記事検索
ハッシュタグ「#ユメモ」の検索結果92件

フリースペース

  

ユメモ(パスポート)

スレッド
5月25日




空港へ向かっている。
乗っているのは高速バスのよう。娘とふたり。
もうすぐ空港に到着という頃、娘が興奮して言う。
cねえちゃんだ!あの車!見えた?ちょうど空港で会えるね!!


やっと空港へ到着。バスから直接空港の建物の中へ入れる仕組みになっている。そのまま進むと、大型旅客機の後方部分が大きく開いていて、そこから内部へ入れるようだ。空港も変わったなぁ、と感心する。中ではフライトアテンダント(小太りの中年のアメリカ人女性だった)がひとりでチケットとIDの確認をしている。
席はどこだっけか?
娘が先に中へ入って行こうとするので、あなたは入れない筈だよ、と慌てて伝える。と、そのとき、嫌〜な予感が走る。ヤバい、、、、

「だめだ、パスポート忘れた、、、わたし、飛行機には乗れない、、、」
パスポートを持っていないことに気付く。絶望感。高額なチケット代はこれでパーだ。
「マミィ、ここにxxxって書いて貰えば大丈夫だよ、あきらめちゃ駄目だよ!」
娘に言われて、そうだ、あきらめちゃいけない、駄目元でなんだって聞くしか・・と思い直す。

フライトアテンダントにチケットを渡すと、パスポート、プリーズ、と決まり文句を言われ、実は、、、と話し始める。彼女はわたしの言葉を遮り、残念ね、パスポートがないなら無理よ、とぴしゃり。あぁでも、ここに何か記載して、というのは、駄目ですか。向こうへ着くまでにパスポートを送って貰うというのは駄目ですか、、、色々訊いてみるが、彼女はもう次の客の手続きで忙しない。
「とにかく、駄目。でもあなたには空港内に残ってもらいます、それからね」
彼女の言葉に打ちのめされながら、娘に、cに電話してちょうだい、、、とお願いしている。
なんでいつもこういう間違いを起こすのだろう、、、自分が情けなくてしょうがない。







#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ(樹海)

スレッド
5月16日





第三者が主人公。
線が細くてどこか暗いイメージの女性。夫の横暴ぶりに離婚というよりも夫の元から逃げ出すことを計画している。

カルチャークラスのためと言って出かけている。逃亡するための荷物を取りに家へ戻ったら、夫が帰って来ていた。彼女は怪しまれないように振る舞うのだが、夫は執拗に彼女のことを観察している。(夫とおぼしき人物は、ずんぐりむっくりの中年。がまがえるのような風貌で、嫌な顔つきをしている。服装はぱっとしないスーツ)

どこかへ出かけるのか、と夫に訊かれ、ええ、ここへ行ってみようかと、とあるパンフレットを見せながら答える彼女。そこには、樹海の様子が映し出されていた。(この場面でわたしは、そんなことしたらバレてしまうのに!と、焦っている)
夫は、パンフを手に取り、じっと眺めながら、ほぉ、なかなか良い場所じゃないか、と言っている。それを見ながら彼女は静かに後ずさりをし、、、


いきなり樹海の中へと入って行った。(なぜか樹海はすぐそこにあった)
わたしは樹海の中側から彼女を見ている。彼女は樹海をどんどんと進む(つまりわたしの方へと進んでくる)。樹々が深くなり、彼女の身体がやっと入るくらい。外界の灯りが次第に遠くなり、彼女の夫が「おい!おい!!」と叫ぶ声も遠ざかり、とうとう、樹海の深部へと入り込んだらしい、外界の様子はもう何も見えない。と、同時に、樹々の間隔も広くなり、彼女はほっと安堵しながら、その中を進む。


が、しばらすると、どうも何か巨大な建物のなかにいるような感覚。暗がりの中でよくよく見ると、太いパイプなどがある。ふと、何かにぶつかった。と思ったら、彼女の頭よりも高い位置で誰かが動き・・・どうやらそれは浴槽のようだった。彼女は息をのんで、じっと佇む。見つかったら夫のところへ戻されてしまうのではないか、と恐れている。

