、交わりの証しとして捧げられる捧げものにも使われています。キリスト者の交わりというものは、ただ、ともに時間を共有するのではなく、「何かを互いに分け与え合うということ」にほかなりません。一節から六節のところで話した通り、本当の交わりがあるなら、心が一つであるなら、互いに支え合い、与えあい、そして、神をともにほめたたえることができるのです。

★ 宣教のために祈ること

ロマ15:30 

兄弟たち。私たちの主イエス・キリストによって、また、御霊の愛によって切にお願いします。私のために、私とともに力を尽くして神に祈ってください。Now I beg you, brethren, through the Lord Jesus Christ, and through the love of the Spirit, that you strive together with me in prayers to God for me,

パウロは、福音を恥としない。と一章から初めて、そして、最後に福音宣教に焦点を当てています。パウロがどんなに宣教のために未開地へ未開地へと進んでいったのか。そして、またキリスト者のネットワーク、人種を越えて結んでいく。そして、今からエルサレムに行くので、ぜひ、お祈りしてほしいとやがて会いに行きたいと願ってやまないローマ人たちにお願いしているのです。
冒頭の「弱い」もののために重荷を担う、ということは、物質的なことだけでなく、霊的なことにも及びます。パウロは、宣教のために、弱さを支えて欲しいとお願いしてます。

★ 思いを一つに

私たちの教会は、アメリカにある、日本とアメリカの文化両方、両方の言語がいるユニークな教会です。私たちは、日本とアメリカをいろろいな意味でつなぐ、ハブのような教会に思います。すでに、もう数十人の方が日本に帰国されています。つづけて彼らのために祈っていきたいと思います。ますます、互いに与えあい、支え合い、そして、祈りのあふれる教会にならせていただきたいものです。


#教会 #子供 #礼拝 #日曜日 #礼拝メッセージ #ロマ書

ワオ!と言っているユーザー

この本おすすめ!

スレッド
日本語でもありました! しかも... 日本語でもありました!
しかも、ちゃんとネットワークがあって、お勉強会やセミナーなども開催しているようです。詳しくは、こちらのリンクから。。
http://nvc-japan.net/
私が読んだのは、英語でキンドル... 私が読んだのは、英語でキンドルバージョンでした。
素晴らしい、情報がたくさん。
考えさせられましたし、自分を見つめなおす、いい機会をくれました。また、夫婦でも、コミュニケーションについて話すいい機会となり、互いをさらに理解することができました。よかったですよー
この本は、コミュニケーションの本なのですが。

みなさん、コミュニケーションについて考えたことがありますか?

どうして、あの人と話すといつも話が通じないのだろう。どうして主人と話すと、いつも私が文句を言っているようにとられちゃんうだろう。
どうして、私の意図していることが伝わらないんだろう。
私、あの人はいつも私に怒っているように話すから、話したくない。。。等々。。。
日ごろ感じていることはありませんか?

私は、この本で自分についてたくさん学びました。

すごい発見でした。それで、主人に今まで悪かった、ごめんね。と謝りました。

どうして、私の話し方が時々相手にちゃんと伝わらなかったのか。。。

これは、私の場合ですよ。

① 自分の必要をはっきりわかっていない。
  というのも、自分のニードや願いを人に話したり、お願いするのが苦手。。。
  これは、私の生い立ちから来るものです。
  これに気が付いた時、たーーーーくさんの心の癒しへのドアが開きました。

② 自分の感情を隠そうとする。
  私は、自分の生い立ちから、自分の感情を押し殺すようにしてきました。
  なので、自分の気持ちを無視してきたわけで、
  自分の気持ちには価値がないと思っていました。

