霞を取り除くレタッチ機能 Adobe rightroom

元画像
霞の除去を適用
元画像
かなり強力に補正しました。
瀬戸大橋がくっきりしました。
逆に霞を付加して霧の中の瀬戸大橋です。瀬戸内海には良く霧が出ます。
先日撮影した4Kフォトの元画像。この日は透明度が良く本州の中国山地の山々も良く見えました。
やや強めにかけます。
トーンカーブ、ガンマカーブも調整出来ます。
カラーイコライズも可能です。
アドビは最近iPadやiPhone 向けに多くのアプリを提供して来ました。写真処理は全てiPadで行っているので重宝しているのですが、先日のAdobeカンファレンスで また新たな機能が幾つか増えて来ました。中でもよく使いそうなレタッチ機能としてアドビ ライトルームに「霞の除去」機能が付加されましたので早速試してみました。PC用のライトルームも同様です。ワンタッチで簡単に霞を消したり、逆に増やしたり出来るのはとても便利です。

最近はPM2.5などのスモッグの飛来で、結構霞んだ日が多いですから遠景撮影した素材に 頻繁に使いそうです。更にカラーのイコライズ機能やガンマカーブ補正機能も有るので併せて使ってみました。
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

パナソニックのバッテリーに関して お得情報

Panasonicのビデオカメラ、HDC-TM85の標準バッテリー。10800円が2700円で買えます。
専用充電器は6020円します。値引きも少なく高いです。
所が、バッテリーと充電器にカメラケースを付けたアクセサリーキットは3258円80%引きの破格の安値です。
早速アクセサリーキットを注文しましたが、何故か100円高くなっています。
前にも買っていますが、こんなには安くなかったように思います。もう古い機種なので在庫処分状態なのでしょうか。
TM85という機種は手のひらに入る程の小ささで、28mmから40倍(1175mm)まで動画静止画が写せる優れものビデオカメラなので日常スナップに使う予定です。
バラで買うとバッテリー、充電器だけで8700円以上。ケースも付いてキットは超お得です。
写っているビデオカメラはTM85の後継機種です
Panasonicのバッテリー、DMW-BLC12(6000円位)と同等品らしい。しかもシグマ純正バッテリーというのがミソ。
シグマ製の充電器が届きました。2100円です。Panasonicだと3800円します。
シグマの注文分のバッテリーを含めて8個、充電器は3個になります。旅行中だとホテルで一気に充電したいので充電器は多くても良いのです。最近のホテルは部屋を不在にすると通電しなくなりますから。
amazonのレビューには絶賛の声がV(^_^)V
2011年製PanasonicのビデオカメラHDC-TM85が1年半ぶりに荷物の奥から出て来ました。サブカメラとして使っていて その後継機種を現在使っているので まあ無くても済むのですが、長い間雲隠れしていたので、早速バッテリーを充電しました。使っていなかったバッテリー(リチュウムイオン)は再充電して 一度放電してしまいます。その後再充電して使えば復帰するのですが、流石に1年以上使わなかったバッテリーは何回か充放電を繰り返さないと元の性能に戻りませんでした。TM85の前のカメラも同じバッテリーだったので4個揃っているのですが、TM85を日常撮影で使うべくバッテリーの追加購入を決めました。
そこでamazonで色々調べてみると お得情報を見つけました。

もう1つ、LUMIXのカメラ、G6、FZ1000を持っていますが、購入の時に検討する項目にバッテリーの調達し易さが有ります。特に上記ビデオカメラ以降のビデオカメラのバッテリーには識別情報があって純正品以外は使えないようになっています。その為非常に高価なバッテリーを買わないといけません。
同じPanasonicでもLUMIXの場合 識別情報が埋め込まれていませんので、サードパーティー製の安価なバッテリーが使えます。その点は有難いのですが、直ぐに性能劣化が起こる物が多く、安かろう悪かろうの世界です。
口コミサイトから、シグマ製のカメラはLUMIXと同じバッテリーを使っているとの情報を見つけました。早速注文しましたが、バッテリーは人気なのか、暫く納期がかかりそうです。充電器も格安なので注文して送られてきました。LUMIXのバッテリーが充電出来ました。なのでLUMIXのカメラバッテリーも増やそうと考えています。
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