しかし、やはり見つかってしまう。しかも、どうやらここにはもっと大勢の人がいるようだ。彼女はある女性に連れられ、更衣室へと案内された。そこは巨大な施設になっていて、老弱男女、大勢の人達が暮らしている。どのような団体なのかはわからないが、彼らは温厚で、彼女のことを暖かく迎えてくれている。


いつしか樹海に入ったことも、夫からの逃亡についてもあまり考えなくなってしまう。そんなとき、新しい大勢の新参者とともに、彼女の娘もやってきた。彼女は娘との再会に喜び(わたしはこのときまで彼女に娘がいることを知らなかった)、ここは安心できるところだから、と説明している。


・・・

富士樹海の中にそういう巨大な秘密施設があったなんて、、、と驚きながら、わたしは樹海の中を歩いている。樹海の中へ入るとそこは磁場が狂ってしまっているので迷って外には二度と出られなくなるというが、それは外界からも中の様子がまったくわからない、ということなのだろうか、、と考えている。現代の科学をもってしても、中でこのような施設があるということは隠されている?そんなことが可能???


そんなとき、「馬鹿野郎!おめぇがそんなことをしたら、すべてが狂ってしまうだろうが!」と、腕を強く握られる。振り向くと、そこには犬夜叉が。
犬夜叉はいつもの赤い着物を着ていた。かっこいいいいいい、と惚れ惚れするわたし。
犬夜叉は、枝で地面に何やらシンボルのようなものを描きながら、おめぇ、これでこの前のような地震が来たらどうするんだよ!と、怒っている。
地震・・・地震・・・地震・・・

地震があったっけか、、、と、考えるのだが、何も思い出せない。ぼんやりと思い出せたのは、樹海での計画は、世界を救う鍵になるということだった。
しかし、犬夜叉に会えて、これでもうすべては安心!と、内心喜んでいる。そしてそれを表現してしまうのは、いくらなんでもこの場面では不謹慎だろう、と思いながら、平静を装っている。









#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ(70万)

スレッド
5月11日





島にいる。
バスに乗っている。向かっているのはうちの教会。
神父さんが一緒に乗り込んだ。なぜかFather Rだ。もうすぐ定年退職される。(たぶん昨日、公園で会ったからだと思う)

途中、携帯が鳴る。
幼馴染みのタイラからだった。
春にわたしの娘と山で花摘みをした話をしている。だいぶ前のことだが、そうだった、そんな話を聞いたなー、と思い出す。
それで、あのときこれはバイト代として貰ったけど、その残りが届いたんだけど、と言う。
「それがね・・・150万だったのよ」
ARE YOU KIDDING ME!?

思わず大声で言ってしまう。英語だったものだから、周りの人がはやし立てる。
慌てて小声で聞き直す。本当のほんとうに?

タイラ曰く、前回の分のなんたら分を教会に寄付したからそれを差し引いて、140万を半分ということで70万になるけど、それでいいだろうか、と。

頭のなかがぐちゃぐちゃだ。雑念だらけ。神父さん、ごめんなさい。わたしは教会に寄付は出来ません。

タイラは(今大学に通っているらしい)「わたしのバス賃に消えると思うー」と笑っている。わたしはというと、今回の旅費をそこから出してもお釣りが来るな・・日本の銀行にそのまま預けるか、それとも、、、とめまぐるしく妄想中。娘には大金だ。親が管理するのが当然のこと。。。(夢のなかで、娘はまだ小学校2年生くらいだった)


タイラに、姉2に電話するよう話す。番号を見るために急いで自分のノートを開くのだが、その部分が濡れていて文字が滲んでしまっている。そうだ、姉3に電話して!姉3に電話してくれれば姉2にも通じるから!
姉3の番号を必至でタイラに伝えている。頭のなかでは、70万、$7000・・・繰り返している。