  で、いざ、コミュニケーションをとるとなると、整理されてない感情や、言い表しにくい願いがまぜまぜになり、いやーーな塊となって、相手に届いていたようです。

いろっいろと学べる本でした。

各章には、質問が付いていて、スモールグループでも話し合えるようになっています。

ぜひ、みなさんにおすすめします。私の一例を今日はシェアしましたが、
みなさんには、またみなさんの違った部分を発見できるのではと思いますよ。

自分の姿がみえると思います。

人間関係もよくなると思います。

あーー、いい本だった。


#本 #お気に入り

ワオ!と言っているユーザー

考えさせられた本

スレッド
日本語では出てないかと思うんで... 日本語では出てないかと思うんですが、この本、良かったです。
結婚関係に関しての本です。
いろいろなケーススタディ、そして、聖書的な結婚観とうとうが書かれています。
今年のバレンタインデー。。。い... 今年のバレンタインデー。。。いつも優しい夫に感謝。
この本、考えさせられました。

結婚関係について、みなさん、立ち止まって考えることありますか?
ときには、本を読んでみるのもいいかも知れません。

まだまだ奥が深い、結婚関係。

夫婦関係にとりたてて、問題がなければそのまま現状維持が通常でしょう。
私もそうです。

しかし、親密さというのは、そこで満足してしまえば、そこでおしまい。
まだまだ成長の余地があるのかぁーー。と考えさせられました。

あるのなら、成長したい。。。。

そして、現状維持に甘んじているには、その理由もあるみたいです。。。

ふーーむ。

考えさせられる。

結婚は、神様の栄光のある場所。ぜひ、みなさんも、何か本を読んでみてください。

よかったです

#本 #お気に入り

ワオ!と言っているユーザー

ロマ書14章 キリスト者の姿勢

スレッド
ボーイズ、僕と貴子先生のギター... ボーイズ、僕と貴子先生のギターどっちが背が高いか比べてみたい。とのこと。。。
あーーー。弟君は、ちょうど、びったし同じみたいだね。笑。。。
もうすぐ、ギタークラスできるかなーーって思っています。成長したもんだ。
木曜日の風景。女子は、今ピンク... 木曜日の風景。女子は、今ピンク色が大好きなお年頃のようです。ピンクの話しと、エルサとアナの話しをよくしております。。。。
2017年3月5日日曜日礼拝音声は、こちらからどぞ



ロマ14章 Romnas 14

★姿勢[1] 裁かない Attitude 1) Non-judgemental

1 あなたがたは信仰の弱い人を受け入れなさい。その意見をさばいてはいけません。Receive one who is weak in the faith, but not to disputes over doubtful things.

仲間か? 敵か? Us or not us?

聖書は、その人の信仰を受け入れなさいと言っているのではなく、信仰の弱い、その人を受け入れなさい、と言っています。

私たちは、自分と違うものを排斥しようとする思いにかられるあまりに、その考え方に迎合しないようにと思うばかりに、他者を交わりから締め出す傾向にある。
つばは、体の中にあっては良いもの、自分の身体の一部であって汚いとは、普段思わないが、いったん体の外にでると、汚いものとなってしまう。
調度そのように、自分の内か外か、自分の側か、味方か敵かのようになってしまう。

先の大統領選もそうだった。互いの支持者をデーモナイズしてしまう傾向にあった。トランプ支持者を見つけると、じゃ、あなたもセクシストか、レイシストかと言われてしまうので、支持者は隠れていたのだ。

キリスト教界でさえも、少しの違いだけで、相手をデーモナイズしてしまうことがある。私も聖霊派というだけで、貴子さんの教会にはいかないように、とふれられたことがあった。

これらの分裂は、すべて私たちの心の中の「裁き」から来ているのです。気を付けてください。レッテル貼りも裁きの一種です。あの人は、こういう人だから、などというものも同じです。自分の心を吟味したいものです。

そして、拒絶し、分裂をもたらすものではなく、受け入れるものでありたいものです。

パウロは、具体的な例をもってどんなことで互いを受け入れられなかったか、ということを上げています。2-3節

〇 肉食 Eating meat…当時は、肉といえば、偶像に捧げられていた。買うものとしては、どの肉が捧げられたものかがわからないので、もういっそ肉を食べないことにしていた人もいた。

