記事検索

私達共通の召しOne Calling we share

スレッド
私達共通の召しOne Call...
2021年1月17日日曜日バイリンガル礼拝メッセージ


コロナ禍で、会えないことがもう一年近く続いています。年末には証し礼拝をして大変恵まれました。一人一人がその神に与えられた賜物に従って、キリストに従っておられたからです。それぞれに神に用いられていました。感謝です。今日は、そんな私達に与えられた賜物の他に、クリスチャンが共通して神に与えられてる召しについて話していきたいと思います。

1ペテロPeter 3:8-9
8 最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。9 悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。Finally, be ye all of one mind, having compassion one of another, love as brethren, be pitiful, be courteous:9 Not rendering evil for evil, or railing for railing: but contrariwise blessing; knowing that ye are thereunto called, that ye should inherit a blessing.

1ペテロPeter 3:14-17
14 いや、たとい義のために苦しむことがあるにしても、それは幸いなことです。彼らの脅かしを恐れたり、それによって心を動揺させたりしてはいけません。
15 むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。
16 ただし、優しく、慎み恐れて、また、正しい良心をもって弁明しなさい。そうすれば、キリストにあるあなたがたの正しい生き方をののしる人たちが、あなたがたをそしったことで恥じ入るでしょう。17 もし、神のみこころなら、善を行って苦しみを受けるのが、悪を行って苦しみを受けるよりよいのです。But even if you should suffer for righteousness’ sake, you are blessed. “And do not be afraid of their threats, nor be troubled.” 15 But sanctify the Lord God in your hearts, and always be ready to give a defense to everyone who asks you a reason for the hope that is in you, with meekness and fear; 16 having a good conscience, that when they defame you as evildoers, those who revile your good conduct in Christ may be ashamed.

★ペテロ書のテーマ Theme
ペテロへの手紙のテーマは、「迫害の中でどう生きるか」ということです。自分の信じていることが故に、自分に苦難が降りかかってくる、人々が故意にあなたを信仰ゆえに傷つけようとしてくるのです。日本にいる時は、しょっちゅう感じていました。また、アメリカにいても、昨今、州にもよりますが、信仰を持っていることはなかなか議論を呼んでしまうこともあるようになってきました。
ペテロ書では、そんな迫害の中、主に従い続けること、委ねることなども書かれています。
しかし、ペテロ書が私たちに与えている中心メッセージは、苦しむことをがまんしなさい。というメッセージではありません。
苦しみが焦点ではないのです。
ペテロ書では、苦しみにあっても、驚いてはいけない、喜びなさいとあります。
それは、苦しみの理由が義のためであるからです。焦点は、苦しみでも、我慢でもなく、義です。義のために苦しむということが肯定されている。

★常に弁明の用意を Ready to give a defense
私達は、キリストによって、罪ゆるされ、義とされました。そして、私たちは、これに勝る幸せは世界中どこにもないことを知っています。また、義とされているという確信は強く、これを私達から奪い去ることは誰にも許されていません。私たちは身体を焼かれたり傷つけられても、この確信を失うことは不可能です。この確信があるからこそ、私たちは天国の約束があり、永遠の命が与えられているのです。

義のために苦しむことは私たちも経験があり、多くあると思います。
今日、新たに覚えていただきたいことは、ペテロ書は、弁明の用意を強く勧めていることです。
15 むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。But sanctify the Lord God in your hearts, and always be ready to give a defense to everyone who asks you a reason for the hope that is in you, with meekness and fear;

★伝道Apologetics
この弁明というのは、英語でapologeticsの意味を含んでいます。すなわち、私達が信じている方について説明し、それが正しいと言うことを示す言葉です。ですから、伝道という意味に使うこともあります。ギリシャ語のアポロジア、弁明するという言葉から来ています。いつでも、「あなたがたのうちにある希望」について聞かれたらわたしたは説明するという召しがあるのです。これは、キリスト者の共通の召しなのです。

〇態度と行動で示すキリストChrist is in your action and attitude
ただし、v16 優しく、慎み恐れて、また、正しい良心with meekness and fear; having a good conscienceをもって弁明しなさい。
 