#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ(みすずさん、Oまま&パパ)

スレッド
5月3日






右肩〜背中にかけて身体半分が凍ったように冷たい、そして痛い。肩凝りのもの酷いやつ、という感じで目が覚めた。それでもまだ真夜中(最初に目覚めたのは11時前、昨夜は寝たのが早かった)だったので、眠ってしまえば大丈夫だろうと、布団をしっかりとかけ直してまた寝た。

ところがまた痛み(凝り)で目が醒める。12時過ぎ。ちょうど「あまちゃん」の海女クラブのメンバーと談笑(?)していたときだった。自分の中ではこれは夢だ、という意識がうっすらある。このまま夢のなかで彼女たちに混じっていたい気持ちと、肩凝りをどうにかせな、、という気持ちとで、ぐだぐだ。

と、そのとき妙案が浮かんだ。
そうだ、みすずさんに頼んでサロンパスを貼って貰ったらいいんだ!
なんでそんな考えが浮かんだのかわからない。(夢のなかで)みすずさんに頼めばきっと大丈夫、起きてしまったら駄目。さて、どうやったらみすずさんにサロンパスを貼って貰えるだろうか、さりげなくお願いして一緒にこちらへ来て貰わないといけない、自分がまだ眠っている間に。

そういう考えで、みすずさんを見ながら悶々としている。

そんな夢だった。
結局、目が覚めてしまって、みすずさんがサロンパスを貼るなんてことは実現するわけない、と(やっと)思い直して、リビングに行き、ひとりでなんとか背中のほうにサロンパスを貼った。あぁ惨め。


 ・・・


Oまま&パパがやってきた。それまでどちらも実際に会ったことのない犬仲間だったが、今回初めて、一緒にLAまで行くことになった。彼らはVWの大きなワゴンでやってきた。芥子色の車体にVWというシルバーのロゴが光っていてとてもお洒落な感じ。なるほどやっぱり、と(なぜか)納得する。

我が家で一泊した後に、一緒に出かけることになった。Oままは起きた後、テキパキとキッチンに立って朝食をこしらえ始める。その間、わたしは、うちも出かける準備をしないと、とやや焦りながら支度をする。犬たちのためのベッドとかブランケットとか、、外は雨だからラグも持って行ったほうが良さそう、とか。
夫が同行するというので、ほっと安心。彼女たちの車に付いて行くにしても、LAまで車で行く自信がなかった。夫が一緒ならなんとかなるだろう。


朝食もままならないうち、Oパパが急かすような形で出かける時間になった。荷物を運んでいるとき、Oままが、「あーこの子、おしっこしちゃってるー」と言った。あ、Cだ!!と、すぐに思う。夫にCを連れ戻すように言うと、CはVWのワゴンから出て来た。あぁ、、、Oままが、「あーあ、びしょびしょ。うち、一度も失敗したことなかったのに」と漏らす。ごめんなさい、、、平謝りに謝って、夫にCのこと、ちゃんと面倒見てよ!と、ちょっと八つ当たり。おしっこ漏らしたんじゃなくて、あいつ、マーキングしたのよ、きっとね。夫とそんなことを言い合いながら、心中穏やかでないわたし。


いよいよ出かける、というとき、Oまま&パパが車の中から「じゃぁ、後を付いて来てね!」と言ってにこやかに手を振る。わたしはまだナイトガウンのままだ。まだ準備全然出来てないのに、、と思いながら、さっきのCの粗相のことがあったので「わかった!」と明るく言って家のなかへ戻ろうとするのだが、足が運べない。両足が痺れてしまって動けないのだ。ここここここで、また迷惑かけるわけには、、、そう思いながら、なんとか足を出そうとする。のに、動けない。あああああ、、、