日本でも、偶像、仏壇にお供えしてから、食べ物を食べる仏教的な風習があります。一度、お寺さんに夕食に招かれた時、冷や汗がでました。大きな仏像の前に備えた大量のお肉をお坊さんが持ってきたのです。けれども、「口から入るもので人を汚すものはない」と聖書に書いてあるので、食べ物を祝福し、家庭を祝福する祈りをさせていただいて、彼らも、仏式のお祈りをされて、ともに、おいしくすき焼きをいただきました。そのおかげて、今でも親しくさせてもらっています。
あの時、裁きの心から、そんなものは食べれません、と言っていたらどうなっていたでしょうか。

〇 日 A Day… また、ユダヤ人たちは、もともとの安息日の風習に従って集まっていました。が、新しいクリスチャンたちは、毎日集まってパンをさき、交わっていました。人々のあいだでは、ある日が、ほかの日よりも勝っているというような論議があったようです。

今の時代に聖書を読めば、こんなくだらないことで。。。と思うかもしれませんが、今の私たちの中にも、形を変えてそういったことがあるはずです。

★ あなたも私も、みな贖われたしもべ、主のもの You and me are redeemed servant of the Lord.

4 あなたはいったいだれなので、他人のしもべをさばくのですか。しもべが立つのも倒れるのも、その主人の心次第です。このしもべは立つのです。なぜなら、主には、彼を立たせることができるからです。Who are you to judge another’s servant? To his own master he stands or falls. Indeed, he will be made to stand, for God is able to make him stand.

7 私たちの中でだれひとりとして、自分のために生きている者はなく、また自分のために死ぬ者もありません。8 もし生きるなら、主のために生き、もし死ぬなら、主のために死ぬのです。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。7 For none of us lives to himself, and no one dies to himself. 8 For if we live, we live to the Lord; and if we die, we die to the Lord. Therefore, whether we live or die, we are the Lord’s.

私たちは、生きても死んでも主のものとなりました。何をするにも主のためとなったのです。ただ、裁くことだけは、間違っています。

パウロは続けて、私たちは皆、キリストに贖われた者たちだ。罪の奴隷だったところから、買い取られたものだ。だから、キリストに属するものになったと言います。大昔、日本でも、おしんの話が分かりやすいですね。借金のためにおしんが働きに行かされる、おしんは売られてはないと思いますが、うられたとしまょう。そこに、イエス様が現れて、その借金を全部おしんのつかえている主人に支払いました。そうすると、おしんはイエス様のものになります。おしんは、前の主人に属するものでなく、イエス様ものになりました。

パウロは、私たちはみんな、そのようなものだと言います。ですから、誰かを裁くことは、誰かのしもべを裁くことで、あなたの仕事ではないというのです。その人が裁かれるときは、その主人がちゃんと裁くからです。

★姿勢[2] つまづきを与えない Attitude 2) don’t stumble others

Be considerate to others. 他人への配慮

13 ですから、私たちは、もはや互いにさばき合うことのないようにしましょう。いや、それ以上に、兄弟にとって妨げになるもの、つまずきになるものを置かないように決心しなさい。13 Therefore let us not judge one another anymore, but rather resolve this, not to put a stumbling block or a cause to fall in our brother’s way.
14 主イエスにあって、私が知り、また確信していることは、それ自体で汚れているものは何一つないということです。ただ、これは汚れていると認める人にとっては、それは汚れたものなのです。15 もし、食べ物のことで、あなたの兄弟が心を痛めているなら、あなたはもはや愛によって行動しているのではありません。キリストが代わりに死んでくださったほどの人を、あなたの食べ物のことで、滅ぼさないでください。I know and am convinced by the Lord Jesus that there is nothing unclean of itself; but to him who considers anything to be unclean, to him it is unclean. 15 Yet if your brother is grieved because of your food, you are no longer walking in love. Do not destroy with your food the one for whom Christ died.