みなさん、福音書は新約聖書に四つありますが、多くの人はそれらを読んでクリスチャンになったのではありません。ほとんどの人が、第五の福音書、あなたという一人のクリスチャンのうちにある希望と、あなたの行動と態度からみえるキリストにひかれてイエス様を信じるのです。
ペテロ書は、迫害の中でも、それを忘れてはいけないと言っています。
簡単なことではありません。しかし、あなたが弁明を迫られる時に、はっきりとキリストを指し示す用意ができますように。お祈りします。

★教会としてAs body of Christ
8 最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。9 悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。Finally, be ye all of one mind, having compassion one another, love as brethren, be pitiful, be courteous:9 Not rendering evil for evil, or railing for railing: but contrariwise blessing; knowing that ye are thereunto called, that ye should inherit a blessing.

①一致One mind
ユニティは、愛と尊敬が無ければなりたたない。意見をまとめるのはユニティではない。
結婚の例。国際結婚。先日マサイと西洋人の結婚生活のビデオを見た。マサイの女性の地位はひくく、決断の権利もない、男は家事や育児を手伝わない。という文化。しかし、相手の文化を互いに尊敬し、愛し合う時に、時間をかけて心の一致ができ、他の村の人とは違う特別なユニットになった。
クリスチャンの一致は、一人一人が神に繋がり神の霊に繋がることが第一、第二に、愛と尊敬

②同情compassion
③兄弟愛 love as a brethren
④憐れみ pitiful
➄謙遜 courteous
⑥あとは、主にお任せする not revenge
⑦人を祝福する Bless others
とありますが、なんと、神様の方法は憐れみ、愛にあふれているのでしょうか。共同体としては、優しさが必要不可欠です。そんな共同体を見て、人々はキリスト者に興味をもつのです。

私達が世に仕え、キリストを紹介する時に、大切なのは、あなたは主に召されて、主に受けた祝福を相手に流す役割であること。
あなたは、意見の合わない人を裁くのではなく、祝福することが役目であることを覚えましょう。

★まとめ
今週祈り深く、
自分の行動や態度をかえりみながら、人をどのように祝福できるだろうかと考えていきまょう。

 




#召し #礼拝

ワオ!と言っているユーザー

Gaslight 対処法

スレッド
映画Gaslightのシーン 映画Gaslightのシーン

ガスライト、ガスライティング
相手をコントロールするために、嘘をついて、相手に相手自信を疑う癖をつけるという手法です。

さて、
こう言う経験があった、という方も多いかと思います。
私もあります。
職場や友達、親族、または夫婦間で起こります。

これの対処法ですが、

とにかく証拠を取っておく。
ログを付ける。日記をつける。写真を撮っておく。録音する。
録画する。防犯カメラを置く、証拠を残しておく。
ことです。

そして、相手に嘘を言われ、責められた時に、
「いいえ、あの時は、こうでした」と証拠を突きつけます。

私もそれをした経験があります。
あまりにしつこいので、
そんなに言うなら、記録を見せます、と。
相手はそれ以降、私をコントロールすることをあきらめました。

もしも、これが、夫婦間で起きていて、
殴る蹴る、または、金銭を取り上げられている場合は、
ご注意ください。
きっと、怖くて、証拠を突きつけることさえできないと思いますが、
後になって、訳に立つかもしれません。
証拠はとっておいてください。

また、DVで他の虐待も絡んでいる場合は
お近くのアドボケイトにご相談ください。

私のところにご連絡くださっても、アドボケイトを紹介することが出来ます。
日本の場合はよく分からないので、アメリカに限ります。

今日もご無事で。
守られますように。お祈りしています。
#ブログ #メンタルヘルス

ワオ!と言っているユーザー

平和を作る者Peacemaker

スレッド
平和を作る者Peacemake...