すると後方から「冗談、冗談」と笑い声。それでふと、痺れが取れて、急いで家へと戻った。キッチンには夫がまだいて、何やら探している。ストーブの上には料理しかけの白身の魚がいくつか。時間がなくてそのままになってしまったのかもしれない。それにしてもOままは和食の朝食も作れるんだ(完成しなかったけど)、とやたら感心する。


犬たちの準備をしながら、自分の準備がまだ全然出来ていないことに気付き、愕然とする。が、夫に急かされ、とにかくいくつか着替えを詰め込む。


気付くとわたしたVWワゴン車の中にいる。結構、広い。犬たち(4頭)はのんびりとくつろいでいる。
途中(山の上のほう)で、誰かを降ろした。いつの間にか乗っていた女性。見たことあるが、誰だか思い出せない。オクラホマのほうへ行くので、ここまで一緒に乗せたんだ、いつもしてるんだよ、とOパパが話す。なんて心の広い夫婦なのだろう、と、感動。それから、なんでわたしたちまで同行しているんだろう、と疑問に思う。ふと見ると、娘も一緒にいた。なんか、犬だけじゃなく人間まで大迷惑の家族じゃないか、と後ろめたい気持ちになった。








#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

おとうと(ユメモ)

スレッド
4月13日





今朝、弟が夢に出て来た。いや、姉3も姪っ子Nもいたな。なんだろな、兄弟姉妹が夢に出るっていうのは、この歳になってどうなんだろう。あまり聞かないんだよね、わたしくらいかな。うちの家族愛っていうのがよそと違うって、義きょうだいらからよく言われるけど、こういうのもそう言われる所以かな。

弟。弟に、迎えに来て貰う夢だった。(あっ、またお迎えか!)
わたしは仕事していて、その日は自転車で通勤したらしい。スタッフミーティングがあって(面白いことに、そのミーティングにはナースKがいた!)ミーティング中に外では雪が降り出して、議題もそこそこに切り上げられた。わたしは家に電話して弟に迎えに来て貰おうと思う。携帯(スマホだった!)でどうやって彼に連絡しようと思っているうちに間違って「ホーム」に触れてしまったらしい。するとリングも鳴ってないように思えたのに速攻で弟が電話に出た。あら、家にいたのか、、と驚きながら迎えを頼むと快く承諾してくれる。ドギマギしながら場所を教える。(なぜか)久米川駅のー、前に兄達が住んでた口とは反対側のー、あれ?そうだったっけ?とにかく、逸見病院、ってところなんだけどー。弟は、待っとれ、今、ググるから、とか言ってた。

姉3と姪っ子Nの場面はどんなだったかよく覚えていないが、職場へ行く前だか、家での出来事。姉3に向かって、Nが、「◯こねぇちゃん、もう痰は切れてなくなってるね」と言う。姉3はそうなのよ、と言ってほっとした顔をしていた。よくわからん。あと、そうそう、娘も登場したんだった。娘がNに「何を買ってきてほしい?」とか訊いてた。何か文房具のようなものを言い合ってふたりで盛り上がっていたっけ。



 ・・・


メモ。

この前の日記に書いた100歳のばーさん、今日が誕生日。おめでとう!
これから仕事へ行くのだが、彼女は今日、家族親族&友人らと盛大なオープンハウスパーティーが行われるので、朝のケアをしっかり、綺麗にしてあげなくちゃ、だわ。

例のホワイトハウスのカードの謎も解けたので、一応、メモしておく。
こちら⇒How to order Greetings from White House

やっぱり自己申請によって送られてくるシステムだった。きっと家族が申請したのだろう。素敵なプレゼントだ。
ちなみに、日本では総理大臣からお祝い状&記念品の贈呈があるらしい。
こちら⇒百歳高齢者に対するお祝い状及び記念品贈呈について





さて、仕事へ行く準備をしなくっちゃ。
今朝は寒いーーーー!!!