DJI OSMOがやってきた

スマホなどでリモコンコントロール出来ます。DJI OSMO折り畳み時。
OSMOによる夜のニューヨーク : http://youtu.be/C0O8CMUHBAE
ヒガサのトンカツは美味しいですね。
この所買いたい新製品のラッシュです。DJI OSMOのその1つです。
ビデオクラブ会員の友人が購入してOSMOが到着したというので、早速見せてもらった。「とんかつのヒガサ」でランチを食べながらの現物との対面でした。
そもそもOSMOとは何ぞやと言われる方が大半でしょう。簡単に言うと歩いたり走ったり、又車から動画を撮るとぶれてしましますね。OSMAはこのブレをなくすモーターと組み合わさった電子制御装置にビデオカメラも搭載されたものです。ですから移動撮影に向くカメラです。電動ですから右や左、上下にレバー1つで振ることが出来ます。カメラ付き電動自撮り棒ですね。元々はヤジロベイの様なアナログのスタビライザーと呼ばれたのですが、ドローンに搭載された免震装置ジンバルと呼ばれる部分を手持ちカメラに応用した製品です。
カメラは4k撮影も出来るカメラです。更にこの部分をマイクロフォーサーズ仕様にしたカメラも発表されています。動画制作、映画制作者にとっては画期的製品です。うまく活用することで誰にでも注目される映像を撮る事が出来る様になりました。
国内メーカーで この様な機器を出して来ないのが非常に残念な事です。
DJI OSMOはモデルチェンジを待つ事なく充分完成していましたV(^_^)V

浅草低空飛行 : http://www.pronews.jp/column/20151023153015.html
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

これさえあれば何もいらない CM開始!

Surface Pen 仕様 : http://youtu.be/2MrnSnX9bJU
Surface Pro4のコマシャルが放映され始めました。「これさえあれば何もいらない … 確かに!
iPad Proの発売の予定日が11/11というニュースも流れています。
アップルとマイクロソフトのタブレット競争が始まりました。注目です。
時代は変わっていきます~~
Surface : https://www.microsoft.com/surface/ja-jp
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

iPhone、OSMO併用の動画撮影の可能性

取材用のzoomのステレオマイク。ステレオですし指向性は期待できません。
記事に紹介されたシュアーのマイクです。指向性は感じられます。
iPhoneの横向き撮影は器具が必要なのが難点です。
記事に紹介された 自撮り棒はiPhone横向き撮影や簡易三脚、1脚として使い良いかもしれませんね。
以前「ツイキャス」をよくしていた頃にはiPhoneを使って動画配信をしていましたが、最近は全くiPhoneでの動画を撮っていません。
iPhoneで取材をしている記事を見ました。http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/minna/20151015_725455.html

記事の動画 : http://youtu.be/bxzG4DOQzGg

自撮り棒とiPhone 6sを使って撮影しています。即時性の取材には便利ですね。
まだ新しいiPhone 6エスを購入をしていませんが、今後はiPhone6sによる動画撮影も考えていますが、ヒマナイヌ河井さんのレポートが参考になって 前回ご紹介したDJIのOSMOと併用して使ったら面白そうと思うようになりました。

ヒマナイヌ河井さんのレポート : http://youtu.be/PDBijnpWzpY
カメラマンなのでOSMOの操作と動作を上手く説明されてます。
http://www.pronews.jp/column/20151013212244.html

ヒマナイヌさんブログ : http://himag.blog.jp/46603109.html
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

Microsoftの新型タブレット、ラックトップが気になる

先日Microsoftの新製品発表会が開催され、アメリカ本土では新製品の発表と予約が始まりました。

「 米Microsoftは10月6日(米東海岸時間:EDT)、12.3型Windowsタブレット「Surface Pro 4」と13.5型2in1ノート「Surface Book」を発表した。米国では翌日(現地時間7日)から予約受付を開始し、10月26日に販売を開始する。日本での展開は不明だ。」

日本でもいずれ発売されでしょうが、何もアップルのiPad PRO及び MacBook Proと真向勝負の革新的スペックを持つマシンです。先月のアップルの新製品発表会でiPad Proが発売は11月なのに先行発表された理由の一端が解りました。

アップルとMicrosoftの新製品対決は今秋の最大の関心事となりそうです。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1510/07/news080.html
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

Adobeのソフトウエアの拡がりが面白い

1993年度版のAdobePhotoshop2.5。その他アプリ、アルダス フリーハンドはIllustratorに取って代わられ、ページメーカーはInDesignとして どちらもAdobeの製品に引き継がられています。
AdobeのiOS用のアプリも沢山になりました。タブレットに注力するAdobeの姿勢が伝わります。
セルフィを最高に盛れるアプリ : http://www.gizmodo.jp/2015/10/photoshop_fix.html

今回発表された Photoshop fixです。レタッチソフトとしてはかなり強力で、神アプリとなるでしょう。
今迄、Adobe製品はどちらかと言うとプロ用として認識されてましたが、今回スマフォ写真のニーズに沿った無償アプリを投入してきました。
お友達をmix! : http://youtu.be/Qy_Py6K5NUc

上記youtube動画は既にラインナップに有るPhotoshop mixです。fixとmixの違い!mixはレイヤー合成出来るアプリです。此方も無償です。
上とこの写真はPhotoshop fixの解説写真です。髪の毛のカラーを指先一本でチェンジ出来ます。
Photoshopで言うスタンプツールですね。
顔の明るさ等、修正します。
iPhoneやiPadであらかた修正してPhotoshopで更に細かく修正出来ます。出先での時間が有効活用出来ますV(^_^)V
マッキントッシュⅡCiから始まったMac LIFEですが、最初に揃えたソフトはAdobe社に吸収されたり名前を変えて今日まで活躍しています。最近はサブスクリプションに変更されたり、iOS用のアプリも次々と発表されています。ニッチで専門向きのアプリも多いのですが、先日写真レタッチの新アプリも発表されました。さらにタブレット端末とPCとのソフトやcloudの連携も一層図られてきて、Adobe復活の兆しが見えてきました。

