記事検索
ハッシュタグ「#ユメモ」の検索結果108件

フリースペース

眠れなかった

スレッド
3月4日







昨夜は眠れなかった。
気にしていないつもりでいたが、かなりショックだったのかもしれない。9時半過ぎにベッドへ行き、10時くらいから12時までは寝た。トイレへ起きてから、眠れなくなってしまった。1時過ぎに娘が犬たちを外へ連れて行ってくれた。その後、2時過ぎに夫が帰って来た。まだ眠れず頭痛もしてきたので、sinus painの薬をのんでみた。そうして3時過ぎからようやく眠りについた。



あけがた、夢を見た。いきなり、姉2と姉3が我が家へ来たのだ。姪っ子のnちゃん、なぜか元義姉であるK姉さんとふたりの子(ひとりは甥っ子Aが5歳くらいのままで、もうひとりは甥っ子Jの子Kだった)、それからなぜかなぜか衝撃的なのだが従姉妹であるMとその亡くなった母S(彼女はわたしの母の姪にあたる)も一緒だった。大人数。
彼女らが来る前、夫がよその犬を家に連れて帰って来ていた。白い毛むくじゃらのヤングパピー。わたし側のベッドに飛び乗り、夫と戯れている。何これ、どういうこと、と、わたしは驚いている。夫は、はぐれてたから、一晩うちで、というようなことを言っている。そんな簡単なこと出来ない、、と戸惑っていたら、外が賑やかになって来た。車が停まる音がして、誰かが喋っている。
きっとこの犬の飼い主よ、と、外へ出たら姉たちだった。わたしは思わず大泣きしてしまった。何?どうして?えーーー!!すっとんきょうな声をあげながら。
姉2は気軽に「来たよーーー」なんて言ってる。わたしは嬉しくてたまらない。入って、入ってー、と皆を迎え入れる。
そんなこんなしていると、Kが濡れた丸いクッションを抱えて来て、「誰かがおしっこしたみたい」と笑っている。あーあの犬だー!!
聞くとあの犬は姉3が見つけて連れて来たらしい。まったくー。などと言いながら、皆で笑っている。
これだけの人数の寝る場所をどうやって確保したら良いのだろうと思案していると、nちゃんが、小さなベッドを自分で見つけて作ったらしく、わたしここで寝ていい?と訊いてくる。いいよー、ちっちゃいけど、大丈夫?うん。こういうベッドで寝るの、夢だったんだ。
仕事から帰って来たばかりでちっとも眠れていない夫に申し訳ないなと思い、声をかけようとすると彼は酔っぱらっていた。あー、じゃ、まっいっか、と気にしないことにする。娘はBFが来ていて、あまり手伝ってくれそうにない。
寝床を、、、と駆け回っていると、Tちゃん姉が「それより風呂にして」と言う。彼女の顔を見て、あ、S姉じゃなかった、やっぱりTちゃん姉だった、と思う。どっちも怖い。風呂か、、、どうやって風呂を、、、と悩む。

そんな夢だった。



落ち込みの理由を書いておこう。

昨日の夕方、クライアントから「鍵を返すように」と突然、言われた。拒否する理由はないので、もちろんその通りにした。彼の話によると、元の担当者が彼をケアするのだと言う。それはそれで良い。最初からそうしてくれたら良かったのだ、と思う。ただ、こういう方法で言われるのは、、、

感情は抜きにして、とにかく普通に振る舞った。そうして夕食介助をして、片付けをして、帰って来た。
その後、Dにtextを送ったのだが、Not Deliveredとなってしまった。なぜだろう、と不思議に思いながら、何度か試したが駄目だった。不消化な気分。

今朝になってDからtextが送られて来ていた。昨日クライアントから聞いた内容だった。彼の代わりに違うクライアントの訪問をして貰うから時間数は変わらないようにするから、とも書かれてあった。
返信してみたら、やっぱりDeliveredにはならなかった。ーつまり、Dが着信拒否しているということなのか?よくわからない。


実は今日も夕方に彼の訪問が待っている。正直、行くのはキツイ。だから誰か代わりに行ってくれる人を捜してくれないか、ということをお願いしたかったのだ。だが、それも叶わなかった。しょうがないから、今日、オフィスへ行くしかないのだろう。オフィスに行ったら別のDもいるんだろうなぁ、、、、なんだか惨め。



相性というのはあると思う。また、長年築いて来た絆というのもある。というのはわかる。だが、なぜここまでこじれてしまったのかな。わたしが何か良くないことをしたのかな、という思いが拭えない。だから、辛い。気にしないようにしようと思っても、辛い。

それであんな夢を見たのかな。姉たちが助けに来てくれたのかな。
夢のなかでわたし、大泣きしてた。来てくれてありがとう、って何度も言いながら。
会いたいなーーーーーー。姉たちに、会いたい。













#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

シナモンロール

スレッド
2月21日






金曜日。ゴミの日だ。外はまだ暗い。現在6時過ぎ。

昨日の悪天候は思ったよりも遅くにやって来た。午後1時半頃か、もの凄い音がして、外を見るとわりと大粒の雹が降っていた。ごごごごぉおおという凄い音だった。夫がスクリーンポーチへと出て犬たちもわたしもそれに続いた。凄い勢いでそこらを叩き付けるように雹がバラバラと降っていた。急いで携帯を手に写真を撮った。犬たちも何事なのだという感じで呆然としていた。