2021年1月10日日曜日バイリンガル礼拝メッセージ


新年二回目の礼拝のメッセージです。
世界ではいろいろなことが起き、また自分の身の周りでもいろんなことが起き、教会でも変化があり、今日も一組の家族が日本という新しい土地に移ろうとしています。
そんな中、神様から大切なメッセージを預かっています。

ここ何か月か、キリスト教についての疑問について答える機会がありました。そして、一つ気が付いたことがあります。神は愛なり、というとおりに、全ての答えは、愛、に行き着くのです。
★人生の質問Life Questions
シェルターで神を信じるか迷っている人たちの質問に多かったのは、どうして苦しみがあるのか、どうして悪があるのか、どうして処女が妊娠したのか(奇跡に関すること)、どうやって神の御心を知ることができるのか、どうして神は罪を作ったのか、などです。

神は、私達に自由意志を与えました。それが神の最大の愛の現れです。私たち人間も物を作ることがありますが、完全に私たちに従わせるように造ります。完全にコントロールします。しかし、私たちの神はそれはしなかった。なぜなら、神は愛だからです。
神は、私達と愛の関係を持ちたかった。愛の関係とはなんですか、私達が強いられてではなく、自分で選んで相手を愛することです。
愛さない選択があるからこそ、愛に意味があるのです。私がエリックを愛しているという意味には、犠牲が伴います。私は、他の男子にノーと言って、エリックに忠誠を誓っているのです。愛しているからです。もし、神を愛することを選ぶなら、私は神意外にノー言うのです。犠牲を払わずしての愛など存在しないのです。

苦しみや、悪というのは、善、神を愛することを選ばない人、人たちによる世の中がもたらしたものであり、また代々引き継がれてきているものもあります。

ざっくり、簡単にいうとこういうことになります。

また、神の奇跡についての質問も、全て愛に帰っていきます。神の計画、神の愛ゆえに、私達に新しい創造という奇跡を神はもたらして下さいます。

●今日のみ言葉を読みましょう。
2コリントCorinthians 5:17-21
17 だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。18 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。19 すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。
20 こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。21 神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。

★愛に立ち帰る必要性A need of return to God for Love
まず第一に、愛、を知る、すなわち自分のものとして受けとるには、キリストのうちにある必要があります。イン クライストです。
それは、あなたの罪のために、そう、自由意志が与えられていて、愛を選ぶことではなく、反対を選ぶようにしたその過ち、罪の報いを私達から取り去ってくれた、
私をあなたを愛している、イエス様を信じることから来ます。

V17 だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。Therefore, if anyone is in Christ, the new creation has come: The old has gone, the new is here!
と、あるように、信じるだけで、あなたの心が変わります。今日、この愛を受け取りませんか。あなたも新しく造り変えられることが出来ます。

●仲介者イエスChrist, the Mediator
不思議なことに、シェルターでみんなの疑問に答えていましたが、誰一人としてイエス・キリストを疑う質問をした人はいなかった。
私達の罪のために身代わりになって死んでくださったキリストについて疑問を持ったり、シンパシーの無い人はいなかった。

なぜなら、キリスト教、クリスチャンというのは、キリスト、キリストに入れ込んでいるキリスト馬鹿というもともとの意味があるほどに、キリスト中心の信仰であるのに、そこを疑う人はいなかった。
私の心は、この事実にわあって驚きました。これが私達への励ましのメッセージとなります。キリストは、その謙遜の故に、の愛の故に、その行動の故に、神を信じてない人からも、ノンバイオレント、害を与えられる人だとは認識されてない。

私達は、このキリストに私たちの使命を見出すのです。
マタイMatt.5:9
平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。
Blessed are the peacemakers, for they will be called children of God.

まさに、イエス様は平和を作る方であり、私たちも平和を作るなら、神の子供と呼ばれるのです。まさに、神そのもののお働きとなります。

★和解の務めThe ministry of reconciliation
V18-20
18 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。19 すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。20 こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。

キリストにより、神と和解させていただいた私たちには大きな平安が心にあります。それは誰にも取り去ることが出来ません。何があっても、どんな苦しみ迫害があっても、私達は最終的には神の優しい懐に帰るのです。死も自分には怖いものではありません。待ち遠しいくらいです。
しかし、人との和解と考えると途方もなく難しいと感じます。相手の有ることですし。また、私にも意見があります。

◎愛には、常に痛みが伴います。Love involves pain
私達も、ある人を立ち直らせようと、助けようと祈ったり、教えたりすることがあります。しかし、その人が正しい道を選ばず、間違った悪い友を選ぶなら、私達の心は痛みます。自分の思い通りにならないから痛むのではありません。「愛しているから」痛むのです。
シェルターでも、立ち直り、そして成長し、リーダーになっていく人ほど、痛みが多くなります。それは、もっと愛するようになるからです。
皆さん、愛には犠牲が伴います。どんなに時間を割いて、愛を注いでも、裏切られるようなことがあります。自分の時間が無駄だったような気になることもあります。愛することは、痛みと犠牲が伴います。
あなたがもし痛んでいるなら、正しいことをしているのです。