例example;

 聖書の中に、はっきりと書かれていない事柄があります。例えば、お酒やたばこなどといったことが、時々、クリスチャンになる前の方から質問を受けることがあります。パウロは、まず、他者に配慮をしてやりなさいと言っています。

例えば、お酒の中毒で苦しんで、教会に癒しを求めてきた人があって、兄弟がお酒の話ばかりし、お酒を飲みに行こうと誘うならば、その人の人生にとって躓きとなります。また、愛にねざしていないら、益とはなりません。ある人が、信仰に従ってしないことは、尊重するべきです。愛によって行動しましょう。せっかく、神様に導かれている人を、飲み食いのことでキリストから遠ざけるようなことがないように、配慮しましょう。

★ 神の国は、義と平和と聖霊の喜び The Kingdom is righteousness and peace and joy.

17 なぜなら、神の国は飲み食いのことではなく、義と平和と聖霊による喜びだからです。for the kingdom of God is not eating and drinking, but righteousness and peace and joy in the Holy Spirit.

それよりも、私たちは、義と平和と、聖霊の喜びを重視するべきです。
義は、イエス様との関係。日々、赦さているか、イエス様と関係を保っているか。平和、隣人を赦しているか。和解しているか。和解に努めているか。喜び。毎日喜びがあるか。困難を乗り越えるとき、神様に一歩一歩従うときに喜びが増し加えれます。喜びは天の報酬だからです。毎日、助け主聖霊様に頼って、喜びが増し加わっているでしょうか。このようなことにこそ、心を傾けるべきです。

★ 罪かどうかは、あなたの心の問題 Your heart will decide if that is a sin.

23 しかし、疑いを感じる人が食べるなら、罪に定められます。なぜなら、それが信仰から出ていないからです。信仰から出ていないことは、みな罪です。But he who doubts is condemned if he eats, because he does not eat from faith; for whatever is not from faith is sin.

結局のところ、聖書ではっきりと示していない事柄対しては、自分の心がそれを罪に定めているのです。もしも、これは、してはいけないけど、今日はやってしまおう。。。ということでこそこそやるなら、もうその時点でそれは、罪です。本当は、聖書によると罪ではなくても、罪です。それは、あなたの心が罪を犯す心になっているからです。ですから、信仰から出ていないものは、みな罪だとパウロが言っている通りです。

#教会 #子供 #礼拝 #日曜日 #礼拝メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

深い本

スレッド
今読んでる本です。 深いです。... 今読んでる本です。
深いです。。。
純粋な心と心の通う対話というもの、人間関係とは何か。。
真の人間関係とは。。。と考えさせられます。
ユダヤ人哲学者のマーティン・ブーバーの本。
この本の解説本もたくさんでています。
やっぱり、クラシックだけに、日... やっぱり、クラシックだけに、日本語でも出てました!!!

ぜひ、手にとって読んでみてください。

そして、みなさんの感想も聞きたいです! おすすめですー
下は、この本を簡単にまとめるとこうなります。という動画です。参考までに。。。。



何回読んでも、新しく教えられる本。。。というのは、ありますよね。

この本もそんな一冊です。

この本は、私のこれからの半生を変えるかもしれないくらいです。
牧師として、心のケアの働きをするものとしては、必ず必要な知識。
いや、続けて、時折、思いを傾けるべき事柄であると思いました。