#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ(Ms.DW)

スレッド
2月6日





あ、今日は娘と夫の誕生日だ。おめでとう!
(さっき夫がトイレに起きてきたのに何も言わなかったー)


ユメモ。
内容(ストーリー)はほとんど覚えていないけど、、、

急いで出かける準備をしている。今から外へ出たらバスに間に合う筈だ。
いつもの黒いコート、帽子、手袋をつけたMs.DWを車椅子に乗せ、バス停へ向かう。
バス停に到着すると、◯◯◯◯という行き先のバスが停まっていた。行き先は日本語だったと記憶しているが・・・
しばらくしてそのバスが発車。と同時に、Ms.DWが、あぁ乗り遅れちゃったじゃないのー、と叫ぶ。え?あのバスだったの?◯◯◯って、◯◯Cityに停まるの?
慌てて、車椅子を押す。今から次のバス停まで急いで行ったらきっと間に合う!
Ms.DWは、うだうだ言うのはどうでもいいからとにかくcatch upしてくれれば、という顔をしている。
ロータリーでバスがのろのろと迂回しているのを見ながら、運転手さんがわたしたちに気付いて停まってくれないかなぁ、、、と思う。せっかく時間に間に合ったのに、遅れちゃうなんて、、、と後悔する。なんでMs.DWも最初で言ってくれなかったのよー、と、苦々しくも思っている。



英語で会話しているのに日本語環境の都市だった。
変な夢。







#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ

スレッド
1月13日






空襲が来る、と言う。
ひとり一丁ずつ武器を与えられる。わたしの隣の女性は小型銃。わたしは猟銃のような銃。弾は一発のみだ。

空襲時、武器を持って応戦せよ、という指令だった。これで生き延びることは難しいだろう。死の覚悟を決める。


戦闘機は銃をあちこちに発射させながら進んでいた。そこらじゅう、噴煙があがる。一発しかない弾を使うべきかどうか、、、狙いを定めようとするのに、手が震えてどうにもならない。当たるわけがない、と思っている。どうせ当たらない、そして死ぬ。ならば当たらぬことなどどうでも良いじゃないか。弾がなくなろうがどうしようが、どうにもならないじゃないか。


いつの間にか空襲は終わったらしい。辺りには死体が転がっている。わたしは生き延びたのだ。


拡声器を持った市の職員が、生存者の確認をしている。わたしたちのグループのところへもやってきた。チラシの束を手渡しながら、生存者の名前を帳簿に付けている。なぜそんなことをするのだろう。不思議に思っていると、与えた武器の回収も同時に行っていることを知った。弾を使っていなかったわたし。あの猟銃だけが頼りだ。


市職員が去った後、絶望的な気持ちになる。死んでしまったほうが良かったのかもしれない。またこうしてひとりでいるなんて。

ふと、携帯電話があったことを思い出した。そうだ、鞄の中に入れたままだった。まだ間に合うかもしれない。姉たちに連絡をしなくては。


鞄を開けると、貴重品が納められていた。ささやかだけれど、銀行口座の証明とか。あと、指輪。もう随分前にはずしておいた指輪だったが、死ぬときには一緒に死にたい、と思った。そっと指輪をはめると、指より大きくてごろごろ回る。でも、いいのだ。ひとりで死ぬのではない。そんな気持ちになって少し気分が上向きになる。


姉3に電話をかける。出てくれ、頼む、と願いながら。
姉は驚いた様子で電話に出る。もしかしたら周囲に誰かいたのかもしれない、最初は戸惑った、ぎこちない対応だったが、その後に「ずっと連絡しとったのよー」と言った。
こちらも、誰かに聞かれて携帯を取り上げられるのではないかという心配があり、手短かに話そうと努力する。とにかく、言いたいことを言わねばならない。

明日、また空襲がある。自分は今度は死ぬと思う。口座の残金は、姉ちゃんたちが管理して娘のために使ってくれ。これまでありがとう。本当にありがとう。もう一度会いたかった。

