記事検索

「あなたの友となられたイエス」

スレッド
「あなたの友となられたイエス」
ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「あなたの友となられたイエス」


ヨハネの福音書 15章13~16節


"人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。
わたしが命じることを行うなら、あなたがたはわたしの友です。
わたしはもう、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべなら主人が何をするのか知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。父から聞いたことをすべて、あなたがたには知らせたからです。
あなたがたがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命しました。それは、あなたがたが行って実を結び、その実が残るようになるため、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものをすべて、父が与えてくださるようになるためです。"


(1) 友としての人材選抜


もしあなたがビジネスのパートナーを選ぶとすれば誰を選ぶか
・いざとなったときに自分を見捨て裏切りそうな人?
・仲間の言葉を信じない人?
・感情的に激昂し理性的判断ができない人?

キリストが友として選んだ人たちはそのような者たちだった
・ペテロ〜3度も主を否定した
・トマス〜復活の主に出会ったと言う他の弟子たちの証言を信じなかった
・マグダラのマリヤ〜7つの悪霊に取りつかれ理性的判断のできない女性だった


(2) 友に託された行くミッション


①復活された主は彼らと個人的に出会い、優しくセラピーをされた
・ペテロ〜3回、わたしを愛するかと尋ねられた(ヨハネ21:15、16、17)
・トマス〜指を、手を肉体の傷跡に着けよと(ヨハネ20:25、27)
・マグダラのマリヤ〜すがりつくことを許されなかった(ヨハネ20:17)

②そして3人の各人には各人なりのミッションが託された
・ペテロ〜3回、わたしの羊を飼いなさい=初代教会の監督への召し
・トマス〜信じないものにならないで信じるものになれ=インドへ宣教し福音の東回りへの道を
・マグダラのマリヤ〜他の弟子たちに伝えよ=復活の主の最初の目撃証言者


(3) 彼らを共として信じ抜かれた主イエス


① 彼らは相性が尽きるほどの不確かな者たちだった
世間的標準で見たら決して一流企業には採用されないだろう彼ら

② あえてそのような者たちを選んで、その上信じ抜かれた主
同様に私たちを友とし選ばれた主は、私たちと共に歩き、
私が歩けない時は背負ってくださる。


(結論)


私が主を選んだのではない〜自分自身ではなく、あてのないこの自分を信じ抜かれたキリストを見上げよう。
そして私もまた信仰の友を信じよう〜その人もまた主が信じていらっしゃるのだから。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「人の本質を決するもの」

スレッド
「人の本質を決するもの」


ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。



「人の本質を決するもの」


ヨシュア記 1章1~9節



"主のしもべモーセの死後、主はモーセの従者、ヌンの子ヨシュアに告げられた。
「わたしのしもべモーセは死んだ。今、あなたとこの民はみな、立ってこのヨルダン川を渡り、わたしがイスラエルの子らに与えようとしている地に行け。
わたしがモーセに約束したとおり、あなたがたが足の裏で踏む場所はことごとく、すでにあなたがたに与えている。
あなたがたの領土は荒野からあのレバノン、そしてあの大河ユーフラテス川まで、ヒッタイト人の全土、日の入る方の大海までとなる。
あなたの一生の間、だれ一人としてあなたの前に立ちはだかる者はいない。わたしはモーセとともにいたように、あなたとともにいる。わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。
強くあれ。雄々しくあれ。あなたはわたしが父祖たちに与えると誓った地を、この民に受け継がせなければならないからだ。
ただ強くあれ。雄々しくあれ。わたしのしもべモーセがあなたに命じた律法のすべてを守り行うためである。これを離れて、右にも左にもそれてはならない。あなたが行くところどこででも、あなたが栄えるためである。
このみおしえの書をあなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさめ。そのうちに記されていることすべてを守り行うためである。そのとき、あなたは自分がすることで繁栄し、そのとき、あなたは栄えるからである。
わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたが行くところどこででも、あなたの神、主があなたとともにいるのだから。」"



(1) あなたは強く雄々しい戦士であれ(6、7、9)


