記事検索

「大名茶人 松平不昧」展 in 三井記念美術館

スレッド
「大名茶人 松平不昧」展 in...
 三井記念美術館で行われている「大名茶人 松平不昧」展へ行ってきた。没後200年の特別展だそうである。国宝や重要文化財がいっぱいある。まあ、審美眼で、茶の湯の文化を高めた人であるから当たり前か..
 書は「字に特徴があり、面白いな。」とかくらいで、よくわからないが、工芸品はかなり面白かった。茶碗も小ぶりなものが多く、基本的に好みのものが多かった。特に、重文の油滴天目茶碗は良かったな。もちろん、国宝の井戸茶碗も良かったけど。まあ、お茶をやっている人には必見でしょう。
 ということで、本日までです。また、見に行くのが遅く、アップがぎりぎりでごめんなさい..
#美術館 #展覧会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
KEI
KEIさんからコメント
投稿日 2018-06-17 15:12

う〜〜ん、私はお茶やってますが、あまり茶道具の展覧会行きません。 
お茶の道具は見て触って、あと特に重要なのは道具立(道具の組み合わせ) 
だと思っているのです。 
昨年熊倉功夫先生正客の「夕去りの茶事」にお招き受けた時は 
本床が和漢朗詠集の本歌、寄り付きは不昧公の七夕の短冊で 
お道具も不昧公所持のものが多く楽しかったです。 
でも確かに本歌を見るのは大切ですよね。 
混んでいない展覧会は行くようにします!

ワオ!と言っているユーザー

hiro
hiroさんからコメント
投稿日 2018-06-17 23:55

 まあ、私はお茶をやっていませんので、それほど興味はないですけれども、勉強にはなります。

ワオ!と言っているユーザー