姉2にも電話をかけ、同じようなことを言う。姉2は、ちょっと待って、今からでも遅くないから、こっちに来なさい。荷物をすべて持って。昼間のうちに。何、バレやしないよ、大丈夫。こっちに来なさい。


あぁそう出来たら、、、と思う。心からそう思う。でも難しいだろう。
しかしどうだ。どうせもう死ぬのだ。なら、どう死んだっていいじゃないか。姉たちのところへ行ってみよう。それで殺されたらそれでいい。


最後に母にも電話をかける。

そっちに行くからね。待っててね。








・・・・


恐ろしい夢だった、、、本当に怖かった、、、、






#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ(そのみ、大地震)

スレッド
1月4日








大地震が来るという。
その前に充分な準備をしておかなくてはならない。

とにかく家を片付けよう。近隣の人々もその準備で皆、忙しそうだ。

近所のおじさんがふたり、訪れる。町内会の幹部?よくわからないが、何やら指示をしていく。地震が来たときに、また集まるのだそう。なぜかわからないが、ふたりとも頭からカツラをはずし、置いて行く。どちらも脂ぎっていて、持つとずっしりと重かった。


家の外回りを片付ける。ペットボトルやら瓶やら、これまでにリサイクルに出さなかったものが大量にあって、猛反省。姉に、これじゃ駄目だから、これからちゃんとしようね、と話す。

隣の人が手伝ってくれ、やっと外回りも整えられた。

わたしたちは家を売りに出そうとしているらしい。姉が、今まで見に来てくれた人がこの家を買わなかったのは、このゴミのせいかも、と言う。これからはゴミを片付けておけばいいね!と、明るく言う。

いよいよ地震が来る、という時間だ。

わたしはカツラのおじさんがたが来たらすぐに渡せるように、と気になって仕方がない。しかしあのカツラを触るのはもうごめん、、、、


ところで、飲み会の時間が近い、、、こんな日でも飲み会、するのかしら?



 ・・・・・・



職場の飲み会に出かけた。
行くかどうしようか迷っていたが、ややや、行くわ!と決まってからはなぜかもう飲む気満々。

飲み会へ行くバス?の中。屋根のない屋上の席に座っている。右側に海が開けていて、キラキラと光っている。ちょっと強いくらいの潮風も気持ち良い。小型の船上タクシーが海面を滑るように走り、その後、空へ向かう。ごくごく日常のことらしい。ただそれを見て、綺麗だなぁーと思っている。

巨大な塔のようなものも見える。誰かの家だと思うが、高い塀で囲んだような造りになっている。しかしまだ建築途中?よくわからない。海の上にそびえ立つ不思議なモニュメントのようでもある。


携帯を開いてみる。誰からも連絡なし。今日は飲むぞ、と誓う。


どこかの宴会場。異常に長いテーブルが2列並んでいる。左側のテーブルがわたしたち用らしい。右側には男性ばかりの会社なのか?そちらも宴会らしい。

皆が持ち寄ったものが並べられる(ガラクタにしか見えないが)。幹事がうまく仕切っているようだ。ゲームの景品か?あと、テーブルの上にはおしぼりなんかも用意されている。わたしは何も準備していなかった。飲み物だけでも持ってくれば良かったが、、、まぁいいや、と開き直る。

幹事はそのみだった。(そのみ!!懐かしい!!)
あとのメンバーはてんでバラバラ。看護学校時代の友人もいれば、訪問看護時代の同僚もいる。不思議なメンバーが一堂に会し、しかしそれは同職場の飲み会という設定なのだ。


ふと気付くと、4時半だった。わたしは携帯の中の写真を眺めてはにへらにへらと笑っている。某一枚をよーく見ると、宴会場ではなかった。どこかのスナックっぽい。なんだか知らないがボックス席が写っている。もう一度、時計を見る。4時半。

あああああ、今日は仕事なのに、、、と、後悔の嵐。仕事、、、仕事は、、、6時からだっけか?えええ?大丈夫か?わたし???