娘はその直後に学校へ行かねばならず、どうしよう、行けないよ、、と怖がっていたが、間もなく雹はおさまった。時間ギリギリになってわたしが送って行くことになったのだが、遅れそう(遅れた?)だったせいで彼女は憤慨していて、左折できずに結局赤信号になるまで動かなかった前の車に罵声を浴びせていた。聞こえないのにね。


女子のフィギュアをライブで見られた。真央ちゃんは素晴らしかった。泣けた。丁寧に、気持ちを込めて、そして後半はとても楽しそうに。最後に彼女が顔を歪めて泣いたとき一緒に泣いた。いや、もうその前から涙が出て来てたまらなかった。ずっと忘れ得ないスケートになった。おめでとう、と、心から言いたい。

真央ちゃんのスケートを見た後、(なぜか不機嫌だった)夫と一緒に買いものへ出た。娘は行っちゃうの?と小声で聞いてきたが、わたしとしては他の女子のスケートは気にならなかったので、夫と行くほうを選んだ。Costcoへ行き、ガスを入れ、犬のためのクッキーやフードを購入した。

午前中、朝1軒だけの予定が、Dからのtextでもう1軒追加となり、ちょっと不満が残っていたから、外へ出て憂さ晴らしが出来た。2軒目のクライアントは前に一回だけ訪問したことのある方で、家からもわりと近かったので良かったのだけど。Dの、その場しのぎの頼み方に、このところ少々うんざり気味だ。しかし、誰も行く人がいないのであれば仕方がない、とも思っている。

そうそう、朝一のクライアントと、ちょっとしたコネクションを感じた朝であった。というのも、わたしが少し遅れたのだが、彼は外の様子を気にして心配していたらしい。そうではなくわたし自身出るのが少し遅れたのだ、と説明した。免許証を忘れたこともあり、時間がかかったのだ。そんな話から、信頼出来ない人がこの仕事をするのは良くないのではないか、という話題になった。彼にしてみれば夕方のエイドのことをとにかくもう訪問して欲しくないような言い方だった。何度もキャンセルされてきたからだろう。わたしも正直に自分の気持ちを伝えた。冷たい言い方かもしれないが、複数の仕事を持っているなどという戯れ言に耳を貸す気持ちはない、などなど。
それが気に入ったのかどうかはわからない。が、なんとなく彼が心を開いて来たような気がして来た。それでつい、シナモンロールは好きか?と訊いたのだ。大好きだよ!と、彼。じゃぁ明日、持って来るね。今日、シナモンロールを焼く予定だから。と、約束。
朝食を介助していると、彼から、そのチョコレートをひとつ取ってポケットに入れて、と言われた。え?いいの?最後の1個だよ!?
彼なりのお礼だったのだと思う。素直に嬉しかった。


というワケで、今日は自慢のシナモンロールを持って行く。昨日の夕方に焼き上げたので、まだまだフレッシュだ。味見もしておいた。まずますの出来。今回はシンプルなやつだが、次はりんごのスライスも入れよう。

さて、準備、準備。今日は7時半ー8時半、10時ー13時、15時半ー16時半の、3軒。








*ユメモ
同級生の男子ひとりと女の子ひとりと一緒にいる。島の同級生だが、相手が誰だったのかが思い出せない。男子はYFだったような気もするが、違うような気もする。女の子に至ってはまったく思い出せない。同級生という設定ではあったが実際には存在しない子だったような気もする。
とにかく3人で居酒屋のようなところにいる。男子のほうが、飲めるんだろ、というようなことを言って何か飲めよと促してくる。目の前にはウィスキーを何かで割ったような黒い飲み物があり、本気で美味しくない。それをちびちびと口に運びながら、なんでこんなに不味いんだ?コーラで割ったほうが良いのか?いや、そんなのは好きじゃない、でも飲めるものって他に何がある?と、考え込んでいた。男の子のほうは誰かが来るのか後方を振り返り振り返り、何かを気にしていた。

場面が前後する。
兄1と兄4一緒にいる。どこかの食事をするようなお店だ。そこへ姉3と義姉が来る。この義姉というのが兄4の奥さんなのだが、実在する義姉とは違う女性で、なぜか甥の奥さん(面識なし)だった。姉2が、義姉が(といってもわたしたちよりも年下だ)途中、お土産を買ったために遅れた、そんなこと気にしなくても良いのにね、と説明している。義姉は頬を紅潮させながら、いつもありがとうございます、なんて言って頭を下げている。わたしは印象が大事、と思いながら、努めて明るくフレンドリーに接している。









#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

コネクション

スレッド
2月19日






まいった。ハンターXハンターのコミックの続きを読んだのだが(現在、キメラ=アント編)中盤?にさしかかるところ。実に怖い。ネテロ会長が登場してくれたのに、怖い。カイトはやられちゃったし、、、絶対に夢に出るーと思ってたら案の定、夢を見た。内容は覚えていないが、アントのお化けが出て来た。恐ろしい。

昨夜は寝付きも悪かった。その直前までコミックを読んでいたから頭が冴えてしまった。早く寝なきゃ、と思っているうちに娘が横に入って来た。時間を見ると2時半だった。いつの間にか寝たみたい。でも、なんだか不消化。
今朝はアラーム前に目覚めたがもう少し寝ておこうと思い、5時10分のセットから25分に変えて寝た。少しでも眠りをーーーと。