オーセンティックであることが、何よりもの働きだと、改めて痛感させられました。
牧師としてもセラピストとしても。

あなたと、私が本当に出会うこと、ここが癒しのスタート地点です。

私たちは、人と対峙していながら、必ずしも自分自身を相手にさしだしてはいません。

必ずしも、一人の人格と人格として真に対峙していないのです。

相手を心の中で分析している。なんてことも多いはずです。そうなると、それはもはや、人と人との繋がりではなくなってしまうのです。

あなたが相手を何か自分の利益のために利用しようとするならば、それも相手を物として見ているのであって、人と人とのつながりではない。。。

人と人が本当の意味でつながることができたら、
私たちは、神をそこに見ることができる。。。。

深いです。

私は、本当にこの本で多くの祝福を得ました。

ぜひ、みなさんも読んでみてください。

#本 #お気に入り

ワオ!と言っているユーザー

尊敬する神のしもべ

スレッド
ルー・インゴルさん 尊敬する神... ルー・インゴルさん
尊敬する神様のしもべです
写真は、ルー・インゴルさんという方です。

2009年くらいにシアトルのアグローの大会にいらっしゃってメッセージを聞きました。

彼は、この国、アメリカのために人生をかけて毎日祈っている方です。

尊敬します。

この国の、堕胎の多さについて憂い、そして、ワシントンDCに祈りの家を持ち、24時間、国のためにとりなしの祈りをしています。

自分の全てを捧げて、神様の御働きをしている方は本当に尊敬します。

私も、その一人でありたいものです。。。

25年前、私も母教会の牧師夫妻に憧れ、神様の働きをフルタイムでしたいと思ったものでした。

人生をかけて、お金のためでも、私利私欲のためにでもなく、純粋に生きているという姿に胸を打たれます。

私も、祈りに専念し、祈り深く生きたいと思う、今日このごろです。

初心に帰るということは、本当に必要なことですね。
初心を忘れず、
神様のはじめの愛を忘れず、一歩一歩今日も生きていきたいと思います。

#ブログ #キリスト教 #尊敬している人

ワオ!と言っているユーザー

ロマ書13章 社会人としてのキリスト者

スレッド
先週の礼拝後、女子は、いつも忙... 先週の礼拝後、女子は、いつも忙しそうに何かやっとります。。。。何やってんの? 先週のロバの子。。。。もう、孫... 先週のロバの子。。。。もう、孫気分。。。かわいいなーーー。赤ちゃん欲しいーー。いつも教会に来てる人に、「もう一人産んでーー」という口癖。。。子供は、宝、祝福ですよねー
2017年2月26日日曜日礼拝メッセージ音声は、



ロマ13章

人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。2 したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。そむいた人は自分の身にさばきを招きます。3 支配者を恐ろしいと思うのは、良い行いをするときではなく、悪を行うときです。権威を恐れたくないと思うなら、善を行いなさい。そうすれば、支配者からほめられます。4 それは、彼があなたに益を与えるための、神のしもべだからです。しかし、もしあなたが悪を行うなら、恐れなければなりません。彼は無意味に剣を帯びてはいないからです。彼は神のしもべであって、悪を行う人には怒りをもって報います。5 ですから、ただ怒りが恐ろしいからだけでなく、良心のためにも、従うべきです。6 同じ理由で、あなたがたは、みつぎを納めるのです。彼らは、いつもその務めに励んでいる神のしもべなのです。7 あなたがたは、だれにでも義務を果たしなさい。みつぎを納めなければならない人にはみつぎを納め、税を納めなければならない人には税を納め、恐れなければならない人を恐れ、敬わなければならない人を敬いなさい。8 だれに対しても、何の借りもあってはいけません。ただし、互いに愛し合うことについては別です。他の人を愛する者は、律法を完全に守っているのです。9 「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」ということばの中に要約されているからです。10 愛は隣人に対して害を与えません。それゆえ、愛は律法を全うします。11 あなたがたは、今がどのような時か知っているのですから、このように行いなさい。あなたがたが眠りからさめるべき時刻がもう来ています。というのは、私たちが信じたころよりも、今は救いが私たちにもっと近づいているからです。12 夜はふけて、昼が近づきました。ですから、私たちは、やみのわざを打ち捨てて、光の武具を着けようではありませんか。13 遊興、酩酊、淫乱、好色、争い、ねたみの生活ではなく、昼間らしい、正しい生き方をしようではありませんか。14 主イエス・キリストを着なさい。肉の欲のために心を用いてはいけません。\

