記事検索

Tai - Diary

https://jp.bloguru.com/tai

ブログスレッド

  • 2019/05/01 Vancouver: Chinatown, E Hastings St, Gastown, Waterfront, Downtown

2019/05/01 Vancouver: Chinatown, E Hastings St, Gastown, Waterfront, Downtown

スレッド
Chinatownは、16年前に訪問した時、既に治安の悪さを言われていました。この日は朝9時に訪問したので店が開いておらず、界隈を散策しました。早速遭遇する浮浪者。歩けば歩くほど異様な光景です。とは言ってもChinatownの店自体は堅実で、店員は開店前に店先を掃除し、また八百屋は早朝から活気がありました。

どこまでがChinatownなのか散策中、ある通りに足を踏み入れると風景が一変し、浮浪者が集まる一帯に遭遇しました。通りの名前を見るとHastings Streetとあります。期せずして一番行ってはいけない所に来てしまったと思いました。Chinatownの東隣のDowntown Eastsideという地域が、その通りを中心にスラムで、行ってはいけないとの情報がありました。しかし実態は、Downtown Eastsideに限らず、Hastings Streetすべてが避けるべき通りのようでした。後述する観光地であっても、この通りは東西に横切るので、住民はもちろん観光客も、この通りにたむろする浮浪者を必ず見ることになります。結果、この街には半端ない数の浮浪者が溢れているようでした。但し、夜は危険なのかも知れませんが、住民にとっては日常であり、お年寄りも子供連れの母親も通ります。事前に入手した情報ほど危険ではないように見えます。

10時になり店が開き始め、Blenz Coffeeというコーヒー店で休憩後、Chinatownの北隣のGastownという観光地へ。溢れるほどの観光客です。その後、湾に沿って西に向かい、Waterfrontという地域へ。ここはビジネス街で、コンサルティング会社のビルがあったり、Vancouver Convention Centreという、会議室が集まった大きな施設があります。入館チェックなく入れるので、訳も分からず入ってしまいました。

その後南へ降り、Downtownでウィンドウショッピングをしましたが、ここにも多数の浮浪者がいました。そこから東のChinatownへ戻り、中華料理店で夕食。最後、駅へ戻る際に通った駐車場とモールらしき建物の付近が、16年前に駐車した場所なのに気付き、懐かしく、しばらく写真を撮りました。
#trip201905vancouver

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