昨日はハードだった。計5軒の訪問。冗談でしょ、ちゅう感じ。まぁその前の日にキャンセルが出たりしたので文句も言い辛い(元々そういうスケジュールだったしね)。
時間がなくて、ランチがとれなかった。慌てて娘に連絡し、トースト1枚焼いておくように頼んだ。そのトーストをかじりながら娘を学校まで送り、次の訪問へ。
そして一段落して一旦家に帰ったとき(15時50分頃か)に残っていた炒飯と海老チリを食した。なんとなく味気ない(かなり遅めの)ランチとなった。時間も時間だったし。これからはもっと方法を考えないと、と思う。こういう食べ方だと良くないように思う。サンドイッチか何かを作ってランチボックスに入れて持参していったほうが得策かも。そうして、空いた時間に食べる。なるべくランチはランチタイムに合わせて。

軽く食べた後、最後の訪問へ出かけた。17時ー18時の食事介助。これはわたしが毎朝訪問しているクライアントのところ。初めて夕食介助にあたった。担当のエイドが休暇のリクエストでもしていたのだろう。クライアントはそのエイドのことを好ましく思っておらず、その文句を言っていた。気持ちはわかる。
しかしなぁ・・・どうもわたしも彼とは今ひとつ、コネクションが不足している気がする。彼の言っている言葉がよく聞き取れないのは彼にとっても辛いだろう。それは彼のせいではなくて、わたしの聴力(英語力)のような気がする。だから申し訳ないと思っている。あまり喋ることもないのだなぁ。どこへも行かない人だし。頭の良い人なのだろうが、口数は少なく、何に対して興味があるか、とくわからない。
まっ考えたって、仕方がない。やることをやるしかない。今日はこれから彼のシャワー介助だが、新しいエイドらがSkill Testで参加するかもしれないということだった。ちゃんと来てくれると良いのだが。


夫はわたしが早朝の訪問から帰って来たとき既にもう出かけていた。帰りは水曜日の夜中と言っていた(つまり今夜〜明朝にかけて)。

今日は女子フィギュイアが始まる。訪問中になるので、娘に頼んで録画予約をして貰った。あーーー楽しみ。真央ちゃん応援。また姉3と1が夜中に観戦、LINEが入るかな?





*追記
ふと思い出した。今朝、MsASの夢を見た。実際に彼女は出なかったと思う。が、彼女の部屋で(あの部屋とは別の部屋だったけれど)彼女の汚れたよう服などを拾い集めている夢だった。メッシュバックの中にグローブが一箱あって、あぁこんなんがこんなとこに。と微笑ましく回収していた。優しかったAの笑顔を思い浮かべながら。あーーー懐かしい。大好きだったおばあさん。
それから、MrPも夢の中に出て来たんだった。彼は具合いが悪かったみたい。パジャマが汚れていたので、着替えましょう、と促して着替えさせた。そしてベッドシーツもすべて交換した。それくらい酷いものだった。彼は紳士らしくありがとうと言ってくれて、わたしはいいえどういたしまして、と笑顔で答えていた。そんなとき、もうひとりのエイドが来て手伝ってくれた。それが誰だったかうろ覚えなのだが、ずっと昔にそこで一緒に働いていた同僚(おかっぱ頭の)だったように思うし、違ったかもしれない。
それにしても、どちらももう亡くなった。AもPも。ふたりのスピリットがわたしに会いに来てくれたのかな。。。応援してくれてるのかな、新しい仕事をしているわたしのことを。














#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ウマ

スレッド
1月30日






姪っ子nちゃんが夢の中に。
突然、うちへ来てくれたのだ。そして、mねぇちゃんと連絡が取れない、、と嘆いていた。なのでわたしが、大丈夫、わたしから連絡つけるから!と、はりきって答えていた。nと姉2とが一緒に来ることになっていたらしい。そんな、すぐに来られるような距離じゃないのに。
あと、義母が出て来た。友達とお茶会みたいなのをしていたのに、途中で帰って来て、少し休みたい、と言っていた。わたしは彼女の家の掃除をしていた。それから義弟も出て来て・・なんだか変な夢だったなぁー。


今朝も5時10分起き。これからほぼ毎朝、そうなる。最初の訪問が7時半なので。
昨日、スケジュールを貰った。やっと!!で、ある。ただ、内容の変更をお願いしたので、またDと連絡を取ることになっている。さらに、昨夜よくよく見ていたら、もう一箇所、変更して貰いたいところがあったので、それも言わなくてはならない。しんどいが、しょうがない。You got to speak up!!


昨日は7時半ーシャワー介助。ひとりですべてだったので、少し緊張したが、まぁまぁ。クライアントもだいぶん打ち解けてきた感がある。良かった。鍵をいただいたので、すーっとオートロックが開いて楽チンだった。

一旦、家へ帰ると娘はまだ起き抜けで何も準備されてなかった。がっくし。彼女は9時半ギリギリに出勤したいらしい。それはわかるのだが、わたしのスケジュールもあるのだ。と、ここでちょっと衝突したが、お互いに気を鎮めて歩み寄れた。というのも、わたしがDからの電話に気付いたからなのだけど。

Dから電話が入っていて、スケジュールのことでオフィスへ来るように、ということだった。日中の訪問については何もなく、夕方1時間だけお願い出来ないかというような内容だったので、今日はもういいみたい、と喜んでしまった。それで娘にも「迎えに行けるから」なんて気軽に言ったりして。

