記事検索

538.着床前スクリーニングについて(5)

スレッド
538.着床前スクリーニングに...
着床前スクリーニングの問題点は、

「命の選別につながる可能性」と、

「必ずしも正確ではない危険性」です。


まず、倫理的な問題として、
性別や、ダウン症の有無もわかるため、
その取扱い方法については
日本的な十分な検討が必要です。


もう一つの問題として、
正確に、胎児の異常を反映している
わけではないということです。

胚盤胞の外側の胎盤になる細胞を
複数個採取して検査していますので、
それに異常があっても、
胚盤胞の内側の胎児になる細胞は
正常であることも考えられるのです。


高分析能を持つ
着床前スクリーニングのNGS法では、
胚のモザイク
(正常細胞と異常細胞の混合状態)
までわかりますが、

そのモザイク胚を移植して、
健康な正常な赤ちゃんが出生したと、
イタリアの研究グループから
報告されています。
(N Engl J Med 2015)

モザイクは決して稀ではなく、
そのモザイク率の程度によって、
妊娠率や流産率を予測することは
困難である
ことも今年の1月に、
アメリカの研究施設より
報告されています。
(Reproductive Biology and
Endocrinology 2018)



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。
#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

537.着床前スクリーニングについて(4)

スレッド
537.着床前スクリーニングに...
現在の着床前スクリーニングの多くは、
5日目の胚盤胞の
約128個の細胞集団の中から、
胎盤となる栄養芽細胞を数個採取して、
その細胞のDNAを増幅したうえで
検査しています。


海外の報告では、

顕微鏡検査の外見では
問題のない胚盤胞を、
着床前スクリーニング検査してみると、

年齢とともに増加しますが、
その60~70%に染色体異常が
認められると報告されています。

ですから、
着床前スクリーニング検査していない
胚移植の成功率は
10~30%と低いのです。


着床前スクリーニング検査をした
胚盤胞移植では、
胚移植あたりの妊娠率が
50~60%ぐらいで、
従来の2倍と高く、
流産率も減少しているようです。


では、問題点はないのでしょうか?



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。
#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

536.着床前スクリーニングについて(3)

スレッド
536.着床前スクリーニングに...
着床前スクリーニング(PGS ;
preimplantation genetic screening)
という受精卵検査は、
細胞の核の中の染色体という
遺伝子の量を調べる検査であり、
昨年(2017年)、米国の学会では、
PGSという名前を、
PGT-A ;
preimplantation genetic testing for aneuploidy)
と、改名しています。
日本語的に言えば、
着床前遺伝子(異数性)検査でしょうか?

偶然的な染色体の数の異常のある
卵子や精子によって、
受精卵が発生したり、
正常受精卵が
倍々で増えていく(減数分裂)過程で、
分裂異常により
偶然的な染色体の数の異常を
起こした場合、
数的染色体異常のある受精卵
になるのです。


偶然の染色体異常の受精卵は、
年齢とともに(特に卵子側により)、
その発生率が増加していきます。



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。
#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

535.着床前スクリーニングについて(2)

スレッド
535.着床前スクリーニングに...
着床前スクリーニングが
最も頻繁に行われている米国では、
すでに10年ぐらいの実績があり、
6万人以上の赤ちゃんが誕生している
ようです。

米国では、
生殖遺伝子検査を専門とする企業があり、
日本も含めて、
世界中に代理店があります。

日本でもすでに行われている
非侵襲性出生前遺伝子検査
(新型出生前診断;
胎児の偶然的染色体異常の
13, 18, 21トリソミーの有無)も、
採取された母体血液が
米国へ空輸されて
検査されているのです。

ですから費用は高額で、
約15~20万円です。


着床前スクリーニングの検査は、
現在、米国では、
アレイCGH法より精度が高く、
染色体モザイク異常までわかる
NGS法が、
すでに一般化されていますので、
日本でも検査許可がでれば、
代理店を通じて、
米国に検査依頼されるのでしょうか?