◎愛はカメレオンではない Love is not Chameleon
平和を作るものは、ネゴシエーターではないのです。時々、間を取り持つときに、二つの派があるとして、こっちに言って話を聞き、こっちに言って交渉をして理解できように。。。とやる。それも大切ですが、こっちについたり、あっちについたりとネゴシエーターが行き来して一つにすることではないのです。

◎イエス様の例
イエス様は、神と人類、そして罪と聖の架け橋となられました。イエス様は完全な憐れみと完全な義を両方兼ね備え居てる方でした。
この方が、人の罪を見て、心が張り裂けなかったわけはありません。この方は、唯一人を裁く権利を持っている方ですから、裁くこともできたのです。しかし、裁くことはされなかったのです。

イエス様は、罪人を愛し、ご自分も罪人の一人として数えられることをよしとし、そして、み父に見放されることさえ、その身に受けました。

真ん中に立つときに、このようなことを経験するのです。
相手側を裁けとチームメイトは言うでしょう。どちら側かに立ってないと、自分が責められることもあるでしょう。イエス様も、裁判で、「なぜあなたは口を開かないのか?!」と問われました。間に立っている人は、そのように迫られることもあるでしょう。

◎とりなしIntercessor
この二手のギャップにとどまり、とりなすことが、まさに和解の務めです。非常に居心地の悪い、孤独な位置です。しかし、イエス様こそ、そこに立たれた方です。
私達も、万人祭司の時代ですから、祭司です。私達もそこに立つように、とりなすように召されているのです。

★神の平和・シャロームGod’s peace, Shalom
祭司がギャップに立つ時、祭司がとりなし、祈る時。祭司が神に痛みを持って行くとき。力があります。
アブラハムがソドムとゴモラのために祈ったとき、モーセが祈ったとき、ダニエルが祈ったとき、エステルが祈ったとき、エリヤが祈ったとき、ハンナが祈ったとき、ヨブが祈ったとき、何が起きたんでしょうか。神は、キリストのように、ギャップに立つ人の祈りをことごとく聞かれてきています。また、痛みをもち、犠牲を払っている祈る人たちを顧ておられます。

神の与える平安は世が与えるものと違います。
Shalom とは、True biblical shalom refers to an inward sense of completeness or wholeness.
完全であり、欠けのないこと、その感覚が心の中に生まれることです。
またそれは、神から来るところの平安であり、正義や安全であること、また回復、和解も含まれています。また、それは、自分の心の内側に訪れます。自分の内側のものは誰にも奪われることがありません。

マタイMatt.5:9
平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。
Blessed are the peacemakers, for they will be called children of God.

この言葉は、有名です。またクリスチャンたちは和解の務めに召さていることを知ってますが、それに従事している人は圧倒的に少ないです。辛いからです。まだ迫害されている地域のクリスチャンの方が率先してギャップに立っています。
今、神は、あなたを呼んでおられます。ピースメイカーになるようにと。

多くのクリスチャンたちが、この務めを真剣に受け止めたら世の中がどう変わるだろうかと思います。あなたの祈りは力です。

信仰、希望、愛、そして忍耐と祈りをもって、和解の務めに専念していきましょう。
#平和 #礼拝

ワオ!と言っているユーザー

Gaslightingとは?

スレッド
シェルターでパターンチェンジン... シェルターでパターンチェンジングという、DVからの解放のクラスを教えていますが、ちょうど真ん中くらいにこの映画をみんなで見ます。ガスライトという映画なんですが、これが、DVによく見られる、またナルシスト人格障害などという人にも多くこれをする人がいます、こういうことをする人がいたらご注意ください。距離を置いた方がいいかもです。

シェルターでは、いろんなクラスがありますが、パターンチェンジングというクラスも大切なクラスの一つです。
いろんなDVや虐待のパターンやサイクルなども一番初めに見て行くんですが、ガスライティングも結構あるんです。もしかしたら、あなたの周りにもいるかも知れませんね。