★ 権威に従う V1-7 subject to the governing authorities

歴史的背景 
当時パウロは、コリントからこの手紙を書いていた。AD58年ころ。この時代は、ローマ皇帝ネロの時代。ユダヤ人たちは、全て、ネロの支配下で生活しているたのであった。ネロは暴君として有名であり、64年にはキリスト教徒大迫害をします。
現代に住んでいる私たちも、よくよくこのみ言葉を注意して聞くべきです。
興味深いことに、社会的権威については、「逆らえ」とは聖書には書いていないことを覚えていましょう。パウロは、当時のユダヤ人たちが政府に反抗して暴動を起こしていたことを受けてこのように書いていたようです。

<参照Reference>

1テモテTimothy 2:1-2
そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。2 それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。First of all, then, I urge that requests, prayers, intercessions, and thanks be offered on behalf of all people, 2 even for kings and all who are in authority, that we may lead a peaceful and quiet life in all godliness and dignity.

テトスTitus 3:1
あなたは彼らに注意を与えて、支配者たちと権威者たちに服従し、従順で、すべての良いわざを進んでする者とならせなさい。Remind them to be subject to rulers and authorities, to be obedient, to be ready for every good work.

1ペテロPeter 2:13-17 
人の立てたすべての制度に、主のゆえに従いなさい。それが主権者である王であっても、14 また、悪を行う者を罰し、善を行う者をほめるように王から遣わされた総督であっても、そうしなさい。15 というのは、善を行って、愚かな人々の無知の口を封じることは、神のみこころだからです。16 あなたがたは自由人として行動しなさい。その自由を、悪の口実に用いないで、神の奴隷といて用いなさい。17 すべての人を敬いなさい。兄弟たちを愛し、神を恐れ、王を尊びなさい。Be subject to every human institution for the Lord’s sake, whether to a king as supreme 14 or to governors as those he commissions to punish wrongdoers and praise those who do good. 15 For God wants you to silence the ignorance of foolish people by doing good. 16 Live as free people, not using your freedom as a pretext for evil, but as God’s slaves. 17 Honor all people, love the family of believers, fear God, honor the king.

そして、何よりも、神の主権がその上にあることをパウロは協調しています。この箇所は、何も「長いものに巻かれろ」というメッセージではありません。むしろ、積極的に、神に信頼しよう。と言っているのです。そして、私たちは主権をもって権威者たちに祈りを持って仕えましょうということなのです。

12章の最後で、「復讐は神のすること」と、あります。もしも、良くないことがあるならば、神が対応してくれます。私たちのすることは、真理に従い、権威に従うことです。真理と権威の言っていることが異なるときは、知恵を用いて真理を行います。
キリスト者の成熟のために通るテストが何種類からあるとしたら、権威についてのテストは必ずあります。

今、アメリカでは選挙の後、様々なリアクションがあります。一つ私の心を痛めたのは、クリスチャンの友達が公に「絶対にあなたを私の大統領だとは認めない!」とネット上に宣言したことです。彼女はかつて牧師までしていた人です。「あちゃー」これは、神様からいろいろと教えられることになるだろうなーと思いました。
彼女は、公に、その上に神の統治があることを認めないと宣言しているようなものなのです。つまり、「神を信頼しないことを選ぶ」と言っているようなものなのです。
みなさん、世の中の論調やミディアに聞くのでなく、聖霊様に聞いてください。そして、何をしたらいいのか知恵をもらってください。そして、何よりも、祈るものとなりましょう!

★ 愛は律法を全うする v8-10  Love completes the law

究極的な律法は神の国の律法であり、愛すること。
イエス様でさえ、カエサルのものはカエサルに返しなさいと、税金をちゃんと納め、社会的な秩序に従うことを勧められました。しかし、愛するということについては、私たちには、大きな負債があるのです。イエス様に私たちの一切の罪が赦され、一生かかっても払えない霊的な借金を肩代わりしてもらうほどに愛されました。今、私たちは、多く愛されたので、愛する者に変えられました。愛のおすそ分けをしたい、というものに変えられました。愛することにおいて、ケチにならないように。愛を否定するような律法はなく、律法は愛によって全うされます。隣人を愛するなら、人殺しもしないし、盗みだってしません。私たちの社会人としての生活は、受身的であるのではなく、積極的であるべきです。
積極的に、国のリーダー、自分の上にある人たちのために祈り、積極的に愛することをしてくべきです。今日、誰を愛そうか。今日、イエス様の愛をどうのようにこの世に示そうかと考ええるべきです。