だが、オフィスへ行くとところがどっこい。日中も2軒は言っているではないか。しかも3時間と2時間。えーーー???ちゅう感じ。慌てて娘にtextして迎えは難しそう、バスで帰って欲しい、とお願い。
最初の訪問先の3時間を少し短くさせて貰って・・と思っていたのだが、それもなかなか出来ず(ここはど偉いお金持ちの旦那さまらしく、装飾品がめっちゃ高そうだった!)娘に犬たちのことをお願いしなくちゃ、、と思っていたら、帰りにジムに寄ってきまーす♪なんて返事で、困るーーーー!!
結局、いっそいで家へ帰り、犬たちを外へ出して食餌をあげて・・それからまた急いで次の訪問へ。これで犬たち、2日続けて散歩なしだ、、、と、猛省。

2軒目のお宅はカントリーなところにある大きな古い屋敷。90歳のばーさんなのだが、とってもしっかりしてて健康そのもの。驚いた。彼女の家の古いガラス窓の拭き掃除をし、その後に彼女がやっていたガラス板のシャンデリアの掃除を手伝った。それで2時間フルに過ぎた。掃除機をかける、とかなし。いいの?と訊くのだが、いいえ、こっちをお願い、とはっきり言われるのでしょうがない。書類は書類で、である。
このばーさん、わたしはとっても気に入ってしまって、家も素敵だし(古くて大変だが)まわりの景色も、犬たちもかわいい。すると最後の最後におばーさんがこう言った。「実はわたし、今までの人達とどうもウマが合わなくて」なななんと!!「で?わたしは大丈夫でしょうか?」「あなたのことはとっても気に入ったわ。Dが良い人を送るから、必ず凄く良い人を送るから、って、あなたのことだったのよ」と。ななななんと!!笑った。
夏にはガーデニングを手伝って欲しい、と言う。それも楽しかろう。


そのまま娘をジムまで迎えに行き、家へ帰る。4時半頃か、帰宅。シャワーを浴びてすっきりし、前々から作りたかった豚汁をやっとこしらえた。レンコンのきんぴらに納豆。娘は大喜びだった。

夫から電話。pick upのメンテでうまく行かなかったのか、事故になりかけたらしい。それで新たに修理に出したのだそうだ。タイヤ交換もすると言う。痛い出費だが、仕方がない。夫が無事だったので良しとしよう。帰宅は遅くなると言う。週末も仕事になりそうだ、と。Super Bawlを一緒に見られるかと思ったのに、残念だ。ちなみにわたしは週末休みになった。嬉しい!










#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

脱力、

スレッド
1月29日







兄3が夢に出て来た。わたしたちの家の地下室なのだろうか、コンクリートがむき出しになっているその部屋へ来て、床はこのままじゃないんだろう?どうにかするんだろう?というようなことを言った。それを聞いた娘の顔が明るくなって、わたしとまみぃはそうしたいと思っているんだけど、グランマたちがねー、と笑った。あれ?そうだっけ?と、わたしは思っている。それから、このままじゃいかんでしょう、兄貴の言うとおり、どうにかせんといかんでしょう、と気持ちを新たにする。


皆で帰るとき、最初の車に兄貴やら姉やらが乗り込み、後はわたしの車に、となったとき、子供たちを1/2人と数えても6人、うちの車は5人乗りだったような・・・そう思っていると、ちょうど良いやん、と誰かが言う。いや、Jがいたよ、Jも帰るでしょう。するとJはバックパックを背に、「俺はいいから」と笑って歩き出した。J、乗りなよ、歩いてなんて無理だよ、と言うのに、彼はひょうひょうとした顔で去って行った。


変な夢だ。目覚めてから兄3のことを思い出す。そう言えばどこかで兄4も出て来たような気がするのだが、もう思い出せない。



5時10分起床。脱いだ筈の靴下が見つからず、新しいやつを履く。遅くまで起きていた娘がいつの間にか隣にいた。暑いのか、片足を出して寝ている。


昨日はなんだかとても疲れた。そういうつもりなかったのに、ふーっ、と大きなため息をついたらしい。娘から、どうしたの珍しい、と言われてしまった。
今朝はだいぶ良い。でも、すっきり、とまではいかない。今日の予定がはっきりしないせいでもある。今日もフルだと嫌だなぁ、、、と思ったり、今から気に病んでも仕方がないでしょ、と思ったり。


昨日のことを書いておく。

7時20分、駐車場へ到着。時間にもよるのだろうが、朝は10分で着くようだ。もうちょっと遅く出ても間に合うなと思う。
駐車場で待つこと5分、新たに車が入ってきた様子はなかったのだが、とりあえず建物へ向かう。一昨日に入れてくれた同じ男性と出会い、声をかけられる。クライアントの存在はもう知ってはいるのだろうが、わたしからそれを言いたくはない。とにかく彼は、前に入れてしまったのは本当はいけないことなんだ、と言う。丁寧に謝り、わたしは担当の人が来るのをここで待っているからわたしに構わず中へ入ってくれ、と話した。彼からは中へ入るための方法を教わったが、クライアントが開けてくれなかった(開ける操作に手間取ったのだろう)のを見て、ちょっと不審に思われたかも。まぁ別に構わんが。