友人が、マコちゃん、楽しそうに飲んでたし〜〜〜、と言ってからかう。写真いっぱい撮ってたよね、と言う。そうなのか、、、後でもっとよく見なければ、、、しかし、、、仕事、、、仕事、、、


娘が「まみぃ、早くーーー」と声をかける。わたしは千鳥足で彼女を追う。夫が迎えに来てくれたらしいが、例によって、車はかなり遠くに停めた模様。海の見える崖を登る。娘はスプレーのようなものを顔に吹き付けて、「お化粧直し」をしている。顔は〜顔は〜女の命〜♩なんていう歌を歌いながら。変な歌だ。わたしも彼女も、腰に巻きスカート(足首まである長いやつだ)をつけている。彼女もどこかへ飲みに出かけてたのか?

崖を登り切ったところで、娘が「わたし、おトイレに行ってくる!」と言って、ビジネスホテルの中へ入って行った。夫はどんどん先を行くので、それを伝えられない。わたしもトイレに寄るか、、と思う。

しかし、このような状態で仕事へ行けるのだろうか、、、どうしても不安が拭えない。





 


#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

初夢、

スレッド
1月2日






懐かしい友からビデオレターが届いた。正確に言うとビデオではなくDVDなんだけど・・

友はショールームのようなところで(彼女の今の家らしい)、誰が撮影しているのか、カメラに向かって流暢に、にこやかに、清々しく、でも彼女らしさである謙虚さをもほんの少し漂わせながら、こちら(わたし?)に向かって丁寧な挨拶を始めた。大きな、仕切りのない空間。やや隅のほうにあるらしい白い大きなひょうたん型をしたバスタブに軽く腰掛けて、まったくの笑顔で。奥のほうはぼやけているが、キッチンなのか?よく見えない。何人か、談笑している様子が見える。ホームパーティーを開いているところなのかもしれない。


DVDレターには普通の手紙も添えられていた。

「実は今度、レポーターのお仕事を始めることになりました。TVデビュー!!近々、仕事で岡山のほうへ行ってきます。うまく出来るか不安はあるけれど・・・ずっと思ってた自分の夢だから・・・頑張ってきます!」

へぇ〜っ!! 驚いた。そんな夢があったなんて、わーーーわーーわーーーー!本当に、びっくり。彼女が、TVの仕事だなんて!!

なるほどそれでDVDレターだったのか・・と、納得する。とっても上手に話せてた。彼女はとびきりの美人だし、芸能界でもきっとうまく行くだろう。それにしても旦那さん、よく承諾したなぁ。。。

とにかく彼女にお祝いを言わなくちゃ。わたしは彼女の家に向かった。なぜか自転車で。しかもトレイにチョコレートブレッドを乗せて、、、片手運転、、、

彼女の家に到着すると、彼女はいつものように大袈裟なまでの歓迎ぶりを見せ、大きな声できゃーきゃー騒いでいた。わーなんでーーーいいのにーーーもうーーーわーーわーーー、てな感じ。
彼女のふたりのこどもはもう大きくなっていて、上の娘さんなんかいつの間にかヤングレディ、彼女によく似てる。下の男の子は旦那さんにそっくり。不思議なものだ。

それぞれ再会の挨拶を交わした後、彼女と話す。彼女はこの仕事のためにオーディションを受けたのだそうだ。そしてインタビューで、某作家から「この仕事には自分の意見を主張出来る質が求められる。残念ながら、あなたにはそれがないように思う」と言われたのだそうだ。「だからね、絶対駄目だ、って思ってたの」
それなのに採用の通知が来て、あれよあれよという間に番組も決まって、彼女自身、「夢みたい」で驚いている、ということだった。こっちもびっくりよ!

