記事検索

フリースペース

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
銀座コーチングスクール認定講師 / 認定コーチ/認定アセッサー
銀座コーチングスクール GCS認定クラス講師 銀座コーチングスクール GCS認定コーチ
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1809NB1953

JSCA認定 : スポーツコミュニケーションアドバイザー
https://sportscoaching.jp/sc0085/

JADA協会認定:SBT(スーパーブレイントレーニング)2級コーチ

夢実現サポートコーチ 村井 大輔
murai.lifecore@gmail.com
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

何でも言いあえるチーム

スレッド
ダニエルキム 組織の成功循環モ... ダニエルキム 組織の成功循環モデル
ご訪問ありがとうございます。

スポーツコミュニケーションアドバイザー
夢実現サポートコーチ 村井大輔です。


脳みそを使っているのが1人のチームと15人のチーム。
どちらが強いチームでしょうか?

脳みそ=頭脳

監督一人が戦術や戦略を考えて、練習内容を決めて、試合中も支持を出したりするチームより、監督もスタッフも、レギュラー選手も補欠の選手も、いろんな人が意見を出し合って考えるチームの方が、強いチームになれると私は思います!

では、どうすれば多くの選手が頭を使い意見を出し合えるチームが作れるのか。

先ずは、心理的安全性が重要です。

何を言っても受け止めてもらえる。
否定されない。無視されない。認めあえる。

もちろん、「何を言っても・・」は、チームにとっての意見ならという条件は付きます。

先ずは「意見を出してもいいんだ」「聴いてもらえる」という安心安全な環境。

何でも言いあえる関係性ができれば、もっともっと、意見やアイデアがたくさん出てきて、自分たちで出したアイデアを実行していく。積極的な行動、主体的な行動につながると、成果が生まれる。

これ、成功循環モデルのグッドサイクル

勝ち続けるチームができるかもしれませんね!

信頼関係の構築が大切
夢実現サポートコーチ 村井大輔でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

内容について気になる、お話してみたい、コーチングを受けてみたいなど
お気軽にご連絡ください。
✉:murai.lifecore@gmail.com

スポーツ指導者の方
スポーツコミュニケーション研修は⇓
https://kokucheese.com/event/index/608141/

コーチングを学びたい
銀座コーチングスクール無料体験オンライン講座⇊ 
https://www.ginza-coach.com/trainer/dmurai.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
#BASIC1研修 #scac #コーチング #スポーツコミュニケーション #ブログル #仲間 #夢 #子育て #感謝 #指導者 #銀座コーチングスクール

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