約束の時間を10分過ぎても現れないエイドにがっかり。一旦、車へ戻り、クライアント宅の電話番号を探して電話をかける。彼はあーうーといくつか言葉を発したのだが、よくわからず。またドアのところへ戻り、再度ボタン操作を繰り返す。2度目にやっとopenの表示とともにドアが開けられた。

クライアント宅にエイドの姿はやはりなかった。彼女のことをふたりでしばらく待ったが、あまりにも時間が過ぎてしまったので、とりあえず始めた。なんてことはない。やれることをやらねば、という感じ。
クライアントを起こし、車椅子に乗せたところでエイド到着。自宅のアラームがどうたらこうたら、と文句をぶつぶつ言った後、わたしにクライアント宅の鍵を渡し、これは今日からあなたのものよ、と言って、じゃぁね!と、消えた。は???驚いた。あの、今日も一緒に見せてくれるんじゃなかったの???
呆れてものが言えん。まぁもしかしたら彼女はこれで給料も出ないから、ということなのかもしれないし、と気持ちを切り替え、ひとりでやった。クライアントさんもそれで満足そうだったので、まぁいっか。
それにしてもアメリカ人のアバウトさというかいい加減さというか、、、今気付いたことでもないんだけどね。

一旦、家へ帰ろうかとも思ったが、すぐにまた出かけることになる時間だったので、そのまま次のクライアントへ向かい、ついでにWalmartへ寄ってユニフォームのパンツを買おう、と思った。が、サイズがなくてあきらめー。もうひとつのWalmartを今度チェックしてみようと思う。

次のクライアント宅には10分程早く到着。彼女はまだ鍵を開けておらず、予定より早く着くのもアレかなー、と思った。が、ここはいつも時間延長になってしまうからなぁ。
犬がリビングルームのシートの外でpeeしてカーペットを濡らしてしまったから掃除機はかけないでくれ、毛がこびりつくから、と言う。そのまま乾かしたいのか?と訊くと、自然乾燥させる、と言う。わーーーー。でも、クライアントのやりたいように。心の叫びをそっとしまいこみ、別のことに集中。
やっと洗濯物が少しずつ減ってきた感じ。乾燥機4つ使ってちょうど良いくらいの量だった。ほっ。。。これからは少しずつ楽になるかな。最初の3回が凄かったから。

2時間休憩が貰えたので、家へ帰る。娘、シャワー中。犬たちに食餌をあげ、今日は散歩も行けないんだ、ごめんね、と謝る。密かに娘が散歩に連れてってくれてるか、或いは庭で遊ばせてくれてるか、と期待していたのだが、なんのことはない、彼女は起きぬけだった。がっかり。ごめんよ。
ランチは焼きそば。この前のアジアンストアで買ったもの。豚肉と野菜を入れて、うまうま〜。

13時半、娘を大学まで送って行く。その後、次のクライアント宅へ。14時から1時間半。奥さんがずっと階下で色々していたのだが、クライアントのほうはずっと上にいて、あれをしてくれこれをしてくれ、と、まぁー大掃除。シーリングの拭き掃除もした。たいしたことないのかもしれないけど、前のエイドはこんなこと絶対にしてなかったよね、と思う。なんだかなぁ〜。。。

最後のお宅はえらい立派な集合住宅に住んでいた。地下がガレージになっていて、まるでホテル。しかしクライアントの家のなかは凄まじい。夫婦揃って車椅子の生活なのだから仕方がないとは思うのだが、あの荷物の量はどうにかならないのだろうか?不要なものまで見えるところに(手に取れるように)置いてある。せっかくの素晴らしい住宅が台無しだ、と思うのだが、それもこれも、わたしには口出し出来ないことなのよね。クライアントさんの暮らしなんだから。
しかし2時間は長かったーーーー。また行くのかな、、、よくわからない。


帰り道、娘から電話が入ったのだが、うまく取れずに後からかけ直す。それにも手間取ったのといのに、text送ったんだけど、見てない?と訊かれ、あーわかった、じゃぁ見とくから、と切った。運転中でなかなか確認出来ず、家へ帰ってからガレージでようやく彼女にtextし、もう一回送って、なんも届いてないから、と。するとすぐに電話が来て、もう授業終わったんだけど、迎えに来て、、と言うではないか。えーーーーーーっ 脱力。

怒る気持ちを抑えて、犬たちをとりあえず外へ出し、すぐに大学へ向かう。わたしはあんたのお抱え運転手かーーーーっ、と心の中で叫びつつ、あー疲れてるな、、と思った。


夕飯は残りものを娘に頼んで温めてもらい、とにかくシャワーさせて貰った。少し、すっきりした。Zuppaが残っていたので良かったが、今日は何か作らないと。。。スケジュール、どうなってるかなぁ。。。



今日の予定。7時半ークライアント宅へ。シャワー介助。一旦、家へ戻り、娘をバイト先へ送る。そのままオフィスへ向かい、スケジュールを受け取る予定。さて、どうなっているか。










#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

B

スレッド
1月23日






ふいに思い出した。
昨夜、Bが夢のなかに出て来たんだった。
元気に歩いていて、BとD&Cと、夫と一緒に上からその背中を見ていて、で、わたしが言ったのだ。
「やっぱりBが抜群に大きいね〜!」
Bはテキサス生まれだからなぁ・・・やっぱりデカイなぁ〜〜〜。
夫婦してそれを誇らしく思いながら見ていた。

そういう場面だった。

Bが近くに来てくれてたんだなぁと思う。
ありがとう!