まずガスライティングの定義については、ウィキからコピペしますね。
ガスライティング(英: gaslighting)は心理的虐待の一種であり、被害者に些細な嫌がらせを行ったり、わざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法。例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。
「ガスライティング」という名は、『ガス燈』という演劇(およびそれを映画化したもの)にちなんでいる。現在この用語は、臨床および学術研究論文でも使われている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ガスライティング

英語ですが、ガスライティングについての論文はこちらから見れます。
http://162.249.108.90/sites/default/files/attach/journals/oct19asrfeature.pdf

まーー、この人、気づいてやっているのだろうか、それとも大真面目に言ってるの?と疑いたくなるようなことがあるんですよね。私も経験がありますが、その時は、すでに心理学をやっていたので、あ、この方は、人格障害だなってすぐ分かりましたが。。。心理学をやる前は、本当に自分を責めて悩みました。

例えば、

五分前にあったことを、「いや、そうじゃない、あなたがこう言ったのよ」といいます。
「え?私はこう言ったじゃん?」(え、うそでしょ。何言ってるの?心の声。。。)ありえないことを言いだすので、冗談かとはじめは思うくらいのことを言ってきます。
相手は、ぜーーーーったいに引かない。語気を荒げ、自分は絶対に言ってないという。
こちらは、それ以上そんなしょうもないことで言い合いするのも、いい大人がしょうもないと思い、はい、はいって引く。
そんなことが、何回もある。
そして、必ず、他の人がいない時に起こる。そして、「ほら前にもありましたよね。疲れてるんじゃないですか。そんなことを忘れるなんて」とか言われだす。。。
(はぁ?????)
(何言ってんの?)って思うんだけど、どこかで、「えーーー?私言ってないのに、そう聞こえるようないい方したのかなーーー?」って少し自分に疑いを持つ。

DVなどの親密な関係で密室の中で起きる場合は、
ま、他にもいろいろな虐待を受けているので、
完全に、自分は狂ってしまったのだろうか、なんて、被害者は考えだすのです。。。。

こんな経験、皆さんありませんか。
これは、ガスライティングっていう心理虐待のやり口なんです。

決まってDVの加害者はこの手を使いますし、ナルシスト人格障害の方もこれを使って人の優位に立とうとし、相手をコントロールすようとします。

※注)ナルシストの方は、自分が捨てられる前に自分から相手を捨てるパターンを必ず取るので、あ、もう自分がばれたなって思うと、自分から去るスタイルを取ります。
DVの加害者はどこまでもひつこいです。気を付けてください!

こういう目にあったら、一目散にその人から離れることをお勧めします。
危険です。

実際にこの映画でもあるように、被害者は最終的に洗脳され、ノイローゼになっていきます。
これも洗脳のやり口なんです。

映画のリンクは
https://www.imdb.com/title/tt0036855/

みなさん、今日もご無事で。
そして、ガスライティングにお気を付けください。

自分の内にある真実を手放さないでください。
周りにいる誰かに相談してください。

メンタルヘルス専門家やDVアドボケイトに相談されると、すぐこれは虐待だと教えてくれますよ。

職場や友達にこのような人がいたら注意してください。
あなたの真実は誰にも変えられないです。自分を信じて!

#ブログ #メンタルヘルス

ワオ!と言っているユーザー

おにぎりが好きなんだなぁ

スレッド
ツイッターアカウント、おにぎり... ツイッターアカウント、おにぎり劇場さんから写真をお借りしました。
この写真を見て、すっごく驚きました。
すごいですねー
おにぎりも芸術ですねーーーー

結婚して10年、夫のエリックはすっかり味覚が日本人になりました。
好物はシンプルなおにぎり。
みそと、うめぼしは切らしてはいけません。

みそ汁をすすると、夫婦ともに疲れた日や悲しいことがあった日などは
なんだか、ほっとするんです。

うどんにお好み焼き、週に一回はカレー味が食べたくなるところまで、
日本人化しています。

そんな、おにぎり好きの主人にある時、山下清画伯の話しをしてあげました。
アートが大好きな夫は、すぐに興味を持ちました。

そして、下に貼ってある動画や、数々の彼の作品を見ました。
彼は、アートに出会って、本当に人生が変えられた。
人は彼のアートを追いかけたけど、彼は、そんなことちっとも気にせずかに、ただ
縛られることのない旅に出かけて、無心にスケッチをする。

