筆柿の収穫

この時期は筆柿の収穫が最盛期です。
筆柿は干し柿の素材で、本来は渋柿を干しますが、当然甘い柿もあります。
半数ぐらいは見分けが出来ますが、外見で判定できない場合は機械で判定です。

LEDの透過光で内部の黒斑点で目視判定です。
昨年に続いて、今年も豊作です、早く収穫しないと弾けてしまのですが、
一気に収穫しても、処理が追いつきません・・・・

ともかく、来週辺りまでは柿と格闘です。
柿の収穫で私の一番の仕事は高所作業です、上背のある男の仕事です。
脚立や木登りしての作業で決して効率は良くありませんが、誰かがしなければ
ならないのです。
この作業、バランス感覚と足腰の強さが要求されます。


わかお かずまさ
VegaSystems


#LAN_PRO
#Bloguru
#kuma_ichinomiya
#VegaSystems_Japan
#Ichinomiya_midori
#photography_Ichinomiya
#Video_ichinomiya




ワオ!と言っているユーザー

今日の日の出(2020.10.18)

今日は晴れになりました。
昨日の雨で地表の湿度が高く、朝は雲海を見ることが出来ます。

今日は農作業の予定、お山には行きません。


わかお かずまさ
VegaSystems


#LAN_PRO
#Bloguru
#kuma_ichinomiya
#VegaSystems_Japan
#Ichinomiya_midori
#photography_Ichinomiya
#Video_ichinomiya
#X100V
#日の出_一宮
#夜明け_一宮




ワオ!と言っているユーザー

光ファイバーケーブル

本業のお話です。
光ファイバーケーブルの直径は0.125mm。これが実測出来る最低の直径です。

でも、実はこれは保護材に覆われた最大径なんです、保護材はクラッドと呼び、
実際に光が通過する部分はコアと呼びます。

コアは二種類あり、マルチモード(MM)とシングルモード(SM)と呼びます。
それぞれ0.05mm、0.01mmなんです。※MMの旧型は0.065mm
この細さでは破損するので保護材で覆い、更にビニール部材でジャケットします。

MMとSMは外見では区別は不可能で、表記に頼るしかありません。
銅線で作られるLANケーブルに比べ、先端プラグの種類、プラグ付け加工には専用
の工具や機器、熟練した作業技術が求められます。
これら一連の作業や指導がVEGAが持っている専門分野の一つなんです。

全ての工程での工具や治具、測定器を有しており、指導のためのマニュアルも
あります。現在、それを動画化しています。


わかお かずまさ
VegaSystems


#LAN_PRO
#Bloguru
#kuma_ichinomiya
#VegaSystems_Japan
#Ichinomiya_midori
#photography_Ichinomiya
#Video_ichinomiya
#AVIUTL
#OBS_Studio
#AtemMiniPro
#Zoom
#Teams
#Web会議
#OM_D_nagoya
#HCX2000



ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