#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ/小柳ルミ子

スレッド
1月15日





職場の友人らと旅行に行くらしい。空港のロビーで談笑していると、友人のひとりが「小柳ルミ子!!」とすっとんきょうな声をあげた。
彼女の視線の方角を見てみるが、わたしからはそれが小柳ルミ子なのかどうか、まったくわからない。すると友人は「ルミ子さーーーーん!!」と大声を出して手をブンブンと振ったモンだから、ぶったまげた。さらに驚くことに、声をかけられたほうがそれに気付き、にこにこと笑顔で近付いてきたのだった。


小柳ルミ子は男性2人と一緒だった。なぜかどちらも外国人。
わたしたちは即席で豆やら佃煮やら餅やらの入った容器を開け、小さなお皿にそれらを盛って彼女へ出した。小柳ルミ子は嬉しそうにそれを受け取って、誰が盛っていたのか、焼酎だか日本酒だかと一緒に食し始めた。
わたしたちも一緒になって飲むことにした。持っていた佃煮やら何やらは、我が職場からどこかへのお土産だったのだが、そんなのどうでも良いと思う。
小柳ルミ子が、ふたりの男性をわたしに紹介し始めた。ひとりは中東系の名前でやや褐色の肌をしている50歳くらいの男性。もうひとりはもう少し若い普通の白人。中東系の彼を紹介するときには、なんとかというドラマに出ている、知っているでしょう?と訊くので、知らない。ドラマは殆ど見ない。と答えると、えーーーつまらない、という顔をした。有名なのよ、彼。


わたしたちと小柳ルミ子一行とは、同じ旅館に泊まった。古い民家を改良したような旅館だった。

わたしひとりが帰ることになった。朝食のとき娘に、今から出るがどれくらいで家に着くかはまだわからないから、というtextを送った。
旅館からとぼとぼと駅に向かって歩いていると、道の途中で小柳ルミ子が待っていて、色々ありがとう、などと話しかけて来た。いえいえ、とんでもないです、こちらこそ楽しかったです、と話を合わせる。
いつからなのか、小柳ルミ子は若い女性に変わっていた。背の高い、痩せてすらりとした、モデルのような女優のような、TVでよく見ていて知っているような気もするが特別なファンでもなく、でも失礼にならないよう、わたしは彼女に話を合わせている。

彼女はわたしの髪を触り、毛先を両手で包み込んでくるっと内側に巻き込んだ。首筋に涼しい風が入った。これくらいの長さが良いと思うの、と言う。わたし、髪を切るの上手なのよ、お礼に切ってあげる。
少し病的にも見えるくらいに痩せた彼女にそう言われて、なんとなく断れなかった。じゃ、お願い。と言うと、彼女はそこでしゃりしゃりとわたしの髪を切り始めた。

が、数分も経たないうちに手を止め、道の端に駆け寄ってうずくまり、げーげーと吐き始めた。What a heck!!
大丈夫かと背中をさすっていたら彼女のマネージャーが走ってやってきた。だから心配だったんです、とか言っている。お願いだから戻りましょう。薬もあるから、とにかく戻りましょう。マネージャーの男性が懇願するように言うのだが、彼女は聞く耳を持たない。はぁーーーー、、、わたしは彼女に諭すように言った。このままでは苦しいだけでしょう。戻って薬をのみなさい、大丈夫、痛みはおさまるから。そういう症状のひとを良く知っているの。きっと良くなるから。良くなったら、また、わたしの髪を切って貰うから。彼女はわたしのことを見て、辛そうな顔で、わかった、絶対ね。と言い、マネージャーと一緒に道を戻って行った。たぶん旅館へ戻るのだろう。

街のほうへ出て出てすぐ、美容院が目に入った。首筋に手をやると、わたしの髪は半分だけ短くなっている。これじゃ、ちょっとね、、、と思い、美容室へ入ってみる。既に何人か客がいたが、店員に予約なしでやって貰えるか訊いてみたら、10時半なら、と言われた。時計を見ると約1時間後である。お願いします、と言い、名前を書いて店を一旦出た。日曜日の朝なのに、わりと人が多いのだな、と思う。こんな髪で歩いていると、やはり恥ずかしい。
早々に美容室へ戻り、椅子に腰掛けて順番を待った。若い女の子がやってきて、持っていた袋を開け、そこからハンバーガーを出して食べ始めた。わたしも何か食べようと、荷物のなかからお菓子を出して口にした。そこへ店員がやってきて、店内飲食は禁止されてます、ここを汚したひと、すぐに綺麗にしてください、と少し強い口調で言う。床にはポテトか何かの食べカスが散らばっていて、それは明らかにあの少女のものなのだが、彼女は知らん顔をしている。わたしは、自分がしなくてはならないかもと思いながらどうしようか迷っている。

時間が過ぎてもわたしの名前を呼ばれないのでカウンターへ行って訊ねると、順番を書いた紙を見た店員が、あ、この次ですー、と申し訳なさそうな顔で言った。跳ばされた、、、とげんなり。娘に遅れそうだとtextするべきか、この髪のまま帰るべきか、待つか出るか、悶々を考え込む。







すっかり忘れていたのにモニターに向かってたらいきなり思い出したのでメモメモユメモ。








#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ(山羊島の家)