あなたなら大丈夫、きっと大成功よ!そう言うと、彼女はありがとうありがとうと頷いていた。その姿に彼女の真剣さが伝わって来た。と同時に、旦那さんとふたりのこどものことが気になった。食事とか大丈夫かな、、普通の学校だけじゃなくて日本語学校にも行ってたよな、、、とかね。


帰りしな、旦那さんと旦那さんのご両親までいらして、わたしを見送ってくれた。このとき初めて、ボロッこい自転車で帰ることを恥ずかしく思った。なんで自転車なんかで来たんだろう、、、
彼女は大きな笑顔で見送ってくれた。わたしに、相変わらずだねー!!と言っていた。そっか・・そうかもしれんな、と、妙にすっきりとした気分になった。



 ・・・


姉1の家へ出かけようというところ。
その部屋にいるのは、わたし、姉1、姉3。姪と娘もいた。わたしは彼女たちに、新しいMDプレーヤーだかの接続を見せている。

出かける間際になって、姉1から、わたしは「来ないほうがいいと思うよ」と言われる。

えーーなんで!?
督促状が来たみたいよ、例の。
はぁ?
アトムから来た、って。50万に膨らんでたらしいよ。
わたしに?
あなたが借りただかなんだかの。

そんな覚えはない。
が、義兄に迷惑をかけるわけにはいかない、と思う。姉1の冷ややかな態度に身がすくむ。

50万ならすぐに支払える。と、思う。とにかく至急支払いを済ませてすべてチャラにして貰えば・・・自分の口座に入っている$は日本円にすると800万にはなる・・・50万なんてたいした額じゃないし・・・などと思ったのだが、その直後、あーー違う、800万じゃない、80万だ、、、と気付く。50万出しちゃうと30万しか残らないよ、、、どうしよう、、、

頭のなかで色々考えているうちに、一体なんのお金だったのだろう、と変に思う。何かを買った記憶はない。借りた記憶もない。忘れるほどに昔のことだったのか?それとも、わたしじゃない誰かの間違い???

姉1はもう出かけるところだ。
わたしは姉にもっと詳しいことを訊きたいと思うのだが、躊躇している。どうでもいいから50万支払ってしまったほうがいいのかもしれない、と思い始めている。






 ーーーーーー


ふたつの夢。なんだかどっちもちょっと哀れというかなんというか。













#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

人工血管

スレッド
12月23日





手術の途中で介助に入る。どうやら血管の手術らしい。大きな山は超えたようで、後は閉腹に向けての処置が行われている。殆ど緊張することもなく、そのまま閉腹、手術終了となった。

器具が片付けられ、患者はまだ麻酔下であるが、覚醒に向けて処置が始まる。
と、いうところで、周囲がざわざわ・・誰ともなく、「なんでこれが残っているのか」という声が聞こえて来る。突然、腹の奥の深いところがぎゅぅ、と苦しくなる。

・・・人工血管が残っている。

はっ として、それからドキドキ、、、術式がなんだったのか、思い出そうとするのだが、うまくいかない。室内の白板に術式は書かれている筈だとも思うのだが、怖くてそれを確かめたくない。

人工血管が残っている。

なんで?どうして?

頭のなかで目まぐるしく考える。残っているということは、使われなかったということ。使われなかったということは不要だったということ?不要だったということは、それはもちろん医者が決めた筈。必要なら、、、必要なら、医者が何か言うでしょう。まさか使わないままで腹を閉じることはないでしょう。


大丈夫、大丈夫、忘れたわけじゃない、不要だったのだ、医者は人工血管置換術ではなく、別の何かに術式を変えたのだ・・・




という夢を見た。恐ろしかった、、、、自分が医療事故の原因の一端を担ってしまったのではないかと思うと、恐ろしくてドキドキして足が震えてたまらなかった。

夢で良かった。。。


それにしても、オペ室で仕事していたのはもうかれこれ13年〜15年前のことなのに、いまだにこうして夢に出て来る。オペ室の夢って、いつも何かを忘れたとか、手洗いを完全に出来なくて苦しむとか、そういうのが多い。




明日は’クリスマスイブ。







#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 7/10 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. >
  14. >>