記事検索

「バプテスマのヨハネの透視力」

スレッド
「バプテスマのヨハネの透視力」



「バプテスマ・ヨハネの透視力」


マタイの福音書 3章1~12節


"そのころバプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教えを宣べ伝えて、
「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」と言った。
この人は、預言者イザヤによって「荒野で叫ぶ者の声がする。『主の道を用意せよ。主の通られる道をまっすぐにせよ』」と言われた人である。
このヨハネはらくだの毛の衣をまとい、腰には革の帯を締め、その食べ物はいなごと野蜜であった。
そのころ、エルサレム、ユダヤ全土、ヨルダン川周辺のすべての地域から、人々がヨハネのもとにやって来て、
自分の罪を告白し、ヨルダン川で彼からバプテスマを受けていた。
ヨハネは、大勢のパリサイ人やサドカイ人が、バプテスマを受けに来るのを見ると、彼らに言った。「まむしの子孫たち、だれが、迫り来る怒りを逃れるようにと教えたのか。
それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。
あなたがたは、『われわれの父はアブラハムだ』と心の中で思ってはいけません。言っておきますが、神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子らを起こすことができるのです。
斧はすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木はすべて切り倒されて、火に投げ込まれます。
私はあなたがたに、悔い改めのバプテスマを水で授けていますが、私の後に来られる方は私よりも力のある方です。私には、その方の履き物を脱がせて差し上げる資格もありません。その方は聖霊と火であなたがたにバプテスマを授けられます。
また手に箕を持って、ご自分の脱穀場を隅々まで掃ききよめられます。麦を集めて倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。」"







⑴ 時代に対しての透視力


①「主の通られる道を真っすぐにせよ」
まもなく主の主であられるメシアが到来する時代が来るとの認識

②「荒野で叫んでいる者の声です」(ヨハネ1:23)〜自身の宣教活動がマラキ書預言の成就であると認識している

(例)今回の新コレラウィルスのによる世界中の混乱は聖書預言と照らしてどう理解すれば良いのか


⑵天の国に対しての透視力


①「天の国は近づいた」(2)
「天の国」とは霊的な王国ではなくメシヤ的王国のこと
この動詞は完了形が用いられている

②パリサイ人らが抱いている天の御国への入国条件に関する認識の違い
「神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子らを起こすことができる」




⑶メシアに対する透視力


ヨハネはその方の奴隷となる資格もないほど偉大な方
彼自身は「声」に過ぎず決して神の摂理を踏み越えようとはしない

②「聖霊と火とのバプテスマをお授けになります」
聖霊によって信者を生み出し、やがてそれを「倉」に収納する
不信者を「消えない火」に投げ入れる。
両者を選別する「箕」を手にしておられるお方。


(結論)
バプテスマのヨハネにこれだけの洞察が与えられたのは天からの啓示があった故。彼はそれを聖書研究から与えられている。時代を正しく認識し永遠を展望した価値観に生きよう。








#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