Adobe新製品発表会 : http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20151007_724424.html

アップルの新OSで新たにモリサワフォントが増えましたが、Adobeは更に多くのモリサワフォントが使える様になりました。

https://typekit.com
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

マルチコプターの変遷

DJI製ファントム1です。
ファントム2です。
ファントム1、2は魚眼レンズでの撮影でした。
今年発売のファントム3は大きな改善がされて、非常に良くなりました。魚眼レンズでなく、広角固定レンズで4Kビデオ撮影出来ます。
真下の撮影も面白いのです。
アップルストアで販売されていたマルチコプター
これはラジコン飛行機(水上艇)です。先日のNHKのドローンを紹介する番組ではこのラジコン飛行機もドローンとしてカテゴリー化していました。

ウイキペディアよるドローンの定義 : https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ドローン
ラジコンモーターボートもドローンと言う事になります。
12月から規制される予定の市街地のエリア
今メデイアで騒がれているドローンと言う、余り印象の良く無い名称の小型ヘリコプターは元々「マルチコプター」と呼ばれています。在来のヘリコプターの形から 複数枚のプロペラを搭載して飛行の安定化をした模型ヘリの総称です。しかし何故かメデイアは「ドローン」と言う名前(一部では使われていたのですが)を使ってニュースにしています。

約3年程前にAppleストアなどからiPhoneを使った模型ヘリとしてマルチコプターは出てきました。特に今有名なDJIと言うメーカーはその当時から毎年新製品を発売して来ました。ファントムと言う名称でファントム1から今はファントム3になり更に上位の製品も改良され発売されています。ファントムシリーズは17万円程、上位機種になると車が買える位にもなる様です。更に国内でも幾つかのメーカーが有って、受注製で販売されています。更にファントムより低価格のマルチコプターも出揃って来て1万円程度の物も有ります。

朝の連続ドラマのタイトルバックで使われていますね。「あまちゃん」「まれ」など。ファントム3ではこれらのタイトルバックとほぼ同様の動画が撮影可能です。

徳島の知り合いが初期からファントムを主に使って空撮業務をしています。機体も1、2、3と進化して今年の夏、発売すぐのファントム3を使った撮影をしましたが カメラは4K仕様だし、コントロールアプリも新しくなり、全く見違える進化をしていました。

残念ながら度重なる事故(誰も怪我していないのですが)で 早くも法律が出来て規制がかかる事になりました。重要な地域や空港周辺は飛行禁止と言うのは納得なのですが、住宅密集地は原則飛行禁止に今年の12月から規制される予定です。業務で外注してきましたが、これからは飛行し難くなります。明日も市内のビルを撮影予定です。慎重に飛ばさ無いといけません。
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

Google play music が面白い

パソコンなどに保存の曲を最大50000曲アップロードでき、ストリーミングで聞く事が出来ます。通信量は増えますが、タブレットのストレージを圧迫せずに、何時でも好きな音楽を聴くことが出来ます。無料で使える様です。
在来はソフトウエアをパッケージとして購入するのが普通でしたが、いま、月掛けや年掛けと言うソフトの使用権をレンタルするサブスクリプションと言うアプリの形態が増えています。Adobeが早い時期からソフトのサブスクリプションを始めていて使っていますが、最近はiOS用のナビゲーションや、業務アプリなどかなり広範囲になってきました。前回紹介のAppleミュージックもサブスクリプションで月掛け980円で数万曲の音楽が自由に聞ける様になっています。
さらにGoogleも先月からGoogle play musicを開始しています。最初はAppleミュージックと同じサービスと思っていたのですが 使い方次第で便利な事が解りました。詳しくは以下の記事に書かれています。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20150930_723177.html

要は、数万曲の曲を自由に聴けるだけで無く、日本では未だ楽曲の提供が少ないのでGoogle play musicに無い国内ミュージシャンの曲も自分のパソコンの中に保存されていればGoogle play musicのクラウドボックスにアップロードして自由にストリーミングで聞こえる様になる特徴が有ります。このサービスは無料でも使えます。

Appleで同様なサービスもありますが別料金が必要ですからGoogleの方がお得です。更に有料版も今月18日までに契約すれば月掛け980円が、ずっと780円で使えますから、音楽を年中聴きたいという人にはお勧めのサブスクリプションですV(^_^)V
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

amazon プライムビデオを本日スタート

独占放映みたいですね。
こちらは在来のamazonビデオです。有料です。
TVにUSBチップの仕様のような物を指してテレビでもプライムビデオを鑑賞出来ます。価格も安い!
ホールドソレイユの予告編のワンカット
#ネット #PC #テクノロジー

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