記事検索

いつまでも起業家 Forever Entrepreneur

https://jp.bloguru.com/uchikura

フリースペース

1987年7月に Pacific Software Publishing, Inc. を米国ワシントン州にアパートの一室で設立、それ以降 33 年間米国での会社経営に携わってきました。

シアトルの近況

スレッド
私は年齢や持病を考えるとハイリ... 私は年齢や持病を考えるとハイリスクなんですが・・・
家でウジウジしてるのは嫌です。
今日もレストランと散髪に行ってきました。
コロナウイルスの米国での震源地と言われるワシントン州、シアトルの現状を少しお伝えします。

  • レストラン、散髪屋、コーヒーショップ、ファーストフードなどお客様が集まる場所は基本的に閑古鳥。ホテルや公共の交通機関(バス等)も基本的には利用者が少ない状況になっています。

  • スーパーマーケットやコストコなどは多くの人が集まって食品などを買っています。何に備えているのでしょうか。ゾンビ映画のようです。

  • 政治家・メディアは結局何も言えないので「家にいてください。」ばかりです。評論家も同じこと。テレビをつける気にもなりません。

  • 道路はガラガラ・・・

  • 店じまい、倒産、レイオフオフが始まっています。経営には何も問題がありません。政治家やメディアが騒ぎすぎて客足が減っています。可愛そうで。

    世界で毎年5500万人の人が何らかの理由で死んでいます。これは毎日15万人を意味しています。コロナで10万人死んでも1日の数字より少ないのです。もっと言えば世界では毎日2万4千人の人が餓死しています。餓死ですよ。こっちのほうが問題で大きいとは思いませんか。

    私もそうですが、誰も病気にはなりたくないし、死にたくはありません。でもみんないつかは死にます。病気にならないように手を洗ったりできることはやりますが、わがままな買い占めなどをする暇があるなら、困っている個人経営のレストランで食事をしてあげるほうが良いと私は思います。

    コロナで亡くなった方のご冥福を祈るとともに、発病されたからの回復をお祈りいたします。でも、コロナ以外でも亡くなっている方が多いのです。大病と戦っている方々がおおいのです。コロナだけではなく、皆さん頑張ってください。

    #CoronaVirusisNothing
  • #CoronaVirusisNothing

    ワオ!と言っているユーザー

    • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
      ログイン
    • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
      新規ユーザー登録へ