①イスラエルの人々にとっては未経験の領域。
エジプトでは奴隷状態、荒野にあっては放浪者

②悪魔の策略に立ち向かう戦士である
エペソ6:11-16。神の与える武具を取って戦え。


(2)あなたには勝利が約束されている


Abrahamに約束されている領土の領有(4)
先住民との戦いにおいて「立ちはだかるものはいない」(5)
本当にそうか?この後の良光にはそれとは異なる戦争と時には敗北が記されている。


神はご自身の視座と評価、そのタイムテーブルから語られる。
不可解な私どもの生涯においても最善を約束しておられる。

"「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、
人の心に思い浮かんだことがないものを、
神は、神を愛する者たちに備えてくださった」
と書いてあるとおりでした。"
コリント人への手紙 第一 2章9節


(3) あなたにはパラプレートス(助け主・助言者)がおられる


① 律法の書を昼も夜も絶えず口ずさみ、守り行え(7-8)

② 新約時代にあってこの律法に代わるものが主イエスの御霊である。

"しかし、自由をもたらす完全な律法を一心に見つめて、それから離れない人は、すぐに忘れる聞き手にはならず、実際に行う人になります。こういう人は、その行いによって祝福されます。"
ヤコブの手紙 1章25節

"イエスは、ご自分を信じたユダヤ人たちに言われた。
「あなたがたは、わたしのことばにとどまるなら、本当にわたしの弟子です。
あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」"
ヨハネの福音書 8章31~32節

"そしてわたしが父にお願いすると、父はもう一人の助け主をお与えくださり、その助け主がいつまでも、あなたがたとともにいるようにしてくださいます。
この方は真理の御霊です。世はこの方を見ることも知ることもないので、受け入れることができません。あなたがたは、この方を知っています。この方はあなたがたとともにおられ、また、あなたがたのうちにおられるようになるのです。"
ヨハネの福音書 14章16~17節


(結論)


他者の評価によるのでなく自分で決めつけた自己像でもなく、
神が語られるあなたへの言葉、そこに本質がある。
そのお言葉に自らの人生を築いて行こう。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「わたしはあなたの名を呼んだ」

スレッド
「わたしはあなたの名を呼んだ」

ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「わたしはあなたの名を呼んだ」


イザヤ書 43章1~4節


"だが今、主はこう言われる。ヤコブよ、あなたを創造した方、イスラエルよ、あなたを形造った方が。「恐れるな。わたしがあなたを贖ったからだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたは、わたしのもの。
あなたが水の中を過ぎるときも、わたしは、あなたとともにいる。川を渡るときも、あなたは押し流されず、火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。
わたしはあなたの神、主、イスラエルの聖なる者、あなたの救い主であるからだ。わたしはエジプトをあなたの身代金とし、クシュとセバをあなたの代わりとする。
わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だから、わたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにする。"



今も変わらずに語りかけられる主


「恐れるな」〜孤独感や閉塞感に襲われやすい私たち…..こんな時であったとしても。
「あなたの名を呼んだ」〜私の全てを把握した上で呼びかけらてた。
なぜなら主は私たちの創り主であられる。ザアカイの例。


(2)「あなたはわたしのものだ」と言われる主


①「贖った」〜所有者が交代したことを意味している。
「神がいるならなぜ私にこんなことが」と嘆かざるを得ない現実に直面して。
「水の中」「川を渡る時」「火の中」を行くときも。

②「あなたの神、イスラエルの聖者、救い主」
あなたは神の特別な扱い、贔屓の対象である〜他民族との相違(3)


(3) 「このわたしはあなたに充分ではないか」と言われる主

① 「わたしの目には、あなたは高価で尊い」
自分自身の評価や世間の評価で自らを測るなら、劣等か優越意識を抱く。
それは私たちを欺くものでしかない。


② 神ご自身の評価をこの厳しい現実の中で聴こうではないか。
その時に今まで存在してなかった自分が立ち上がる。
全てが変わる。



(結論)


人とはなんとも恐れを抱きやすい存在。
弱さの中で主の御声をを聴くなら主が働き始める。
その弱さの中にこそ希望がある。
主は不思議な方だ。

"しかし主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである」と言われました。ですから私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。"  コリント人への手紙 第二 12章9節

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