PoE(PSE)過負荷試験

0 tweet
4ポート全てに802.3afの負荷をつなぎますが、機器の定格は
65Wであるため、25WX4では作動せず、1ポートは不動作となります。
PoEの電源供給部をPSEと呼びます。
PSEには当然定格があり、これに従い電源電力を供給します。

実際のの負荷は変動しますが、今回はPSEの限界性能を試す意味で、
最大負荷以上を連続して課し、その状態を試しています。

この試験はメーカーの設計思考が反映され、いろいろな結果がでます。

写真の左はPSE用負荷試験機で、右がPSEです。PSEは4ポートある、全てで
給電可能ですが、仕様の限界電力を超えると給電を出来ないポートが発生します。

また、使用中に限界を超えて作動すると全ポートが給電停止するなどの状態
になる場合もあり、しっかりした動作確認が必要です。

PoEの低電力での通常使用では問題は少ないと考えられていますが、検査は
限界点まで試すのです。

ただし、限界試験は本体の発熱など注意点が沢山あり、無人の試験は禁物です。
PSEの電力制限は電流値のみで行われているようで、この点に留意が必要です。
つまり、規定電流値以下なら給電を続けてしまい、発熱は関知しない恐れが
あります。


#poe #network #pc #pse #pd

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