スレッド
11月19日







義両親の引っ越し先に招かれて出かけて行くと、そこには別の家族が住んでいた。近所の人の話では彼らは「引っ越し先をまた新たな場所に変えた」らしい。また???と内心思いながらも、お金あるからね〜、と夫とともに納得する。



寝ていると、ザザーンザザーンという波の音で目覚めた。気にしないようにして眠りにつくが、今度はこどもたちのくすくすという笑い声で目覚める。窓が開いているのだ、と思い、立ち上がって確かめに行く。
わたしたちは畳の部屋で寝ていた。開きの戸が少し開いていて、その向こうは狭い廊下のようになっている。その廊下のドアも薄く開いており、そこから砂と一緒に波が打ち寄せて来ている。え!?いいの???これ、マズいでしょう、と焦る。とにかくドアを閉めなくては。


mこ、姉ちゃんの新しい家、凄いよ。
いつの間にか後方に姉3が立っており、嬉しそうに言う。
姉ちゃんの家、なんで引っ越し先を変えたの。
姉1は町の某家屋に引っ越すことになっていた。なのに直前になってそれを変更したのだった。頭の奥の奥隅で、あれ?引っ越したのは義母たちじゃなかったっけ?と、うっすら思うが、いや違う姉1だったな、と思い直す。
タヅキの家に世話になるような気がしてね、止めたのよ。
姉1が来てそう言った。
お金あるから大丈夫だよね。
姉3が冗談ぽく言う。
お金あるなしはどうかわからないけど、どう?ここ?いいでしょう?
姉1が嬉しそうに言う。
mこ、裏の山がまた凄いっちば。見て来てみ。
姉3が興奮気味に言う。誰も波が打ち寄せて来ているのを気になどしていないようだ。
廊下をぐるりとまわって行くと、窓から山羊島がかなり間近に見えた。というか、山羊島にいるのか?
姉ちゃん、山羊島ごと買ったの!?
驚いて訊ねるが、姉1はそこにはいない。姉3はふふふーん、と得意気に笑っている。
ここ全部、姉ちゃんの土地だれば家をあと2軒くらい建てられるんじゃないか?
そんな話をしながら姉1を探す。

波が打ち寄せて畳とか駄目になるんじゃないか、と姉1に訊く。さっき寝ていたところの廊下は砂と波が入って来てたよ。
姉1は、そうなのよね、そこらはやっぱり工事に入って貰わんといかんね。
姉ちゃん、台風とか来たら危ないんじゃない?
何せ、この家は海風をまともに受けるところ(というより、間近から直撃だ)建っているのだ。
うん、前の台風のときには家ごと沈んだって、前に住んでたひとが言ってた。
えっ!沈んだって、いいの?そんなんでいいの???
驚愕していると、姉3が、mこ、こっち来てみ。と連れて行かれた。

戸を開けるとそこは大きなガラス張りとなっていて、なんと海中が丸見え。水族館のようだ。
ジンベイザメまでがゆぅらりと泳いでいる。それを追ってCがガラス板越しに飛びかかろうとしていた。
え?何これ?え???
ね、だから海中に沈んでも大丈夫なわけよ。姉3が誇らしそうに言う。

それでも、、、と戸惑う気持ちはあったが、姉たちの顔を見ていると、まぁ大丈夫なんだなと思えて来た。

けど、仕事にはどうやって行くの?あの岩山・・・
姉1はまだ仕事してたっけか?そう思いながら訊く。
そうね、15分強は歩かなくちゃいけないけど、それくらいは良いでしょう。姉1は気軽に答えた。

そうなのか・・・。

わたしは、山羊島に住むことのメリットとデメリットを考えながら、でもこれで姉1の家へ遊びに行くのがますます楽しみになった、と思う。それから、いつかここに住むことになったら、歩くのが大変だな、、と思う。そして、色々な箇所の修繕を早くして欲しいな、と思っていた。








#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ/鍵・湖底

スレッド
11月5日






6時20分起床。
何度か目が覚めて何度も起きようかと思ったがこの時間までベッドにいた。ヒーターの付く音で決心がつき、ベッドから出た。雨はまだ降っていない。今日は雨予報。わたしはEnglish Classへ行くことになっている。長靴を履いて行くべきかどうするか、まだ迷っている。


公募のサイトをもう一度見てみた。最初のやつは「恋愛の風景」。これは・・・駄目だ・・まったくアイディアが思い浮かばない。というか、気持ちが乗らない。もうひとつのほうは「約束」。こちらは考えていることがある。タイトルと出だしを今、練っているところ。それが出たら、すらすらといきそう。ただ、字数に制限があるので、その辺りを修正していかねばならないだろう。


夢のことを書いておこう。夜中かあけがたかに見た夢。ストーリーはもうまったく覚えていない。

・・・

わたしは職場へpay checkを取りに行った。のだが、鍵を忘れてしまった。職場の前で、懐かしい中学時代の友人と会うのだが、そして彼女はわたしの目を見て、あっという顔をするのだが、なぜかわたしは目を逸らし、気付かないふりをした。と、そのとき同僚のナース(訪看時代のなんとかさんだった!)が職場から出て来たので、思わず、あーお願い、鍵を開けてーと声をかける。すると中学時代の友人もまた、あー良かった、わたしも鍵忘れちゃったのー、と言った。同僚の彼女は笑って、いいわよー、と言いながらいそいそと中へ戻っていき、わたしたちはその後を付いていった。