エリックは、11月に天に帰ったお兄さんのことを思い出して
このビデオを見て号泣しました。
障害があるため、若い時から窮屈な思いをして、
ストレスいっぱいで生き。
それでも、とてもチャーミングで周りを笑わせて
人のお手伝いをするのが好きで、
両親を愛して、
弟のエリックにいつも誕生日カードやクリスマスにカードを書いて送ってくれて、
いつも、絵をかいてくれたりして。。。

そんな心の聖いお兄さんが、山下清にかさなったのです。
そのビデオを見せたのは、お兄さんがなくなる半年前くらいだったと思いますが、
まさか、突然お兄さんがなくなるなんて、想像もしていなかったです。
今でも、私たちはお兄さんのことを想って、寂しく思います。
きっと天国で大好きな神様と、お父さんと楽しく過ごしているのだと思います。
もう痛みやストレスもない世界でね。
私達は、まだ寂しくて、良かったねとは言えないのだけど、
そのうち、そう言えるようになると思います。

エリックは、今はとても辛いのだけど、
また、
おにぎりを結んであげようと思います。
おにぎりとお味噌汁で、

そして、また山下清画伯のアートを見てみよう。
山下清画伯のアートは命が溢れていて、見ていてなんだか癒されるから。

#おにぎり #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

Glory to Glory

スレッド
Glory to Glory
栄光から栄光へGlory to Glory

2021年1月3日日曜日バイリンガル礼拝動画はこちらから


明けましておめでとうございます。
十二月はクリスマスにまつわる超自然、神の業について話しました。年が明けて2021年、神様から示されていることは、引き続き奇跡です。
コロナ禍が長引き、様々な所で疲れが出てきているところです。そんな中、神様が私たちに下さったデザインについて見て行きたいと思います。

イザヤIsaiah64:4
神を待ち望む者のために、このようにしてくださる神は、あなた以外にとこしえから聞いたこともなく、耳にしたこともなく、目で見たこともありません。
Since ancient times no one has heard, no ear has perceived, no eye has seen any God besides you,
who acts on behalf of those who wait for him.

今日は神を日々待ち望んで生き、奇跡、超自然を日々人生に招いていくことを、私たちの脳、マインドに焦点を合わせて話していきたいと思います。

★体は閉じ込められても、脳は決して閉じ込められないYou mind won’t be incarcerated.
先週、シェルターである人が証ししました。
その人は何回か牢屋に行ったことがあるそうで、また過去には売春や薬物中毒であったが全てそこから解放され神のしもべになったと。そして、今日も解放の中を生きていることを感謝していると。そして、コロナ禍で行き詰まって、また特に施設では外に出られなかったり、自由に人に会えなくって牢屋の中のようだと言う人がいるが、その人が言うには、例え身体が自由を失っても、私たちのマインド、考えは自由を失うことが無い、ということです。
その言葉には、はっとさせられました。

★行き詰まりFeeling Stuck
精神的な障害は、行き詰まっている感覚ともいわれます。ダニエルシーガル博士は、精神の健康とは、統合すること、インテグレーションだといい、またマインド精神の癒しは、流れ、フローだと言います。常に、AからB、BからCと流れて動いていること自体が癒しである、と。
聖書もglory to gloryと言っている

2コリント Corinthians 3:16-18
しかし、人が主に向くなら、そのおおいは取り除かれるのです。17 主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。But whenever anyone turns to the Lord, the veil is taken away. 17 Now the Lord is the Spirit, and where the Spirit of the Lord is, there is freedom.18 But we all, with unveiled face, beholding as in a mirror the glory of the Lord, are being transformed into the same image from glory to glory, just as by the Spirit of the Lord.