★ キリストを着るv11-14 Put on Christ

へブル語で、「贖う」という言葉は、「覆うこと」を意味します。すなわち、私たちにとっては、罪を悔い改め、日々、イエスキリストによって罪が赦され、贖われているというぞんざいであることを覚える、悟るときに私たちはキリストによって覆われてる。のです。キリストを着ていることになります。
肉の思うままに、国のリーダーに逆らい、自己中心で愛さないものでいるのではなく、キリストにあって生きるということを私たちは追い求めるべきであると、パウロは言っているのではないでしょうか。

この世にあっては、目を覚まして、主を知らない暗闇の中にいる人のようにふるまわないで、光の武具をつけ、神の前に正しい生き方で、この世に貢献しましょう。キリストをいつもその身におびなさい。キリストと一つになってこの世で証ししましょう。


#ブログ #キリスト教 #教会 #礼拝メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

日曜日の風景

スレッド
教会員のRさんが月に一度の持ち... 教会員のRさんが月に一度の持ち寄りランチに持ってきてくれ手作りバースディケーキです。甘さ控えめで、すごくおいしいです。今回は、チョコレートイチゴショートケーキです。天国ーーー! 今月の誕生日は三名。我らがイン... 今月の誕生日は三名。我らがインターン、ケニーさん、麗しい賛美リーダー和美さん、そして、小さいちゃんです! 小さいちゃんは二歳になり、もうおしめも取れかけて、もはや小さくないです。。。 子供たちは、Hママによる、アー... 子供たちは、Hママによる、アートクラス! 上手に春の木々を描きました。私からしたら天才的なアートです。。。子供はクリエイティブだなぁーー チェリーちゃんは、顔にも斬新な... チェリーちゃんは、顔にも斬新なアート? おっしゃれー 最近、ガールズは、お母さんごっ... 最近、ガールズは、お母さんごっこがブームです。木曜日は、私が赤ちゃん役でしたが、赤ちゃんの人数が足りなかったのか、今日は、人形が一人に一体。。うんちをしたらおしめもちゃんとかえてはりました。すごいね!
今週は、たくさんいろいろなことがありました。

感謝なこともいっぱい。

教会は、生きています。

神様の愛がいっぱい溢れています。

#聖書 #クリスチャン #礼拝 #教会 #キリスト教 #信仰 #子供たち

ワオ!と言っているユーザー

いい本でした

スレッド
最近、いろいろな本を読んでいま... 最近、いろいろな本を読んでいますが、何度何度も読み返し、読み返すごとにまたあらたな発見のあるのが、いい本でしょう。
この本、イブもそんな一冊です。作者は、Shack 日本語では「神の小屋」を書いたポール・ヨン。
完全な小説なんですが、なかなか深い。
リリーという主人公がひどいトラウマを負って死にそうに。。。そんなところを助けられ、そして、はじめの人、すべての母、イブに出会い、また創造主にも。。。
映画化されたShack の予告版。同じ作者です。。。



この原本は、日本にも訳された本が売られてます。

「神の小屋」です。

私は、英語のも日本語のも持っているのに、まだ読んでないという。。。
いやー、この本が出た時も、ベストセラーになり、話題を呼び
あちこちで、ブッククラブが開催されていました。
 
ブッククラブ
みんなで同じ本を読んで、毎週違う章を読んできて、
みなさんでディカッションをしながら読み解いていくサークルです。

日本語でも、興味のある方読んでみてください。

イブは、こちらで出たばかりだから、日本ではまだまだ先になると思いますが。。。

#本 #お気に入り #映画

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/23 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>