着床前スクリーニングの検査の費用は、
胚盤胞一つにつき、約8~10万円も
かかるようです。



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。
#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

534.着床前スクリーニングについて(1)

スレッド
534.着床前スクリーニングに...
体外受精が成功しない理由は
2つ です。

1つは、「卵の偶然的染色体異常」。
1つは、「子宮内環境の不良」。

その割合は
「卵の偶然的染色体異常が約60~70%」、
「子宮内環境の不良が約30~40%」
と、考えられます。

「卵の偶然的染色体異常」 を見分けるには、
卵の 「外見」 を見る方法と、
卵の 「中身」 を見る方法
があります。

日本ではまだ、
卵の 「外見」 を見る方法が
一般的ですが、
欧米、アジアの多くの国では、
卵の 「中身」 を見る方法も
行われています。


その卵の 「中身」 を見る方法が、
「着床前スクリーニング」 
という方法です。


日本でも、
現在、日本産婦人科学会により、
「着床前スクリーニング」の臨床研究が
アレイCGH法により、
行われています。



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。
#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

533.植物園の温室は冬のオアシス

スレッド
533.植物園の温室は冬のオア...
寒い日が続いています。
こころも冷え冷えです。

機会があれば、
真冬の植物園の温室に行ってみませんか。

ぽかぽかしていて、
空気がまるで楽園のようです。

熱帯植物を
近くで見ていると、
その鮮明な色彩に圧倒されます。

オーラをいっぱい感じます。


カメラで接写してみると、

その美しさに感動します。。。


ワオ!と言っているユーザー

532.妊娠したら、まず名前を

スレッド
532.妊娠したら、まず名前を
今までどうでしたか?
妊娠とわかったとき、
流産した過去のことがフラッシュバック
していませんでしたか?

授かった喜びより、
今度も流産するのではないかと、
怯えていませんでしたか?

茶おりに怯え、
診察で不安になり、
治療薬の副作用を疑い、
頭の中はいつもピリピリ
していませんでしたか?


これでは子宮の中に
十分な血液が行きません。


いつも何かを考えてしまう方は、
ぜひ、
お腹の子の名前を
考えてあげてください。


男の子か、女の子か、
どちらに似ているのか、
今の状況から、
どんな名前がいいのか。

いろいろ書き留めてみてください。


丁寧に、心を込めて、
書いてみてください。


その子のイメージがわいてきたら、
それは、
その子があなたと会話している
のかもしれません。


子宮の中に
温かい十分な血液が行きますよ。




ワオ!と言っているユーザー

531.なんだ坂、こんな坂

スレッド
531.なんだ坂、こんな坂
心配事が一気に膨らみ、
頭の中がぐちゃぐちゃになり、
お先真っ暗になったとき、

それでも、
なんだ坂、こんな坂、乗り越えて、

楽しかったことも思い浮かべ、

今までも何とかなってきたのだから、
がんばれば、何とかなります。

いろいろあるけど、
がんばりましょう。


何とかなると信じましょう。


人生、何とかなるもんです。

ワオ!と言っているユーザー

530.バファリン等は血が止まりにくい

スレッド
530.バファリン等は血が止ま...
ブログNo.525にも書きましたが、
低用量アスピリン
(バファリン、バイアスピリン等)は、
血液をサラサラにするお薬です。

必要かどうかわからないのに服用すると、

副作用として、
血が止まりにくくなるため、
後悔することもあります。

妊娠初期によくある少量出血が
大量出血となり、
あるいは絨毛膜下血腫となり、
自然流産してしまうことも
あるのです。


よくあるご相談のなかで、

「妊娠初期の少量出血のときに
バファリンを中止していれば
血腫にならずにすんだのではないか?」

と、悩まれている方がいらっしゃいます。


アスピリンは血小板にくっついたら
離れませんので、
一時服用を止めても、
血小板の寿命の約一週間は
効果がなくなるわけではありません。


ワオ!と言っているユーザー

529.オーストラリアからの手紙

スレッド
529.オーストラリアからの手...
今月、オーストラリアから
お手紙をいただきました。

40歳以上の方で、
相当数の体外受精・胚移植を受け、
妊娠しても流産し、
流産児の染色体検査を受けたところ、
「異常なし、健康男児」
の結果を得た方です。

それまでは、
妊娠陰性が続いても高齢によるもの、
卵の老化・質によるもの、
と思い込んでいたそうです。


インターネットで当院を知り、
受診していただき、
同種免疫異常と過剰な生殖ストレス
が判明し、
当院の心身両面からの治療により、
妊娠維持に成功されました。


オーストラリアで今年、
超安産で元気な子を
出産されたそうです。


海外生活でのストレスを
考えると、
本当に良かったと思います。


今年ももうわずか、
来年こそ、
皆様に
大きな幸せが訪れますように!

幸せを抱きしめられますように!


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