クリスチャンも苦しみがあったり、悲しみがあったり、歩みに痛みがあったり、困難があったり、悩んだりしてもいい、どこかに向かって、動いているなら、そこに癒しと成長が必ずあるのです。
私達は、イエス様に出会って、イエスの栄光の中にいれられ、キリストに学び、キリストから受けることで栄光から栄光へとますますキリストの似姿へと向かっていくものなのです。

もしも、今、足踏みをして行き詰まってるなら、よく聞いてください。あなたは、今日変わることが出来ます。

★脳の不思議Mystery of your mind
マインド、頭、脳は、聖書の中でも聖なる場所として認識されている場所です。ここには、神様が一番に働かれる場所だからです。また、私たちの人生を変え、作り替え、そして行動を変えるという奇跡の一歩が生まれるのは、この場所だからです。
心の一新によって神のマインドと一つとなることが勧められている。

ロマRomans12:2
この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。Do not conform to the pattern of this world, but be transformed by the renewing of your mind. Then you will be able to test and approve what God’s will is—his good, pleasing and perfect will.

年末にダンが朝の礼拝で、Neuroplasticity 神経可塑(そ)性について話しました。脳は、絶えず変化しているのです。ということ。私達が好むが好まざるか否か関係なく、脳は絶えず変化するものです。これは、神の癒しと成長のデザインです。私達が栄光から栄光へと変われるデザインにしてくださったのです。ですから、人生がスタックしてると考えている方は喜んでください。あなたにはその暗闇から抜け出せる道を神がすでに用意してくださっていのです。

★行き詰まりの原因 The reasons of stuck-ness
①肉体的な制限 Physical Restriction
これは、先ほども話しました。肉体的に制限がある場合に、環境や状況が許さない時、人間関係が変わらない時、など、行きずまった気持ちになります。そんな時、初めに話したように、私たちの脳、マインドは決して縛られることがないことを思い出しましょう。
②時間 Time
人は、時に縛られている。
過去に縛られると鬱に、未来に縛られると心配症に。どちらに縛られても、そこにスタックする。ですから、
キリストとともに、今を生きることが大切。
イエス・キリストは、昨日も今日もとこしえまでも同じ方。(へブルHeb.13:8Jesus Christ is the same yesterday and today and forever.)
私達の脳に時間が関係ないのと同じで、キリストはずっと昔から昨日も今日もずっと良い方。時間を超えて常におられ、常に良い方。
今日、このイエス様と繋がるなら、あなたの過去からの縛りから解放され、あなたの未来は今日が決めることとなり、心配することはなくなるのです。

★瞑想のすすめ Recommendation for meditation – use your mind for attuning with God.
頭の中で、今起きていることが、過去を塗りかえ、また将来を作っていく。脳の中でイメージすることは、脳的には今起きていること。想像は新たな創造。イマジネーションはクリエーション。現に、ポルノがなぜあなたの脳と体に悪影響を劇的に及ぼすかというと、脳内では実際に誰かと暴力的な性交渉をしていることになっており、脳内からあらゆるホルモンが出ているのです。それによって、実際の結婚関係や人間関係にも影響が出るようになります。脳が普通に満足しなくなるからです。

だったら、神様に与えらたこのデザインを神様的に用い、広げ、成長させればよいのです。

- 志をもつ Dream
ピリピPhilippians2:13
神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。
for it is God who works in you to will and to act in order to fulfill his good purpose.

- イマジネーションを用いる Imagination
へブルHebrews11:1
信仰は望んでいる事がらを保障し、目に見えないものを確信させるものです。Now faith is confidence in what we hope for and assurance about what we do not see.

- 感謝探しをする Thanksgiving --- 主を喜ぶことは私たちの力です
ネヘミヤNehemiah8:10b
きょうは、私たちの主のために聖別された日である。悲しんではならない。あなたがたの力を主が喜ばれるからだ。his day is holy to our Lord. Do not grieve, for the joy of the Lord is your strength.

- み言葉をよみ黙想する Meditate God’s word 
詩篇 Psalms 1:2-3
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ。

3 その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。but whose delight is in the law of the Lord,
and who meditates on his law day and night. 3 That person is like a tree planted by streams of water, which yields its fruit in season and whose leaf does not wither— whatever they do prospers.

- 祈るPrayers ―― 人知を超えた平安 Peace beyond humanly comprehension
ピリピPhilippians 4:6-7
6 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。7 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。Do not be anxious about anything, but in every situation, by prayer and petition, with thanksgiving, present your requests to God. 7 And the peace of God, which transcends all understanding, will guard your hearts and your minds in Christ Jesus.
#マインド #新年 #礼拝

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