Ken Uchikura Newsletter Vol. 9

バグ、お金そして夢
「バグ、お金そして夢」これは私おの会社で研究開発部隊でいつも考えるようにしている物事の順番なのです。「バグ、お金そして夢」がどう言う意味か、それを今日は説明させていただきます。

もっとも優先度の高いこと、それが「バグ」なのです。バグとはプログラムやシステムの不具合。操作ミスを含めて問題が発生した時は必ず他の仕事を止めてでも修復・修正作業を行います。バグには色々な種類があって、形状のものであれば、お客様に回避策をお伝えするだけで、時期バージョンまで対応を遅らせる場合もありますが、その場合でもお客様とのコミュニケーションは大切にしたいと考えています。

次に優先度が高いものが、お金。お金になるプロジェクトは注力して行いますが、ただここに力を入れすぎると受託開発会社になってしまい、自社の特性が表にだせない、言ってみればスタッフにとってつまらない会社になってしまいます。とは言っても会社にお金がなくなったら終わりですから、あまり選べないところでもあります。

そに次が「夢」なのです。これは我々が将来売りたいモノを考えつくることを意味しています。フィードバックシステム、ヘルプデスク、オーディオエンベッド、顧客管理・コラボレーションなどは「夢」から生まれたものなのです。最初は社内用に作って、自分たちで試して良いものを商品化する。これが、我々のやり方なのです。

我々は他社の製品を再販する企業ではありません。我々はメーカーなのです。ですから、我々が取り扱う製品は、我々が設計して作ったものなのです。ですからお客様のニーズに合わせて変更・改良をすることができます。もし皆様が「夢」のある商品のアイデアをお持ちでしたらぜひお声を掛けてください。一緒に「夢」を追いかけてみませんか。
#valueproposition #pspinc #ブログル #kenichiuchikuranewsletter #bloguru

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