・・・


なんだろう。無職だからお給料が恋しいのか?あと、登場人物がごちゃ混ぜだ。夢は脳でいろいろな記憶の整理の成せる技というのを読んだことがあるけれど、なるほど本当に、と思う。


もうひとつ、これは一昨日だかその前に見た夢。これもまたストーリーは綺麗さっぱり忘れてしまった。とても壮大な夢だったのだが。


・・・

訪問介護の仕事をしている。その村へは初めての訪問らしい。
村には大きな湖があり、訪問先はその湖底だということはわかっていた。ただ、初めてのことなので、ちょっと躊躇している。

わたしは小さなこどもを抱えていた。男の子。その子と一緒に湖底へと帰ることになっている。むむ、、、ぼーっと突っ立っていても仕方がないので、意を決して中へと進んだ。彼をしっかりと抱きかかえている。大丈夫、大丈夫、と言いながら。とは言え、男の子はちっとも怖がってはいない。
湖はどんどん深くなり、とうとう水面がわたしの鼻のところまで来た。よし、行くか。わたしは、つっとつま先で水底を蹴り、思い切って中へ潜って行った。
息を止めて進む。中は恐ろしいくらいに透明度が高く、まるで水の中にいないみたいに感じる。男の子は大丈夫だろうか。両腕に力を込める。そのとき、ふと、頭のなかに誰かの声が聞こえた。
水の中へ入ってもどうってことはありません。湖底に住んでいるやどかりたちの出す無数の気泡にはわたしたちに必要な酸素の分子が目に見えない形で湖内に浮遊しています。それらはわたしたちの皮膚から直接入って行き、肺で呼吸しなくとも、酸素交換が出来るのです。なので、大丈夫です。なんら心配は要りません。
そうだった。と、思い出す。息を止めたからって苦しくなんかならないのだ。力をふっと緩めると自分が口や鼻で息をせずとも普通でいられることに気付いた。あ、男の子は?見ると彼もまた全然変わりなくわたしにつかまっている。そう、この子にとってはいつものことなのだった。

彼を抱きながらしばらく湖底に向かって進む。湖底に着いたら、あのヤドカリたちに会えるのだろうか。そんなことを思っていた。が、湖底というよりも、辿り着いた場所は、広い草原だった。小道の向こうには小さな家々もある。どこへ行けば良いのか、よくわからないまま男の子と一緒に歩いた。もう、湖底だという感覚はなくなっていた。普通の村だ。しばらく行くと、そこに大きな湖があった。訪問先はこの先にある。
が・・・え?ちょっと待って、さっきわたしたちは湖底に入ってきたのではなかったか?混乱しながら、また男の子を抱えて湖の中を進む。だんだん深くなっていき、目の前には青い空に浮かぶ白い雲だけが見える。ちょっと待って。これは湖の中にある湖なのか?それともわたしが見ているこの空は実は同じ空なのか?このまま進むべきなのかどうか、どうしたものかと、ひとり迷っている。

・・・



自分、何か不満でもあるのかな?







#日記 #ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

ユメモ/墜落

スレッド
10月16日






飛行機に乗っている。数人の仲間と旅行に行くのか行った帰りか。友人のむらちゃんもその中にいた。


フライトアテンダントの若い女性は親しい仲のよう。気軽に話し笑い合っている。

もうすぐ到着地、というところで、突然、機体ががくんと揺れ始める。もの凄い揺れだ。FAの女性がわたしたちを落ち着かせようと、大丈夫です、ほら、サインはまだ普通でしょう、大丈夫です、と繰り返す。
が、またすぐに大きな揺れ、そして窓から見えるのは、地上がだんだん近付いていること。わたしは心の中で、駄目だ、落ちる、そして爆発するんだ、、、と恐ろしくなる。隣にいた友人(誰かわからない)は、ぐっすりと寝ていて、それはもしかしたら恐ろしい思いをしないで済むから良いかもしれない、などと思う。というより、それどころじゃない感じ。
すると先のFAがやって来て、寝てる場合じゃないでしょ!緊急に備えなくちゃ!!と彼女を揺り起こした。わたしたちは皆、シートベルトをきつく締め、目をつむる。時間にしては短かったと思う、あっと言う間に、右側の翼が地面にぶつかり、半分以上が破壊されてしまうのが窓越しに見えた。ああああ、、、、、と、底のほうから、がつんがつん、と鈍い音が響き、大きく揺れる。がががががががががーーーーーーー。


やっと機体が止まった。わたしは、落ちたんだ、、、火が出る、、、と思う。が、誰かが、逃げろ!と叫び、前方のドアが開いたのが見えた。早くはやく早く!!FAたちが乗客を誘導する。もしかしたらあの滑り台を滑るのか、、、と思って出て行くが、それはなかった。ただ、どうやって逃げ出したのか、思い出せない。


場面が変わり、皆がどこかへ集められていた。助かったらしい。飛行機はなんとか着陸に成功したのだ。
わたしはあのFAを見つけ、彼女をつかまえてお礼を言った。あなたのおかげで助かりました。わたしの友人も。わたしは恐怖で彼女を起こすことなど考えもしなかった。ありがとう、あなたの勇気のおかげです。

彼女はにっこりと笑って、当たり前のことをしただけです、と言った。









#ユメモ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 7/11 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. 11
  14. >
  15. >>